5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

昨日よりは穏やか

 火曜日から真冬日が続いていますが、昨日くらいからすこし厳しさが緩んできた感じがします。昨日は最低気温がマイナス4.8℃、最高気温がマイナス1.2℃でした。今日は最低気温がマイナス4.7℃、最高気温はマイナス0.9℃でした。気温的には昨日も今日もあまり変わりがないのですが、今日は時折差す日差しがまぶしい時間帯があったことから昨日よりは暖かさを感じた一日となりました。こちらがそれを実感していた昼頃です。

c0025115_21105985.jpg

 ベランダの柵のまわりの雪がとけているところもありました。

c0025115_21110200.jpg

 とはいえ、朝に除雪をして、昼前にもう一度除雪をすることになるくらいなんども雪が降ってきます。気温が低く、それほどの豪雪ではないので短時間の軽労働で除雪は終えることができるのですが、何度も降ってくるのはちょっと悲しいです。

 夜になって外を見るとまたモフモフと降ってきていました。

 今日はストロボをたいて手前の雪を強調してみます。

c0025115_21110623.jpg

 こうしてみると、地面に積もった雪もだんだんと厚くなってきているのがわかります。

 一昨日の「くらしのこよみ」に掲載されていた「旬のさかな」はアンコウでした。

c0025115_21591748.jpg

 日本画の楽しい図版がありましたので、例によってどこかでデジタル公開されていないかと探してみたのですが、見つけられませんでした。

 かわりに見つかったのがこちら。

c0025115_21592173.jpg

長谷川雪旦(1778-1843)自筆の魚介スケッチ集です。江戸の人ですが、肥前国唐津藩(佐賀県)の御用絵師として唐津に滞在したことがあり、文政6年(1823)に唐津領の海辺に漂着した海獺(かいだつ アシカ)の図など、各地でスケッチした多彩な魚類図を見ることができます。
 こういうのを見ていると、日本には昔からマンガの素地があったのだということが強く感じられますね。








by STOCHINAI | 2017-12-29 22:04 | 札幌・北海道 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai