5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カエルのフィギュア

 昔からアフリカツメガエルの研究をやっていたせいか、カエルのフィギュアなどのグッズをよくいただきます。

 今日も、理学部の事務の方から超リアルなアマガエルのストラップをいただきました。
c0025115_20445227.jpg
 付属のストラップがなければ、この写真だと「本物」だと言っても通るかもしれません。色つやが実にリアルです。

 背中側だけではなく、ひっくり返して見たお腹側もかなり良くできています。
c0025115_20444947.jpg
 コピーライトの文字がありますが、それを除くと指やお腹のしわの形や色つやがこれもまた良くできています。

 いわゆる「ガチャガチャ」で販売されていたもののようですが、検索してみると色違いでストラップ以外にもマグネットもあるようです。
c0025115_2045616.jpg

c0025115_2045031.jpg
 発売元は「奇譚クラブ」という少々マニアックすぎる名前のところですが、腕は確かな会社だと感じました。
c0025115_20471062.jpg
 「原型師募集」だそうですが、ホームページに並んだカエルはすべてフィギュアなのでしょうが、すごい技術です。

 「ネイチャーテクニカラー日本のカエル」シリーズなども、十分に学校の理科室に並ぶ資格を持つ精密さです。
c0025115_20593729.jpg
 ほんものがいなくなるのは寂しいですが、この技術は守り育てたいものです。
Commented by at 2010-09-30 21:12 x
通りすがりの者です。今まさにそのアマガエルのマグネットを探しております。どこで発売されているか分かりますか??
Commented by stochinai at 2010-10-01 09:10
すでに売り切れている可能性も高そうですが、とりあえずこちらに販売店情報があります。
http://www.kitan.jp/link.html#partnershop
by stochinai | 2010-09-17 21:03 | 生物学 | Comments(2)

日の暮の背中淋しき紅葉哉            小林一茶


by stochinai