5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

一瞬の春

 今朝の朝焼けは夕焼けのようなオレンジ色でした。

c0025115_20243695.jpg

 これがどういう天候を示唆するのかわかりませんでしたが、午前中から昼過ぎまではまあまあの天気が続きました。

 朝の寒さのなかで不思議なツララを発見。

c0025115_20244112.jpg

 小さなツララなのですが、ほぼ等間隔で並んでいます。普通ツララは大きなものや小さなものが不均等にできあがることが多いのですが、実はでき始めというものはこんなふうに周期的な配置になるものなのかもしれません。

 このツララの行列の上の方をみるとこちらも少々不思議な感じがします。

c0025115_20244493.jpg

 屋根の段差に従って上へ登るごとにツララが少なくなっていっていますが、上のほうのツララの間隔にも一定の周期性があるようにも思えます。物理音痴の私にはこれ以上の「考察」はできませんが、ツララのもとになる水の滴りがだんだんと広がっていくということと、雫になって落ちる位置が一定の間隔を持つということにはなんらかの物理法則がある可能性を示しているような気がします。

 さて苦手な物理から屋内に逃げ込むと2匹のネコが日だまりに集まってなにやら話し込んでいます。

c0025115_20244768.jpg

 場所をめぐるいさかいがありそうですが、とくに取っ組み合いの喧嘩をするということでもないようです。

c0025115_20245144.jpg

 ムサシマルが日だまりの中心に横たわって場所を確保してしまうと、向こうでサクラがあきらめたふうな顔をしています。

 しばらくすると、2匹がそれぞれまあまあの位置を占めて寝ていました。

c0025115_20245411.jpg

 今日はそれほど日差しが強くはならなかったのですが、ほんとうにネコは暖かいところが好きです。

 この後、昼に2時間ほど外気温がプラスになって真冬日を脱したのですが、その後は日が暮れるまで結構な降雪になり、天気予報通りの午後になりました。







by STOCHINAI | 2017-02-01 21:34 | 札幌・北海道 | Comments(0)

風わたり泥も乾きて春の草             嵐雪


by stochinai