5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

4月23日のtwitter

晴れたのに意外と気温は上がらず を投稿しました。 #エキサイトブログ shinka3.exblog.jp/26608415/ pic.twitter.com/vof2ZTZJo1

posted at 21:49:30

【準備行為前でも捜査対象「共謀罪」、政府が見解】弁護士 落合洋司(東京弁護士会)日々是好日 d.hatena.ne.jp/yjochi/2017042… 「嫌疑が存在すれば、任意捜査だけではなく強制捜査も可能ということになる・疎明資料で・嫌疑があれば、令状は出る・現行の令状制度の怖いところ」

posted at 21:27:05

【ご家族の気持ちは痛いほどわかるがそれを政権が利用するのもいい加減にしてほしい】「今年中に必ず救出を」=拉致40年、焦る家族-国民大集会・東京 [アメーバニュース] news.ameba.jp/20170423-567/ なんど同じ言葉を繰り返すのか?現実と希望は区別して発言してほしい。

posted at 20:52:52

【「霜降り大好き」な潮流が変わってきている】霜降りの牛は、歩けない、失明、薬づけetc...まだ霜降り肉が好きですか? [アメーバニュース] news.ameba.jp/20170423-429/ 「サシ、つまり脂を評価しなくなる時代が来る・大量消費の世代が・衰える時期に差し掛かって」

posted at 20:25:12

【未成年に金貸すZOZOTOWNと同じ手口?】「奨学金地獄」に苦しむ若者 返済滞納者33万人、滞納額880億円 AbemaTIMES headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-… 「奨学金制度を利用する学生は社会人になる前に多額の“借金”を抱えることを認識しているのだろうか」

posted at 20:18:55

【これほど明白に汚職であり、かつ口利きの流れも明らかである事件において、誰ひとりとして関係者が謝罪すらせず、もちろん更迭も辞任もしていない】共産圏化する日本-読む国会 www.yomu-kokkai.com/entry/2017/04/… 国会よりも政権党が優先される一党独裁国家になっているのは事実

posted at 20:05:59

「『俺ら就職氷河期世代ってもう忘れ去られたのかな』のエントリーを読んで胸が痛くなった」「トリアージ」される就職氷河期世代|Parsleyの「添え物は添え物らしく」 yaplog.jp/parsleymood/ar… 「氷河期世代を救うことはできない・世代を「トリアージ」していく」

posted at 19:59:51

【さじ投げられちゃったんだろうね、俺たち】俺ら就職氷河期世代ってもう忘れ去られたのかな (追記あり anond.hatelabo.jp/20170422041028 「いろいろ議論して考えたけど、こいつらを救済する妙案も資金もないわ・定期的に就職氷河期のことを書いていかないと本当に忘れられる」

posted at 19:56:00

【どちらに転んでも女性差別の手段にされてる】“サラダ取り分け系女子”はあざといのか問題 「やればあざとい人、やらなければ気が利かない人」|キャリコネニュース news.careerconnection.jp/?p=34532 男でも女でも同じように、やれば気が利く人でやらないのは利かない人で正解では

posted at 19:50:28

【為替とか株式とかの取引も禁止しないと論理的一貫性がありません】チケット転売&ダフ屋対策、法整備に本腰 サカナクション・山口が切実訴え (オリコン)-Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-… 資本主義の下では需要と供給の関係で価格が決められている。

posted at 19:42:51

【恣意的に線引きされたこの議論は「科学」とは言えないものになっています】スズメもネコジャラシも大陸からやってきた 外来か在来種かはどう決める? THE PAGE headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-… 「外来生物法・外来生物・明治時代以降に日本に導入された生物種」

posted at 19:39:17

4月22日のtwitter を投稿しました。 #エキサイトブログ shinka3.exblog.jp/26606612/

posted at 08:00:44


by STOCHINAI | 2017-04-24 07:24 | コンピューター・ネット | Comments(0)

日の暮の背中淋しき紅葉哉            小林一茶


by stochinai