5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

「星の王子さま」

 しばらく前から札幌市電子図書館に予約してあった日本語版の「星の王子さま」がようやく貸し出しできるようになったと連絡のメールが今朝届きました。

c0025115_21042233.jpg

 すぐに借り出しの手続きをしました。これが電子図書館の最大のメリットですね。連絡が来てから借り出しまでが瞬時にでてしまいます。

 昔読んだのは岩波から出ていたもちろん日本語版の内藤濯訳のものですが、これはごく最近になって出版された平凡社の稲垣直樹訳のものでした。早速、しばらく前に購入していた電子書籍のフランス語版と比較してみました。

c0025115_21042637.jpg

 どちらも扉の中にある表紙ですが、一見して同じ絵だとはわかるものの、その色合いなどの違いがかなり大きく気になります。

 本文を見ても日本語版の方が絵が大きく丁寧に扱われているように感じます。同じ場所の比較もしてみました。王子さまが自分の星を去る前に火山のすす払いをするところです(第IX章)。

 まずは日本語版。

c0025115_21195632.jpg

 そしてフランス語版です。

c0025115_21200155.jpg

 色合いももちろん違いますが、ページの中に占める絵の大きさが全然違います。絵の部分だけを直接比較するためにそこだけ切り出して並べてみました。

c0025115_21203828.jpg

 なかなか興味深いものができあがってしまったような気がします。

 とりあえず、両方を並べてみて全ページを流して眺めなおしてみて、なんとなく納得したのでありました(笑)。







by STOCHINAI | 2017-02-08 21:37 | その他 | Comments(0)

ひとくきの 白あやめなり いさぎよき     日野草城


by stochinai