5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

札幌都心温泉の謎

 札幌では比較的古くからススキノに天然温泉があったのですが、最近は市内のいたるところに同じような温泉が作られるようになりました。日本は火山国だからどこを掘っても温泉が出るという話も聞いたことがありますが、札幌市内の温泉というのは、どうもその説明では納得できないと思っていました。

 その謎が解かれたのが、昨日久々に行われた環境サスペンス・サイエンスカフェ「札幌の地中をめぐるミズテリー -湯けむりに隠された謎―」でした。
c0025115_15101358.jpg
 関西出張中のM姫から、最初の1分間を見逃すと一生後悔するというような脅しを受けていたので、時間前に紀伊國屋書店前のロビーに行くと、なにやら浴衣の方々がたくさんいらっしゃいます。聞くところによると、フロア・ファシリテーターならぬ「風呂場ファシリテーター」なのだそうで、環境サスペンスらしいオヤジギャクでの出迎えです。ポスターのタイトルもよく見ると、ミステリーならぬ「水テリー」となっており、寒い日々の続く札幌にふさわしい「寒い」カフェを予感させるものでした。

 開始とともに登場したピエール福間の口上を聞いて寒さは最高潮に達したのですが、序盤のM姫ムービーは予想以上に良くできていたと思います。特に音声の質が高いことに感動しました。素人の作ったムービーは、ハードソフトの普及とともに映像の質はどんどん上がってきているのですが、機材やノウハウの問題なのでしょうか、音声に不満が残ることが多いのですが、今回はものすごく鮮明な音声が入っていました。あたりまえと言えばあたりまえのことなのですが、これでカフェはスムーズに始まることができたように思います。

 カフェの主要部分は、温泉と地下水についての説明をお二人のゲストにお話をしていただくというものでした。基本的な説明はきちんとなされたと思いますが、残念ながらあまりにもストレートすぎて教科書的だったことと、我々としては日常的になじみの薄い漢字でつづられた専門用語が多かったことで、内容的には全く問題がなかったにもかかわらず、正直言って高校の時に受けた岩石の名前が次々と出てくる地学の授業を思い出してしまいました。

 最初からあまり、多くなかったお客さんが話の途中で一人二人と途中退席していたことの原因の一部のその「話の堅さ」だったかもしれないと、ちょっと心配になりました。
c0025115_1527884.jpg
 本当は、それを押し止めるのがファシリテーターのピエールの仕事なのだと思いますが、なかなかからむきっかけがつかめなかったようで、彼がささりこんで難しい言葉を人々に通訳するタイミングをしばしば逃してしまったことが少々悔やまれます。

 それと、ゲストの方のおひとりがあまりマイクの使い方に慣れておらず、しばしば声が聞こえなくなったことも緊張感を持続しにくかった理由になったかもしれません。主催者側はマイクなどの使い方に慣れていたとしても、ゲストは必ずしもそうではないことが多いのですから、ピンマイクなどを利用すべきだったように思います。動画の音声に感心した後ですので、こちらの音声トラブルはちょっと・・・という感じでした。

 札幌のどこでも1000メートルも掘れば40℃くらいの暖かい地下水が出るという話や、市内の温泉は500メートル以上間隔をあけないと掘削ができないとか、地下鉄工事の度に地下水位が下がったという話はとても興味深かったのですが、ちょっと内容を盛り込みすぎて話題が散漫になったきらいがあったと思います。テーマ自体はとてもおもしろいものですので、伝える情報量は半分くらいにしても、我々の日常生活になじみの深い話題を絡めていけば、ずっとおもしろいものになっただろうと思います。

 環境探偵ピエールという濃いキャラがと、非常に誠実そうなお二人のゲストのすれ違いがおもしろくもあったのですが、やはりうまく重ならなかったということが感じられ、いろいろな意味で今後の課題にもなったように思います。

 なんだか小言ばかりを書いてしまいましたが、これだけのものをCoSTEPの修了生を中心にした「素人集団」でチョチョイノチョイと実現してしまうのですから、すごいものではあります。

 お疲れさまでした。058.gif
Commented by ぢゅにあ at 2009-06-21 10:33 x
で、謎のこたえは?

話は変わりますが、ご成木おめでとうございます。
今回、成長早くないですか?
ステンドグラスっぽくてなかなかいいです。
Commented by stochinai at 2009-06-21 10:46
 今から考えると、何が謎だったのかが謎ですね(^^;)。

 2本目の木が育ちました。一本目に比べて確かに早かったという気もしますが、あまり気にしていなかったからかもしれません。エントリー数に応じて育つのだとしたら、今回はエントリーが少し多目だったかもしれません。

 成木の様子って毎回違うのですか?そういうことも気がついていませんでした。
Commented by M姫 at 2009-06-22 00:14 x
とりあえず、動画はご満足いただけたようで、ほっとしております。
(カフェの本筋とはずれますが。。。)

監督・美術(小道具・大道具)・カメラマン・スタイリスト・衣装提供・・・などなど一人何役も引き受けてくださった一星さんの細かなこだわりが出ていますね。ロケや編集にかける時間があまり無い中で、本当に素晴らしい仕事をしてくださいました。
特に音声は、噴水や工事現場の音が入らない場所を探して撮影したこと、本物のマイクをつなげて音をとったこと、などが利いていますね。

私も勉強になりました。機会があれば、サイエンスカフェ等にまた動画を使ってみたいと思います。

それから、お約束どおり、今度DVDをお持ちしまあす♪
by stochinai | 2009-06-20 16:02 | CoSTEP | Comments(3)

風わたり泥も乾きて春の草             嵐雪


by stochinai