5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

Google Web Store で無料の NYTimes を購入できました。

 Chrome OS を搭載したノートパソコンが開発者向けに配布されるなど、巷ではタブレット型小型機の話題一色だったところへ、いよいよ「真打ち」のChromeが乗り込んできたという感じです。

 と思っていたら、なんともはやChrome用のアプリストアができたというニュースです。

 Google の Chrome Web Store 本日開店

 「Google の Chrome イベントでは、ウェブアプリストア Chrome Web Store の開店も告知されています」という次元の話かと思っていたら、現在米国向けのストアが開店しているとも書いてあります。この、「米国向けストア」というのはiPadなどのApp Storeと同じだとしたら、日本からは買えない商品がおいてあるところなので、まあそんなものができたのだろうと思いました。

 そこで、アクセスすらできるかどうかわからない、半信半疑のまま下のアドレスをクリックしてみると、あ~ら不思議。あっさりとつながるではありませんか。

 https://chrome.google.com/webstore/
c0025115_18223518.jpg
 しかもよく見ていると、時々日本語が表示されたりすることもあるのです。

 まあ、店をのぞけたからといって、品物が買えるかどうかはわかりません。まさか、買えないだろうと思いながらもちょっと恐いので、Freeと書いてあるNYT(ニューヨークタイムス)のアイコンをクリックしてみました。すると画面が遷移して、INSTALLのボタンも出ます。もちろん押してみたら、あっけなくインストールできたみたいです。

 ついでに有名な写真編集ソフトのpicnikもインストールしてみました。すると、新しいタブの画面がこんなふうになっています。
c0025115_18223317.jpg
 いままでアイコン化されていたページが文字になり、その上に web store と NYTimes そして Picnik のアイコンが並んでいます。

 これはひょっとすると、インストールできちゃったみたいです。NYTimesを押してみます。
c0025115_18223025.jpg
 ジャジャーン。出るではないですか。

 トップにあるオバマの記事を読んでみましょう。
c0025115_18215331.jpg
 うりゃりゃ、あっさり読めてます。

 アプリだけではなく、拡張機能や、画面のテーマなどがここで簡単に選べるようになっています。

 あっ、もちろんブラウザはChromeじゃないとダメだと思います。それにひょっとすると、私のChromeは開発版の9とかなので、それじゃないとダメという可能性もあります。

 いずれにしても、私の環境ではもう使えているのです。

 しかもしかも、Picnikにアクセスしてみると、フォントや翻訳はちょっと怪しげではあるものの、すでに日本語対応もされているのです。
c0025115_18214728.jpg
 Chromeはすでに臨戦態勢が整っていると言えそうです。

 ちょっと恐いですが、来年はコンピューターの「世界」が大きく変わる予感がします。Chromeのタブレットが1万円くらいで売り出されたら、どんなことになるでしょう。

 やっぱり、楽しみです。
by stochinai | 2010-12-08 18:45 | コンピューター・ネット | Comments(0)

風わたり泥も乾きて春の草             嵐雪


by stochinai