5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

久しぶりに見た朝の太陽

 結局、公式の積雪深はゼロになりませんでした。最低は昨日から今朝にかけての2センチメートル。その後、地味に1センチ増えて本日は午前5時から現在まで、ずっと3センチのままでした。それもそのはず、今朝の5時にプラス1℃を記録した後はずっと1℃以下で、昼の1時からはずっとマイナスの気温が続いています。

 それでも今朝、久しぶりに太陽が見えました。

c0025115_20180549.jpg

 太陽といってもこの写真では雲の向こうにあるものが強引に見えているだけですが、この後時折眩しい太陽にもお目にかかることになります。

c0025115_20181173.jpg

 家々の屋根にはうっすらと雪が積もっているのがわかります。

 下を見下ろすと積雪があったことはよくわかります。

c0025115_20181799.jpg

 この程度の風景が「冬」というのならば、冬も楽しいのでしょうが・・・。

 階下に降りてみると、太陽が雲から出て庭を照らしていました。

c0025115_20182011.jpg

 どんなに寒くても太陽の光は偉大です。

 ちょっとした雪ならあっという間に解かしてしまうだけでなく、人の気分を明るくしてくれます。

 いい朝だったのですが、この後どんどんとアメリカ大統領選挙の【悲しいお知らせ】がはいってきて、天気とともにどんよりとした午後になってしまいました。

 でも、ジョージ・ブッシュが大統領をやっていたことを考えると、ドナルド・トランプだってできないことはないでしょうね。ただ、あの下品な演説を何年か聞かされることになるのかと思うと憂鬱ではあります。







by STOCHINAI | 2016-11-09 20:25 | 札幌・北海道 | Comments(0)

日の暮の背中淋しき紅葉哉            小林一茶


by stochinai