5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

よく見ると一枚一枚の葉の色だって違います

 一本の木の葉が一斉に色が変わるとそれはショッキングに美しいもので、人はそれを楽しみにモミジ狩りやイチョウ狩りに出かけるのでしょうが、木の方だって人の都合で色を変えるわけではありません。

c0025115_21112730.jpg

 開けた場所に植えられたドウダンツツジにこんな風に目に痛いくらいの赤一色に染まりますが、普通の木はなかなかそうはいきません。植えられた場所の都合などでいろいろな色、そして一枚一枚が多様な色になっているもののほうが普通です。

 こちらはスイカズラの葉です。

c0025115_21113861.jpg

 比較的そろっているようでもありますが、よくみると黄色から赤までいろいろです。

 こちらはナツツバキ。

c0025115_21114752.jpg

 一部が緑の葉も残っています。

 我が家のハウチワカエデは赤というよりは茶色になります。

c0025115_21115744.jpg

 こちらはヤマボウシ。何色と言ったらいいのでしょうね。

c0025115_21120750.jpg

 そしてフジ。こちらは落ちる直前に黄色になります。


c0025115_21123760.jpg

 アスパラは黄葉とは言わずに、ただ「枯れた」と言われることが多いかもしれません。それでも、きれいな黄色になります。

c0025115_21124183.jpg

 地面に落ちた葉は常緑のツルニチニチソウときれいなコントラストを描きます。

c0025115_21125433.jpg

 春に咲くはずのツルニチニチソウは、花を咲かせているものさえいます。

c0025115_21130077.jpg

 今日もまたシジュウカラが遊びに来てくれています。

c0025115_21130492.jpg

 明朝は冷えそうですので、どちらさまも暖かくしておやすみください。








by STOCHINAI | 2017-11-03 21:22 | 季節 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai