5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

少なくなったと思っていたアクセスのかなりがモバイルへの移行だった

 まずは本日のわが家の前のハウチワカエデの紅葉をご覧ください。

c0025115_21124463.jpg

 紅葉か黄葉かの判断が難しいくらいの微妙な色ですが、なかなかいい色になったと思います。

 さて月に一度、このブログ・サービスのアクセス・レポートを見るようにしています。無料で利用できる画像の容量制限を過ぎてしまっているので数年前から有料サービスに移行しているのですが、最低料金なので先月まではアクセス・レポートでモバイルからのアクセスを見ることができませんでした。それが、時代の変化というのでしょうか、今月からは追加料金なしでモバイルからのアクセスを見ることができるようになりました。

 結果を見て、ちょっとびっくりしています。

c0025115_20551008.jpg

 オレンジ色がPCからのページ・ビューなのですが、緑がモバイルからのものです、そしてその右側にちょっとだけ見えるピンクがケータイからのアクセスです。

 先月まではこのオレンジ色のデータしか見ることができておりませんでしたので、毎日のアクセス(ページ・ビュー)が600-1000くらい、月に2万5千くらいのアクセスだと思っていました。これはピークだった207-2010年頃に比べると半分以下であり、そのくらい少なくなっているのかと思っていたのですが、今回モバイルのアクセス数を加算してみると30-50%くらい少ないデータだということがわかりました。つまり、2-3人にひとりくらいはこのブログをモバイル(iPhoneやAndroid)でご覧になっているということのようです。

c0025115_20551402.jpg

 結果的に先月まで毎月2万数千だと思っていたページ・ビューが実は4万を越えていたということがわかり、ちょっと驚いているところです。

 ちょうどタイミングよく11月2日のTechCrunch Japanの記事にこんなのがありました。

c0025115_21171360.jpg

 ますます多くのユーザーがインターネット・サイトにモバイルデバイスからアクセスするようになっている。インターネットの利用状況をモニタする専門企業StatCounterが発表したレポートによれば、モバイルからのインターネット利用が初めてデスクトップからの利用を追い越した。全トラフィックに占めるモバイルからのアクセスが51.2%、デスクトップからが48.7%だった。モバイルからの利用がデスクトップを追い越したのはStatCounterがモニタを開始して以來、初めてのことだという。
これはインターネット・ビジネス全体にきわめて大きな転換点が来ていることを意味する。このトレンドが逆転することはまず考えられない以上、デジタル・サービスをモバイル・ファーストに転換することをためらっている企業は一刻も早く態度を改める必要があるだろう。
 グラフも載っていました。

c0025115_20551727.jpg

 世界中のネット全体におけるアクセス手段がこうなっているのに比べると私のブログへのアクセスはまだPCからのものが優勢ですので、ある意味で「遅れている」ということになるのかもわかりませんが、少なくとも3人ないし4人にひとりの方がモバイルでこのブログを読んでおられるということを考えると、こちらとしてもモバイルでの読みやすさを考慮せざるを得ないということになります。

 世界的に見るとそれはもう半々ということであるならば、htmlの書き方というものを根本から考え直す時期が「今でしょ」ということになるのかもしれません。

 上の記事の原著を見てみると、実はイギリス・アメリカ・オーストラリアなどはまだPCからのアクセスが優位なのですが、インドなどの「後発国」ではモバイルからのアクセスがなんと75%になっていることを見ると、日本を含め世界的にこの先はモバイルからのアクセスを前提にインターネット環境を考えて行かなければならない時代になってきたことがヒシヒシと感じられます。

 インターネット上で革命が起こりつつあるということなのだと思います。楽しいし、怖いかも。







by STOCHINAI | 2016-11-04 21:35 | コンピューター・ネット | Comments(0)

ふと咲けば山茶花の散りはじめかな        平井照敏


by stochinai