5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:札幌・北海道( 2251 )

 今年になってから昨日まででなんと7回も雨が降ったのだそうです。さすがに今日は雨にはなりませんでしたが、最高気温はプラス1.5℃とこの時期としては暖かい一日となりました。

 最近は朝起きると降っているか降った直後というケースが多いのですが、今朝は雪がちょっとだけ積もっていました。

c0025115_21003592.jpg

 1センチくらいの積雪ということになるでしょうか。でもこの雪は午後までにすべてとけてしまいました。昨日は雨だったので10センチ積雪が減りました。今日の積雪は誤差範囲で明日までの記録には残らないことになります。

c0025115_21005235.jpg


 昨日は昨年と同じ積雪深を回復したのですが、1日で10センチ沈みこみました。今のところ、今年は雪が少ない冬と言ってもいいのかもしれません。

 今朝、なんとなくいい匂いがしたので見まわしてみると、コーヒーの花が咲いていました。

c0025115_21004263.jpg

 もう見慣れた花なので、それほどの感動はありませんが、この香りは何度嗅いでもいい匂いです。

 
c0025115_21004523.jpg

 いっせいに咲かないのが不思議のような、うちの環境が悪いのかもと思われるような、まだよくわからない相手ですが、花が咲いているおなじ木で去年咲いた花の実が熟していたりしています。

c0025115_21004968.jpg

 花の上のほうに見える赤いものがその実です。

 収穫した実をためてローストして希少なコーヒーとして飲むことも可能だとは思いますが、最近ではこの実を収穫してコーヒーとして飲むのではなく、植えて芽を出させるほうに気持ちが動いています。

 そのほうが、コーヒーにとっても私にとっても楽しそうな結果になる気がしています。








by STOCHINAI | 2018-01-16 21:27 | 札幌・北海道 | Comments(0)

やはり雨

 弱いながらも朝から雨でした。

c0025115_20172472.jpg

 気温は予想ほどは上がらなかったようですが、日中降るものはずっと雨でした。

c0025115_20172732.jpg

 屋根の雪もとける一方です。

c0025115_20172930.jpg

 昼頃に降っている雨をレーダーで見てみると、こんなふうでした。

c0025115_20173545.jpg

 青が雨を降らせる雲で、紫は雪を降らせているようです。

 我が家のところは雨でしたが、札幌の南側は雪あるいはみぞれだったのかもしれません。まあ雨であろうが、みぞれであろうが、雪であろうが今日の気温ならば積雪としては減る一方だったと思います。

 公式の最高気温が3.3℃ですから、降ったとしても積雪はどこも5センチ位低くなったと思われます。

 現在は東区の気温はプラス1℃ですが、降っているものは湿った雪のようです。

 今年の1月は暖かいようですね。







by STOCHINAI | 2018-01-15 20:29 | 札幌・北海道 | Comments(0)

今日も冬晴れ

 昨日に続いて今日も真冬日となりましたが、最低気温も予想ほど下がらず、最高気温も予想よりは高く、真冬日としてはチョロいものです(笑)。

 今日は不思議な写真からお見せします。

c0025115_21253768.jpg

 斑入りの植物です。よく見ると葉脈にはピントが合っているので斑の入り方が独特にぼやけているようです。

 葉の縁がはいるところまでちょっと引いてみます。

c0025115_21253916.jpg

 規則性がありそうな模様ではあります。緑のところには葉緑体があり、白いところには葉緑素を欠いた白色体があるのだろうということはわかりますが、同じ葉の中でどうしてそうした差ができるのか、その差を生み出すパターンがどういう数式で表されるのか、またその背景にある模様を出したり消したりする生物学的メカニズムについては興味がつきませんが、おそらくまだ解明されていないと思います。葉の縁のほうに緑の領域が多いことが謎を解くヒントにはなりそうですが、それ以上はまったくわかりません(笑)。

 この葉は100円ショップで買ってきたクロトンという植物のものですが、こんな葉っぱ一枚にもまだまだわからないことだらけなのが我々の自然に対する理解の程度です。がんばれ科学者!

 今日も日中は昨日に負けないくらい太陽ががんばっていましたが、夕方から雪が降り出しました。

 真冬日で最高気温は午後2時ちょっと前にマイナス0.7℃でしたが直後の2時にはマイナス1.3℃に下がっています。

c0025115_21254835.jpg

 正午前後には太陽がサンサンと照りつけて室内では暖房がいらないくらいの暖かさでした。その時間帯はほぼ快晴状態だったことがわかります。(ネコが死んだように眠る時間帯でした。)

c0025115_21255110.jpg

 ところが暗くなってからは結構激しく雪が降ってたちまち10センチ位積もりました。下のグラフの右端で山が高くなっていくところがそれです。

c0025115_21260091.jpg
 降水量で見るとこうなります。

c0025115_21255501.jpg

 気温が低いので降水量は5ミリメートルくらいでも、積雪が10センチ位になってしまうことがわかります。これは軽い雪ということでもあります。

 と気象のグラフを見ているだけでもかなりいろいろなことがわかるものです。

 こちらは、昼ころの暖かい室内で昨日に続いて寝呆けている武蔵丸です。

c0025115_21254365.jpg

 ただの毛玉にしか見えませんが、上側が背中側で真下中央のちょっと左側に下向きに耳が見えるかと思います。また手で顔を覆っています。

 ネコはやっぱり寝子なんですね。







by STOCHINAI | 2018-01-12 22:21 | 札幌・北海道 | Comments(0)

札幌は穏やかな冬晴れ

 北海道は広いです。

 今日もところによっては暴風雪が吹き荒れているようですが、札幌の我が家の周辺は穏やかな冬晴れとなっています。1年のうちでこの時期にしか見ることのできないお向かいの門の隙間からこちらへ差し込む朝の日差しです。

c0025115_20285766.jpg

 反対側の北西の空は快晴で驚くほどきれいな深い青色をしていました。

c0025115_20285982.jpg

 風もなく穏やかな空を近くの丘珠空港を飛び立ったヘリコプターの編隊が千歳空港の方向へ飛んで行きます。

c0025115_20290370.jpg

 ここでは12機見えますが、少し遅れて1機が全力で追いかけて行きました。

c0025115_20290715.jpg

 ウッドデッキの上の雪は融解と凍結を繰り返して、美しい幾何学模様になっています。

c0025115_20291376.jpg

 今日は最高気温がマイナス0.3℃で、1月4日に続いて今年2度目のギリギリの真冬日だったようです。

c0025115_20291020.jpg
 このグラフを見てわかるように年が明けてからマイナス5℃にすらなっていなかった札幌ですが、今日は最低気温がようやく(笑)マイナス6.7℃になりました。明日はマイナス10℃を切るかもしれないとのことです。

 外がいくら寒くても日差しが射し込んでいる限り室内は天国です。ネコ達は太陽の光の中で朝からヌクヌクと眠りこけるのでありました。

c0025115_20291531.jpg

 武蔵丸はカメラを向けるとうるさそうに顔を上げましたが、サクラは全く無視でした。

c0025115_20291873.jpg

 日だまりのネコは天国です。








by STOCHINAI | 2018-01-11 20:49 | 札幌・北海道 | Comments(0)

天気予報が当たらない

 昨日のプラス5.9℃などという最高気温がちょっと高すぎで、今日のプラス0.4℃もちょっとは高いけれどもまあまあ今の時期としては「暖かい日」ということで妥当なのではないかと思います。

 天気予報では今朝までにかなりの積雪になっているはずだと言っていたのですが、見た目では思ったほど積もっていませんでした。実は結構積もっていたのかもしれませんが、高い気温で圧縮されてしまったのかもしれません。それが朝までにガリガリの雪の塊になって、道路は凸凹のワダチができていてクルマは大変そうでした。

c0025115_22182971.jpg

 この軽自動車はワダチに入ってしまうとお腹がつかえて動けなく恐れがあるので、用心深くワダチを避けて走っていました。また、タイヤが埋まってしまうと動けなくなる恐れがあると思ってか、悪い道を早いスピードで駆け抜けるクルマが多く、歩行者は恐ろしい一日でもありました。

 というわけで、除雪もやりにくいので適当なところで切り上げ、道路はクルマがならしてくれるのに任せることにしました。このいい加減な気持ちがないと、北国ではなかなか大変です。完璧な除雪をするお宅のご主人は次々と疲弊して倒れていくという都市伝説も生まれています。

 天気予報はいい方にはずれて、日中はほとんど雪がふりませんでした。それどころか青空が見えたり、眩しい太陽が出てきたりと、天気予報の外れを歓迎したい一日でした。とはいえ、この時間帯に北の方ではとんでもない暴風雪になってJRや高速道路が止まっていたりもしていたようです。

 札幌の午後はこちらです。

c0025115_22250329.jpg

 なんか夏の雲みたいですね。この時間帯には南西の方から強い太陽が部屋の中に射し込んでいました。

c0025115_22250991.jpg

 窓辺の植物たちも久々の強い太陽を浴びて気持ちよさそうです。

 こちらは徹底的に剪定されて入室したハイビスカスです。

c0025115_22251253.jpg

 これらの植物が作る影絵も何かしらの物語を想像させるような楽しげなものに見えました。

c0025115_22251617.jpg

 これは隣の部屋のパキラですが、窓から遠く離れていても太陽を浴びています。

c0025115_22251912.jpg

 ほんの10分ほどの日差しでしたが、陰ってきたので先ほどの雲を見ると重たかったのかあっけなく崩れてしまっていました。

c0025115_22252370.jpg

 ほんの短い時間の太陽を巡るスケッチでした。







by STOCHINAI | 2018-01-10 22:36 | 札幌・北海道 | Comments(0)

雨 乾燥 雪

 松の内だけではなく、昨日・今日もこの時期としては異常な暖気が続いていて、昨日の朝からプラスの気温が続き、昨日は最高気温がプラス4.4℃、今日はプラスの5.9℃にまでなりましたが、さすがにこの時間にはようやくマイナスの気温が記録され始めました。

c0025115_22040232.jpg

 この気温の推移ですから、今朝起きた時に降っていたものは雨でした。

c0025115_22032064.jpg

 この雨が止んだ後、昼ころの高温でなんと濡れたウッドデッキが乾燥し始めたのには驚きました。

c0025115_22033181.jpg

 時折太陽も顔を見せるのどかな時間帯もあり、私も呑気にコケの観察などをしていました。

c0025115_22034213.jpg

 胞子嚢を作る胞子嚢柄が伸びてきているようです。ところが太陽はすぐに雲に隠されてしまい、空を仰ぐと神か天使かわかりませんが、怪しい像が出ています。

c0025115_22034617.jpg

 この後、天候は崩れはじめ気温が下がり始めた夕方からは降るものは雪になりました。



 まだ気温が高いのでふわふわとしたボタン雪です。

 この後、天気予報では嵐になるとのことだったのですが、我が家の周辺ではこの程度の雪が降ったり止んだりしているだけで、げんざいまでのところ強風になるということにもなっておりません。

 しかし風の流れを見てみると、午後9時頃こんなふうになっています。

c0025115_22035796.jpg

 稚内のちょっと北西部に渦の中心が見えます。天気図を見るとこことその東のオホーツク海に低気圧があるようです。

c0025115_22040577.jpg

 風はなくとも雪はそこそこ積もってきていますので、明日の朝は除雪に追われそうです。

 雪国に暮らしているのですから、このくらいはへっちゃらですけどね(笑)。








by STOCHINAI | 2018-01-09 22:16 | 札幌・北海道 | Comments(0)

降りました、降りました

 昨日も2度ほど除雪をしていった新年会の帰りにはまたかなりの積雪になっていました。そこへまた今朝もどんどん積もり、一気に20センチ以上の積雪深増加となりました。

 これが今日の除雪を終え、雪も上がった午後に見たイチイの木の上に積もった雪の状態です。

c0025115_23461844.jpg

 積雪を見るには明らかに飽和していて、ここに積もった厚さ以上の積雪になっていることがわかります。

 ドカドカと屋根から雪も落ちていますが、その断面がこちらです。

c0025115_23462176.jpg

 厚く重い雪がざっと25センチくらいでしょうか。

 東区の積雪深グラフが昨日から今日の雪を明示してくれます。

c0025115_23462697.jpg
 昨日は一日、今日も午前中まで降り続いた雪で30センチ位の積雪があり、積雪深としても一気に20センチくらい増加しています。積雪と積雪深に10センチくらいの差があるのはそのくらい雪が圧縮されたということです。この圧縮率が高いほど除雪は大変になります。逆に圧縮率がほとんどないサラサラに積もった雪は軽くてらくらく除雪もできるのです。

 今日の雪は中くらいの重さでしたが、今シーズン最大の除雪労働となりました。

 さて、昨日の新年会でカワイイ干支のイヌとダルマをいただきました。どちらもおみくじ入りのものでした。

c0025115_23463032.jpg

 おみくじの結果はイヌが中吉、ダルマが大吉でした。

 ダルマの方は何か願い事が決まったら片目を入れて願をかけようと思いますが、大吉ダルマですから一発必勝のお願いをしたいものです(笑)。








by STOCHINAI | 2018-01-07 23:57 | 札幌・北海道 | Comments(0)

今年初の真冬日

 久しぶりに朝焼けが見えました。

c0025115_22374606.jpg

 天気がよくなるかと思ったのですが、この後も太陽が見えることはなく、一日中曇っていて時々雪が降るという天気でした。それよりも今日は三が日の暖かさが一転して真冬日に戻りました。

c0025115_22502257.jpg

 日が落ちてからちょっとは気温が上がり気味になったのですが、やはりマイナスの気温を越えることはありませんでした。

 寒い分、降った雪は軽いので除雪での苦労はほとんどありません。積雪深も増えてはいますがふんわりとした雪の深さが増しているだけなので、ちょっと気温が上がると解けなくてもガクンと減ると思います。

 この天気はなんと表現したら良いのかわかりませんが、風もほとんど吹いていなかったので、ある意味「穏やかな真冬の一日」という感じかもしれません。この天候を生み出している天気図がこちらです。

c0025115_22395669.jpg
 西高東低という典型的な冬型の気圧配置で寒いのですが、風が弱く一見穏やかになっているということでしょうか。

 低気圧の中心が北太平洋アリューシャン列島のあたりに見えます。

 日本を含む北太平洋の風の動きがおもしろいです。

c0025115_22375868.jpg

 明日も似たような感じですが、もうちょっと穏やかな日になりそうですね。








by STOCHINAI | 2018-01-04 23:02 | 札幌・北海道 | Comments(0)
 結局3が日はすべて真冬日にならずで過ぎようとしている札幌です。9年ぶりくらいの暖かなお正月のようです。

 とそういえば、皆さまに新年のご挨拶をまだしていなかったような気がします。

 あらためて「あけましておめでとうございます」です。

c0025115_21113411.jpg

 我が家の玄関にも新年の花が生けられていました。よく見ると左の下の方には獅子舞の獅子もあり、右上には「HAPPY NEW YEAR」の文字も。

 さらによく見ると、門松までもありびっくりです。

c0025115_21113769.jpg

 梅も咲いているようです。すごいですね。一気にお正月のムードになっています。

 玄関だけではなく外も春の雰囲気なのが今年のお正月です。

 今朝も薄っすらと雪が降ったのですが、それをササッと片付けておいたら午後にはウッドデッキが乾き始めるという事態になりました。

c0025115_21143567.jpg

 春なのか、という雰囲気は外でも感じられるのでした。

c0025115_21143869.jpg

 もちろん雪がないわけではなく、一面に雪はあるのですが、毎日降る雪が少量で、それがすぐにとけるというサイクルなのです。

c0025115_21144293.jpg

 降った雪の厚さも数センチで、暖気でたちまち圧縮されて、屋根からも毛布のような状態でズルズルと落ちてきています。

 これで天気がよかったら完全に春ですが、まあそんなに都合よく北国に春はやって来ないのです。



by STOCHINAI | 2018-01-03 21:22 | 札幌・北海道 | Comments(0)

元旦から雨

 年末26日から4日続いた真冬日の後は3日続いて最高気温がプラスになっています。今日は夕方にはプラス3℃にまで上がっています。というわけで明るくなってから降ってくるものは基本的に雨ということになっています。

c0025115_21191983.jpg

 朝に除雪をしたときには少し残っていた雪も雨でとけています。

 手すりの上の雪や氷も完全にとけてしまいました。

c0025115_21192293.jpg

 というわけで曇天の暗い年明けになってしまいましたが、いちおうお正月らしく朝からお雑煮を食べたり、お酒を飲んだり、いい加減な「おせち」を食べたりをする日本の家庭なのであります。

 昨日の「くらしのこよみ」にはおせちの定番としての「クワイ」が載っていましたが、なんと驚いたことにクワイは英語で「arrowhead」というのですね。

c0025115_21192450.jpg

 Arrowheadは日本語では矢じりです。クワイには矢じりの尖っているところにあたる部分がないように思えて、この訳にはなにか秘密があるに違いないと思ってちょっと調べてみました。

 するとなんと矢じりには頭が丸い記号もあるのです。

c0025115_21192708.jpg
 確かに弓につける矢の頭を重くすると命中率が上がりますし、そのために矢じりを使いはじめたは初期の矢では必ずしも刺さるものではなかったのかもしれません。そうすると丸い矢じりの謎は解け、たしかにこれはクワイのシルエットにそっくりではあります。

 クワイの英語名を知って、使う機会があるかどうかは不明ですが、知っていて気分が悪いということもありませんよね(笑)。








by STOCHINAI | 2018-01-01 21:34 | 札幌・北海道 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai