5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2010年 06月 23日 ( 2 )

 3日半にわたった日本発生生物学会年会(アジア・パシフィック・ネットワークとジョイント)が終わりました。基本的にすべてが英語で行われた大会ですが、発表する方も聞く方もそれほど違和感なく英語のミーティングを淡々とこなしているように見えました。ただ、若い研究者が多くの発表者になっていたポスターセッションでは、発表する側と聞く側が日本人同士の場合には、こちらも迷うことなく日本語で行われていました。オーストラリアやインドなどの英語がネイティブの参加者も多かったのですが、それ以外の東アジアの方々と我々日本人が共通言語としておたがいにつたない英語でやりとりをしているのも、ほほえましい光景でありますし、意外なほどスムーズに意見交換ができることを体験した人も多かったことだと思います。

 今回は外国からの参加者がかなり多かったのですが、ある程度の数外国の方がおられると日本人同士でも英語でやりとりするのにそれほどのためらいがなくなるような気もしました。今後も発生生物学会は英語で通すということになっておりますので、毎回できるだけたくさん外国からのお客さんを引きつけることと、若い人が気楽に英語で発表できる雰囲気ややり方を工夫していく必要があるのだと思いました。

c0025115_23373634.jpg
 これは昨日撮った、会議場の庭の池でひなたぼっこするカメ(巨大化したミドリガメ=ミシシッピ・アカミミガメ)です。このカメはアメリカからわたってきたものですが、今や日本のカメと言ってもよいくらいに日本の環境になじんでしまっています。このカメは嫌われていますが、会議における英語もこのカメと同じくらいに日本の中に溶け込むのには何年くらいかかるでしょうか。

 今回も発表された研究の多くがポスドクや大学院生によって行われたものでした。逆境におかれた彼らが、素晴らしい研究成果を出し続けていることに敬意を感じるとともに、彼らの未来を思って複雑な気持ちになったことも事実です。

 昨日の学会総会の席で、数年前に組織されたポスドク問題を検討するワーキンググループが、これ以上活動を続けても意味のある成果が得られそうもないということで、とりあえずの活動休止宣言をしたという報告がありました。精力的に調査や提言構想の策定を行っていたようなのですが、同じような調査はいろいろなところで行われており、得られた結果も大同小異で特に新しいことも出てこず、提言にしても考えても考えてもいままでに様々な人や組織によって出されているものと類似のものにならざるを得ず、また提言を出したとしても実現される可能性がほとんど期待できないということには、その通りだろうと納得してしまいました。さらには、こうした活動をしているワーキング・グループのポスドクの方々も自分たちの明日を考えるという現実に追い立てられており、活動を続けることが彼らの将来にプラスになるとは思えないということも活動休止の要因だったようです。

 まったく胸の痛む報告ですが、そのくらい事態は閉塞状況にあるのだと思います。

 渦中にいるポスドクや時限雇用の助教・テニュアトラックの方々も、この先、事態が劇的に好転すると思っている人は皆無のようです。つまり、職を求めている全員が希望する研究職になれないということは覚悟しているのです。しかし逆に、それを納得するために必要な重大なポイントがあります。

 それは、公平な人事です。

 人事が公平であることを彼らに納得してもらうためには、誰がどのような経緯で採用されたのかという人事プロセスの透明化・公開が必要なのではないかと、私には思えています。

 旧来、人事はプライバシーの尊重などを盾に秘密主義で行われてきているケースがほとんどだと思いますが、そのことが採用された人以外の人(応募した人もしなかった人も)に疑念を持たせてしまう理由のひとつにもなっているように思われます。公募して採用するという人事を行っているのであれば、応募人数だけではなく、候補者が採用されるに至った経緯を公開しても問題ないのではないでしょうか。また、そのことによって採用されなかった応募者がなぜ自分は採用されなかったのか、また採用された人が自分よりもどういったポイントが評価されたのかということがわかると、結果にも納得しやすいのではないでしょうか。

 一人でも多くのポスドクや時限付き雇用の研究員がパーマネントの研究員になれることが理想ですが、それが絶対的に不可能なくらい研究者志望の予備軍を生み出してしまった国が責任を持って彼らを納得させることは義務だと思うのですが、どうでしょうか。
by stochinai | 2010-06-23 23:45 | ポスドク・博士 | Comments(4)

6月22日のtwitter

Tue, Jun 22


  • 18:37  2010-06-22 - 大学サラリーマン日記 「第二期中期目標期間における国立大学法人評価」「法人の自主性・自律性を尊重しつつ、教育研究の特性や評価負担の軽減に配慮し、より効率的な評価とするため大幅な簡素化を図る」 http://ow.ly/21Adp

  • 15:54  【話し方】頭がいい人ほど話は短い?1分で話をまとめる7つのPoint | 鹿田尚樹の「読むが価値」 「自分の意見をしっかり持つ」「具体例を多用しすぎない」「逆接の接続詞を多用しない」「自分の得意ネタに持っていかない」「全体像を伝える」他2点 http://ow.ly/21xRC

  • 10:01  紀伊国屋が電子書籍アプリをリリース予定 | iPadWalker.NET 「iPhone iPad向けに電子書籍アプリを9月にリリースする予定だそうです。賛同している出版社は、講談社、小学館、集英社、角川グループ」 http://ow.ly/21tdN

  • 07:55  「ルーシー」より400万年古い男性のアファール猿人発掘 間違いなく直立二足歩行していた "Lucy" Kin Pushes Back Evolution of Upright Walking? http://ow.ly/21rdV

  • 07:37  自殺未遂の患者に対する保険給付の難しさ:日経メディカル オンライン 「自殺未遂による傷病の発生が精神疾患等に起因するものと認められる場合は、『故意』に給付事由を生じさせたことに当たらず、保険給付等の対象・・この取扱いについて改めて周知」 http://ow.ly/21qT0

  • 07:32  いまさらという気はしますが・・「日本は家計の教育費負担が高い」文部科学白書で明らかに - Clear Consideration(大学職員の教育分析)「子ども2人が私立大学に通っている場合は、勤労世帯の可処分所得の2分の1超を教育費が占める」 http://ow.ly/21qNc

  • 07:22  【萌えベビーシリーズ】トラの赤ちゃんの肉球と何とも言えない寝顔 Catch a tiger by the toe… on Snuzzy http://ow.ly/21qBa

  • 07:20  「iPad、スマートフォン購入助成制度」をはじめました: 主に札幌と東京で働く社長の非公式ブログ「当該端末を新規購入、又は機種変更した場合、その一部を会社負担として支給するというもの」 http://ow.ly/21qyZ

  • 07:16  .@dff_ClickBokin 現在までのつぶやきは548378件(1円募金)。今日も「宮崎口蹄疫被害支援ツイッター募金」にご協力ください。 http://www.dff.jp/ct/twit/dnt/

  • 00:09  [exblog] 発生生物学会2日目@京都国際会館 http://bit.ly/boG367


Powered by twtr2src.
by stochinai | 2010-06-23 08:20 | コンピューター・ネット | Comments(0)

青鬼灯 秘かに育ち 居りにけり      中島たけし


by stochinai