5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

夏至とストーンヘンジ

 今日は夏至ですというか、日が落ちたので夏至でしたという感じでしょうか。そして、現在午後8時半なので100万人のキャンドルナイトが始まっている時間です。

 キャンドルナイト協賛で電気を消して、ゆっくりお酒でも飲んでいたかったのですが、まだ職場にいて明日の抗議の準備などをしております。それが、だいたい終わったので「本日はキャンドルナイト協賛」ということで、何も書かないで終りにします、ということで写真を1枚くらい貼って終わりにしようというアイディアを持っていたのですが、写真をウェブから拝借しようと「夏至」や「Summer slostice」などで検索をかけると、イギリスの古代巨石遺跡として有名なストーンヘンジの写真がたくさん出てきます。

 これは、私の方が無知だったので、ストーンヘンジは夏至の日の出、冬至の日の入りと特別な関係を持って石が配置されていることで有名な遺跡だったようです。

 BBCのページに最新の記事がありました。

 Summer Solstice Last updated 2011-06-21

 多くの記事では夏至の朝、ヒールストーンとオルターストーンが朝日と一直線に並ぶというふうに書いてあるのですが、この記事のアニメーションを見ると少し違うみたいです。
c0025115_2040836.jpg
 この絵でスローターストーン(Slaughter stone)と書いてある石の隣に立っているのがどうやらヒールストーン(Heel stone)で、実はこの二つの石の間を朝日が昇りオルターストーン(Alter stone)に二つの石の間を抜けて陽が射す
ということになってきたようです。

 まあ、こういう巨石遺跡にはいろいろな憶測が飛び交うところがまた楽しいのでしょうが、現地ではたくさんの人が朝日を待ちわびて飲み騒いでいるという喧騒のようで、どうも宗教遺跡にはそぐわないのが昨今のようです。

 というわけで、最後はそういう酔っぱらいの写りこんでいない写真をお借りして本日のエントリーとさせていただくことにします。

c0025115_20462081.jpg
 2005年の夏至の日の出だそうです。こちらからお借りしました。

 静かな夜をお過ごしください。
by stochinai | 2011-06-22 20:48 | その他 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai