5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

暦の上ではディセンバー

 深々と冷える中、音もなく12月になってしまいました。

 まずはなつかしい「あまちゃん」のYouTubeからといきましょう(とっくに消されていると思ってましたが、177万回を越える視聴で生き残っていました)。今日はこれを聞きながらどうぞ。懐かしいですね(笑)。




 まずは、12月最初の夜明けのシーンです。相変わらず燃えています。

c0025115_20311415.jpg

 どうやら今日は今季最高の寒さということで、最高気温がマイナス2.6℃までしか上がりませんでした。11月は105年ぶりの寒さということらしいので、記録としてここに日々の最高最低平均気温グラフを残しておきます。

c0025115_20311814.jpg
 だいたい5日毎に低温がきている感じで、来るたびに寒さがつのっているようです。その上、雪がないとよけい寒い感じがします。今年の積雪深は赤い線ですが、ここ数日ゼロのままです。

c0025115_20341099.jpg
 札幌は雪がないのですが、ちょっと北の方はとんでもない豪雪に成っているようで、岩見沢は今朝59センチの積雪とか言っていましたが、今もまた深々とふっているようで、本当にお気の毒としか言いようがありません。

c0025115_20341448.jpg

 と、寒さと雪のことくらいしか話題のない本日ですが、数日前にこれが届いているのを思い出しました。

c0025115_20321561.jpg

 重版出来ということで見本なのですが、なんと21刷にまで達しました。

c0025115_20322130.jpg

 出版してから11年で21刷りですから、毎年2回刷っていただいていることになります。

 この動きの激しい時代に、10年を越えて読み継がれるということはありがたい限りですが、高校の理科の教科書などというものは怪しげな最先端研究ではなく、原理原則を扱っている限り10年位の時代には負けないことを証明しているのかもしれず、そのこともなんともうれしいことです。

 さて、明日からは某大学で去年から開始され、この先何年続くかわからないようなアクティブ・ラーニングの特別授業が始まります。こちらは10年後にはもうなくなっているだろうと思われるのが残念なのですが・・・。









by STOCHINAI | 2017-12-01 21:01 | 札幌・北海道 | Comments(0)

日の暮の背中淋しき紅葉哉            小林一茶


by stochinai