5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

iPad一週間

 iPadを手に入れて9日間たちました。入手した直後にあった1泊2日の旅行には持って行かなかったので、実質上は一週間というところです。

 まだ、無料のソフトをいろいろ入れてはウォーミングアップをしているという段階なのですが、ひとつだけ有料ソフト(といっても、115円=0.99ドルですが)を入れました。

 GoodReader for iPad

 iPhoneではすでに有名なソフトだったのだそうですが、PDFファイルを読む時に気持ちよく拡大縮小・ページ送りなどができるものは必須だと思い、定番をひとつ入れておこうということで入れました。

 PDFリーダーとしては、無料のCloudReadersも入れてあります。

 CloudReaders

 どちらも似たような使い心地なのですが、本日「iPadでパワポのプレゼンをする方法」という記事を発見し、どうやらCloudReadersを使って、パワーポイントファイルを使ってプレゼンができるらしいということがわかったので、がぜん注目しているところです。

 前準備として、パワーポイントファイルをjpgがPDFファイルで出力しておいて、jpgの場合はZIPで凍結させておくという手間がかかり、さらにPCからiPadへ転送(iTunesかあるいはCloudReadersの中にあるコマンドで)しておかなければならないという手間が面倒に感じられるのですが、この件に関しては無料ストレージサービスのDropboxかEvernoteを使うと一手間はぶけると思います。

 というわけで、上の2つのソフトの他にDropboxとEvernoteはインストールしておくべきだと思います。

 Dropbox
 Evernote

 話を元に戻しますと、CloudReadersを立ち上げるときに、コネクターを使って液晶プロジェクターにつないでおけば外部にも出力されるということです(未確認)。CloudReadersを立ち上げる際には、iPadは横向きにしておいた方が良いそうなので、頭の片隅においておきましょう。

 私個人はパワーポイントを使うときに、ほとんどアニメーションを使いませんのでpdfやjpgになっていてもほとんど問題がありません。というわけで、いずれiPadを使ってプレゼンをする機会もあるかもしれませんが、最近はいつもプレゼン直前までファイルを作り直したりしていますので、すぐにでも使いたいという気にならないというところが本音です。

 というわけで、iPadが現在使っているノートパソコンとデスクトップパソコンにとって代わるということは、現時点ではほとんど考えられないのですが、それでも細切れの時間に使うコンピューターとしては、結構使っています。

 プライベートすぎて、少々恥ずかしいのですが、iPadを使う2大シーンがトイレの中と布団の中です。起動が速いので、思い立ったときにすぐに使い始められることと、無線LANの受信範囲にあればどこでも使えるという利点(私のiPadは3Gはついていません)が、これらのシーンでは最大限に発揮されます。

 それから、無料で読ませていただいている産経新聞のおかげで、現在のスタイルの新聞は紙に印刷された実物を読むより、iPadで拡大縮小をしながら読むと、はるかに速く楽に読めることがわかりました。そして、新聞に書いてある文字のほとんどは読む必要がないことも良くわかりました。
c0025115_0191990.jpg
 これなら、毎月500円くらい払ってもいいかもしれません(笑)。

 要するに今後、お金を払う気になる中身(コンテンツ)が出るか出ないかということだけが問題なのだと思います。それがなければ、iPadが活躍する場もありません。
Commented by 週刊金曜日な日々 at 2010-06-07 18:48 x
昨日の朝日新聞西部版に「弱視の生徒の教科書が、小中学校は整備されたが、高校はまだまだ」というような記事が出ていました。
iPadが拡大だけでなく、見やすいようにフォントの変更などもできるのなら、教科書を印刷するのではなく、学校で無料ダウンロードできるような形にすれば、1冊10万円以上もコストをかけずに、一人1冊の教科書を配布できるのではないでしょうか?(拡大だけでも十分かもしれませんが)現場で不評な「電子黒板」を導入するよりも、もっと有意義な「学校のIT化」かつ「経費削減」だと思うのですが。
Commented by stochinai at 2010-06-07 19:41
 まったく同感です。

 そもそも、私がiPhone (iPod touch) ではなくiPadを選んだ大きな理由の一つが自分の老眼のせいでして、これさえあれば老眼鏡なしでも新聞や雑誌がすらすらと読めるのです。

 指先の操作だけできびきびと画面の拡大縮小ができるので、マウスなどで操作するものよりもはるかに直感的です。iPadは視力弱者にとっては福音なのだと思います。

 弱者にこそ、iPadを!です。
by stochinai | 2010-06-06 23:58 | コンピューター・ネット | Comments(2)

今日二つ三つ朝顔の通り道          稲畑廣太郎


by stochinai