5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2014年 05月 05日 ( 2 )

こどもの日終了

 2-3年前から我が家の門と歩道のアスファルトの境目に、春になるとオオユバユリと思われる怪しげな大きな葉が芽を出します。

c0025115_21390998.jpg

 このあたりではあまりみかけないのですが、どこからか種が飛んできて門の下に潜り込んだのだと思います。春先の若い葉にある赤い葉脈が特徴的なところから、オオウバユリに違いないとは思うのですが、余りにも過酷な場所に芽を出すせいで、毎年夏前には消えてしまうので6年から8年と言われる成熟の時を迎えられるのか今から心配でなりません。

 サクラのない我が家の春はムラサキです。

 ムスカリ

c0025115_21480070.jpg

 エゾムラサキツツジ

c0025115_21482924.jpg
 
 これは昨日、ホームセンターで買ってきたデージーマーガレット(でした^^;)ですが、やはりムラサキ。

c0025115_21494666.jpg

 植物じゃないですが、今日も強風の吹き荒れた札幌でビュンビュン回る風車。色はムラサキ系です。

c0025115_21494919.jpg

 というわけで、天候がはっきりしないまま、ちょっと寒々しい札幌としては平均的な「大型連休」の最後の日である「こどもの日」が終わろうとしています。

c0025115_21525162.jpg

 まだ屋外には出せないのですが、アサガオの苗も順調に育っています。

c0025115_21533601.jpg

 明日はもともとは飛び石の間で平日だった5月4日(今はみどりの日)の振替休日だそうで、なんとなくおまけのような一日ですが、「連休疲れ」の慰労日としてちょうど良いと思います。


by stochinai | 2014-05-05 21:59 | つぶやき | Comments(0)

5月4日のtwitter

【アメリカも同様のようだが】日本の研究社会の前近代性について:小野昌弘のブログ Masahiro Ono's blog htl.li/wszP4 「医学生物学研究の場・学問の場であるアカデミアがもっていた尊厳はまるでない・人間的な労働環境・将来への希望も無い」


posted at 21:32:24


[exblog] 春の庭は大忙し bit.ly/1kBAXLW


posted at 21:18:31


【最後は大人の事情】iTunes Matchは日本の著作権法をクリアーしているのか|栗原 潔 htl.li/wsxou 「JASRACやRIAJは・訴えないであろう・手持ち音源のアップロード機能さえカットすれば侵害は回避できるだろうという読み・見切り発車」


posted at 20:33:06


【現実はそう】大学で学ぶことの意義とその費用:政治学に関係するものらしきもの htl.li/wsxiL 「(一流)大学に行ったからといってそれで成功する保証はどこにもないにも関わらず、行かないと社会的に成功するために最も簡単な(一流)企業への就職が狭められる」


posted at 20:30:17


【Chromeでこれがあれば他の辞書はもういりません】シンプル・イズ・ベスト!「英単語を調べる」機能において最も優れた英和辞書ツール :教えて君.net htl.li/wsx35 「調べたい単語をダブルクリック・ブラウザ下に・意味と用例が表示される」


posted at 20:27:22


【アメリカの真似をした日本とアメリカがそっくりなのは当然】アメリカのポスドク問題・研究費不足問題にたいする提言-アメリカポスドクの歩き方 htl.li/wswRE 「問題・アメリカ・同じ・優秀な人が大学院にすすまない・教授・時間がない・不正を招く・などなど」


posted at 20:21:51


【容疑者が逮捕されているのに類似事件が起こるのは、「パソコン遠隔操作事件」によく似ている】時事ドットコム:駐在所でボンベ爆発=札幌北署管内、ガラスにひび-北海道警 htl.li/wswG5 警察はメンツにこだわらず、他の真犯人や複数犯の存在を再調査しましょう。


posted at 20:16:32


【Googleのドゥードゥルロゴはヘップバーン】オードリー ヘプバーン-Google 検索 htl.li/wswwu 今日が85歳の誕生日だそうで、その年令ならまだ生きていても全然不思議はないのですが、そうではないことを改めて残念に思います。


posted at 20:11:18


by stochinai | 2014-05-05 07:28 | コンピューター・ネット | Comments(0)

日の暮の背中淋しき紅葉哉            小林一茶


by stochinai