5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:季節( 30 )

お墓参り

 明日がお盆ということで、なんとはなしにではありますが、本日お墓参りに行ってきました。

 日本の場合は仏様と神様が混ざっていることがそれほど珍しくはないですが、本日行った日蓮宗のお寺にも、私が知っている限りは七福神のメンバーである神様だと思っていた大黒様がおりました。

c0025115_22050677.jpg

 しかも打ち出の小槌なるものもあり、お金をそれで叩くといいことがあると書かれていました。ほとんどの人は笑っているだけで、実際にご利益があるというお金を小槌で叩くことはしていませんでした。日本人は教養レベルが高いと思わされる一瞬でもありました。もちろん私も100円玉を叩くというようなことはしませんでしたよ(笑)。

 そのとなりには鬼子母神さまもおられました。

c0025115_22051058.jpg

 これも神道の神様かと思っていたら、昔から日蓮宗で大切にされていたようです。雑司が谷鬼子母神堂に解説されていました。

もともと鬼子母神信仰は平安朝の昔から一般的な信仰としてありましたが、法華信仰に生きる者、日蓮宗に属する者にとって、鬼子母神はただ単に子供を守る神であるばかりでなく、信者・宗徒の外護神として崇められています。

 なるほどと、一年に一回だけですが、霊界との交流をちょっとだけ感じる一日になりました。

 ほんのちょっとだけですが、あちらのことを考える機会になりましたので、お盆に帰ってくる方々のための目印になるということで、我が家にたくさんできたホオズキを玄関先におくことにしました。

c0025115_22051375.jpg



お盆に、ほおずきを飾るのには、3つの理由がありました。
提灯に見立てた道しるべ
その色と形から、ほおずきは自然界の提灯として、お盆に飾られるようになりました。
お盆に飾る提灯は、故人があの世から帰ってくる道しるべとなります。
ほおずきの空洞に宿る
仏さまになった故人には、体がありません。
そこで仏さまは、中が空洞になっている場所に身を宿して過ごすといわれています。
お供え物を華やかに
今ではスーパーへ行くと何でも買える時代になりましたが、昔はそうではありませんでした。
農作物が不作の時など、お供えものに彩りを与えていたのが、ほおずきでした。

 ということらしいです。残念ながら今の時期、北海道のホオヅキは提灯になるような赤さはありませんが、暗くてもないよりはましだろうということで大量の実をに玄関前に飾りました。

 これで道に迷わずに来てくれることでしょう。







by STOCHINAI | 2017-08-14 22:40 | 季節 | Comments(2)

満月で立秋です

 本日正午の月齢は14.7で、15.0になるのは明けて午前3時ということですが、先ほど撮った月はほぼ満月でした。

c0025115_20504670.jpg

 というわけで、今日はもう立秋になってしまいました。72候でも第37候の「涼風至(すずかぜいたる)」です。暑さの中にも涼しい風が吹き抜ける季節になりました。こちらは今朝配信された「くらしのこよみ」の涼し気な写真です。

c0025115_20551949.jpg

 夏の代表のようなノウゼンカズラは日々パワフルに咲いていますが、夏のピークは秋の始まりでもあります。

c0025115_20595097.jpg

 ブルーデージーは秋のステージのものが咲きだしています。

c0025115_20595998.jpg

 こちらは黄色いコスモスと表現されることもあるイトバハルシャギク(コレオプシス)。

c0025115_21000338.jpg

 夏の花ですが、秋を感じさせるのはコスモスに似ているからでしょうか。

 そして日陰の庭では日本古来のキクも咲き始めています。

c0025115_21001032.jpg

 まだまだ暑い日が続きますが、暦の上では秋になりました。








by STOCHINAI | 2017-08-07 21:05 | 季節 | Comments(0)
 一年中夏休みみたいな生活をしていますが、昨日からアサガオが咲き始めたので、なんとなく小学生に混じって夏休みの自由研究「アサガオの観察」をやってみました。

 これが今朝咲いた花です。

c0025115_21184730.jpg

 昨日の花とは模様が全然違います。こちらが昨日の花です(再掲)。

c0025115_21142707.jpg

 この花は今朝はこういうふうにしぼんでいました。

c0025115_21185278.jpg

 花は白と青だったのに、しぼむとピンクになっているのが不思議ですね(アントシアンの色変わりの謎)。

 そして今朝は葉の陰にもう一輪咲いていました。


c0025115_21185704.jpg

 最初の花と同じように昨日の花と比べると青の領域がたくさんあるのが似ていますが、模様は明らかに違います。

c0025115_21190099.jpg

 そしてこれが明日以降に咲くだろうと思われるつぼみたちです。

c0025115_21191927.jpg

 ちょっとピンクっぽいですが、おそらく青色の花が咲くものとおもわれます。

 確かにアサガオの観察をするだけでもかなりの「研究」ができそうに思えます。

 私は小学生じゃないのでいろいろと興味が飛び回ります。こちらは数日前にまいたミックスレタスの発芽です。

c0025115_21193372.jpg

 また食べられるくらいとれるといいのですが。

 そしてこちらはパセリの花。

c0025115_21192932.jpg

 ちょっと横を向いてしまっていますが、朝日の中で開花しているものもあるようです。

 夏の庭は見飽きることがありません。







by STOCHINAI | 2017-08-04 21:27 | 季節 | Comments(0)

うなぎ雑学

 先日の土用丑の日に「くらしのこよみ」に素晴らしいウナギの絵が出ていました。

c0025115_22171501.jpg


 大野麥風という人が「大日本魚類図集」という本の中に描いたもののようですが、原著を見たくてしばらく検索してみましたが、この絵やこの絵が展覧会で展示されているものはいくつか見つかりましたが、「大日本魚類図集」は見つかりませんでした。それほど古いものではないのでパブリック・ドメインとして公開されてはいないのかもしれません。原画の版画は姫路市立美術館にあるようです。

 と、しばらく探しているとおもしろいところを発見しました。この絵もそこに掲載されています。静岡の蒲焼割烹の「うな繁」さんというところのホームページでした。

c0025115_22215909.jpg

 このサイトの「鰻の雑学」というページが非常に充実しています。

c0025115_22234156.jpg

 このトップに「浮世絵 印刷物 ポスター」というページがあり、そこに件の絵がありましたが、それ以上にウナギが描かれた浮世絵などがスゴイのです。

 こちらはとても気に入りました。

c0025115_22252818.jpg

 浄瑠璃の一場面を描いた歌川国芳の浮世絵です。

 さらにこんなのもありました。昔はウナギと一緒にナマズやドジョウの蒲焼も食べていたのですね。

c0025115_22280084.jpg

 今日は写真を撮れませんでしたが、たまにはこうして日本文化を辿りながらのネットサーフィンも楽しく勉強になります。







by STOCHINAI | 2017-08-01 22:34 | 季節 | Comments(0)

今日から大暑

 「くらしのこよみ」が更新されました。今日から大暑です。夏本番です。ウナギは資源枯渇状態のようですが、今年の土用丑の日は 7月25日(火)と8月6日(日)だそうです。

 大暑といいながら気温はそれほどでもなく、台所に置いたユーカリは涼しげでありました。

c0025115_20592418.jpg


 朝読んだ朝日新聞朝刊の特集「(ひもとく)政治家の言葉:上 特別対談 保阪正康さん、斎藤美奈子さん」におもしろいことが書いてあったのでメモしておきます。引用です。

(斎藤さん)暴言や失言をする政治家には三つの特徴があると思います。(1)過去への敬意を欠いている。歴史を知らないし、先人に学ぶ気もない(2)現在、すなわち国民に対する誠意を欠いている。適当にごまかそうとする(3)未来に対する責任を欠いている。
(保坂さん)本を読まない人の特徴とも重なる。(1)形容詞が多い(2)結論しかいえない(3)耳学問だから話がもたない。

 前から感じていたことをすっきりとまとめてくれたことに、朝から膝をうつのでした(笑)。特に保坂さんの指摘は、常日頃私が政治家の言葉の軽さを苦々しく思っていたことと重なり、「その通り」というところです(爆)。

 さて、今日は「大暑」でさすがに日差しが強く、久々の好天に屋外作業に乗り出したはいいものの、かなり大汗をかいてしまいました。

 というわけで昼にシャワーを浴びて涼しさを取り戻したところで窓から外を見てみると、オレンジの花が見えるような気がします。ノウゼンカズラが咲き始めたのでしょうか。

c0025115_21002074.jpg

 調べてみると例年7月末には咲き出しますので、ちょっと早めかと思いますがもう咲いてもおかしくない時期です。とはいえ、最初に発見した時点でこんなにたくさん(5輪以上)あるのは、ひょっとすると昨日以前に咲き出していたのかもしれません。

 下に降りて道路から見上げてみました。

c0025115_21002385.jpg

 青空をバックに完璧に咲いていますね。この風景を見ると「真夏」を感じます。

 外に出ると暑すぎるので、昼間は屋内でちょっとした作業をしていましたが、部屋の中を涼しい風が通って、これぞ北海道の夏という爽やかさを楽しみました。こちらはブラインド越しに見た夏の空です。雲はまさに夏雲ですね。

c0025115_21002926.jpg

 屋外では今年もメダカが増殖中です。

c0025115_21003239.jpg

 冬越しさせる個体を確保するために、どんどん増やしてグングン大きくしたいと思っています。

 さて、冒頭の「くらしのこよみ」の中にm旬の野菜としてピーマンが出てきていました。

c0025115_21003653.jpg

 英語版の 72 seasons ではピーマンは bell pepper となっています。

c0025115_21004178.jpg

 そういえばピーマンという日本語はスペイン語やフランス語の「ピメント」由来だったと思い出しました。

 我々はカタカナ外来語はだいたい英米人にもそのまま通じると思って使うことが多いですが、おそらくこのピーマンもそのままでは英米人には通じなさそうです。







by STOCHINAI | 2017-07-23 21:36 | 季節 | Comments(0)

夏至イブ

 テレビのニュースで言っていました。明日は夏至なのだそうです。

 我が家には数少ない中型のバラが咲き始めました。

c0025115_23270726.jpg

 最初の一輪というものはえてして花びらがいびつだったりするものです。これもちょっと左のあたりがおかしいですね。

 上から撮り直してみます。

c0025115_23271016.jpg

 花びらの間にクモが獲物を待ち構えているようです。バラを食べる虫を監視してくれるありがたいガードマンです。

 気温は上がってきましたが、夏日とまではならなかったようです。

 部屋の中ではコーヒーの実が大きくなってきています。

c0025115_23292697.jpg

 今年は実は一粒とあきらめていたのですが、その隣(手前)の実も少し大きくなってきているようです。

 おやおやと思ってあちこち探してみると、意外と何粒かの実が実りそうな感じです。

c0025115_23292861.jpg

 この調子なら来年は自家製のコーヒーが飲めるかもしれません(笑)。

 明日が夏至なら、植物たちの生活ががらりと変わる季節が始まるということですね。








by STOCHINAI | 2017-06-20 23:36 | 季節 | Comments(0)

花は遅れ気味かも?

 昨日、シラーの花芽を発見しました。例年でしたら、シラーと連動してモクレン(マグノリア)の花芽も動き始めるころです。

 というわけでモクレンの枝の先についている芽を観察してみました。

c0025115_21370434.jpg

 こんな感じです。まだふくらみが少ない感じです。

 こちらは三姉妹の花芽です。

c0025115_21370844.jpg

 たくさん芽はあるのですが、花を予感させるものはまだ見られません。モクレンの花芽は二重の毛皮をまとっていて、早春にまず一枚脱ぎ捨てて、その下にある二枚目の毛皮で花を守っているのですが、一枚目の毛皮を脱いでいるものはまだ少ないようです。これはどうやら一枚目の脱皮中のところのようです。

c0025115_21371115.jpg

 今日はこの春一番の最高気温の8.7℃が記録されたようですが、数日前の大雪のせいか植物たちはちょっと警戒気味といったところです。

 室内から出されるものも多いですが、もうちょっと室内に置いておこうと思うものもあります。

 こちらは赤いアイビーゼラニウム。

c0025115_21371653.jpg

 もうちょっと置いてあげようと思います。

 ドラセナはほとんど外に出す気はありませんが、葉は春の色になって来ている感じです。

c0025115_21371941.jpg

 こちらはコーヒー。

c0025115_21372211.jpg

 そろそろ花芽を出す時期なのです。今年は実をとりたいと思っているのですがどうなりますか。








by STOCHINAI | 2017-03-27 21:46 | 季節 | Comments(0)

春への進行リセット

 夜中(明け方)に目を覚ますとちょっと寒いなと思っていたのですが、朝起きてみると外は冬に逆戻りしていました。

c0025115_20292004.jpg

 結構降ったようです。

c0025115_20292480.jpg

 10センチ位降ったでしょうか。

 気温も明け方と午後にマイナスに戻りましたが、地面に蓄積していた熱のせいか雪はかなり解けたようです。

 気温もプラスに戻り降るものもアラレになったりしていました。

c0025115_20292735.jpg

 それでも薄暗くなってくると雪解けは停止してしまい、降った雪の一部は明日以降まで持ち越されることになりました。

 とはいえ、子供は雪の子なのでした。

c0025115_20293136.jpg

 明日もこの状態は続きそうです。







by STOCHINAI | 2017-03-23 20:47 | 季節 | Comments(0)

春分の日

 今日は春分の日なのですが、前に春分の日が来る前に昼はもう長くなっているというネタバレのような話をしてしまったことと、ここ数日のこの時期としては異常なとも言える暖かさで、春分の日が来たから春が来るという雰囲気がまったくしない本日です。

 この暖かさのせいでしょうか。我が家のクンシランもうまく同調して咲けずにいるようで、五月雨式に少しずつ咲き始めました。

c0025115_21104328.jpg

 昼になると日差しがまぶしすぎて、室内では直射日光がつらいくらいです。

c0025115_21104775.jpg

 でもまあ、暦の上では春分ということなので「くらしのこよみ(72 seasons)」にも登場してもらいましょう。

 春といえばツクシ。ツクシの英語名はなんでしたっけ。

c0025115_21150137.jpg

 Horsetail plant 馬の尻尾ですね。

 旬のやさいにタマネギが出てきます。我が家の周辺もタマネギの産地ですが、北海道ではタマネギは秋に収穫するものなので、ちょっと違和感があります。本州以南では秋蒔きのタマネギが多いのでしょうね。

c0025115_21150508.jpg

 雪はこの10日で20センチくらい解けたようです。

c0025115_21172782.jpg

 このグラフを見ると、昨年の今日はもう積雪はほとんどゼロになっていたようですが、記憶がないです(笑)。

 この暖かさで我が家のネコの一日中日だまりでまぶしそうな顔をしながら寝ていました。

c0025115_21105160.jpg

 明日からは雪の予報も出ていますが、どうなりますか。







by STOCHINAI | 2017-03-20 21:36 | 季節 | Comments(0)
 春分の日は明後日なのに、今朝見た札幌のローカル天気予報では「今日はもう昼の長さが夜の長さを越えています」と言っていました。太陽が出る前にはもう明るくなるし、太陽が見えなくなってからもしばらくは明るいので、そういうことを言っているのかと思ったら、「日の出・日の入り」の定義から言ってもそうなるらしいのです。つまり日の出も日の入りも「太陽の上辺が地平線と一致する瞬間」として定義されているので、日の出は太陽が見え始める瞬間で日の入りは太陽が完全に見えなくなる瞬間ということなので、日の出・日の入りを基準に昼・夜の長さを考えると春分の日にはすでに昼夜半分ずつのラインを越えてしまっているということになるのだそうです。逆に秋分の日にはそれを越えて数日しないと昼夜半分ずつにならないということですね。ややこしいですが、さらに厳密なことをいうと地球の大気による屈折効果で日の出は太陽が地平線より低い位置にある時から見え始め、日の入りは太陽が地平線より低い位置にある時にも見えるということでさらに日中の時間が長くなるということも調べると書いてあります。

 ややこしい話は置いておいても、要するに「もう春は来てしまったのだ」ということだとすると、なんとなく得した気分になります(笑)。

 これは朝の日差しがまぶしくて、私のキーボード付きの iPad air の液晶画面が見えにくくなったので撮った写真です。

c0025115_21452519.jpg

 春らしくないですか?

 ついでにもう一枚。

c0025115_21453268.jpg

 こちらは昼過ぎに自転車のバックミラーに入った太陽がこちらを照らしている写真です。

c0025115_21453993.jpg

 同じ頃、今に注ぎ込んだ太陽の光は中学校の時に見た美術作品に見えました。

c0025115_21454090.jpg

 何を連想したかおわかりでしょうか。

 最近お気に入りの、メトロポリタンミュージアムでパブリックドメインを検索してみたら見つかりました。

c0025115_21454592.jpg

 モンドリアンの格子です。

 札幌はもう3日間、マイナスの気温を経験しておりません。暖かいです。






by STOCHINAI | 2017-03-18 22:01 | 季節 | Comments(0)

青鬼灯 秘かに育ち 居りにけり      中島たけし


by stochinai