5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

レッツノートR7ウィンドウズXPクリーン再インストール(泣)

 日本語が使えるようになったEvernoteクライアントのバージョン3.5が動かないので、仕方がないので旧版の3.1をだましだまし使っていた、私のレッツノートR7ですがいよいよ挙動がおかしくなってきました。
*Evernote3.1は英語版しかありませんが、日本語の書類を扱うことはできます。日本語のぺーじからはダウンロードできませんが、こちら英語版のダウンロードページの3.5ダウンロード・アイコンの下に小さくEvernote 3.1 (previous version)という表示がありますので、3.5が使えない環境の方は試してみてください。
 というわけで、ひさびさに「システム復元」をやってみようと思ったのですが、「システム復元」をクリックしても一瞬復元ウィンドウ(真っ白ですが)が表示されるもののすぐに消えてしまい、起動しません。

 なんとかならないかと、不要になったソフトのアンインストールや余計と思われる起動プロセスなどを削除したりしても、システム復元は動くようになりません。そうこうしているうちに、なんとコントロールパネルを開くこともできなくなりました。プログラムの削除はコマンドプロンプトのmsconfigからも呼び出せるので、そちらもごちょごちょいじっているうちに万事休す!エクスプローラーでディレクトリを開くことすらできなくなってしまいました。

 というわけで午前中いっぱい格闘したものの、大敗北です。

 午後からも少し未練がましい試みをいくつかやってみたものの状況はどんどん悪くなります。午後2時頃、完全にギブアップしてクリーンインストールをすることにしました。完全敗北です。

 幸い、ファイルはほぼ完全にバックアップされておりましたので、時間がかかることを除けば、被害は最小限に留めることができます。

 それでもシステムのインストールとアップデート、それに使用中のテンポラリーファールのコピーなどをやっているとやはり5-6時間はあっという間に過ぎて行きます。

 不思議なことに、というか当たり前なのかもしれませんが、この作業の中でEvernoteの3.5も軽々と動くことがわかったり、ブラウザーなどもアドオンや拡張機能など無駄なものが削ぎ落とされて軽くなったことが、怪我の巧妙というところでしょうか。

 思わぬ拾い物もありました。b-mobileのドッチーカ(Doccica)のアクセスプログラムを再インストールしようと、b-mobileのサイトに行ってみると、なんと今月31日までの期限付きで「Doccica」からモバイルIPフォン機能を搭載した「もしもしDoccica」へのアップグレードができるキャンペーン中だったのです。(「ご好評につき・・延長」と書いてありましたので、ギリギリでセーフでした。)

c0025115_2126224.jpg
 まあ、IP電話などあまり使う機会はないと思うのですが、せっかくですので申込みました。

 こちらが、古いアクセスプログラムです。私が使っていたものは、右はじにchargeの他にsettingボタンがありましたので、初期型のようです。
c0025115_21293782.jpg
 そして、こちらが新しい「もしもしドッチーカ」用のアクセスプログラムです。
c0025115_21313787.jpg
 見てすぐわかるように、赤いところをクリックすると電話として使えるというわけです。

 オンラインの申し込みから数分でメールが帰ってきて、アクティベーションしてから赤いところをクリックするとダイヤルウィンドウが開きました。これは楽しい。
c0025115_21334559.jpg
 実はこれで普通の電話と送受信できる(電話番号ももらいました)ので、私のレッツノートが携帯機能を持ったというわけです。

 という「余録」もあったりしたので、たまにはクリーンインストールをするのも悪くないのかもしれないなどと強がりを言ってみて、今日一日が無駄にはならなかったのだと思いたい私なのでした(笑)。
by stochinai | 2010-03-17 21:45 | コンピューター・ネット | Comments(0)

今日二つ三つ朝顔の通り道          稲畑廣太郎


by stochinai