5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

6月15日のtwitter

Wed, Jun 15


  • 20:46  [exblog] 風評被害って「くさいものにフタをしなかった罪」? http://bit.ly/l2fFKN

  • 20:15  教員の方に聞いてみたらどうですか。私は数人から聞いています。痕跡といえばこの混乱がその痕跡です。 RT @Amidalachan: 「みたい」で話していても始まりません。・そのせいで混乱したというのなら、日本の教師全員に告知された痕跡が RT @5goukan: 教員関係の議員

  • 20:10  教員関係の議員はそう言ってみたいですよ。それが守られなかったからこそ、今混乱しているのです。 RT @Amidalachan: 全ての政策のうち、最優先のいの一番でやる、と民主党が公約したんですか? RT @5goukan: 政権交代後、いの一番にやっていれば通せたんです。

  • 20:05  政権交代後、いの一番にやっていれば通せたんです。その後だって、通そうという動きすらみられません。誠意なしの混乱です。 RT @Amidalachan: だって、そのあと選挙に負けて法案通したくても通せないんでしょ? RT @5goukan: 政権交代と共に即時廃止と言っていた

  • 19:56  いえいえ、民主党の少なくとも一部の議員は、選挙前には免許更新制度は政権交代と共に即時廃止と言っていたのです。 QT @Amidalachan: これ、別に民主党全然関係ないじゃん。 RT @azarashi_salad: @5goukan: http://ht.ly/5i7ez

  • 19:36  JAMSTEC:東北地方太平洋沖地震、フィリピン海プレート北東端で破壊は止まった (News Spiral) http://ht.ly/5i83c 「宮城県沖から始まった破壊・南は茨城沖へ、北は岩手沖へ伝わった・北米プレートからフィリピン海プレートに替わる領域で、破壊が止まった」

  • 19:10  こんなところにも民主迷走の影響……教員免許更新をめぐって: 猫の欠伸研究室 http://ht.ly/5i7ez これには本当に民主党がっかりです 「政権交代・民主党・教員免許更新制度の廃止を打ち出したものの・「ねじれ国会」で制度廃止の法案が提出できず、いまも制度が存続」

  • 13:22  RT @Ichy_Numa: 文系・理系を問わず、新入生には「自然科学実験」と「社会調査実習」とを必修にするのもいいかもしれない。どちらも知らずに卒業するから、「デマ」に弱い大人になる。

  • 09:02  東京大学柏キャンパスはホットスポットということを東大は公式に認めるべき、という東大有志による文書 - 感じない男ブログ http://ht.ly/5hU3j 「東大がいやしくも日本のサイエンスのトップなのだったら・きちんと応えるべき・この文書公開の翌日に、当該文書に手を入れた」

  • 08:59  ある地方大学教員の前向きなボヤキ : 大学での「教育」とは?(『奇跡の教室』との対比) http://ht.ly/5hTYZ 「「研究」も「教育」のひとつ・同一のものとして実施できれば,両立は可能・しかも・教育効果はより高い・学生の数を絞らなければ教員側も対応するのは無理」

  • 08:56  なおも有能な人材流出が続く道新―その腐敗・崩壊を憂う - 小笠原信之のコラムログ「閑居愚考」 http://ht.ly/5hTVg 「志も、能力も、実績もある有能記者たちがどんどん脱出を始めている・道新は北海道民にとっての主読紙・影響力が大きい・なんとか歯止めをかけてもらいたい」

  • 08:54  ポスドク問題、今後の展望(1): 現行の予算動向を見る限り、ポスドク問題は確実に「最終処分」に向かう – 大「脳」洋航海記 http://ht.ly/5hTM9 「1.学振DCが拡充・一方で、学振PDが縮小・2.・2つの巨大プロジェクトが終了・失業したポスドクが大量に市場に」

  • 08:47  RT @kamimasahiro: 原発作業員の造血幹細胞採取、第1例目が無事に終了したようです。

  • 06:17  [exblog] 6月14日のtwitter http://bit.ly/kJkPme


Powered by twtr2src.
Commented by 甘すぎ at 2011-06-16 16:23 x
経緯はだいたいこんなところかと

1 政権交代後高校無償化とこども手当てを優先、免許更新制廃止は後回し
2 理由は、免許更新制廃止後の教員の資質向上策が検討されていなかったから
3 昨年初めあたりから免許更新制廃止後の教員の資質向上策を含む教員養成制度の改革案の検討が始まる(泥縄式)
4 普天間問題をはじめとして民主党政治の混乱
5 7月、民主党が参議院選挙が敗北しねじれ状態に。22年以降の法案審議は不透明に
6 同7月、中教審で免許更新制廃止を見込んだ教員養成制度の本格検討の開始(諮問)←この時点で免許更新制は教員養成制度の改正とセットとみなされるように
7 9月、免許更新制の存続で講習を受けないので免許が切れる教員が5000人程度出るとして文科省が注意喚起
8 9月、文科省、22年通常国会に教員免許更新制廃止の法案提出を断念

Commented by 甘すぎ at 2011-06-16 16:25 x
 こうみると、本質的には衆参のねじれが理由というより、マニフェストで教員免許更新制廃止後の教員資質向上策をしっかり検討していなかったのが問題だったと考えます。教員関係議員はそこに力を入れるべきでしたね。

 時系列的には3から4のあたりで免許更新制はすぐなくならないのではと心配になる方が多かったのでは。教員養成のあり方自体多くの論点があり教職員大学院制度にも批判が多く、制度改正は遅れるだろうなというのが多くの見方でした。まして7や8があっても講習を受けなかった人はほぼ自己責任でしょう。

 とはいっても震災の影響で受ける予定の講習自体がなくなった方もおられると思うので、そういう方には救済措置が必要ではないでしょうか。
Commented by stochinai at 2011-06-16 20:14
 非常に丁寧なフォローをありがとうございます。この件では大学も振り回されており、大学が泥縄的に提供している研修の内容がほとんどまったく教員の資質向上に資するとは考えにくいものになっているという現実もあり、お金を出して講習を受ける教員からの評判が必ずしも高くなかったというところも報道して欲しいと思うところです。
by stochinai | 2011-06-16 07:52 | コンピューター・ネット | Comments(3)

ふと咲けば山茶花の散りはじめかな        平井照敏


by stochinai