5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 03月 14日 ( 2 )

 ちょうど1ヶ月前、メトロポリタンミュージアムで製作者著作権の切れた作品などを多数パブリックドメインとして公開したということをここで紹介しました。

 朝日新聞の今日の朝刊で「(ネット点描)デジタル時代の美術館 ウェブ公開でひらく未来」というコラムでそのことが紹介されていました。朝デジにも載っています。

c0025115_20205909.jpg

 前回の紹介記事では大量の名作を自由にアクセスできるということだけで興奮してしまって、見るだけにとどまってしまいましたが、パブリックドメインとして公開されているということはダウンロードするだけではなく、改変したり、それを発表したりすることも自由だということです。もちろん原作者と原作への畏敬の念を忘れてはなりませんが、その上で解析したり、改変したり、コラージュにして楽しんだりということが許されているということはものすごいことだと思います。

 公開されたものが40万点近くもありますので、すべてを眺めることすらできないのですが、検索機能を活用しながらアクセスしていくと実際に美術館を訪れて見ることのできる以上の鑑賞ができるだけではなく、ポイントを絞った対応が可能になります。

 というわけで、本日はミュージアムにある日本の作品の中でもちょっと気になる伊藤若冲を検索してみます。Jakuchu Public Domain で検索すると16点の作品が出てきますが、そのうち3点は若冲のものではないので13点ということになります。

c0025115_20373303.jpg

 13点とは言え、どれもかなり有名あるいは名品と呼べるものばかりで、これを高最精度でダウンロードできるだけでもドキドキしてしまいます。今回は3点をダウンロードして「遊んで」みました。まずは手描きの素晴らしい作品「葡萄双鶏図」です。申し訳ないながらも、勝手にトリミングさせていただきました。

c0025115_20473405.jpg

 このくらいのトリミングではビクともしない原図ですが、さら雄鶏の顔だけ拡大してみます。

c0025115_20513896.jpg

 掛け軸の地の布の繊維までも見えてきます。これは現地で実物を見ても見えるかどうかわからないもので、デジタルで公開されていることのありがたみを感じます。

 続いて木版画の「雪の金鶏」です。

 ここに貼ってしまうと小さくなってしまいあまりその迫力を感じることもできないのですが、ダウンロードできる原図は3788x2602ピクセルの大きなものなので、他に流用する時には重宝すると思います。

c0025115_20585150.jpg

 たとえばべったり塗られているように見える胴や羽も拡大してみるとこんなに細かい刻印からなっていることがわかります。

c0025115_21244114.jpg


 そして最後は素朴なモノクロの墨の木版画です。「若冲画帖」の「玄圃瑶華」の一部だそうですが、いかにも彼らしいシンプルでモダンな作品だと思います。

c0025115_21102987.jpg

 そして、これこそパブリックドメインならではの使い方ですが、右の版画のカエルだけを抜き出して使うこともできることになります。

c0025115_21163775.jpg

 このくらい拡大すると、版木の様子や転写された紙の様子も見えてきて興味深いことです。

 作品がパブリックドメインになるということは、私などの想像をはるかに越えた新しい「価値」が生み出される種になりそうな予感もします。

 せっかくの人類遺産ですから、どんどん活用したいものです。






by STOCHINAI | 2017-03-14 21:27 | 趣味 | Comments(0)

3月13日のtwitter

【「若者の自動車学校離れ」と言いたいところですが、若者自体が少なくなっているのですから自動車学校に行く人が減るのは必定】データえっせい: 自動車学校の苦境 tmaita77.blogspot.jp/2017/03/blog-p… 「入学者は・この36年間で,およそ4分の1に減ってしまいました」

posted at 22:22:27

On the sunny side of the street を投稿しました。 #エキサイトブログ shinka3.exblog.jp/26499214/ pic.twitter.com/fsUPlrVYeR

posted at 22:01:22

収入はいくら?【大学受験2017】近畿大学、一般入試志願者数・総志願者数とも過去最高 [アメーバニュース] news.ameba.jp/20170313-551/ 「一般入試志願者数は前年度より2万6,981人増加・過去最高・14万6,896人・総計19万2,457人・近畿大学史上最高」

posted at 16:40:00

【せっかく誰でも読めるオープンアクセス誌に出たのですから「動物学専門誌」などと書かずにZoological Letters であることとサイト・アドレスも記事内に】ゴキブリ:繁殖に雄いらず 雌3匹以上で単為生殖促進 - 毎日新聞 mainichi.jp/articles/20170…

posted at 16:36:33

【獲得競争で盛り上がるか】中高生研究者に研究費を助成「サイエンスキャッスル研究費」|リセマム resemom.jp/article/2017/0… 「1次・60チームに・5万円・2次・15チームに・5万円・発表会への交通費・別途・支給・上限12万円・ロボット開発・20万円・15チーム」

posted at 16:23:35

【PubMedに追加情報表示】米国国立医学図書館、PubMedに4つの変更を加えたと発表|カレントアウェアネス・ポータル current.ndl.go.jp/node/33647 「利益相反・に関する情報・「懸念表明」・の表示を追加」2次3次情報を出す際にはこのくらいの追加情報はあっていい

posted at 16:18:42

【大学の先生にも基本的に残業代はありません。徹夜しても無料の「自己責任」サービス(誰に?)】教員には残業代が出ないことを知らない人がまだまだ多いようなので、改めてそのブラックな実態を説明する – トウマコの教育ブログ makomako108.net/2017/03/12/kyo…

posted at 13:33:32

【すぐにアップデートしましょう】米Google、デスクトップ向けの「Chrome 57」安定版公開 36件の問題を修正-ITmedia NEWS www.itmedia.co.jp/news/articles/… 「最新版・Chrome 57.0.2987.98・計36件のセキュリティ問題を修正」

posted at 13:25:42

【指紋という手があったか】<金正男氏>指紋、日本が提供 マレーシアが身元特定に活用 (毎日新聞) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170312-… 「指紋データに加え、家族のDNAを何らかの方法で入手し最終確認したとみられている」DNAなら簡単に郵送もできるので家族が行く必要もない

posted at 13:23:31

【退職前後に家計簿をつけてみよう】「3000万円ないと老後破産する」のウソ:日経ビジネスオンライン business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16… 「住宅ローンも返済は定年と同時に終わる予定に(すると)定年後の生活費は夫婦2人でだいたい20~25万円ぐらい」で飢え死にはしない。

posted at 13:16:34

【結局こういうのも「天下り」と「政治家」の食い物にされているように思えてくるという現在の日本の悲劇(喜劇?)】2016年度私立大学改革支援事業で457の対象校選定 | 大学ジャーナルオンライン univ-journal.jp/12529/ しっかりしろ!「日本の政治」

posted at 13:13:20

【やっぱり金で動くようになったメディアが先に悪いような気がする】過熱する記者へのリーク合戦、是か非か?潜在的なリスクを考える|広報会議デジタル版 mag.sendenkaigi.com/kouhou/201704/… メディアが正しい姿勢を守り続けていれば、リークしたところでムダになるような状況が理想

posted at 13:10:58

【J-STAGEもやられた】3月8日に外部からの攻撃を検知したため、現在サービスを停止し、セキュリティ対応のための緊急メンテナンスを行っております。セキュリティ対策を完了し、充分に安全性を確認した上で、サービスを再開する予定です。 twitter.com/jstage_ej/stat…

posted at 11:58:42

消される前に見ておこう!【森友学園問題】籠池泰典氏 緊急独占インタビュー!あの会見で語れなかったこと|ハーバービジネスオンライン hbol.jp/133139 「籠池・稲田朋美・籠池氏の弁護士を務め・鴻池議員、麻生太郎財務大臣とのつながり・部分的に告白」

posted at 11:24:18

3月12日のtwitter を投稿しました。 #エキサイトブログ shinka3.exblog.jp/26497261/

posted at 07:39:50


by STOCHINAI | 2017-03-14 07:40 | コンピューター・ネット | Comments(0)

日の暮の背中淋しき紅葉哉            小林一茶


by stochinai