5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

Google を止めることができるのか

c0025115_20272643.jpg
 Google が3月1日からプライバシポリシーを変えると言っています。
c0025115_20272153.jpg
 ニュースでもこの変更によってGoogleが我々のプライバシーをすべて手に入れるかのような報道がなされていますが、すでに今までもGoogleは我々に関する膨大なプライバシーに関するデータを持っています。そして、3月1日をもってGoogleが持っている我々に関するデータが増えるわけでもありません。しかし、そこはデータのおもしろいところで、全体の量に変化がないとしてもそれぞれのデータが有機的につながれて、統一的に処理されると今までは見えなかった「もの」が見えてくることがあります。

 ニュースなどで強調されている、Googleの新しいプライバシーポリシーの「恐ろしさ」はまさにそこにあるということでしょう。

 実は今Googleが持っている我々ひとりひとりに関するプライバシーデータは個々人には公開されています。ダッシュボードというところにアクセスしてみてください。私の分だけでもこんなに出てきます。
c0025115_20402867.jpg
 そして自分の意志で消去したり変更したりできるものもたくさんあります。もちろん、サービスを取りやめれば(そして、Googleがコピーを保持していなければ)それぞれのサービスに関係して保存されている情報も消えてしまいます。

 そもそも、Googleなどが無料で提供している非常に便利なサービスは見返りを期待せずに提供されているわけではなく、私企業であるGoogleにとっては営利活動であることは大前提です。彼らがどうやって利益を得ているかというと、基本的にはコマーシャルです。テレビや新聞のように、利用者全員に同じコマーシャルを提供するのではなく、一人ひとり性質の異なるユーザーにそれぞれ的確なコマーシャルを提供することによってコマーシャルの単価を上げることができるということがGoogleなどの「売り」なわけで、それをより洗練されたものにするためには、サービスごとにバラバラに存在する個々人のデータを「有機的についで、統一的に処理する」ことによって、コマーシャルを提供する側から見るととてつもなく効率よくメッセージを配信できるツールとなるわけです。

 というわけで、Googleは今までにも7回、プライバシーポリシーをバージョンアップしてきています。 今までは、それほど大きな改変ではなかったためかあまり騒がれたことがなかったのですが、Googleがやりたかったこと、またやってきたことは一貫してきたのだと思います。

 さらにいうと、今回のプライバシーポリシーの変更を待つことなく、似たようなことはすでにやっていたのではないかと推察しているのは、私だけではないと思います。

 そういうGoogleの姿勢を嫌ってサービスを使わない自由は我々にあります。逆に、同様に便利なサービスをプライバシーを侵害しないような異なるビジネスモデルで提供することもソフトウェアハウスができることだと思います。

 というわけで、少なくとも我々ユーザーとGoogleとの間で交わされた利用契約としてのプライバシーポリシーを受け入れるかどうかは、我々ユーザーの意思に任されている以上、一義的には「自己責任」として対処することが求められているような気はします。
by stochinai | 2012-02-25 21:02 | コンピューター・ネット | Comments(0)

ひとくきの 白あやめなり いさぎよき     日野草城


by stochinai