5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:その他( 93 )

 23年前のこととはいえ我々には鮮明に記憶に残っているものですが、25歳位より若い人たちには記憶が体験として残っている人はおそらくいないだろうと思われるくらい「昔」のことになってしまいました。「十年一昔」という言葉がありますのでもう「二昔」も前のことになってしまいましたが、現場で体験された人には「たった23年前」はほとんど昨日のことのように脳裏に刻み込まれていることだろうと思われます。そして、北海道南西沖地震はその2年前の「たった25年前」に起こったことです。さらに3.11東日本大震災として人々が鮮明に記憶している東北地方太平洋沖地震は、ほんの昨日のような7年前の2011年に起こったことです。その間にも、2003年の十勝沖地震、2004年の新潟県中越地震が起こっており、東日本大震災の後の熊本地震はほんの一昨年2016年のことなのです。すぐに思い出せるたくさんの犠牲者を出した地震だけでもすぐにこのくらいを書き出せるくらいたくさんの地震が日常的に起こるのがこの日本という国です。

 今日はいろいろなことを考えさせられる日でしたが、そうしたことを思い出させてくれるのが新聞やウェブの大きなはたらきの一つです。さすがに阪神・淡路大震災の日のことは一面トップではなくなってきましたが、それでも一面には出てきており、中の方には日程的に直接関係しているかどうかはわかりませんが、奥尻で北海道南西沖地震に被災し、今は次の被災から一人でも被害者を減らそうと努力している定池祐季さんのコラムも載って、いろいろなことを思い出させてくれました(朝日新聞朝刊)。定池さんはいろいろ複雑な経歴を持っておられる方ですが、我がCoSTEP修了生(私がコーステッパーと名付けました)の誇るべき一人です。

c0025115_22150799.jpg

 とりあえず関係ありませんが、我が家のコーヒーは今朝も花を咲かせ続けていました。この花は震災の記念日にも馴染む清楚さをもっています。

c0025115_22162722.jpg

 今年1月の札幌は異常に暖かいです。今朝もちょっとだけ新しい雪は積もっていましたが、最高気温はプラスになり、午後までには新しく降った分くらいはとけてしまったようです。

 こちらは午後にちょっと出かけた時の道路の様子です。

c0025115_22185629.jpg

 春先の風景と見間違うほどですが、まだ1月半ばで大寒の前なんですよね。

 まあ、これから何度も大寒波がやってくるでしょうが、今のところ「暖かい1月」の記憶は残りそうな今年の年明けです。









by STOCHINAI | 2018-01-17 22:29 | その他 | Comments(0)

ミシェル・ファイファー

 久しぶりに劇場で映画を見ました。


 結論からいうと、上映時間の2時間は無駄にはならないと思います。大御所の俳優がたくさん出ていますし、世界中にネタバレしている筋で作られたものにもかかわらず丁寧に作られている画面は十分に楽しめるものになっていると思います。

 2時間を感じさせないお話が終わりエンドロールになってからが、私がもっとも感動したパートになりました。

 なんと劇中にも登場しているミシェル・ファイファーの歌が聞こえてきたのです。




 エンドロールは長いのでこの歌だけでは持たず、続いて「オリエント急行組曲」が流れてきますが、思い返せばこのテーマは本編の中で繰り返し出てきていたもののようです。そちらもどうぞ、お聞きください。



 さて、彼女が本格的に歌えるということは昔見た映画「The Fabulous Baker Boys」の中で実証済みだったので、エンドロールで歌声が聞こえて来た時にすぐに彼女の歌だとわかったのですが、The Fabulous Baker Boysの中に出てくるMy Funny Valentineはすごいです。

 こちらもYouTubeで聞けますので、どうぞ。



 ピアノは映画の中ではジェフ・ブリッジスが弾いていることになっていますが、実際はDave Grusinだそうです。もちろんミシェル・ファイファーは吹き替えなしです。

 1958年生まれのミシェル・ファイファーは今年で還暦になるので、画面で見るとそれなりの年齢には見えますが、時折見せる美しさは年齢を越えたものを感じさせられます。

 今から考えると30代から40歳前後が脂の乗った時期だったのか、映画にもたくさん出ています。私の個人的記憶ではこの頃の映画でロバート・レッドフォードと撮ったUp Close and Personal (邦題は「アンカー・ウーマン」)が記憶に残っています。その予告編もありました。



 とまあ、映画のことよりミシェル・ファイファーのことだけになった感想でありましたが、ネットにはミシェル・ファイファーが生まれてから今までの写真をひたすらに並べたものもありますので、もしもお暇がありましたらこの20分のスライド・ショーをながめて見ると彼女がいかに美しく成熟し年老いてきたかがおわかりになると思います。



 年を取ると映画の見方も斜めになってくるのかもしれません。スミマセン。









by STOCHINAI | 2018-01-14 23:25 | その他 | Comments(0)
 今朝、ミズバショウに近縁だと思われるスパティフィラムの花が開いていました。

c0025115_21315679.jpg


 この花を見ると女性の髪型のボブを思い出すのですが、ボブというと思い出すフランス・ギャルがなくなったというニュースが飛び込んできました。

 上の写真とこの写真がそっくりに見えるのは私がおかしいんでしょうか。

c0025115_21441449.jpg

 フランス・ギャルといえば、1965年のヒット曲「Poupée de cire, Poupée de son(夢見るシャンソン人形)」がすぐに思い浮かびますが、まずは聞いてみてください。



 声量もぜんぜんありませんし、歌もうまいというわけではありませんが、いわゆるアイドル歌手のはしりだったのかもしれません。日本での大ヒットをうけて後に彼女が日本語でもレコードを発売しています。



 口は合っていないようですが、日本語版の動画もあります(笑)。

 その彼女がまだ70歳という若さで亡くなりました。乳がんだったそうです。私の青春を支えてくれた一人の女性に心から哀悼の意を表したいと思います。

 同じ頃、フランス発で一世を風靡したのがシルビー・バルタンで、3歳ほど年上だったようですが、フランス・ギャルが「女の子」という感じだったのと比べるとググッと「大人の女性」の魅力でこれまた日本人の心を捕えていました。フランスがブームだったのでしょうか。

 バルタンはまだ健在のはずですが彼女の大ヒット曲の動画もあります。



 曲は日本では「アイドルを探せ」というタイトルで発売された「La plus belle pour aller danser」です。

 この二人は同時に思い出すことが多いのですが、その時にいつも思い出すのがツイッギー(Twiggy)です。彼女はイギリスですが、今見てもなにからなにまでまったく古さを感じさせないのがすごいですね。

c0025115_22074165.jpg

 フランス・ギャルも私よりちょっとは年上ですがまあ同年代で、星野仙一と同期なのかな。今では死ぬには若すぎるといわれる年で亡くなる方も結構目立ちますが、惜しまれて去るという意味ではこのくらいで去るのも人生としてはありなのかなと思うこともある今日このごろです。







by STOCHINAI | 2018-01-08 22:15 | その他 | Comments(0)
 札幌市の電子図書館をよく利用させてもらっています。先日、予約していた本が見られるようになったということで、早速借りてみたのですが、かなり衝撃を受けました。

 こちらです。

c0025115_20592307.jpg

 なんじゃこりゃ、という感じで「裸の大将」みたいな印象ですが、中身はあの「星の王子さま」そのものでした。

 皆さんがよくご存知の「星の王子さま」はこんな表紙だったはずです。

c0025115_20593254.jpg

 日本では岩波書店の出版した翻訳本が有名だったのですが、2005年1月に翻訳出版権が消失したので、雨後の筍のごとく新訳本が出版されました。

 そんな中で電子書籍で読んだことのあるのがこちらです。

c0025115_20593621.jpg

 2006年に出版されたこの本は原著の図をそのまま使っているので、一見してあの「星の王子さま」だとわかるのですが、2011年に出た最初の角川つばさ文庫版の『星の王子さま』の挿絵が西原理恵子の描き下ろしということで原作のイメージがまったくと言っていいほどなくなっていて、ショックを受けました。

 有名なバオバブの木の場面を比べてみましょう。まずは原著の絵を転用している平凡社版です。

c0025115_21105717.jpg

 そしてこちらが西原版(?)です。

c0025115_21105210.jpg

 なんじゃこりゃ、という感じではありますが、それなりに味があると言えば言えます。

 そして花に水をやる王子さまです。

c0025115_21110886.jpg

 こちらは「花に水をやる小学生」ではありません。「星の王子さま」です。

c0025115_21110554.jpg

 もちろん、文章は翻訳したものなので中身は大きく違うわけではないのですが、挿し絵の持つ本文に対する影響力はすごいものだと思いました。

 子どもが最初に出会う本としてはどちらがいいかはあえてコメントするまでもないとは思いますが、大人が原著版を読んだ上で西原版を読むということなら、星の王子さまとの新たな出会いになるのかもしれないおもしろさはありそうな気がしました。

 怖いもの見たさかもしれませんが、札幌市の電子図書館あるいはリアルの図書館、あるいは本屋さんで一度読んでみてください(笑)。








by STOCHINAI | 2017-12-20 21:25 | その他 | Comments(0)

秋田2日目

 朝もやの中で目が覚めました。

 こちらはホテルの部屋の窓から見える秋田駅東口の光景です。右に見える高い塔はどうやら駅に隣接して建っているNHKの電波塔のようです。

c0025115_21123943.jpg

 テレビでしつこく報じられている台風の影響はまだこちらへは届いていないようですが、それでもだんだんと下り坂になっているようではあります。

c0025115_21133166.jpg

 法事は400年以上の伝統があるという秋田の名刹で行われました。

c0025115_21134628.jpg

 価値のあるものかどうかはわかりませんが歴史を感じさせる仏像もあります。

c0025115_21135186.jpg

 法事は粛々と進行して、昼食会となりました。

 会場はお城の堀の横の高いビルの最上階にあるレストランで景色の良いところでした。眼下にはもう花の時期は過ぎていましたけれどもお堀一面を覆ったハスは圧巻でした。

c0025115_21141289.jpg

 その右側の城内側にある大きな建物は高校のようです。

c0025115_21141871.jpg

 堀をはさんで反対側の街中にも高校があります。

c0025115_21142026.jpg

 ずっと遠くになりますが、どうやら東の果てには日本海も見えるようです。

c0025115_21142459.jpg

 食事を終わって1階まで降りると面白いオブジェがありました。

c0025115_21142802.jpg

 どうやら雪男(イエティ)のようです。このビルは美術館や展示場などもある多目的のアトリオンというビルでした。

 さて、本来の目的も達して明日は台風に追い立てられるように北海道へ逃げる予定ですが、追いつかれないことを祈っているところです(笑)。







by STOCHINAI | 2017-10-21 21:44 | その他 | Comments(0)

秋田へ

 明日行われる義父の法事が行われる地に向かうために飛行機に乗りました。

 機体はこれ。

c0025115_22070603.jpg

 J-AIRのE170です。雨の降り始めた新千歳空港を後に快適な飛行を楽しませてもらいました。

 着いたところがこちら。

c0025115_22071363.jpg

 なまはげの秋田です。

 こちらも雨でした。

c0025115_22071889.jpg

 米どころの秋田です。稲刈りが終わった黄金色の田が美しい。

 というわけで、とりあえず秋田で一杯。

c0025115_22072191.jpg






by STOCHINAI | 2017-10-20 22:17 | その他 | Comments(0)

久しぶりの夕食会

 時たま、いろんな人と夕食会をしますが、なかなかスケジュールがあわず、めったにできません。今日は久しぶりの夕食会でした。

 出発駅までは自転車でした。

 こちらが出発駅付近。

c0025115_23425212.jpg

 ここも盛り場です。

c0025115_23424479.jpg

 駅には保育園もあります。

c0025115_23424722.jpg

 ちょっと見渡して地下鉄に入ります。

c0025115_23425627.jpg

 地下鉄です。

c0025115_23430050.jpg

 着いたところはこちら。

c0025115_23430231.jpg

 おしゃれな街はすでにクリスマスの雰囲気も漂っていました。

c0025115_23430534.jpg

 この後の記録は残っておりませんが、楽しい時間を過ごさせていただきました。








by STOCHINAI | 2017-10-10 23:47 | その他 | Comments(0)

エビでタイを釣る

 先週の金曜日に、市・道民税をセブン・イレブンで支払いました。支払いがあまりにもあっけなく終わってしまったので店を一回りしたところ、サントリーが作っているセブン・イレブンのプライベート・ブランドだという見慣れないビール(のようなもの)があり、価格も安かったので6本入りのワン・カートンを買って帰りました。
 
c0025115_21412152.jpg

 ザ・ブリューという銘柄自体は以前からあったようなのですが、飲んだ記憶はありません。デザインが比較的気に入ったことと、1缶123円のところを6缶パックで買うと623円と安くなることもあって買って帰りました。味はちょっと薄味で(悪くいうと水っぽい)ビールらしい迫力はありませんでしたが、夏に水代わりに飲むにはいいのかもしれません。ただし、続けて買うということにはならなそうな気がしていました。

 その時にもらったレシートに応募するとザ・プレミアム・モルツが当たるとかなんとか書いてあったのですが、その後忙しくて机の上に放置してありました。今日になってそのレシートを捨てようかともう一度みたところ、レシートの下に印字されているシリアルナンバーをウェブで入力するだけで応募になるということがわかったのでダメ元と入力してみることにしました。

 そのキャンペーンはこちらです。

c0025115_21412645.jpg

 まあ、こんなものは当たるはずもないと思いながらも、シリアルナンバーがなんと6つも印字されており、どうやらこれで6回もチャレンジできるようなので、入力してみました。

c0025115_21413135.jpg

 たった1カートンで6回もチャレンジできるのはちょっと楽しそうです。

 というわけで、パチパチと16桁の番号を6つ入力し、クリックしてみたのです。

 すると、なんということでしょう。

 故障ではないかと思われるくらい、次々と「当たり」が出るのです。3回目くらいにようやくハズレが出た時にはホッとしたくらいで、6回のクリックでなんと4回の当たりが出ました。100円ちょっとの第3のビールを6本買って、200円以上のプレモルが4本も当たってしまいました。

 これはヤバイ、ということですぐさま例のセブン・イレブンまで走り、もう1カートン、ザ・ブリューを買って来てしまいました(笑)。

 どうなったと思いますか。

 そりゃあ、私だって今度ばかりは全部が外れになるだろうと思って、シリアルの入力とクリックをしましたよ。

 予想通り、最初も次もハズレが連続でした。

 ところがところがです、残りの4つのうち3つがまたまた大当たりになってしまいました。

 結局、12回やって7回の当たりでした。100円ちょっとの第3のビールを12本買って、なんと200円以上のプレモルが7本も当たってしまいました。明らかに儲かってます。

 さすがにもう一度セブン・イレブンまで走る気力はありませんでしたが、不思議な大当たりの一日でした。(これで、一生分のツキを使い果たしたという声も聞こえてきましたが、実はこの程度の当たりはいままでの私の人生でもよくあったので、これで終わりでも思い残すことはありません。ははは。)








by STOCHINAI | 2017-06-19 22:05 | その他 | Comments(0)

きんようび

 雨は上がったもののどんよりとした朝、それでも久々に「びんようき隊」の登場に立ち会えました。

c0025115_20405855.jpg

 人気投票では動物達が並んでいる「よんきびう隊」が勝ったのですが、「びんようき隊」にもそれなりの投票があったので時々「よんきびう隊」に代わって「びんようき隊」が出てきます。政治の世界では51対49の場合51の側が総取りで49の側がゼロということになりがちですが、本当の世論を重んじようと思ったら、51を取った政府が49の民意も実現するということにしないと最後はどうしても力勝負の血で血を洗う争いになりかねない昨今の世界状況を見るにつけても、さすがにEテレの教育的対応にはホッとさせられます。

 「びんようき隊」は号令一下並び替えられます。

c0025115_20410167.jpg

 この並びを発見した人はほんとうに嬉しかっただろうと、見るたびに思います。

c0025115_20410441.jpg

 「びんようき」が並び替えで、見事に「きんようび」になりました。今日は金曜日なんですね。

 家の中では壁紙の張替え工事が入ってざわついていますので、私は外に退避してミックスサラダ菜の芽を間引きしました。

c0025115_20410811.jpg

 もちろん間引きしたものはもったいないので食べるのですが、丁寧に間引きすると頑張っても一口分を収穫するのでも大変です。

c0025115_20411453.jpg

 これじゃあ、商売にはなりません(笑)。

 久々にチェックしてみたコーヒーの木、今のところたった一つですがどうやら実が膨らみはじめているようです。

c0025115_20411861.jpg

 1個目がうれしいですよね(笑)。







by STOCHINAI | 2017-06-02 20:55 | その他 | Comments(0)
 午前中は南部藩関係の会合。札幌駅を通っていったんは帰りました。

c0025115_00202349.jpg

 午後遅くまた出撃です。

c0025115_00202735.jpg

 着いたところは街の中央。

c0025115_00203445.jpg

 意外と珍しいこのあたりの風景でした。

c0025115_00204471.jpg

 と思ったら、懐かしい店も残っていました。

c0025115_00215959.jpg

 さらにススキノ方向へ向かいます。

c0025115_00213771.jpg

 ちょっと早い感じだったので、狸小路で地上に出てみました。

c0025115_00214613.jpg
 地上からススキノ十字街へアプローチ。

c0025115_00220863.jpg

 この後、北大を去って関東のC大学へ異動されるF井先生の小さな送別会に参加。

 夜半に東区に戻ってきました。

c0025115_00221659.jpg

 長い一日でした。







by STOCHINAI | 2017-03-21 23:59 | その他 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai