5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

のっぺりとぬるい一日:ようやくサザンカ開花

 思いっきり開いているわけではありませんが、ようやくサザンカの花が開きました。

c0025115_21364708.jpg

 例年だと玄関の風除室内に取り込んで、今月の下旬から来月の始めあたりに咲くのですが、ことしは外に出したままで11月の初旬に咲いたということで「記録」になりました。

 せっかくの第一号ですので花の中までよく見ておきましょう。

c0025115_21365095.jpg

 雌しべは一本らしいのですが先端が3つか4つに分岐しています。雄しべは「無数」ということにしておきましょう。

 冬に咲き始める花は北海道の屋外では「ない」と言っていいと思いますが、もう少し南に下るとサザンカやツバキは冬に咲く花です。サザンカやツバキが咲く地方では、ビオラやパンジーは冬でもずっと咲き続けますし、そういえばクリスマス・ローズなども屋外で大丈夫のようですね。北海道ではそういう「冬の花」も基本的には屋内でないと無理な感じですが、暖房がなくても雪の積もらない玄関の風除室ならなんとか咲かせることはできるようですので、問題は「深い雪」ですね(笑)。

 雪さえ降らなければ、バラも咲き続けています。

c0025115_21365932.jpg

 次の蕾さえもあります。

c0025115_21370304.jpg

 こちらは最後の一枚を残し、すべての葉を落としたツツジの花の蕾です。

c0025115_21370642.jpg

 この最後の葉はすぐに落ちると思いますが、花の蕾は雪に埋もれても来年の春まで耐えてふくらみ花を咲かせます。そう考えると、植物はかなりすごいですね。

 明日の気温は今日より10℃くらい一気に下るようですが、今日はほんとうに温々の変な一日でした。

c0025115_21402761.jpg
 この変化の少ない気温の下、午後1時頃にいきなりすごい豪雨になったあたりの雨雲の動きの動画をごらんください。



 こうして北海道は雪の季節へと進んで行くのでした。







by STOCHINAI | 2017-11-08 22:05 | 札幌・北海道 | Comments(0)

日の暮の背中淋しき紅葉哉            小林一茶


by stochinai