5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

小さきものたち

 石づきのミズナラが苔むしてきているのですが、そのコケの中からイチイが芽を出していました。

c0025115_21455136.jpg

 意図的に植えたものではない植物が、意外なところから芽を出すのを眺めるのがとても好きです。

 このコケの布団は春になって絶好調のベッドになっているようで、ここに落ちた種にとっては最高の保育園になるようです。

c0025115_21455512.jpg

 とはいえ、そこに定着して芽を出す植物はそれほど多くありません。

 こちらは違う場所から芽を出しているシダの若葉です。ゼンマイのように巻いていますが、ゼンマイではありませんし、我が家の庭に多いコゴミでもありません。

c0025115_21455980.jpg

 さらにとなりでは、キクも新しい芽を出していました。

c0025115_21460207.jpg

 植物の若い芽はどれも美しいのは、すぐに成長してしまってあっという間に通り過ぎる短い時間だからなのでしょうかね?

 人間も若い時ぶは誰もが美しいのは、あっという間に通りすぎてしまう瞬間だからなのかもしれませんね(笑)。大切なことだから、2回言いますけど、誰でもが美しいんですよ。







by STOCHINAI | 2016-04-25 21:56 | コンピューター・ネット | Comments(0)

今日二つ三つ朝顔の通り道          稲畑廣太郎


by stochinai