5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

太陽のない一日

 最低気温18.3℃@4:36、最高気温21.9℃@14:49、日照はほぼゼロの一日でしたのでときおり肌寒く感じる時間帯もありました。

 しばらく前に種をまいたラベンダーの苗です。室内では光の量が足りないのかひょろひょろとねじれて伸びていますが、まあまあ元気そうなので近いうちに外へ出しもう少し広い鉢に移してやろうと思います。

c0025115_21084285.jpg

 こんな小さくても軽くこすると、あのラベンダー特有の香りがします。

 この鉢の近くに置かれているジオラマもどきのお皿。

c0025115_21103859.jpg

 2年前にK本さんご夫妻から頂いた時にこれが入っていた大きなワイングラスは「事故」により破損してしまいましたが、その他の部分は健在で他のところからシマウマも取り入れて、シロクマとシマウマそれにエアープランツというわけのわからないジオラマのようなものになってしまいましたが、なんとなく楽しい存在です。

 そして、今が盛りとなったガクアジサイは毎日さらには時々刻々と変化していますので目が離せません。

c0025115_21132323.jpg

 まわりの「額」を形成する装飾花に目を奪われていると、中央にたくさんある小さな「両性花」の変化を見逃してしまいます。

 今年はっきりと気がついたのですが、この両性花もかなりキレイに色づいて花開くのです。

c0025115_21132736.jpg

 こちらは送られてきた母の日から2ヶ月以上たったカーネーション。

c0025115_21134298.jpg

 復活してきました。

 咲く花あれば終わる花もあります。ヤマボウシはさすがにもう終わりです。

c0025115_21134563.jpg

 今年は実を熟させるか、早いうちに摘んでしまうか考慮中です。

 そして、日に日に変化を見せる拡大縮小コピーで作ったような様々な大きさの円形の葉で楽しませてくれるカツラ。

c0025115_21134931.jpg

 葉だけでこれだけ楽しませてくれる木も珍しいと思います。







by STOCHINAI | 2016-07-17 21:44 | 札幌・北海道 | Comments(0)

日の暮の背中淋しき紅葉哉            小林一茶


by stochinai