5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

31.7℃はこの夏の最高気温

 朝からテレビが放送枠を狭めて、高い温度に対する注意と脱水症状に対する注意を呼びかけるなど、ちょっと異様な雰囲気を感じさせる雰囲気でした。そして、札幌でも12:12にこの夏の最高気温である31.7℃が記録されていますけれども、風が強かったこともあって危険を感じるほどの高温という一日にはなりませんでした。

c0025115_22145383.jpg
 秒速6-8メートルの風というと結構強く、植木鉢も植わっているものによっては倒れてしまうほどのものですので、その風に吹かれていると体感気温は2-3℃低かったのではないでしょうか。いずれにしても、実際に記録された気温ほどのバテバテ感はないように思います。

 しかし、上の気象庁の記録でもこちらのウェザーニュースのグラフでもわかりますが、夜になっても気温が下がらないのが本日の特徴です。

c0025115_22145659.jpg

 夜10時になっても札幌各地は25-26℃を記録しているところが多く、ここ東区でも25℃となっています。

 夜になって風がおさまってきたのにこの高温ですと、ちょっと寝苦しい夜が予感されます。それと、札幌では強い風が吹いた後は雨が近づくということになっておりまして、明日の午後遅くからは雨の不安があります。

 明日の午後は「創生科学サロン&夏の宴」があるので雨はちょっと嫌なのですが、どうなりますか。

 さて今朝は居候の小学校1年生が連れてきた夏休み観察用のアサガオが咲きました。

c0025115_22263965.jpg

 小学生が育てたものですが、ちょっとシワシワなことを除くと立派に咲いたものです。観察用ということで、横からも観察してみるといろいろなことに気がつくものですが、小学1年生にはなかなか難しい課題かもしれません。

c0025115_22273638.jpg

 こちらは我が家のアサガオ(フライング・ソーサー)の明朝咲く予定のツボミです。

c0025115_22364605.jpg

 というわけで、なんということもなく過ぎ行きた真夏の一日も暮れます。

 夕暮れの空に雲2匹。

c0025115_22372827.jpg

 明日一日なんとか持ってくれるとうれしいのですが・・・。








by STOCHINAI | 2016-08-07 22:45 | 札幌・北海道 | Comments(0)

ひとくきの 白あやめなり いさぎよき     日野草城


by stochinai