5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2005年 01月 31日 ( 2 )

ブログへ引っ越します

 本日をもって、このつぶやきコーナーを閉鎖します。(これは、引っ越し元へのメッセージですので、翻訳すると「本日からこのブログを正式公開します」です。)

 とは言っても、おしゃべりな私が沈黙できるはずもありません。この小さな枠に囲まれた小さなコラムの中から広々とした新しい空間へと引っ越すことにしました。(つまり、こちらへ引っ越してきました。)

 実は、一月ほど前からこの「つぶやき」とまったく同じものを「5号館のつぶやき」というブログに重複して掲載していました。(このブログのことです。)そちらも、アドレスを知っている人には見ることができたのですが、いちおう「未公開」ということになっておりましたので、検索しても見えない存在でした。

 ブログというものは、世界標準のインターフェースを持っていますので、いったん公開してしまうとどんどんと情報が拡がっていく性格を持っています。また、ブログの標準仕様ではトラックバックという「被引用」と、掲示板のようなコメントという設備が用意されていますので、そうしたものがどのように機能するのかということをいろいろと調べてもいました。

 その間にも大混乱の中で閉鎖に追い込まれたサイトを目撃したりと、不安な材料にも巡り合いました。

 とは言っても、あちこちのブログと木霊のように響き合うトラックバックとコメントのやりとりを見ていると、やっぱりそのブログの醍醐味にわくわくすることもありました。

 今までは、私のつぶやきに対する意見は個人的なメールと言う形でフィードバックしてくるしかなかったのですが、これからはトラックバックと掲示板のようなコメント欄での、かなりスピーディなやり取りが可能になります。

 ただし、私という存在が突然暇になったわけでもありませんので、トラックバックやコメントが多くなってきた時にすべてに速やかに対応することはできないであろうことは今から予想できます。それが、二つ目の不安材料です。

 それにもかかわらず、やってみようという気になった経緯は、去年の12月1日のつぶやき「あなたもジャーナリスト」をお読みいただければ分かるかもしれません。

 大手の新聞やNHKなどのマスコミが機能していないことが明らかになっている今こそ、懐かしい言葉ですが小さなコミュニケーションのツールとしてのミニコミが、今本当の意味で万人の手に渡される時代がようやく訪れた気がしています。

 戦争の足音が聞こえたり、自己責任という名のジコチューがはびこったり、「お金で買えないものなんてない」とおっしゃるドラエモンのような人がもてはやされたり、小学生でも笑い出しそうな「議論」が国会で交わされていたり、異常にたくさんの人がお札をコピーして使ったり、毎日のように女性や子どもを巻き込んだ殺人事件や心中事件が起こったり、大企業の社長が詐欺をしたり、誰が見てもおかしな時代になっているからこそ、誰でもが自分の身近で起こったことに対して、できる限り遠くまで届く声を発することが求められているのだと思います。

 普段はきわめてプライベートな日記を書いている人も、たまには多くの人に訴えたい記事を書くことがあると思います。そんなことがあったら気軽に、あちこちにリンクやトラックバックを張ることで、日曜ジャーナリストになれるのもブログの良いところだと思います。あちこちのブログを散策しては、ちょこちょこと茶々を入れる感じでコメントを入れるのも、また良しです。最後は「みんながジャーナリスト」になれば良いのだと思っています。三日坊主でもかまわないと思います。気が向いた時に、気軽に日本全体に対して意見を発信できる場所ができたのだと思います。

 井戸端議論を、一緒に楽しんでみませんか。
by stochinai | 2005-01-31 22:32 | つぶやき | Comments(2)
 「札幌から ニュースの現場で考えること」に愛媛県警・実名告発した仙波氏の新ポストという記事が載っています。

 マスコミのニュースでも取り上げられていましたが、裏金問題を「告発」した愛媛県警の巡査部長が突然、「鉄道警察隊」から「県警本部地域課通信指令室」に異動命令が出たというのです。

 数日前までは「異動はない」と内示されていたそうですので、誰が考えてもこの異動が告発に関係したものだと思うはずです。逆に、県警がこの告発を真剣に取り上げようと考えているのであるならば、異動しそうな人であっても問題に決着が着くまでは異動を保留するという対応をするのが常識というものでしょう。

 さすがにブログの著者は現役の新聞記者ですから、適切な解説をしてくれています。「通常、通信指令室主任は警部補ポストである。従って、通常なら仙波氏はこのポストに居る間に巡査部長から1階級昇進しても不思議ではない。逆に言えばそういう「昇進」をエサに」巡査部長がこれ以上発言をエスカレートさせるのを阻止しようとしているのか、あるいは裏金作りに協力してこなかったために、これまで昇進がなかったということはないというアリバイ作りのように思える、というのが記事の前半です。

 私はこのニュースを見聞きした時に、反射的に報復人事が行われたのではないかと思いました。告発した人の心理から考えてみると報復人事と言えないこともないかもしれませんが、事実上は栄転だとすると単純な報復人事と断言することはできなくなります。短絡的な思考を反省しました。

 しかし重要なのはそのことではなく、後半です。マスコミではほとんど全く取り上げられてはいませんが「おそらく、いや、間違いなく、本人には空前の嫌がらせが続いているに違いないと思うからだ」という下りです。私もそうだろうとは推測していましたけれども、マスコミに上がってこない限り知ることのできない、一般のニュースよりも遙かに重要な告発の行方です。

 記事の著者は北海道警の裏金作り告発の告発に大きな貢献をした記者です。一連の告発過程の中では、北海道警のOB二人が実名で登場し、さらに大勢の現職警察官が北海道監査委員の特別監査に対し、匿名で真実を語っています。著者は、そうした現場を見ている人です。その人が「その後、こうした道警関係者の人々のもとには、実にひどい手紙やファクスが届いている。・・・・・・・人間、ここまで品性下劣になれるのか、と思うほどの内容である」。そして「想像だが、仙波氏(愛媛県警を告発した人)のもとでも同様のことが起きているのではないか。或いは、これから起きるのかもしれない」と語るのですから迫力があります。

 この話を読んで、イラク人質事件の時の大バッシング大会や、北朝鮮拉致家族が小泉総理を非難した時に起きたバッシング、そしてNHK問題(経費の使い込み、海老沢会長引退、さらに海老沢顧問就任そして辞任:これは個人と言うよりNHKの窓口に意見が送られたものが多かったようなので、ちょっと意味が違うかもしれません)の時にあったという、大量の電話・メール・ファックスによる個人的意見表明を思い出しました。

 様々な事件や人々の意見に対して、国民の一人一人が意見を持つのは良いことだと思います。多くの人はそうした意見を、身近にいる人々と話し合ったりするだけで終わるのだと思います。さらに大きく突き動かされた人は、新聞に投書したり、最近ならばブログや掲示板に書き込むということもありますが、いずれも健全な民主主義下における意見表明の方法だと思います。

 私は、個々人がマスコミなどのメディアから得た情報に対して意見を持った場合には、基本的にはマス・メディアを通じて意見を戻すのがルールだと思っています。

 それが、どうして日本では(外国でもそういうのがあるのかもしれませんが、あまり聞いたことがありません)、事件の当事者に対して個人的に意見を送ってしまうのでしょうか。自分も身元を明かした上で、フェアに意見を伝えたいと思って、そうしている人もいるのかも知れませんが、非難や時には脅迫めいた意見を述べる人の多くは匿名のようです。

 特定に個人に向けて匿名で意見を送りつけるというなどということが、日常的に起こることの原因の一つに、この国に一般市民の意見を適切に吸い上げるシステムがないことがあるような気がします。そうしたシステムを確立するために、マスコミにも大いにがんばってもらいたいとは思いますが、我々市民の一人一人が公共に向けて意見をいう場を自ら作り上げている努力も必要なのだと思います。

 考えてみるとこの「つぶやき」も、私という人間がテロや脅迫などといった不健全な方法での意見表明を阻止するための防波堤になっているのかもしれません(^^;)。脅迫メールや匿名の暴言など掲示板に書いている人も、そんな暇があったらブログでも開設してみると良いのではないでしょうか。責任もくると思いますけれども、意見の重みも匿名メールよりはずっと増すと思うのですが、どうでしょう。
by stochinai | 2005-01-31 00:41 | つぶやき | Comments(1)

日の暮の背中淋しき紅葉哉            小林一茶


by stochinai