5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ダークなクリスマス・イブ

 クリスマス・イブに札幌市が真っ白になっていないということもかなり珍しいのですが、本日は最高気温が8.5℃まで上がり、またまた雪解けが進んでしまいました。

 その結果、ホワイト・クリスマスではなくダークなクリスマスになってしまいましたので、写真を撮る気も失せてなにもありません。

 というわけで、今日はお借りしてきた写真です。

c0025115_17371769.jpg
Photo via VisualHunt


 今日の札幌の街はおそらくこんなふうですから、今日まで開かれているミュンヘン・クリスマス市の色合いもこんな感じではないかと想像されます。

 というわけで、今日はYouTubeでクリスマス・ソングでも聞きませんか?クリスマス・ソングというと何故か私は真っ先にこの歌を思い出します。昔「リーサル・ウェポン」という映画の冒頭でかかったので刷り込まれたのだと思いますが、曲自体は大昔(といっても、私が子供の頃)につくられていたものです。

 YouTubeでは、その映画の冒頭のシーンをそのまま見ることもできるのですが、怪しげな女性がコカインをやってビルのベランダから車の上に落ちるというショッキングなシーンなので、ここでは動画のない方で聞いてください。歌は「Jingle Bell Rock」です。



 最近のクリスマス・ソングというと定番はやはりワムの「ラスト・クリスマス」でしょうね。


 ちょっと古くさいPVで申しわけありませんが、やはりこれは外せません。

 そして、最近の日本のクリスマス・ソングといえば、JR東海のCMでブレークした山下達郎の「クリスマス・イブ」。こちらは1988年の深津絵里(デビュー作?)から、次々と変遷していくCMが続きます。適当なところで次へ行ってもいいのですが、最後にサプライズのシーンがあるのでそこまで見てもホッコリするかもしれません。



 このくらい聞くと、お腹がいっぱいになると思いますが、やはりトリはBing Crosbyの「White Christmas」 1942年の Original Version でどうぞ。

 78回転のレコード盤の針がレコード盤にこすれる音もお楽しみください。


 では、雪がなくてもたった一人でも、お酒でも飲んでゆったりとクリスマス・イブをお過ごしください。






by STOCHINAI | 2015-12-24 17:59 | 札幌・北海道 | Comments(0)

日の暮の背中淋しき紅葉哉            小林一茶


by stochinai