5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2005年 04月 ( 53 )   > この月の画像一覧

短時間睡眠遺伝子

 気分を変える意味でも久々に生物ネタで、一席お伺いいたします。

 共同通信が配信している「睡眠時間、遺伝子が操る ハエで発見、人に恩恵も」の元記事は例によって、Natureの4月28日号に出ている論文です。

 「一日に必要な睡眠時間を決めるのに重要とみられる遺伝子を、米ウィスコンシン大のチームがショウジョウバエで見つけ」たというのが、ほぼ記事の全文です。

Nature 434, 1087-1092 (28 April 2005)
 Reduced sleep in Drosophila Shaker mutants
  シェーカーという遺伝子の突然変異がショウジョウバエの睡眠時間を短くした

 人の平均睡眠時間は7-8時間であり、睡眠不足はさまざまな活動のパフォーマンスを低下させるのが普通なのに、人によっては(ナポレオンなど?)3-4時間の睡眠でも全然平気といいます。しかも、どうもそれはそういう家系があると言われていて、遺伝するのではないかとも考えられているとのことです。(余談ですが、うちの家系は、全然違います。8時間でも足りないかも知れません。)

 遺伝の実験でよく使われるキイロショウジョウバエもヒトと同じくらいの睡眠時間が必要だということなので、それを使って短時間でも大丈夫という突然変異を持ったハエを探してみたところ、だいたい普通の3分の1(3-4時間)でも、正常のハエと同じくらいの活動性をもった系統が発見されたそうです。その突然変異は「ミニ睡眠」と呼ばれて、睡眠が短くなる以外は、普通のハエに比べて目立った差がないそうです。

 そのハエのどの遺伝子に突然変異が起こっているかを調べてみたところ、昔から体が震える突然変異を起こすことが知られていたシェーカーShakerという遺伝子の中のDNAが一カ所だけ突然変異を起こしているだけだということがわかりました。この遺伝子は実は細胞膜にあるカリウムイオンを運ぶチャンネルといわれるタンパク質の設計図であることが知られていて、それが働かなくなるともちろん重大なことになるのですが、「ミニ睡眠」変異で起こった遺伝子の突然変異はそのタンパク質の機能をほとんど損なうことなく、睡眠だけが短くても良いハエになってしまったとのことです。

 そして、もう一つのおまけとしてこのタンパク質はハエでも、ヒトでも、ネズミでも、ウミウシでも、クラゲでも、イヌでも、カエルでもほとんど同じものがあって、同じ働きをしていることと、「ミニ睡眠」突然変異で変化する場所が、あらゆる動物のタンパク質の中の同じところに同じアミノ酸として保存されているというのです。

 これが何を意味するかというと、ヒトやマウスで遺伝子操作をしてやることで、「ミニ睡眠」変異と同じ変化を起こしてやると、睡眠が短くても大丈夫になる可能性があるということを示唆しているということです。睡眠不足が、交通事故をはじめとする様々なトラブルの原因となっている現代人にとっては、ちょっと興味の引かれる話だということになるのでしょう。

 ところが新聞記事では故意にかうっかりからかはわかりませんが、論文の中で書かれている非常に重要な点が書かれていませんでした。

 この睡眠時間が短くても大丈夫なハエは、なんと短命だったのです。

 お後がよろしいようで、、、、。
by stochinai | 2005-04-30 17:30 | 生物学 | Comments(2)
 昨日のエントリー「事件の収束を監視するブログ」に関して、それは勝手な希望的観測ってやつだろう、と思われた方も多かったと思います。

 もちろん、きちんとした調査をした上での論考ではありませんので、証拠を出せと言われるとそんなものはないことは認めます。希望的観測論に対して、もちろん強く反論できるわけではありません。

 しかしながら、しばらく前から夜のワイド・ニュースを見ていて気になっていたことがあります。

 最近、夜のワイドニュースの中で述べられるニュースに対するコメントが、その直前に書かれたブログのエントリーに酷似していることがあるように感じられることに、しばしば遭遇します。デジャ・ブを感じるのです。

 ブログのエントリーには、ニュースのアンカーパーソンがつぶやくコメントに良く似たものが多いことは事実です。私のつぶやきなどは、良くある「良心的」な「識者」のコメントに類似の平均的なものにすぎません。

 ですから、たくさんあるブログの中にあった「きらりと光る」コメントと同じ内容が、たまたまニュースのコメントの中にも出てきたからと言って、偶然かあるいは「誰だって同じようなことを考えるものである」ということの反映にすぎないのかもしれません。

 しかし、もしも私が誠実な番組作成のスタッフの一人であって、ニュースショーを作るときに出演者に言ってもらいたいコメントの内容についての原案を作るという作業をするとしたら、今の時代にネットのブログを参照しないということはあり得ないと思うのです。

 同じように、新聞や週刊誌を作るジャーナリストも、今やブログを無視して情報集めをするなどということは考えられないのではないでしょうか。

 いくらネットの情報のS/Nが悪いと粋がってみても、雑音以外のSである素晴らしいエントリーがある限り、きちんと仕事をしたいジャーナリストであるならば、それを無視することはできないはずです。しかも、ブログが毎日更新されているという現実を前に、それを無視していては、ジャーナリストとしての仕事はできないと思います。つまり、マスコミがブログ(ネット)の存在を無視できなくなってきたということは動かしがたい現実だと思います。

 「ネットが新聞を殺す」という言説は、ネットが新聞に取って代わるというふうに理解されることが多いのかもしれませんが、私が今考えていることは「新聞がネットに依存する」ようになってきているということです。殺されたというより、ネットのおかげで新聞が生き続けることができるのかもしれないとすら言えるのかもしれません。

 優秀なマスコミ記者ならば、決してネットの情報を無視することはないと思います。その一方で、ネットなんて、、、と言っている記者達の多くが、ブログを盗み見てはそのエントリーをパクって自分たちの給料の種になる仕事をしているのだと考えるとかなり痛快です。

 ブログがどんどん力を付けてきている現在、そういう状況を背景にブログのエントリーは確実にマスコミの報道内容に影響を与え始めていると考えても良いのではないか、というのが、現時点における私の中間総括です。
by stochinai | 2005-04-29 23:39 | つぶやき | Comments(2)
 事態を運転士の異常行動へと収束させようとする、JR西日本、マスコミ、警察そして国などが一体となった流れに対して、ブログが断固たる監視役として機能していることを感じます。

 R30さん:JR事故が経営者の責任じゃないならいったい誰の責任だというのかのところに、トラックバックが集中してくるものと思われますので、そこからたどるのが早いかもしれません。

 今回の事故に対するブログの対応が早かったことは当然とも言えますが、マスコミで報じられる流れに反応するように、記事をふやすところ追記をつけるところが続々と現れているところを見させていただいていると、ブログの機能がかなり有効に活用されている気がします。

 他にも、ガ島さんをはじめとする、現場周辺に生活する人の視点からの書き込みも目立ちます。てるてる日記さんのところにある乗客の証言や、路線運行に対する詳細なコメントは一見の価値があります。

 また、あざらしサラダさんからの「★マスコミの皆様へ【緊急要請】」も、時宜をとらえた冷静で大切な指摘だと思いました。

 事故自体の悲惨さは、改めて指摘するまでもありませんが、この件に関して活躍しているブログを見ていると、日本のネット状況も変わりつつあることが実感されるのは、私一人ではないと思います。
by stochinai | 2005-04-28 14:33 | つぶやき | Comments(2)
 列車脱線事件ですっかり忘れ去られてしまったような感がありますが、4月21日に東大阪市の公園で幼稚園児の頭をハンマーで殴った少年の供述が24日のニュースになっています。

 テレビや新聞、ネットのマスコミ報道のすべてがほとんど同じ内容で、警察発表の受け売りそのままなのですが中身が笑わせます、というか笑えないほどいい加減だと思えます。きちんと自分の足で取材して書いた記事だとは、とても考えられません。

 殺人計画についての供述として「きっかけはネットで子どもの焼死体の画像を見て興奮し、人間の死体や殺人に興味を抱いたことだった」と報道されています。供述ですから、警察発表ですよね。

 ここでのキーワードは、ネットです。これが、小説や映画や週刊誌や漫画やテレビではないのは、それらがもはや時代の病理の象徴にはならないからだと思われます。たとえ少年があやしげな本をいろいろ読んでいたとしても、やはりネットがきっかけにならなければならないのでしょう。

 時代によって、犯罪のきっかけとなるのは、その内容ではなく単なるメディアとしての、小説であり、映画であり、週刊誌であり、漫画であり、テレビであるとされてきました。今は、ネットが悪を運ぶ道具でなければならないというのが警察の立場のようです。そして、その思いこみが真実であるかのごとく無条件にばらまく役割を与えられているのがマスコミです。

 情けない記事だと思います。紙よりも薄い、空虚な記事を書くのは何のためなのかと思います。

 さらに、少年を悪人に育てたのもネットだということです。「少年の中3時の同級生は『(少年は)インターネットにある殺人に関するサイトをよくみていた』と話した」のだそうです。やはりここでも、キーワードはインターネットです。

 犯罪を誘発するキーワードは時代によって、任意に取り換えられます。ちょっと前なら携帯だったかもしれません。出会い系サイトが、すべての犯罪のきっかけであるかのごとくに報道されていた時代もあったような記憶もあります。

 逆に、少年は10冊もの大学ノートに文章を書きためていたようです。この少年が、犯罪者ではなく小説で賞を取りでもしたら、こちらが注目されたことでしょう。「中学生の頃から大学ノートに文章を書きためる文学少年だった」という記事が書かれたのかもしれません。いずれにしても、意味のない定型句を並べただけです。

 誰が書いても同じきじになるような警察発表を、そのまま右から左へと流しているだけの金太郎飴マスコミが、「なにかおもしろいことないか」とキョロキョロしている現代人から相手にされなくなっているのは、この記事を見るだけでもよくわかります。

 マスコミ再生の鍵も、ここいらにあるはずだと思うのですが、、、、。

#なお、今のところ第2回を書く予定はありません(^^;)。
by stochinai | 2005-04-27 22:19 | つぶやき | Comments(0)

JR西日本に捧げる

 新しいエントリーを書こうと思ったのですが、あまりの情けなさに脱力状態ですので、JR北海道のために3月14日に書いた私のエントリーを、そっくりそのままJR西日本さんに捧げさせてもらいます。

3月14日

事故が多発するJR北海道
----------------
 12日は国公立大学の2次試験後期日程の日でした。そして、JR北海道でまた事故がありました。新得駅で貨物列車が停止信号を無視して暴走したのです。

 奇しくも、大学入試の前期日程の2月25日にも、北広島市のJR北広島-上野幌駅間で貨物列車の機関車が立ち往生して、千歳線が朝から一時不通になり、当日行われた北大や札幌医大の入試の開始が1時間半から2時間遅れるという大事件が起きています。

 ここのところ不気味にJRの事故が多くなっている気がします。今のところ幸い、ケガ人が出るような事故は起こっておりませんが、いつ人身事故が起こっても不思議がない状況であることはJRでも認識しているようです。

 先日、高知県で運転士が死亡する特急列車の暴走事故がありました。JR北海道では、今年になってからもはや12件の事故が起きており、昨年1年で起こった事故件数の10件を越えているとのことです。

 私には、これらの事故の根底に何かしらの共通する原因があるのではないかと思われてなりません。

 さまざまな安全装置が付けられているので、場合によっては人が居眠りしても安全に走行できるようになっているとさえ言われている航空機でさえ、2-3名の乗員がコックピットに入っています。

 一方、ATSやATCという装置がついているとは言え、無人での走行ができるほどには自動化していないJRや民間の鉄道はどうなのでしょう。運転席にいるのは運転士が1人なのではないでしょうか。

 JR北海道貨物の支社長は「現場の社員一人ひとりにまだまだ安全意識が浸透していないからではないか」と話しているそうですが、逆ではないでしょうか。安全意識が徹底して守られていた時代から、それを守ることができないくらい社員が酷使されたり、志気が低下してきているということの方がありそうな話だと思いました。

 今後も事故が続きそうだと思われるのは、これらの異常に多発している事故に対する対策が「支社幹部が社員と安全について直接対話」することや、「関連会社へ指導を徹底」するなどという1円のお金もかからない精神主義だというところからです。

 事故が起こっているのに、具体的にものを動かす対応をとらずに「がんばりましょう」とかけ声をかけるだけで何とかなると思っている人は、自分が猛烈に睡魔に襲われた時に精神力だけでどのくらい抵抗できるか考えてみたら良いと思います。意識の力だけで睡魔と闘うことがいかに無力かということは、水で顔を洗うあるいは水を浴びるという実力行使をしてみたらすぐにわかることです。

 JRの事故に関しても、運転士1人1人に注意を喚起するということではなく、運転中に彼らの注意を喚起できる外部からの刺激(理想的には2名体制でしょうが)を与えることを考えるべきだと思います。

 経費を節減しているつもりでも、実際に事故が起こってしまうと、支払いきれない損害が生じることをそろそろ思い出しておきましょう。大事故が起こってからでは遅すぎます。

 歴史から学ぶということは、そういうことだと思います。

 追記:北海道のJRにはJR北海道とJR北海道貨物という二つの会社があるらしいです。でも、事故が多くなっているという点については、同じような傾向がありそうです。
by stochinai | 2005-04-27 12:27 | つぶやき | Comments(5)
 事故は、起こるか起こらないかという2者択一のデジタルな存在です。どんなに事故がおこりそうになってヒヤッとしたりハッとしたりしたとしても、事故にさえ至らなければ物理的には無傷です。

 一方、事故の原因になる可能性のあるものはそこいら中に転がっております。

 今回の列車事故でも、鉄道そのものがなければ事故は起こりえないという極論はさておき、スピードの出し過ぎ、過密ダイア、ダイア遵守に関する会社側のプレッシャー、前の駅でのオーバーランによる運行時間の遅延、運転士と車掌の緊張感の欠如あるいは緊張のしすぎ・体調不良、線路のカーブ、レールの上の小石、旧式のATS装置、ガードレールの不整備、レール整備(脱線防止ガード)の不備、満員の乗客、軽量化した車体の脆弱性、車輌の不調・整備不良、線路脇にある建物、などなど考えられる理由の中のいくつか、あるいはたった一つでも除かれていたならば大きな事故には至らなかったのかもしれません。あるいは、事故そのものが起こらなかった可能性もあります。

 数え切れない理由がどんどんと積み重なって、ある臨界を越えたときに事故が起こるのではないでしょうか。つまり、アナログに累積される理由から、デジタルな結果への飛躍が起こるように思えます。

 逆にいうと、事故というものはそのくらい起こりにくいものなのだと思います。なぜかという理由の一つは、動物でもあるヒトは死に至る可能性のある事故を恐れ嫌いますから、出来る限りそれを避けようとするからなのだと思います。

 道具を持たなければ、ただの動物に過ぎないヒトが、自分の筋肉などの生理的パワーだけでは制御しきれない文明の利器を持っている限り、大きな事故が起こりうるのは宿命とも言えます。

 非力な存在である人間(ヒト)が、巨大な道具を駆使するとき、自分たちの作った道具で殺されないようにしっかりと対策を立てるというのが、リスク管理の基本なのだと思います。

 便利なものを最大限に利用しつくそうということ自体が、間違っているのかもしれません。文明の利器から最大の効率を引き出すのではなく、余裕を持って6・7割くらいの効率で利用するようにしておくというのは、地球をボロボロにしてしまった我々が与えられた教訓の一つではなかったでしょうか。
by stochinai | 2005-04-26 20:26 | つぶやき | Comments(2)
 事故車両に乗務していた車掌が、昨日の事故直前に伊丹駅でオーバーランしたのは、最初の報告の8メートルというのは虚偽で、実際には40メートルであったと告白したとのことです。

 この種の事故で、次々と嘘が発覚することは良くあるのですが、何となく悪い予感がします。

追記:今は午後2時過ぎですが、読売によると正午現在、死者は計73人、負傷者は441人だそうです。

 気になるのは「1両目の車内には、まだ人が残されているとみられる。高見隆二郎運転士(23)も閉じ込められているのが確認されたという」とのくだりです。最大の証人である運転士野方が無事でいられるかどうかが、とても心配です。

 この事故とはまったく関係のないことかもしれませんが、もしも運転手が運転中に列車を道連れに自殺を企てたとしたならば、それを防ぐ仕組みが今のJRの運行管理システムにあるのかということが気になりました。突然意識を失ったとしても最新のATSがあれば大丈夫だと、評論家の方がテレビで話していましたが、逆に意識があって操作も可能な場合はどうなのでしょう。

 公共交通機関などにはそうしたことを含め、ほとんど起こるはずのないリスクに対しても対応できるシステムが必要なのではないかと、昨日から考えています。(簡単には、複数運転士制もその一つでしょう。)
by stochinai | 2005-04-26 12:10 | つぶやき | Comments(0)
 JR福知山線脱線事故は、まだ死者の数が増え続けているようです。

 NHKテレビニュースによると、現在、死者37人、けが人239人ですが、救出活動はまだ継続中です。心配です。

 JR北海道の事故について注意を喚起していました(トラックバック参照)が、全国レベルの問題であったことは先日の土佐くろしお鉄道の事故でも言われていたことだと思います。

 事故が起こってしまってからでは、責めても遅すぎます。

追記:午後3時前に、死者は39名となっています。

  午後4時過ぎですが、死者が50名になってしまったようです。先頭車両からの救出作業がようやく始まったところだということですが、そこにはまだ多数の方がいらっしゃるとのことです。

追追記:まだ、事故の全貌は明らかになっていませんが、高田さんが、「JR福知山線の事故と、リストラ社会」という適切なエントリーを立ててくださいました。こちらからもトラックバックを送らせていただきます。

 このエントリーを見て、先日のポール牧さんの自殺のニュースを思い出してしまいました。そのニュースに接したときに、私は芸能界もリストラ社会なんだなあという感慨にとらわれたものです。

 高田さんのエントリーではタクシー会社のリストラ問題のニュースが取り上げられていましたけれども、失職のプレッシャーは今や世の中全体に蔓延しているのだと思います。そうした中で、中高年の自殺率が異常に高いという話はもはや常識になっているのが今の日本ですが、職場を追われることなく生き残るために、安全や余裕のことなど考えてもいられないということで、自分の命だけではなくお客さんの命までもが粗末に扱われるようになったのだとしたら、本当にどうしたら良いのでしょう、

 そう考えると、先日お台場で起きた遊具からの転落事故も、根はつながっているような気がしてきます。

 もはや、対症療法ではだめなのかもしれません。何十年かかけて、教育からやり直さないと元には戻れないような気もします。(その教育が、いま大きな社会問題になっているのは故のないことではないのでしょう。)
by stochinai | 2005-04-25 13:28 | つぶやき | Comments(7)

うららかな日曜日

 昨日のエントリー休載の理由は、我々の年代の友人の「結婚披露宴」でした。いくら晩婚化が進んでいると言っても、50代の人間の結婚式というのはそうそう多いものではないでしょう。正式な親族などが集まる「結婚式」は来月に行うことになっていますので、昨日は友人達が集まって行う壮大な「飲み会」でした。

 出席者のほとんどは、もう子どもが結婚をするくらいの年齢ですし、実際に孫がいる人もいたと思います。もちろん、今風に独身の男女もたくさんいました。こういう掟破りのパーティに出てみると時代が、晩婚・少子・多様化へと確実に変わっていることを実感できます。

 会費は12000円とちょっと高めでしたが、義理やおつきあいではなく、豪華なホテルに会場を借りて、遊びあるいは洒落の感覚でやった飲み会ですので、参加者一同大いに楽しんだと思います。ホテルで行われるこういう会は、普通2時間弱のものが多いのですが、昨日は3時間目いっぱい、食べ・飲み・騒ぎまくりました。

 ホテル側は、この会を飲み放題で開放したことを後悔していると思います。予め用意されていたワインはすべて飲み干され、途中でワイン・セラーから補充されたワインは銘柄も違うものになっていました。そもそも、我々幹事はホテル側に無理を言って、会が始まる1時間前くらいから無料で飲み始めておりました。

 また、ホテルが「新郎新婦」に提供したはずのスイートルームで、人数も定かではないくらいの多数の人間がコンビニで酒や食料の補充を繰り返しながら、午前2時過ぎまで大騒ぎしていたのを許してくれたのは、さすがに超豪華ホテルだけのことはあります。幸いなことに札幌で日本ハムの試合がない日だったので、このホテルのスイートルームに住んでいるという新庄がいなかったことも、騒ぎを許してくれた一因かもしれません。

 いずれにせよ、10時間くらいの長丁場の宴会明けの今日でしたが、たっぷりと睡眠がとれたせいか、なんとか普通の体調で目覚めることができました。

 目覚めてみると、この春一番の暖かい庭仕事日和ともいうべき天気でしたので、ゆるゆるとではありますが、雪のなくなった庭に簡易垣根を巡らせたり、枯れ葉を集めたり、堆肥の切り返しをしたりと、久々に土とのたわむれを堪能することができました。

 土の中にはまだまだ虫は多くありませんが、空中にはカが集合して飛び回る蚊柱も出現していました。ここからは、動物も植物も大忙しの北海道です。

 私の自転車も、冬の雪道用のフル・サスペンジョン・タイプから、スプリングなしの舗装道路用のものに換えるべく整備しました。これで、明日からは、自転車も夏仕様で走ることになります。デコボコ道を走るときにはフル・サスペンジョンは楽なのですが、車体自体が重たいですし、平坦な道を走る時にはかなりエネルギーが無駄になっている気がします。自転車が変わると、驚くほど軽く感じるものです。

 いよいよ明日から、身も心も夏モードに切り替わります。
by stochinai | 2005-04-24 23:55 | つぶやき | Comments(3)

おやすみ

 すみません。

 今日はおやすみさせてください。
by stochinai | 2005-04-23 23:59 | つぶやき | Comments(0)

今日二つ三つ朝顔の通り道          稲畑廣太郎


by stochinai