5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:コミュニケーション( 47 )

 今日の昼過ぎにつぶやいたtweetに思わぬ大きな反響がありましたので、ここに再度扱わせていただきます。

c0025115_20380846.jpg

 先日のセンター試験で前代未聞の集団不正行為があったと報道され、それも北海道の、同じ試験場、さらにどうやら同じ高校の生徒だったというところまでが明らかになってくると、これは「不正行為」というよりは指導側あるいは監督側のミスによるものではないかと思い始めました。

 試験2日目の当日の報道を聞いたときから、なんとなく気持ちの悪いものを感じていました。これは当日のNHKニュースの一部です。

センター試験 6人不正で無効に 01月15日 20時30分
道内の1つの会場で受験生6人が試験中に電卓を使う不正行為が確認され、大学入試センターは6人のすべての試験結果を無効にしました。
しかし、大学入試センターによりますと、15日午後1時40分から行われた「数学2」の試験で、道内の1つの会場で受験生6人が試験中に電卓を使う不正行為が確認されたということです。
6人はいずれも電卓の使用を認めたため、その場にいた「試験監督者」が試験会場からの退出を命じ、大学入試センターは6人のすべての試験結果を無効としました。

 これを聞いた時に、ともかく「1つの会場で6人」ということに衝撃を受けました。不正行為が集団で行われることはあり得て、1つの教室で起こることもあると思いますが、この場合は集団で密かに不正を行ったのが発覚したというようではなく、どうもその6人の生徒は自分たちが不正を行っているという自覚がなかったのではないかと思われたからです。

 そして、本日見た北海道のローカル新聞の詳しい報道を見てますますその思いを強くしました。

「電卓使えると思った」 センター試験不正、6人とも同じ高校 01/18 07:00、01/18 17:12 更新
 15日に実施された大学入試センター試験で、道内の受験生6人が試験場で電卓を使う不正行為をした問題で、当日の状況が17日、関係者への取材で分かった。6人は全員、試験で電卓が使えると勘違いしていた。試験監督が不正に気付いたのは試験開始から十数分後で、6人が机上に電卓を取り出す行為には気付かなかったという。
 不正行為があったのは15日の数学《2》の試験。6人は道内の大学の同じ教室で受験し、選択科目の「簿記・会計」の問題を選んだ。
 関係者によると6人は道内の同じ高校の生徒。試験開始から十数分経過したころから、相次いで机の上で電卓を使い始め、隠すそぶりも見せていなかった。6人が電卓で解こうとしたのは同じ設問とみられる。
 会場には約5人の試験監督がいて、不正に気付いた監督が6人を退出させた。全員が静かに教室を出て、試験時間が延びるなどの影響はなかった。電卓について、6人はいずれも、試験会場の関係者に「使えると思っていた」と驚いた様子で話していたという。

 これは間違いなく当人たちに不正の認識はなかったと思われる記事です。

 上のNHKのニュースの中では「試験対策の事前講習や民間の簿記検定で電卓を使うことがある」という記述もあり、今までの試験でも電卓を使うことは普通のことであり、6人は今回も疑問を感じることなく電卓を取り出したように思われます。

 いくつかのニュースを見た限りでは、試験場がどこだったかという情報は得られませんでしたが、だいたいどこもこんな感じの会場だと思います。

c0025115_21001483.jpg

 こんなところで堂々と電卓を取り出して使うということは見つかるのが当然ですから、当人たちに「見つからないように」というカンニングの意識がなかったことは明らかです。

 となると、これは明らかに受験生ではなく彼らを指導した高校の問題および試験会場の監督が適切な指導をしなかったことが原因となっていると思わざるを得ません。

 高校の先生としてはセンター試験に対する意識が低かったのかもしれません。いつもの簿記検定や模試と同じように「電卓を忘れるなよ」くらいのアドバイスをしてしまっていたのかもしれません。そういう意味ではそちらにも悪気はありません。

 また、現場の試験場の監督もまさか堂々と電卓を出す学生がいるとは思っていなかったことでしょう。「簿記・会計」を取る受験生など、ほとんどいないので始めての経験だった可能性も高いと思います。最近のセンター試験はものすごく多数の科目をありとあらゆるバリエーションで取る生徒が一つの試験場に混在するという、監督する側から見ると過酷過ぎる状況になっていますので、そんな中で予想もつかなかったような電卓が登場などで動揺したことは想像に難くありません。

 発見したとたんにマニュアルに書いてあることを字義通りに実行したのだと思います。その意味では、彼らも有罪ではないかもしれません。

 こう書いてきて、思ったのはもうセンター試験そのものが末期症状なのだということです。

 今日のタイトルには受験した高校生も被害者であると書きましたが、試験会場の監督の皆さんも被害者だったような気もします。もちろん、センター試験の問題を作った側も、高校生たちを指導した高校の先生たちも加害者とは言えないでしょう。

 今回の犯人はツギハギを繰り返しながらここまできたセンター試験の制度疲労そのものであり、そういう意味では政府・文科省が責任を負うべきものだと思います。

 少なくとも試験不正の嫌疑をかけられた受験生達の汚名を回復することと、彼らが科せられたセンター試験の「すべての教科が無効になったこと」を今の段階で復活させてあげることが、今できる唯一のことだと思います。

 文科省はここでなんらかのアクションを起こさないとまたもや永久の汚点を残すことになります。






by STOCHINAI | 2017-01-18 21:21 | コミュニケーション | Comments(4)
 小中学生にシミュレーション・プログラミングを教えるラッコラがあまりにもおもしろいので、これを子供にだけ独占させておくのはもったいないということで大人向けにもラッコラをやってみようということで、やってみました。


 始まる時間もラッコラが午前9時半だったのに対して、10時間近く後ろにまわして午後7時開始です。もちろん「おとなのラッコラ」ですから、飲み物もそれなりに用意されていたりします。(この写真は taken by 山岸奈津子さん)

c0025115_02281135.jpg

 「生き物戦略」の生物学を学んだあとは、「生き物戦略」のプログラミング学習です。プログラミングは初めてという人もたくさんいらっしゃいましたが、「誰が作った生物が生き残るのか」という問いにたいしては「やってみなけりゃわからない」を全員が実感させられました。

 この世界は教育と科学に革命をもたらすであろうことを実感する時間でした。

 シミュレーションで世界を認識することのすごさはわかりましたが、それでもやはり目の前の生き物が見せる生きざまの姿をみていると、生き続けている自然のすごさには圧倒されます。

 こちらは今朝の我が家のミニヒマワリ群です。

c0025115_02365476.jpg

 花が咲く前のツボミから、花がしおれて種を作り出す段階までが一鉢に揃っています。

 これは咲く前のツボミです。

c0025115_02405877.jpg

 咲き始めは中心部の縁にある花が咲くところから始まります。

c0025115_02423582.jpg

 そして「開花」はだんだんと花の中央に進みます。

c0025115_02435613.jpg

 すべての花が咲き終わるとしおれます。

c0025115_02452039.jpg

 この花はなんでこんな咲き方をするのか、それもプログラミングで理解できるようになるかもしれません。

 生き物の生き方を知るためのシミュレーション・プログラム。遊びやゲームを越えた「新しい自然を理解する方法」が見えてきたような気がした一瞬です。

 これはやってみて損はない、と実感できました。







by STOCHINAI | 2016-08-19 23:59 | コミュニケーション | Comments(0)

3月19日のtwitter

「春分の日」イブ を投稿しました。 #エキサイトブログ exci.to/25b2MUI pic.twitter.com/5KfjbFJTTA

posted at 22:05:40

【真似する】バレリーナが伝授!「たっぷり食べてもスリムをキープ」するコツ3つ[アメーバニュース] news.ameba.jp/20160319-864/ 「1日に8時間の練習・栄養価のある食事を夕食にたっぷり・自分の体形をチェック・食べないダイエットは危険・できる範囲でカロリーを消化」

posted at 21:34:57

【フルタイム労働の最低月給は保証すべきだ】手取り20万円を求めて 運営補助金を保育士一人当たり月5万円増額を求める署名が2万人突破[アメーバニュース] news.ameba.jp/20160319-809/ 「保育園・短大卒の正規保育士の初任給は15~16万円程度・10年・昇給・1万円」

posted at 21:28:28

【よその国の話とは思えない】仕事がない!大学を卒業しても6人に1人がコーヒーショップやコールセンターなどで働いている-イギリス国家統計局データより : LifeAction www.lifeaction.top/%E8%8B%B1%E5%9… 「大学を卒業しても・低い学歴でも良い仕事についている」

posted at 21:12:49

【在学中に自らの専攻、将来のキャリアに関連した就業体験を行う】文部科学省、大学等におけるインターンシップの調査結果を公表|大学ジャーナルオンライン univ-journal.jp/5786/ 「参加した学生(学部・大学院)の合計は580,365人(20.7%)・単位認定」

posted at 15:16:59

【メールがだめ】学校の緊急連絡網、一斉メールはもう古い? リセマム resemom.jp/article/2016/0… 「公式には電話の連絡網・生徒どうしは完全にLINE・NTTデータ・連絡網サービス・は複数のメディア(メール、電話、FAX)に一斉伝達・トレンドはスマホ+LINE」

posted at 15:05:35

【純粋な『研究活動』をやめさせるために!】2016年3月18日ニュース「旧態依然の本部機能改革を 経団連が大学・研究開発法人に要求」 SciencePortal scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash… 「迅速な交渉・契約・教員人件費の柔軟化・インセンティブシステム」

posted at 15:01:05

【楽しそう】Let's note R8へのLinux Mint Xfce版インストールと設定-趣味と物欲 pgary.hatenablog.com/entry/2016/03/… 「メモリ増設とSSD換装・Linux Mint Xfce版・設定方法を記録しておかないと・やり直すとき・大変なことになる」

posted at 14:56:52

3月18日分のtwitter を投稿しました。 #エキサイトブログ exci.to/1S91hiL

posted at 08:49:49

「最終講義」? を投稿しました。 #エキサイトブログ exci.to/1R8wqAp pic.twitter.com/46k91i0FqC

posted at 00:33:10


by STOCHINAI | 2016-03-20 10:47 | コミュニケーション | Comments(0)
 電子雑誌で購読中のナショナル・ジオグラフィックですが、月間だと追いつくのがやっとというくらい、どんどん配信されてきます。

 これは最近来た3月号です。

c0025115_19304068.png

 アメリカでも食物廃棄が問題になっており、形の悪い野菜だからと捨てられることに批判が集まっています。というわけで日本と同じように「ブサイク野菜・果物」を食べようと呼びかけています。

c0025115_19320698.png

 捨てられるのではなく、安く売られるようになった「ブサイク野菜・果物」は歓迎されているようです。日本では、どうでしょう?

 マダガスカルの北にあるセイシェル諸島における自然破壊の特集もあります。

c0025115_19384056.jpg

 これはペットが逃げ出して大繁殖している移入種のインコ。在来種の黒いオウムを圧迫しているとのことで、ハンターを雇って大々的に駆除しているところだそうです。

 そしてアルゼンチンの写真家が大槌の人達とコラボしてつくりあげた「ツナミ・メモリーズ」。

c0025115_19452770.png

 さすがに最初は現地の方々はこうした「演技」をいやがったそうですが、現地の方々とのワークショップを経て信頼されるようになって撮ることのできたイメージです。外の人から見た被災地を知ることのできるある種の貴重な「作品」だと思います。外国の方々にはまだまだ被災地の取材をしようというスタンスがある一方で、日本のメディアは決して過去を振り返ることのない未来一本槍の報道に終止している現状が本当にいいのかどうかを反省させられる記事でもありました。

 流された図書館の跡に座る司書さん。

c0025115_19510037.png

 図書館復興の予算はついていても、労働力不足で再建できない現実も伝えられています。

 悪く言えば「やらせ」のイメージではありますが、それでも現地の人が「演じる」重さを感じさせられる映像だと思いました。

 おしまいはちょっとユーモラスなヨーロッパ・アナグマの写真にしましょう。

c0025115_19561955.png

 イギリスでは保護されているものの、人家の近くで穴を掘り巣を作って繁殖するので嫌われているようです。しかし、この姿を見ると直接に被害を受けていない我々はついつい「かわいい」と反応してしまうのは、現地の人から叱られるかもしれません(笑)。







by STOCHINAI | 2016-02-22 19:59 | コミュニケーション | Comments(0)

8月18日のtwitter

[exblog] 急激な気温低下に雨 shinka3.exblog.jp/24570009/


posted at 19:45:51


【クジラも上がる北海道】qzennさんはTwitterを使っています: "イタンキにクジラが打ち上げ >> SNH15038 [座礁] 室蘭市(太平洋) コビレゴンドウ kujira110.com/?p=1885" twitter.com/muroranbbs/sta…


posted at 18:54:20


【一瞬言葉が止まり沈黙ができると、話している側でも不安になるくらいのインパクトが生じる】プレゼン中の沈黙は武器になる?人前で話をするときのポイントを話術のプロが解説-ログミー logmi.jp/84050 「自信なさげ・えー・あー・「間」にかえるだけ・自信ありげ」


posted at 18:22:09


【とりあえず一時保留にしては?】東北薬科大の対応は「不十分」、検証求める-協議会委員12人、文科省構想審に要望書|医療介護CBニュース www.cabrain.net/news/article/n… 「教員など・採用予定・4分の3・東北地方・うち64人が東北大・地域医療崩壊・学生数・現実的でない」


posted at 17:58:31


【早く日本でも始まって欲しい】Google、「うちでも太陽光発電できる?」を判定する「Project Sunroof」発表-ITmedia エンタープライズ www.itmedia.co.jp/enterprise/art… 「毎月の電気料金・節約コストの表示・地域のソーラーシステム設置業者の一覧も」


posted at 15:55:52


【本気で「弱い国立つぶし」が始まった】私大の学部新増設抑制へ バランス是正、国立大もペナルティー強化-斎藤剛史【Benesse教育情報サイト】 benesse.jp/blog/20150817/… 「つまり国立大学は、2019(平成31)年度から実質的に1人の定員超過も難しくなる」


posted at 12:46:39


【落胆と苛立ち】3400字でも伝わらなかった「安倍首相談話」 : アゴラ - ライブドアブログ agora-web.jp/archives/16518… 「卒業生代表の「答辞」のような味気なさと、「誰が、誰に、何のために」書いたのかがさっぱり判らない他人事のような無責任と曖昧さから来たもの」


posted at 12:36:51


【重要:ちょっと頭痛くなるけど、大事なことがたくさん書いてあるようなので、後日にまた読む:重要】デフォルトのままは危険? 「Windows 10」のプライバシー設定はこう変えよう | ライフハッカー[日本版] www.lifehacker.jp/2015/08/150817…


posted at 12:29:31


[exblog] 8月17日のtwitter shinka3.exblog.jp/24567531/


posted at 06:29:09


by STOCHINAI | 2015-08-19 18:55 | コミュニケーション | Comments(0)
 科学コミュニケーション工房として、この業界ではかなり有名になってきたスペースタイムさんが、設立以来「5年と半年」を迎え、スペシャルレクチャーと無料相談会が昨日と今日開かれました。

 私も学科のウェブサイト構築でたいへんにお世話になったこともあり、今後の勉強もかねて参加させていただきました。

 まずは、ウェブサイトの作り方のおさらいから。

c0025115_2357369.jpg
 知らなかったことでもありませんが、こうしてまとめて復習してもらうと頭の中がとてもすっきりと整理されます。

 日進月歩ならぬ秒進分歩の速度で変化し続けるウェブの世界ですが、最後にスペースタイムさんからウェブ制作についての力強い提案がありました。

c0025115_011663.jpg

 よく見てください。

c0025115_021631.jpg

 できたてのほやほやの「Cambria」はGoogle検索しても出てこないくらい brand new です。

 どうしても今見たいという方はこちらです。

 オフィシャルな話はここまで。ここからは、CoSTEPつながりの仲間同士の話です。

 スペースタイム5周年にふさわしい、「超花束」も届いていました。

c0025115_083959.jpg

 最後は中庭で夏の盛りを楽しむBBQです。

c0025115_0102677.jpg

 今日もまた昨日と同様、火起こしを買って出た私だったのでありました。

 連続3日のパーティの夜もこうして更けて行きました。
by STOCHINAI | 2015-08-08 23:59 | コミュニケーション | Comments(0)

岡山へ

 先週に続いて、図書館関係の担当者研修の講師を依頼され、先週の仙台から今週は岡山です。少しずつ天候の悪化してきた札幌を後にしました。

c0025115_111893.jpg

 JRの駅というのは、人の感情を揺り動かすものがパレードしています。

 人の動きも想像力を刺激してくれます。

c0025115_111684.jpg

 新千歳空港では久々にジャンボにも出会いました。

c0025115_111364.jpg

 たいしたトラブルもなくほぼ定刻に岡山着でした。

c0025115_111032.jpg

 岡山駅日口のホテルからの光景です。

c0025115_1105714.jpg

 なぜかホテルではネット予約のお客さま限定ということでウェルカムドリンクも用意されていました。

c0025115_1105432.jpg

 とても飲みきれないかな、と思っていたのですがあっさりとやっつけてしまいました。 

 明日は明日の風が吹く。

 おやすみなさい。
by STOCHINAI | 2015-02-26 23:59 | コミュニケーション | Comments(0)

東北学院大学で研修会

 今日が仙台に来た目的の行事がある日です。会場の大学へ着いた時に目に入ってきた大学名と5号館ビルディング。

c0025115_23425830.jpg

 会場はこちらの8号館です。

c0025115_2343388.jpg


 看板も出ていました。
c0025115_2343550.jpg


 開始まで時間があったのでキャンパスを散策。

c0025115_23431322.jpg

 ウメノキゴケ?立派な地衣類が樹の幹に張り付いていました。

 キャンパスの端のあたりで出会った明治の建物。

c0025115_23432154.jpg

 北大の忍路臨海実験所とよく似た建物で、建った時代もおそらく同じ頃と思われます。

 その近くにあった音楽研究室の古めかしい看板。

c0025115_23432546.jpg

 キャンパス中央にある礼拝堂のプレート。

c0025115_23433154.jpg

 生協の地下には図書館へ続く地下通路が。

c0025115_23433968.jpg

 よその大学は面白いですね。

 10時から午後6時過ぎまでびっしりと研修会。

c0025115_23434671.jpg

 疲れましたが、充実した時間を過ごすことができました。
by STOCHINAI | 2015-02-20 23:52 | コミュニケーション | Comments(0)
*昨日、アップしたつもりで失敗しておりました。申し訳ありません。*

c0025115_521215.jpg
 学者もイケメンの方が受けがいい昨今、イケメン好きのあなたに送るイベントが企画されています。
c0025115_5183712.jpg
 しかも、カビ臭い大学の講堂などで行われるシンポジウムに飽き飽きしている方もワインやビールを片手におしゃれな雰囲気なら行ってみようかという気分にならないでしょうか。
c0025115_5215858.jpg
 有料とは言ってもワンコインです。

 場所は昔サッポロビールの工場があったところ、サッポロファクトリーです。
c0025115_5233419.jpg
 地下鉄で行くと、意外と便利な場所ですので、仕事帰り・学校帰りにふらりとお立ち寄りください。
c0025115_5245533.jpg
 司会は北大CoSTEPが誇る頭脳の石村さんが4人目のイケメンとして努めます。
c0025115_525178.jpg
 気鋭の4人の学者のバトルをお楽しみください。

 申し込みはこちらから
by stochinai | 2013-08-19 23:59 | コミュニケーション | Comments(0)
 しばらく前からScience誌もNature誌を追いかけて、日本語目次サービスを始めていましたが、ただ目次が日本語化されるのが発刊の1週間後だったので、私は使ったことがほとんどなかったのですが、いつの間にかリアルタイムで日本語目次が付いてくるようになっていました。

  これが最初にアクセスした時の目次の先頭部分です。
c0025115_18231771.jpg
 灰色部分の右上部に日の丸と「目次(Japanese)」と書かれたところをクリックすると、この巻の今までの号の表紙が並んだページが開きます。ちょっと前までは、ここには今週号は載っていなかったのですが、最近載るようになりました。
c0025115_18232134.jpg
 左上の表紙に写っているモジャモジャしたものがHIVウイルスに対する免疫を作る時に使うワクチンの立体模型で、下の方でそれを支えている3個の足のようなものはその下にあるB細胞から突き出たレセプターの抗体分子だそうです。それはさておき、その表紙をクリックすると、今週号の日本語目次が開きます。
c0025115_18232566.jpg
 残念なことに、1週間遅れだったころにはあった表紙の説明へのリンク「表紙について」がなくなっています。(もっとも、「表紙について」をクリックしても英語の説明が出てくるだけでしたが・・・。)

 同様に、目次が英語化されたといっても、日本語のリンクをクリックすると出てくるのは英語ページです。それでも、目次が日本語化されていると私程度の英語力しかない人間だと、流し読むスピードが英語の時の何十倍にも早くなるし、なにより精神的敷居がグンと低くなって助かります。

 数秒で読みたい記事にたどり着きました。
c0025115_18232882.jpg
 なんかちょっと日本語が変ですが、問題ありません。英語ページに入ってじっくり読みます。
c0025115_18233131.jpg
 「遺伝的に差がない(純系の)マウスに「個性」が生じる」という論文で、中身は読まなくてもわかりそうですね。

 pdfファイルをダウンロードして読んでみました。

 実験は極めて単純なもので、遺伝子レベルでは個体差がなくなっている純系マウスを複雑な構造の飼育設備の中で育てて、発育とともに変化するその行動をRFIDで追跡記録して解析しています。
c0025115_18442988.jpg
 上が遊び場、下がRFIDを着けたネズミです。それを生後5週間から生後20週間まで追跡し、最後の3週間には脳内での細胞分裂を観察するためのBrdUという薬剤を注射して、完了です。
c0025115_184815100.jpg
 実験開始時にはもちろん狭い普通のケージで飼育していたものと同じ体重、同じ脳の重さだったのですが、広い空間で遊ばせて育てたネズミは実験終了時には体重も脳の重いさもケージ育ちに比べて軽かったり重かったりと多様性がでているのが面白いところです。

 はっきりと差が出たのが、脳内で短期記憶を担っていると考えられている海馬における細胞分裂の数でした。
c0025115_1852596.jpg
 下の写真で黒く見えるのが分裂のためにDNA合成をしている細胞で、目で見ても明らかですが広い空間で遊ばせたネズミが断然多いのです。

 そればかりではなく、成長とともに発達するネズミの行動パターンの多様性(複雑性、いろいろな行動をランダムにとる傾向)がこの細胞分裂が多い個体ほど高い傾向にあることも示唆されています。
c0025115_18581561.jpg
 まあ、あまりダイレクトに言ってしまってはいけないことではありますが、遺伝的に差がない個体同士でも、広い複雑な空間で育てることで、遺伝子に縛られない多様性(個性)が生じやすくなるということは示していると思います。

 成長期の活動が個性を創りあげるという、なかなか説得力のある実験だと思いました。
by stochinai | 2013-05-14 19:06 | コミュニケーション | Comments(0)

ひとくきの 白あやめなり いさぎよき     日野草城


by stochinai