5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

不思議な台風18号

 昨夜から今日、暴風と豪雨が何度も警報として出されましたが、不思議なことに私が住む札幌東区だけを例にとれば、「本当にこれが台風なのか」というのが率直な感想です。

 今日は朝起きたときからずっと雨は降っているのですが、驚くほどの無風状態が続きました。無風状態を表現する写真を撮ろうと思ったのですが、これが非常に難しいことを思い知らされました。

c0025115_22544532.jpg

 昼前に撮ったこの写真はよく見ると真っ直ぐな雨の落ちるラインはとらえられていると思いますが、本当に無風なのです。13年前に北海道を襲った台風18号の強風を思うとあっけにとられるくらいの無風です。

 物置の屋根の雨を集めた雨樋からの落水は無風を示す真っ直ぐな落下線を描いていました。

c0025115_22545531.jpg

 この雨も午後3時頃までにはほとんど上がり、空には青空すらも見えるようになった頃、申し訳なさそうに少しだけ風が吹きましたが、その風の強さも札幌では普通に吹く「今日はちょっと風が強いですね」くらいのもので、本当に今回の台風に関しては札幌東区での印象だけですが、「本当に台風だったのか」というものでした。

 今は台風も温帯低気圧になり、その中心はサハリンのあたりに移動しています。(これは午後9時ころの風の流れです。)

c0025115_22551619.jpg

 意外と温帯低気圧になってからのほうが勢力が強まったのかもしれないという印象の風の流れです。

 今回の台風の総まとめ図が「デジタル台風」サイトに載っています。

c0025115_22553028.jpg

 日本に上陸する頃から勢力(気圧)が弱まってきているのが幸いしたのか、列島を縦断したにもかかわらず日本全国での被害は最小限で抑えられたように思われます(とはいえ、亡くなった方もおられるので、心から哀悼の意を表したいと思います。)

 「列島を縦断」した台風は今までにもたくさんあったと思うのですが、実は今回の台風の列島縦断の仕方は記録的なものだというニュースがありました。

【台風18号】九州、四国、本州、北海道の全てに上陸した初の台風に
9/18(月) 17:27配信 ウェザーニュース
 3連休に全国各地へ影響をもたらした台風18号。史上初、日本の本土4島(九州・四国・本州・北海道)に全て上陸した台風となりました。
 台風18号は強い勢力で沖縄先島に接近後、17日の午前10時半頃に九州の鹿児島県に上陸、さらに午後には四国の高知県へと再上陸しました。進路をやや北に向け、夜のうちに今度は本州の兵庫県に再上陸。日本海へ抜けた後に日付をまたいで18日昼には北海道へ再上陸しました。(道内でも複数回上陸し今回の台風だけで5回も上陸しています。)
 日本の本土を構成する主な5つの島のうち、上陸と表現する4島(九州・四国・本州・北海道)に上陸するのは統計を開始した1951年以降初となります。※なお、沖縄先島の上空を台風が通過したとしても気象庁では「上陸」という定義は使わず「通過」と表現します。
 ニュースに添えられていた図がこちらです。

c0025115_22553445.jpg

 台風の上陸に沖縄が入っていなかったことや九州・四国・本州・北海道のすべてに上陸した台風が今までなかったということなどは意外と知られていないトリビアではないかと思いなんだか得をしたような気になる情報でした。







by STOCHINAI | 2017-09-18 23:32 | 季節 | Comments(0)

日の暮の背中淋しき紅葉哉            小林一茶


by stochinai