5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

4月6日のtwitter

Wed, Apr 06


  • 17:59  [exblog] 夕日が沈む http://bit.ly/ezPWpJ

  • 17:58  時事ドットコム:放射線測定、研究者が続々=住民支援で100人超現地に-福島 http://ht.ly/4u9vz 「15日・大阪大核物理研究センターの藤原守准教授が・研究仲間に一斉メール・午後には・50人以上」「われわれは・放射線量測定ではプロだ」「21日から・調査を開始」

  • 09:48  The Great Beyond: Fukushima udate: Data, data,.. http://ht.ly/4tY8N ..spill into sea http://ht.ly/4tY9F health research.. http://ht.ly/4tYaj

  • 09:43  原発報道をめぐる「バカの壁」 | From the Newsroom ニューズウィーク日本版 http://ht.ly/4tY4F 「事故と放射能の影響をめぐる果てしない論争・両者の対立の最大の原因は情報の評価に・どちらも間違ってはいない・非科学性ゆえ最後に「淘汰」」されるのか?

  • 09:40  3月9日から14日の間に起きた震災前後の震源地をアニメーション化(動画) - 涙目で仕事しないSE http://ht.ly/4tXYK 「マグニチュード9.0(動画上では、「8.9」・)の大地震は、1:17に発生・数日前にあった兆候らしきもの・空白の時間帯・予知・難・重々承知」

  • 09:37  福島原発事故の収束への工程表を明らかにする時期が来た~国際レベルの透明性を-情報流通促進計画 http://ht.ly/4tXV2 「工程表・課題・課題克服のためにどのような作業が予定・不可能となった場合予備的プランとしてどのようなことを考えているのか、を世界に示す必要がある」

  • 09:34  【萌えベビーシリーズ】ポメラニアンの赤ちゃん 特にイヌ好きでなくても萌えます。 Omnomnomnom Fingers! - Daily Squee - Cute Baby Animals http://ht.ly/4tXTk

  • 09:33  東京電力が放射線量測定データを「使いづらく」している理由-ガジェット通信 http://ht.ly/4tXPF 「東京電力の公開・放射線量測定データ・PDF・セキュリティ設定・利用が困難・その理由・情報のすべて、あるいは一部をそのまままた改変して転用・複製等されることを防ぐため」

  • 09:31  【萌えベビーシリーズ】イギリス・リントン動物園のトルクメニアン・イーグル・アウル(ワシフクロウ?) 一枚目の写真をよ~く見て、笑ってください。 Linton Zoo's Newest Hatchlings Are a Hoot! - ZooBorns...

  • 09:29  震災時、TwitterとFacebookはどのように使い分けられた? | マイコミジャーナル http://ht.ly/4tXIN 「」Twitterでは「有益な情報を収集できる」(60%)、Facebookでは「友人、知人、家族の様子がわかる」(68%)と いう回答が最も多

  • 09:24  RT @Salsa_st: 【ぜひ!イベント】北大博物館で「北海道大学 鈴木章 名誉教授 ノーベル化学賞受賞記念 特別展示『ホウ素化学研究とノーベル化学賞への軌跡』」が始まりました。(ポスターとARカードを担当させていただきました。) http://bit.ly/erfx8K

  • 09:24  【萌えベビーシリーズ】ブリストル動物園のアジアライオンの赤ちゃん 舌がキュート Checking in on Bristol Zoo's Lion Cubs - ZooBorns http://ht.ly/4tXCy

  • 09:21  油断するなここは戦場だ:片対数グラフと飯舘村の安全 http://ht.ly/4tXv5 「飯舘村・高濃度の汚染( http://bit.ly/ewH5Nj )・ 現在・10μSv/h を遥かに越える・妊婦や子供の健康にとってすでに問題・早急な対策が必要・今すぐ対策を」

  • 06:59  [exblog] 4月5日のtwitter http://bit.ly/hp5sYa


Powered by twtr2src.
by stochinai | 2011-04-07 06:55 | コンピューター・ネット | Comments(0)

今日二つ三つ朝顔の通り道          稲畑廣太郎


by stochinai