5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

映画館で上映ができないのならば自主上映会、オンライン配給やDVD販売で

 今朝のニュースです。

 米映画「ザ・コーヴ」上映中止 東京の映画館、抗議の電話で
 今年の米アカデミー賞受賞作で日本のイルカ漁を批判した米映画「ザ・コーヴ」について、日本での配給会社アンプラグドは3日、今月26日からの上映を予定していた東京都渋谷区の映画館「シアターN渋谷」が上映中止を決めたことを明らかにした。
 追い打ちをかけるように、夜にも関連ニュースが飛び込んできました。

 ザ・コーヴ、東京上映すべて中止 イルカ漁批判の米映画
 日本のイルカ漁を批判した米映画「ザ・コーヴ」について、東京都内の「シネマート六本木」と大阪市内の「シネマート心斎橋」の映画館2館が4日、予定していた上映を取りやめた。既に東京・渋谷の1館が中止を決めており、これで東京での上映予定はすべて中止となった。
 映画の上映に対する抗議電話や街宣活動が原因とされていますが、基本的に映画館というものは映画上映を提供するサービス業ですから、サービスを受けるお客さんに危害が及ぶ可能性が予想される場合には上映を強行するということもできなくて仕方がないのかもしれません。

 このケースでは明らかに威力業務妨害罪が成立すると思うのですが、警察は捜査や逮捕・起訴などという対応はしてくれないのでしょうか。アカデミー賞をとった映画ですから、見たいという人はたくさんいると思うので、おだやかに上映されることになった場合には、そこそこの入りは期待されるでしょうから、配給側・映画館側の経済的損失も十分に予想されます。

 もし、普通に上映されることになった場合には、私はこの映画を見にいくかといったら、見たいとはあまり思ってはいませんでした。あまりにもメッセージがはっきりしすぎていると思われる映画は見なくても内容がわかってしまいますし、見て気持ちよくなることがないことも想定されるからです。しかし、脅迫行為があって日本で上映ができなくなるというようなことだと、見なければいけないような気になってくるのは、私のへそ曲がりな性格の故でしょう。

 予告編がYouTubeで見られます。



 さらに、セレブたちの応援ビデオもあります。



 上映中止事件がなかったならば、こうしたエントリーを書く気はなく、今でも本音では「ザ・コーヴ」という映画そのものの応援をしたいわけでもないのですが、いわば上映を中止せざるを得なくさせた人たちと同じ日本人としての義務として書いているという感じでもあります。日本全体が同じ意見だというわけではないことを言っておかなければならないと思うのです。

 それはさておき、現実的な対応を考えると、普通館における上映はできなくても、自主上映会や有料オンライン配信、さらにはDVD販売という手段は十分に確保されているのですから、そうした方法も考えるべきなのかもしれません。

 アメリカなどでも、映画の上映反対でもやテロ的な活動が起こりますので、今回の事件が特に日本だけの特殊性・後進性を示しているとも思いませんが、アメリカと同じくらいに言論や行動の不自由さがあることだけは感じます。

 我々は、せっかく新しいメディアを手に入れつつあるのですから、あまり意固地に旧メディアである映画館上映にこだわる必要はないとも思います。

 大事なことは、伝えたい映画を見たい人に送り届けるということなのでしょうから。
Commented by コメント at 2010-06-05 23:54 x
米映画「ザ・コーヴ」の上映禁止が話題になっています。この映画の内容自体、捏造に近い部分があります。

私は、この映画は日本での上映が、妨害されても良いと思います。

同様の、もっと酷い例は、”自称”自由の国、アメリカでもあります。それは原爆展です。

アメリカで、広島長崎の被害の写真や実際の物品を交えた原爆展が何度も企画され、政治的妨害にあい、中止されたり、開催されても展示物が検閲を受けて取り消されたりしたことが何度もあります。

コーブの比ではないくらいです。事実である原爆展を、ねじ曲げて自分たちの主張につなげた国がアメリカです。

今回の映画も、無理矢理の嘘の内容をこじつけてつくり、自分たちのプロパガンダを垂れ流すものです。

原爆展が何度も政治的圧力で組織的に中止された過去を考えると、コーブが一部市民の嫌がらせで中止されても「ガタガタ言うな!」と思います。

それでも見たい人は、DVDでもyoutubeでも使って、自主的に見ればいいと思います。
Commented by stochinai at 2010-06-06 09:40
 コメントさん、気持ちは理解できますが、「一部市民の嫌がらせで中止されても「ガタガタ言うな!」と思」ってしまうと、たとえばあなたの発言が理不尽な理由で妨害されてもガタガタ言わないということになってしまいますよ。そこは、無理をしてでも、明らかに間違った意見でも認めるという建前を守ることにしませんか?
Commented by うんこっこ at 2010-07-31 13:53 x
>そこは、無理をしてでも、明らかに間違った意見でも認めるという建前を守ることにしませんか?


何か意味がわからない。。

コメントが言いたいのは、原爆展など日本人としてもっと注目することがあるということを言いたかったのでは?
by stochinai | 2010-06-04 20:55 | コンピューター・ネット | Comments(3)

ふと咲けば山茶花の散りはじめかな        平井照敏


by stochinai