5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2010年 06月 20日 ( 2 )

ついに鉄人28号に会えた

 意外なほどあっさりと、鉄人28号に対面できました。

 今日から京都で学会があり、最初は昼から会議があるという予定だったので、早割で午前中に神戸空港に着く瓶を予約していました。それが、いろいろな事情が重なって会議は遅い時間に変更になったのですが、空いた時間を使えば鉄人に会えるかもしれないという期待もあったため、あえてキャンセル料で損害を被るよりは、予定を変更して空き時間で鉄人を見に行くことにしました。

 神戸空港から三宮に出て、そこから各駅停車のJR線で4つほど先の新長田で降車。駅からほんの200メートルのところに彼はいました。
c0025115_23484839.jpg
 やっぱり登場場面はこんなのがいいのではないでしょうか。木の茂みから現れる鉄人です。
c0025115_23494727.jpg
 前進全身が現れました。ガオー。
c0025115_23475741.jpg
 近くによるとでかいでかい。
c0025115_2347503.jpg
 子どもがいるともっとでかい。
c0025115_23473849.jpg
 この顔は鮮明に記憶していたあの顔そのものです。感激。
c0025115_23483453.jpg
 こうやって撮すとかなりでかく見えます。ビルの街~にガオー。
 鉄人が活躍したころの町並みも残っていました。なんとも懐かしい感じの公民館が、鉄人のすぐ後ろに立っていました。
c0025115_23465690.jpg
 最後は私が勝手に名付けた「鉄人の生首ロード」を通ってお別れ。

 本当の目的地である京都にたどり着きました。こちらは、恒例の東本願寺のお堀です。
c0025115_23462525.jpg
 さて、いよいよ学会。

 さて、最後に問題です。
c0025115_2349858.jpg

 これは何でしょう?

 KOBE鉄人PROJECTホームページ
by stochinai | 2010-06-20 23:45 | 科学一般 | Comments(2)

6月19日のtwitter

Sat, Jun 19


  • 23:34  [exblog] 【クチコミ案件】カロリーが同じならおいしいものが食べたい http://bit.ly/djrzti

  • 10:05  学校祭 - 北海道教育科学研究会(道教科研)公式ブログ 「北海道の高校の大半が7月上旬に学校祭・・最近、驚かされるのは、生徒たちの実務・作業能力、構想・計画力、コミュニケーション能力の低さです。必ずといっていいほど、ゴタゴタが発生するのです」 http://ow.ly/20wUF

  • 10:01  コーヒーなら適度に飲めば、紅茶ならガブガブ飲んでも、どちらも心臓には良いようです。 Coffee or tea: Enjoy both in moderation for heart benefits http://ow.ly/20wSc

  • 09:54  ガマだって飛べるんだ! Stop! Frogger Time - Acting Like Animals - Silly Animals. Being Funny is for Humans! http://ow.ly/20wPx

  • 09:50  @chiruru さんへ イタチの子 日本ではヨーロッパケナガイタチというのだそうです。かわいいけどどう猛で臭い! Polecat Pups Point to Conservation Progress - ZooBorns http://ow.ly/20wKS

  • 09:46  Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録 「文字入力に関しては、iPadはほぼ役に立たない」ですね。しかし、一方「あの位の値段だったら、もし店舗にあったら、衝動買いしてしまっていたかもしれない」という方も多いのでは? http://ow.ly/20wIP

  • 09:42  .@dff_ClickBokin 50万件の支援を突破しました。次は目指せ100万つぶやきですね。「宮崎口蹄疫被害支援ツイッター募金」にご協力ください。 http://www.dff.jp/ct/twit/dnt/

  • 09:41  [exblog] 6月18日のtwitter http://bit.ly/dBEJWQ

  • 00:17  [exblog] 消えたtweet 付録:やはり死んでいたTBS http://bit.ly/bOs2KI


Powered by twtr2src.
by stochinai | 2010-06-20 04:22 | コンピューター・ネット | Comments(0)

日の暮の背中淋しき紅葉哉            小林一茶


by stochinai