5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:札幌・北海道( 2050 )

雨・みぞれ・雪

 今は深々と雪が降っています。

 朝は雨でした。

c0025115_21022288.jpg

 雨雲は北海道南部に停滞しているようです。

c0025115_21024681.jpg

 この雨で雪が解けるのかなと思っていましたが、だんだんと気温が下がってきてみぞれ混じりになってきました。

c0025115_21023389.jpg

 さらに降水が止まらないまま気温が下がり、雨まじりのみぞれ状態になってきました。

c0025115_21023711.jpg

 そして夜になると本格的な雪になりました。

c0025115_21271089.jpg

 雨雲は雪雲に変わりましたが、分布域は昼からほとんど動いていません。

c0025115_21025231.jpg

 朝までに25センチ積もっているかもしれませんと天気予報は脅していますが、そんなには積もらないでしょうね。

 多分。






by STOCHINAI | 2017-03-30 21:39 | 札幌・北海道 | Comments(0)

フキノトウ

 そう言えば今年の春はまだフキノトウを見ていなかったことに気が付きました。北大にはあまりにもたくさんフキノトウがあったので、フキノトウを見たかどうかなどを気にすることもなかったのですが、我が家の周辺には意外と少ないのです。人が住んでいるとフキはあまり歓迎されない雑草として処理されてしまうからでしょうか。

 今日になってやっと出会いました。

c0025115_20505380.jpg

 やっぱり春はフキノトウですね。と言いながら、暦の上では大寒の第70候が「ふきのはなさく」ですから、春になる前に咲くのがフキノトウということだとすると、東区の春はこれからということになりそうです。

 ちなみにこちらは1月20日に「くらしのこよみ」に掲載されていたフキノトウです。

c0025115_20550554.jpg

 フキは日本原産ですから、絵にも昔からよく描かれていたようで、メトロポリタン美術館にもパブリック・ドメインになっている作品がありました。窪 俊満(くぼ しゅんまん)という江戸時代の浮世絵師の木版画です。

c0025115_20581621.jpg


 「稲つむ春、ふきの臺 Rice Plant and Butter-Burs」だそうです。

 今は野草としてフキノトウやフキの茎を食べますが、もともとは薬草として用いられていたもののようです。


c0025115_21143582.jpg

中山呉子善『質問本草』(1789 稿成立)
「野鮬 欵冬 フキ
辛-丑ノ之冬清舶漂-到ス採一テ此ノ種一ヲ問レフ之ヲ
野鮬 鄭-茂-慶」

 説明があります。

「質問本草」は沖縄産の種々の植物を,図や標本を中国人に示して,その名を質問して漢名を記録した書.「フキは琉球列島の北のほうにはあるが、沖縄にはない.漂着清人の鄭茂慶にこの種を採って聞いたとしているから,標本は栽培品であろう.相国寺跡に設置された薬草園のものである可能性が高い.」

 同じページのこちらもすごいです。

c0025115_21185215.jpg

内藤尚賢『増補古方薬品考』(1842)
天保11(1840)年に稿が成り翌年に刊行。

傷寒論、金匱要略に収載された薬物220余種について、その薬性、効用を論じる。また、挿図は写実性に富み、江戸末期における薬物基源を知るうえで大いに参考になる、まさに江戸後期の代表的薬物書といえる。

 こうしてみるとフキ(フキノトウ)と日本人の関係は切っても切れないもののようです。あまりにも身近なので気にすることも少ないものですが、日本の文化や歴史を探る上でかなり重要な位置にあるものかもしれないと思えてきます。






by STOCHINAI | 2017-03-29 21:25 | 札幌・北海道 | Comments(0)

春の淡雪

 朝起きたら、また降っていました(笑)。

c0025115_20354684.jpg

 さすがにもう大雪ということはなく、まさに春の淡雪の感じです。

c0025115_20355098.jpg

 室内の植物は粛々と春を迎えつつあります。

 これはモンステラ。大きな鉢に植えるとどこまでもおおきくなるモンスターなので、小さな鉢で小型にしつつも葉の切れ込みもきちんと入るものを狙っています。(ものの本によると、葉が大きくならないと切れ込みも入りにくいというのですが、何年か育てた印象では、そう単純なものでもないらしいと思います。)

c0025115_20360706.jpg

 去年くらいならなんとなく成功しつつあるのですが、今年最初の葉も出てきました。

c0025115_20361109.jpg

 これもどうやらいい感じで切れ込みもしっかりと入っているようです。

 というわけで、そのうちに「小さな鉢で育てるモンステラ」の方法を公開したいと思っています。

 夕方は曇天の下、地平線近くだけが薄い色になっていました。

c0025115_20363152.jpg

 と思っていたら、突然バラバラとアラレの襲来。

c0025115_20363526.jpg

 何が起こったかと思いましたが、しばらくして北の空にモクモクと積乱雲(?)が発達しているのを見て、アラレの時にはここの上にこんな雲があったのかと思っている次第です。(雲は会話をするクマ2匹に見えます。見えませんか?)

c0025115_20364154.jpg

 とまあ、不安定な天候もありますが、雪は着々と減って春に向かっています。







by STOCHINAI | 2017-03-28 21:14 | 札幌・北海道 | Comments(0)

この春最初の花の蕾

 今朝はマイナスになったようですが、太陽の出現とともにぐんぐん気温が上がり、最高気温は7℃(13:46)になりました。さすがにもう大丈夫だろうといくつかの鉢は部屋から玄関へと移動させました。強そうなものは庭に出しました。

 作業中に発見したもの。

c0025115_21204515.jpg

 今年見た初めての花の蕾です。シラー(Scilla bifolia)です。こぼれ種から生えてきたものらしく、去年から予期せぬ場所に出てくるようになりました。

 それまではこちらがメインの株の集団が生えていた場所だったのですが、こちらはムスカリに覆われてしまっていまいました。とおもったら、秋から伸びているムスカリの葉に負けずにこちらでも蕾をつけた芽が伸びていました。

c0025115_21205034.jpg


 先ほどのシラーを反対側からみていると、株の数も増え花の蕾もひとつではなく2つ見えますね。

c0025115_21205576.jpg


 このくらい暖かくなると庭仕事のことを思い、なかなか落ち着かなくなりますが、さすがに今年はまだ雪が残っているところが多いので、あと1-2週間は本格的な外の作業は始まらないと思います。

 とはいえ東京の方からはサクラの開花の便りも聞こえてきます。昨日から季節は第11候「さくら はじめて ひらく」になっています。東京ではこの72候に従って季節が進んでいくのですね。ちょっと感動します。

 というわけで、今日の最後の写真は「くらしのこよみ」から、旬のさかな「サヨリ」です。今日も英語版でいきましょう。

c0025115_21334309.jpg


 サヨリは下顎が極端に長い不思議な口をした魚ですが、英語ではそのまんま Japanese Halfbeak 半分のくちばしと呼ばれています。

 「くらしのこよみ」では、「ぜひとも刺し身でいただきたい」と書いてありますが、刺し身は食べたことがありません。でも、燻製や干物で食べた時のおいしさは格別でした。いつかは刺し身をいただきたいと思っています。







by STOCHINAI | 2017-03-26 21:38 | 札幌・北海道 | Comments(0)

今日は雪が解ける日

 朝までは時折降っていたようですが、日が昇ってからはほとんど降らない一日となりました。太陽が出ている時間帯は長くはなかったようですが気温はまあまあ雪が解ける温度でした。

 キレイに化粧した新雪を背景に鉢植えのカツラを置いてみました。

c0025115_20555148.jpg

 この時期の雪は下手に除雪をして山を作るとそこがなかなか解けないということになるので、今朝はウッドデッキの上の雪を長靴でけとばしておきました。

c0025115_20560689.jpg

 ちょっと出かけて戻ってきたら、ほとんど解けていました。

c0025115_20561225.jpg

 また庭に春が戻ってきたようです。

c0025115_20572637.jpg

 上は影ですが、こちらは膨らみつつあるヤマボウシの芽です。

c0025115_20573534.jpg

 雪の下からは秋のうちに伸びていたムスカリの葉が出てきています。この葉の間から花芽が上がって来る予定です。

c0025115_20574940.jpg

 そのとなりにはコルチカムの芽(これは春には葉しか出しません)。

c0025115_20575317.jpg

 こちらはスイセン。

c0025115_20575773.jpg

 そして原種チューリップも、ネズミにまわりを掘り返されてはいるのですが、元気に芽を伸ばしてきました。

c0025115_20580334.jpg

 来週からは本格的な春になるでしょう。







by STOCHINAI | 2017-03-25 21:03 | 札幌・北海道 | Comments(0)

また降りました

 昨日降った雪は道路のものは昨日中にほとんど解けてしまったのですが、今朝起きてみるとまたドカッと降っていました。

c0025115_21451986.jpg

 昨日よりも多い感じです。おかげでせっかく解けた雪もここでV字に戻ってしまいました。この雪の原因となったのは、東海上にある発達した低気圧です。こちらは昨日のもの。

c0025115_21453710.jpg

 そして、こちらは今日のものです。かなり精力は弱まってきているようですが、まだ札幌に雪を降らせています。

c0025115_21454117.jpg

 その結果の札幌東区の積雪深。ここへ来てV字に冬への回帰です。

c0025115_21453047.jpg

 奇妙なことに緑色で描かれた過去5年分の平均値の線に接してしまいました。昨年に比べると60センチくらい多くなりました。とはいえ、道路に降った雪は車に踏まれてあっという間に解けてしまっていますので、この積雪深は手を触れないバージンスノーの深さということになります。

 こちらは本日勉強会で行った北大への途中。北18条の交差点です。

c0025115_21455086.jpg

 ランドマークは「ホテル・メッツ」。

 北大へは北キャンパスから入って散歩です。

c0025115_21455843.jpg

 中央通路も昼にはもう雪がありません。道路脇の放置自動車には2日分の雪が降り積もっています。

c0025115_21461845.jpg

 こちらは定点観測点の13条イチョウ並木。

c0025115_21462237.jpg

 大野池はまたまた雪におおわれてしまいました。

c0025115_21463124.jpg

 左向こうの理学部高層棟が見えます。

 勉強会が終わって帰る時に撮った枯れたツタの写真。

c0025115_21463554.jpg

 これも北大らしいといえば言える風景です。

 明日からはまた春になる予定です(笑)。







by STOCHINAI | 2017-03-24 21:59 | 札幌・北海道 | Comments(0)

春への階段は踊り場に

 昨日・今日とちょっと寒さが戻ってきているのですが、今のところまだマイナス気温は記録されていませんので、今日のBGMは春にちなんでスタン・ゲッツとアストラッド・ジルベルトの「春の如く It Might as Well Be Spring」でいきましょう。



 ボサノバにはアストラッド・ジルベルトのような「力の抜けた」声が似合いますね。そういう意味で小野リサさんは、正当なジルベルトの後継者だと感じます。おっとm話があまり横道にそれてはいけませんね。

 さて、昨日も今日も気温の割に寒く感じたのは北寄りの強めの風のせいだったようで、体感は寒くても雪は着々と解けているようです。

 15日から20日にかけては最低気温もプラスに転じた上、急速に気温が上昇していることがおわかりになると思います。(実は、プラスに転じる前の今月4日からはほぼ一直線に気温が上がっています。)

c0025115_21431483.jpg

 そして10日を過ぎるころから、気温の上昇に対応して積雪深が急速に減少しています。(平均気温がプラスになると、積雪深が減少することもわかります。)

c0025115_21430451.jpg
 札幌市のサイトでの積雪深記録公表は3月いっぱいで終わるのですが、去年はなんとか積雪ゼロになっていました。今年はこの調子で行くとギリギリ消えるか消えないかというところになるかもしれません。

 道東の方では今日になっていきなり40センチの積雪があったというニュースもありましたので、ちょっと不安ですがこの時期になるといくら降っても積雪深に大きな影響を与えるようなことにはならないような気がします。

 というわけで、昨日・今日の「寒さ」は大勢に影響することなく春への進行は着々と進んでいる札幌です。

 最後の一枚は今日の夕方のそれの様子です。

c0025115_21431904.jpg

 あまり美しく焼けてはいませんが、このくらいの色づき方も春らしい夕雲だと思います。







by STOCHINAI | 2017-03-22 21:55 | 札幌・北海道 | Comments(0)

光の季節

 朝がきました。このところの暖かさが続いている朝です。

c0025115_21232278.jpg

 暖かいということは夜間の放射冷却が少ないということで、朝はカラリと晴れ上がって朝焼けというふうにはなりません。

 でも、日が昇るとともに快晴になっていくのもここ数日の傾向です。午前中の強い日差しの中で、またブライダルベールに登場してもらいます。

c0025115_21232676.jpg

 これは影と本物の区別がかなり難しいことをご覧に入れたくて撮った写真です。撮影者である私でも戸惑うほど難しい課題です。

 暖かい日が続いたので、まだちょっと早いとは思いながらも気になっていたフィカス・ウンベラータを一回り大きな鉢に植え替えてやりました。

c0025115_21232718.jpg

 このところ急に新しい芽の伸びが止まってしまっていたのが気になっていたのですが、植え替えの時に鉢の底から根が飛び出していたことから苦しかったことが良くわかりました。

 もともとこれは昨年の夏頃に100均で3-4センチくらいの葉が一枚しかない幼木を入手したもので、途中で枯れても仕方がないと思って育てていたものですが、意外なほど元気に育っていたものです。この植え替えで元気を取り戻してくれるとうれしいのですが、ちょっと時期的に早すぎると思いますので、すぐに室内に戻ってもらいました。

 今日も今日とて道路の氷割りなどをしているうちに日が傾いてきました。

 すると、午前中でもないのに室内の北西の壁に夕日が入り始めるではありませんか。

c0025115_21233259.jpg

 これはありえない自然現象ということで、光の中に頭を入れて光源を探ってみたところ、西日を反射しているご近所の家の窓がありました。

c0025115_21233650.jpg

 このお宅は昨年の暮にリノベーションして入居されたので、この窓の反射は今年から始まる我が家の新しい風物詩ということになるのかもしれません。

 一日中家にいるといろんなことを発見するものです。






by STOCHINAI | 2017-03-19 21:44 | 札幌・北海道 | Comments(0)

春へ加速

 急に春らしくなってきました。

c0025115_21224534.jpg

 水差しのブライダルベールも根ばかりが発達して、茎や葉はいまいちの状況で早く土に下ろして欲しいと言っているようですが、今朝は強い日差しに当たって元気そうに見えました。コップの水も美しい模様を描いています。

 ここで一気にわが家の前の道路の氷を撲滅することにしました。こちらは作業終了直後です。

c0025115_21225724.jpg

 割られた氷はどんどん解けていきます。明日までにはこうなるはずです。

c0025115_21230194.jpg

 昨日は久々にマイナスのない一日になりましたが、今日もそれが続いています。昨日から急に暖かさが増した感じです。

c0025115_21222226.jpg

 最低気温の青いグラフが跳ね上がったのが昨日で、今日もそのままの傾向が続いています。

 玄関の中では冬眠していたセリが一斉に目を(芽を?)覚ましました。

c0025115_21230516.jpg

 美味しそうですが、食べたらかわいそうでもあります(笑)。

 庭では雪に埋もれたレンギョウの枝が黄色みを帯びてきた感じがします(気のせいかも?)。

c0025115_21230931.jpg

 いずれにしても、あと数日で春分の日がやってきます。春だ冬だとは言っていられません。







by STOCHINAI | 2017-03-17 21:35 | 札幌・北海道 | Comments(0)

朝はマイナス昼はプラス

 3月にはいって、朝はほとんどマイナスになっていますが、昼はほとんどプラスになる日が続いています。

c0025115_21394210.jpg

 真冬日になったのは3月4日1日だけで、今日などはどうやらマイナスの気温のない一日になりそうです。さすがに3月といえども札幌ですからマイナスの気温のない日はほとんどなく、3月2日に続いて2回目の記録となりそうな本日です。

 と、記録上は暖かな一日の本日ではありますが、一日中北西から北北西の冷たい風が強く吹いていて、気温は高いというものの肌寒い体感の一日となっています。

 こちらは昼前の空の様子ですが、時折こうした青い空がみえるものの、基本的には「曇り」の一日となりました。

c0025115_20463699.jpg

 夜になってもこんな気温分布の今夜です。

c0025115_21482923.jpg

 今朝の9時に積雪もとうとう60センチを切りました。

c0025115_21511891.jpg

 とはいうものの、昨年の今頃の雪(青点線)はもう30センチ位にまで低くなっていたことを考えると、今期はまだまだ雪深しということになります。

 とはいえ明日からの予報を見る限り、この雪もそろそろ無くなりそうではあります。

c0025115_22090587.jpg

 連休明けには札幌にも「春」が来ていそうです。







by STOCHINAI | 2017-03-16 22:11 | 札幌・北海道 | Comments(0)

ふと咲けば山茶花の散りはじめかな        平井照敏


by stochinai