5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:札幌・北海道( 2189 )

嵐が去って

 昨夜は大雨と雷の記憶が強く、雨の前にはいつものように少し強い風が吹いていたことはすっかり忘れていましたが、からりと晴れた今朝に点検して庭では植木鉢やゴミ箱がひっくり返っていて、風が吹いたことを再認識させられました。

 それでも今朝はからりと晴れ上がり気持ちのよい日曜日が始まりました(とはいっても午後からは曇りがちでした)。

 久しぶりに庭の植物の写真を撮るといろいろなことに気がつくものです。

c0025115_21131283.jpg

 遅咲きのコルチカムも咲き始めました。花が大きく、花びらの先が尖っていることが違うということは前から気がついていたのですが、本日大変なことを発見しましした。

 こちらが早咲きの小型で花びらが丸いタイプのものです。

c0025115_21131554.jpg

 おわかりでしょうか?どちらも白い雌しべが3本あるのですが、下にある早咲きのものでは雌しべの先が紫色になっているのです。上の遅咲きタイプでは雌しべは先端まで真っ白です。

 種(あるいは品種?)が違うことは間違いなさそうですが、もちろん名前の違いはまったくわからないままです。

 ローズマリーは何度か枯らしてしまっていて花を咲かせたことがないのですが、昨年(一昨年?)種を植えて育てた株を鉢植えで冬は室内に入れて育てたものがどうやら花芽をつけ始めたようです。

c0025115_21132719.jpg

 歯の根元に白い塊ができているのはちょっと前から気がついていたのですが、今朝は花の蕾と思われるものを発見しました。

c0025115_21133118.jpg

 さて、無事に咲いてくれるでしょうか。

 春に挿し芽をしたカーネーションも花芽をつけていました。

c0025115_21134345.jpg

 ススキの穂が出ていたのは知っていたのですが、花も咲き始めました。

c0025115_21133439.jpg

 我が家の敷地外ではありますが歩道の上にはたくさんのコケが育っています。

c0025115_21135316.jpg

 昨日の雨はうれしかったようで、私が必死で育てているものよりはるかに元気な様子のコケでした。

c0025115_21135671.jpg

 のんきに草や花を眺めているだけではなく、そろそろ冬の支度で室内に取り込むものを小さく仕立て直す作業を少しずつ始めています。

 植物たちも生物ですから、ほんの小さな株になってもゲノムは持ち続けていて、また春になったら再起動できるところはやはりすごいところだと毎年感嘆しています。







by STOCHINAI | 2017-09-24 21:32 | 札幌・北海道 | Comments(0)
 今日は秋分の日です。祝日で休みなのですが、土曜日なので休みが重なるにもかかわらず月曜日が休みにはならないという「ムダな」祝日ということになってしまいました。

 秋分の日は真東から太陽が出て、真西に沈むはずなのですが、今日の朝と夕方はほとんど太陽というものを見ることができませんでしたので日の出日の入りがどうだったかということはわかりません。こういうときにもウェブの情報は役に発ちます。

c0025115_21512295.jpg

 赤い線が日の出の方角、茶色い線が日の入りの方角です。

 我が家のある辺りに緑の矢印が立っています。これではどこから火が出てどこに入るのかよくわかりませんが、地図を拡大してみると、ちょうど東は夕張岳の頂上付近の方角から日が昇り、手稲山のスキー場の向こうに日が沈むということがわかります。

c0025115_21512695.jpg

 とはいっても、日の出も日の入りも水平線のところに太陽がある時の方向ですので、実際に見える「ご来光」と「落日」はそれよりも南側に寄っていることになるはずです(いずれにしても、曇りだったきょうは確認できずでした。)

 日中もぱらぱらと小雨は何度か降ったのですが、本格的な雨が降り出したのは暗くなる頃からでした。

c0025115_22000223.jpg

 5時頃から降り出して、どんどん雨足が強くなります。7時頃には本格的になりました。

c0025115_22023798.jpg

 とまあ、このくらいの雨なら良かったのですが、8路を過ぎる頃からこのあたりはとんでもない雨になったのです。

c0025115_22062183.jpg

 それこそ「今までに経験したことのないような」降り方です。我が家の周辺にフォーカスするとこんなふうです。


c0025115_22062776.jpg
c0025115_22063169.jpg

 全道的に見てもこの辺りが集中的に降られていることがわかります。

c0025115_22063599.jpg

 それにこちらではほとんどない「雷」が上空かなり近いところで轟き、振動までもが家の中まで伝わってくるので多少の恐怖感も味わいました。その頃午後9時前後の全国のさまざまな気象レーダーのコラージュがこちらです。

c0025115_22102018.jpg

 左上から雨雲、雷、竜巻、雲、そして北海道南西部の雨雲の様子です。2番目の図でわかるように非常に珍しく東北・北海道で集中的に雷が鳴っています。

 10時近くになってようやく少し落ち着いてきたようですが、それにしてもとんだ秋分の夜になってしまいました。







by STOCHINAI | 2017-09-23 22:20 | 札幌・北海道 | Comments(0)

午後からは完全に晴れ

 午前中は照ったり曇ったりとちょっと不安定な天候が残っていましたが、午後からは完全に晴れが戻ってきました。

 太陽が出ている時間に久しぶりに「朝らしい」写真を撮ることができました。

c0025115_21475680.jpg

 コルチカムが咲き始めると本当に秋を感じます。日陰のところにあるものはまだ咲いていません。

c0025115_21484848.jpg

 こちらは日なたにあるものですが、ちょっと咲く時期の遅い、品種の違うコルチカムだと思います。

c0025115_21485334.jpg

 朝日の中で完全に色づいたホオズキがまぶしいです。

c0025115_21504780.jpg

 4枚ともの総苞片が残っていたヤマボウシも完熟してきたようです。

c0025115_21505172.jpg

 遅ればせながらようやくつぼみをつけたシラサギスゲです。

c0025115_21505526.jpg

 白い部分がそれです。

 今日は日中は家にいなかったのですが、今夜10時から明日朝の5時まで断水して水道工事が行われるというチラシがポストに入っていたとおりに、夜になると静かに工事が始まっています。

c0025115_21452339.jpg


 「迷惑をかけないように」工事をするという最近の風潮は歓迎なのですが、工事をされている方々の苦労は人一倍なのだろうと思うと、ちょっと申し訳ない気もするのでした。








by STOCHINAI | 2017-09-21 21:58 | 札幌・北海道 | Comments(0)

札幌にも豪雨予報

 テレビのニュースでものすごい雨と風の台風18号がこちらへ向かっていると叫んでいるのですが、あまり実感のわかない一日でした。

 しかし、とうとうというか札幌にも豪雨予報が出て、メールが配信されてきました。

Yahoo! JAPAN 防災速報
----------------------------------------------------------------------------
豪雨予報 札幌市東区 激しい雨(35mm/h)
----------------------------------------------------------------------------
【発表時刻】
9月17日22:30
激しい雨(35mm/h)の予測をお知らせします。
【大雨予測地域】
札幌市東区
【今後の雨雲の動きはこちら】
https://yahoo.jp/6SPl38
【予測される雨量】
22:30~ 0mm/h
22:40~ 0.7mm/h
22:50~ 0.5mm/h
23:00~ 0.9mm/h
23:10~ 3mm/h
23:20~ 35mm/h
今後の情報に注意してください。
▼詳細情報はこちら
https://yahoo.jp/6SPl38
<参考:降水量の目安>
80mm/h以上 猛烈な雨(息苦しくなるような圧迫感がある)
50mm/h以上 非常に激しい雨(滝のように降る)
30mm/h以上 激しい雨(バケツをひっくり返したように降る)
20mm/h以上 強い雨(どしゃ降り)
----------------------------------------------------------------------------

 雨雲レーダーを見る限り現時点では雨雲はまだ札幌に近づいてはいないようなのですが、これがすごいスピードでこちらへ向かっているということなのでしょうか。

c0025115_22492457.jpg

 午後9時ころの風の動きはこうなっており、台風は大阪付近にあるように思われます。

c0025115_22503031.jpg

 午後10時の日本全体の雨雲分布です。

c0025115_22503598.jpg

 確かに強い雨の中心はどんどんと北東に向かっているようには見えます。

 公式な台風の今後の進路に関しては今日一日ほとんど変更がないので、おそらくこのように進むことは確実なのでしょうが、私にはどうしても明日の朝には台風は東側にそれて行くような気がしてならないのですが、単なる希望的観測でしょうか?

c0025115_22503909.jpg

 明け方から襲い掛かってくる台風というと2004年のことを思い出しますが、あの台風も奇しくも18号だったのですね。そう考えるとちょっと緊張してきます。

 なんとかそれてくれ~。







by STOCHINAI | 2017-09-17 23:00 | 札幌・北海道 | Comments(0)

植物も擬態する?

 本日、午前中はいい天気で久しぶりに朝日に当たる庭を見ることができました。

 室内の窓から庭のオオケタデを撮ったものです。

c0025115_21280686.jpg

 満開になっています。

c0025115_21281021.jpg

 これはいろいろ撮れそうかもと外へ出ようとしたのですが、玄関内にも朝日が差し込んでシノブ(トキワシノブ:100均で買ったものです)がきれいだったのでまずはここで一枚。

c0025115_21282176.jpg

 よく見るとちょっと変な葉が一枚あります。上の写真でも一番右端に写っていました。

c0025115_21282612.jpg

 葉の裏に黄色のぶつぶつがたくさんできています。どうやら胞子嚢のようです。

c0025115_21283075.jpg

 ひとつの塊の中に小さな丸い粒がたくさん見えます。この一粒一粒の中に無数の胞子がはいっているのでしょうか。すべての胞子がまともに増えたら、一気に膨大な数の子孫ができますね。

 外に出て、最近ちょっと元気のなかったフランネル・フラワーが復活してきたので、それを撮りました。

c0025115_21285246.jpg

 最初はわからなかったのですが、しばらく見ていると変な花があるのに気が付きました。(上の写真でわかった人は、注意深い人です。)

c0025115_21285869.jpg

 白いので気がつかなかったのですが、ここまで寄るとわかりますね。白いフランネル・フラワーの中から白いビオラが生えてきて咲いたのでした。

 毎日見ていたはずなのですが、この写真を撮るまでまったく気が付きませんでした(汗)。

 まるで「花の擬態」のように思われ、一人で笑ってしまいました。

 しばらく見ていると、私のことなどは気にせずにハチが訪花してきました。

c0025115_21290280.jpg

 植物もハチも冬支度で大変な季節なのですよね。








by STOCHINAI | 2017-09-16 21:45 | 札幌・北海道 | Comments(0)

朝はまた霧

 秋が深まってきた証拠なのか、今朝もまた霧が立ちこめていました。

c0025115_23441517.jpg

 朝の霧は天気の良さを暗示するとも言われているのですが、今日は晴れたり曇ったり、そしてほんの短時間ではありましたがちょっとした降雨もあるというまさに「秋の空」でした。

 今朝の朝の見回りで発見したのはちょっとビックリのトリの羽毛です。

c0025115_23455392.jpg

 オオケタデの葉の上に落ちていた小さな羽根はスズメのものでしょうか。こちらにはダウンも。

c0025115_23455727.jpg

 ひょっとするとこのスズメには不幸なことがあったのかもしれません。

 そんなことはしらないことのようにミントの花にはハチが訪れていました。

c0025115_23461541.jpg

 相変わらず水道工事は続いていて、今日はいよいよ我が家に入る支管の交換もありました。

c0025115_23495204.jpg

 それは何事もなく順調に進んだようです。

c0025115_23495542.jpg


 ところがお隣の配管の交換のために道路を掘り返したのですが、管がみつからないようで、ちょっとした騒ぎになりました。

c0025115_23500058.jpg

 仕方がないということで溝を横に掘り進むことにしたようです。

c0025115_23501080.jpg

 なんとか管が発見され工事は終了しました。まあ、何十年も前に作られた地下の配管図ですから、現実とは違うこともあるのでしょう。ちょっとスリリングな出来事でしたが、何事もなく終了してよかったです。

 工事の騒ぎを横目に、今日もまたシシトウがそこそこ収穫できました。

c0025115_23461008.jpg

 スーパーでは安くて大きなシシトウが変える時期なのですが、この若めの柔らかいシシトウはやはり自家製でなければ食べられません。

 夕方からは久しぶりに街で中華の夕食会。

 会場の近くの北海道神宮の頓宮では秋祭りの準備が完了していました。

c0025115_23503205.jpg

 それにしても今日の中華の夕食会、あまりの量に食べきれませんでした。札幌にもまだまだそこそこの値段で飲み食い放題の店がたくさんありますね。








by STOCHINAI | 2017-09-15 23:57 | 札幌・北海道 | Comments(0)
 今朝は雨が上がっていたので、また降り出す前にとカメラを持って庭をウロウロ。外では水道工事が続いています。

c0025115_20552286.jpg

 ほとんど真っ白なフライング・ソーサーの花が咲いていました。秋が深まると青や白の単色の花が多くなるような気がします。(実は、この花もよく見ると、小さな青い点や筋がありますので、まだ純白とは言えません。)

 ヤマボウシの実が色づきはじめているのは気がついていましたが、もう落果が始まっています。

c0025115_20553240.jpg

 この実には総苞片が着いていませんが、木に着いているものには意外とまだ総苞片が残っているものがあります。

c0025115_20553780.jpg

 こちらはまだ未熟ですが、総苞片は4枚とも残っています。

c0025115_20560842.jpg

 何枚か写真が撮れたので、なんとなく安心して本日の収穫。トマトはすべて生ゴミ堆肥から勝手に生えてきた野良トマトです。シシトウはようやくいい感じになってきました。

c0025115_20570974.jpg

  この後は曇りがちで、外では水道工事ということでデスクワークをしていたのですが、今日もまたまたいきなりの夕立が降ってきました。

c0025115_20571919.jpg

 離れ島のような雨雲が流れてきたようです。広い地域を見渡すと、こりゃかなりひどく不安定な空ですね。

c0025115_20573040.jpg

 さらに広い領域にパンすると雲の渦巻きも見えてきました。

c0025115_20573742.jpg

 石狩湾のあたりに中心のある低気圧のようです。はるか南の海上では台風18号も暴れています。

c0025115_22003569.jpg

 北海道の低気圧も石狩北部にかなりの雨をもたらし被害も出ています。そいういえば、上の北海道の雨雲の写真をよく見ると、石狩湾の西、積丹半島の北西に恐竜の顔が見えてきます。

c0025115_21065980.jpg

 こんな竜には早々にお引き取り願いたいものです。







by STOCHINAI | 2017-09-14 22:07 | 札幌・北海道 | Comments(0)

不安定な一日

 明け方には大雨警報が出たりしていたようなのですが、8時台には晴れてきたような気配があり、今日は良い天気になるかなと思わされた瞬間もあったのですが、その後はどんよりとした時間帯が続きました。昨日は雨で中止になった水道管の取替工事が始まりました。水道管の取替は本管の取替が一通り終わり、ここへ来て本管から各家庭にはいる支管の取替が始まっています。今日はお迎えの家も工事対象になっていたのですが、なんとここでは庭木(シャクナゲ)を抜いての工事となっています。

c0025115_20372506.jpg

 この写真では中央にある黄色のパワーショベルの先に引き抜かれたシャクナゲがぶら下がっています。この後、左のトラックの荷台に降ろされ、なんとかわいそうなことに廃棄物として捨てられてしまったようです。

 周辺での工事のせいで、我が家は閉じ込められ状態になってしまいましたので、中でできる仕事ということで室内で育てているパキラの冬越し用のトリミングをしました(といっても5分位で終わりましたが)。

c0025115_20374808.jpg

 左が切られた後のパキラ本体、右が切り捨てられた枝で、こちらのほうが圧倒的に体積が大きいです。これで、コンパクトに冬を越せることでしょう。

 その後は庭の見回りです。今はオオケタデの花が主役の一つです。

c0025115_20380171.jpg

 蜜を吸いに来ているのか、オオケタデの花にはよくアリがいます。

 こちらは葉の上にいたカメムシ。

c0025115_20380406.jpg

 エゾアオカメムシでしょうか。匂いさえなければ、もっと可愛がられる素質のある形態の昆虫だと思うのですが・・・。

 こちらの花には小さなアリ(アメイロアリ?)がいました。

c0025115_20380822.jpg

 この後、しばらくコンピューターに向かっていましたら、いきなりザーッと雨が降り出しました。おそらくこの雨雲レーダーに捕らえられた雲によるものだと思われますが、小さな雲の塊がいきなり大雨をもたらしたものと思われます。

c0025115_20384408.jpg

 水道工事はほぼ終わっていたのですが、工事車両や作業の皆さんが逃げるようにひきあげていきます。

c0025115_20382075.jpg

 早めに夕刊を配り始めた配達員さんもカーポートの下で動けなくなっていました。

c0025115_20382945.jpg

 雨はけっこう激しく降り、窓からの景色も歪むほどです。

c0025115_20384057.jpg

 激しく降りましたが、小さな雨雲が通り過ぎるとともにあっという間に上がりました。この後、何度かこうした雨雲による短時間の急な雨が繰り返されて夜になりました。

 上のレーダーで丘珠空港が夕立に襲われた直後に新千歳空港でも同じような雨があったようです。

c0025115_20384859.jpg

 短時間なので飛行機の離発着にそれほどの影響はなかったとは思いますが、やはり自然というものの力の前には人間の活動はとてもかなわないことを再認識されたものでした。

 明日も天気に関してはあまり期待できそうもなさそうです。







by STOCHINAI | 2017-09-13 21:16 | 札幌・北海道 | Comments(0)

いきなり秋雨

 今日から第44候「鶺鴒鳴(せきれいなく)」ですが、札幌はいきなりの寒さと雨に襲われています。「くらしのこよみ」では旬のくだもののブドウが実りの秋を伝えてくれています。最近はやたらと立派なブドウが多くなり、この絵のような種も酸っぱさもあるブドウが懐かしいくらいです。

c0025115_20241021.jpg

 さて本日は、昨夜よりも今朝、今朝よりも午前中へと気温が下がっていくという過酷な一日となりました。

 今日の午後4時過ぎの室内と室外の気温です。

c0025115_20300154.jpg

 おそらく北海道全体が寒くなっていると思われます。

c0025115_20301514.jpg

 札幌としては14℃から17℃、私の住む東区が札幌では一番気温が高く17℃となっていました。

 この時間帯は雨も降っていました。北海道中がすっぽりと雨雲に覆われていて、この時間になってようやく西側から雨が上がってき始めたところです。

c0025115_20300986.jpg

 現在までの毎正時のアメダスの記録をみると、今日の天気の特徴がわかります。

c0025115_20302225.jpg

 昨日から今日へと切り替わる夜半頃に最高気温が記録され、それも18℃くらいでした。その後、どんどん気温が下がり、明け方を越えて昼前に15.5℃という最低気温が記録され、その後ほとんど気温が上がらずに現在に至っています。雨も明け方からずっと降り続いていて、午後8時ころになってようやく上がってきたようです。

 絶対的にはそれほどの低温でもないのですが、日中でも15℃ちょっとというのはこの秋最低の寒さで、それがとてもとても寒く感じられ、冬の準備も兼ねて我が家の暖房器具に火が入りました。さすがにちょっとだけ入れるともう大丈夫という暖かさにはなるのですが、暖房のありがたさを感じる初日となりました。

 明日はまた気温が戻りそうですが、木曜・金曜はまた寒くて不順な日々になりそうです。

 寒さの予告編、充分に味わわせてもらった一日でした。







by STOCHINAI | 2017-09-12 20:49 | 札幌・北海道 | Comments(0)
 朝晩は寒くなりましたが、我が家の小さな庭では今朝も堆肥の山から勝手に生えてきたトマトが収穫できました。これを見ると「実りの秋」という感じもします。

c0025115_22044839.jpg

 昨日今日と最低気温が13℃くらいまで下がりました。最低気温が15℃を切るのが普通になってくるとたとえ最高気温が22-23℃になったとしても本格的な秋を感じるものです。

 今日は一日中曇りで午後からはなんとなく小雨もチラつき始め、明日は本格的な雨になるという予報が出たため、本当は明日の朝に予約していた3ヶ月に一度の歯科の定期チェックを今日の午後に変更してもらい、駆け込むように見てもらってきました。4時半に予約を入れ、5時過ぎまでで終わったのですが、ポツポツと小雨が降り始めた札幌です。

 本格的な雨は明日朝からになりそうですが、明日は家を出るのが困難な一日になるかもしれません。

 テレビのニュースでは今年もサンマの不漁であることを繰り返し伝えています。

 先日「くらしのこよみ」で秋の味覚の代表として紹介されていたサンマ(英語では Pacific Saury)ですが、「庶民の魚」の代表だったサンマもここ数年希少なサカナになってきているようで不安です。というか、すでに高値のサカナとしてあまり我々の口には、はいらなくなってきました。

c0025115_22230827.jpg

 昨日行われた恒例の「目黒のさんま祭り」もなんとか賑わったというもののいろいろあったようです。

「目黒のさんま祭り」大にぎわい
09/10 18:30
2017年で22回目となる、東京「目黒のさんま祭り」。
サンマ不漁の2017年も、多くの人でにぎわった。
東京・目黒駅前にできた長蛇の列。
お目当ては、秋の味覚を無料で一足先に食べられる「サンマ」。
2017年で、22回目を迎える、東京「目黒のさんま祭り」では、例年、岩手・宮古市で水揚げされたサンマが振る舞われているが、2017年は、台風の影響などで不漁のため、北海道・根室から7,000匹が届けられたという。
運営者・口町茂昭さんは「(ことしのサンマは)小ぶりだけど、味は大丈夫みたいです」と話した。
訪れた人は「はらわたのところが、こんなにおいしいのは初めて。おいしい以外、何も言葉が出ないです」、「おいしい」などと話した。
また、22年間訪れている人は「朝4時から、並んできました。最高においしいです」と話した。
訪れた人たちは、焼きたての秋の味覚を堪能したようだった。
 と今年のサンマは小さく、値段が高いのです。

 札幌でも生のサンマを食べることはできますが、いまいち小さく油のノリも悪く、しかも高いのです。

 地球温暖化とか海流の変化とかいろいろな理由はあり得るでしょうが、なんといっても近年のサンマやマグロやウナギ、そしてイカの減少は獲りすぎが最大の原因であることは疑いようもないでしょう。そしてその「犯人」が我々日本人であることもまた歴然たる事実として世界中に認識されているように思われます。

 我々はニシンやハタハタなどで、何度もこうした獲りすぎによる資源の激減を経験してきているにもかかわらずまた繰り返しているという感覚がよみがえってきます。

 栽培するわけではない漁業では、どうしても獲りつくして、いなくなったら魚種を変えればいいとずっと同じことを繰り返してきているような気がします。

 それでもようやく、「海は狭く、資源は無限ではない」ということに気が付きはじめてきているのかもしれませんが、だいたい反省し始めた頃には「時すでに遅し」というのが繰り返されてきた愚かな我々人間の歴史なのかもしれません。

 この上さらに第三次世界大戦などということにならない程度の知性が残っていることは期待したいところなのですが・・・。






by STOCHINAI | 2017-09-11 22:42 | 札幌・北海道 | Comments(0)

今日二つ三つ朝顔の通り道          稲畑廣太郎


by stochinai