5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2005年 07月 ( 49 )   > この月の画像一覧

意味のある会議

 会議のことが話題になる時、そのほとんどが否定的なものだと思います。

 やたらと会議が多いのは、別に大学に限ったことではないのかもしれませんが、本当の仕事よりも会議にかける時間が長いなどという状況が正しいはずはないという感覚は極めて常識的なものだと思います。

 会議には意味のある会議と意味のない会議があります。

 意味のない会議がなくならない最大の理由は、いろいろなことを会議で決めなければならないとした規則があるせいです。くだらないことまで、いちいち会議で決めなければならないことになっている規則を廃止するのが良いと思うのですが、それを決めるのにはさらに特別な会議が必要であるという規則があることが多く、会議を減らすために一時的には会議を増やさなければならないというジレンマがありますので、すでに会議の数が飽和状態にまで達している現状で会議を減らすための会議を増やすなどということは誰もやりたがらないため、いつまでも事態は改善しません。

 そんな中、今日は日曜日なのに札幌では珍しい猛暑にもめげず、昼の12時から5時過ぎまでの会議がありました。

 日曜日にある会議ですから、もちろん官製の押しつけ会議ではなく、我々が必要だと思って(喜んでとまでは言いませんが)自主的に開いた会議です。

 会議の中では、たくさんの重要なことが次々と決まり、会議の前と後では状況がまったく違ってしまうという、まさに「意味のある会議」だったと思います。

 今日の会議を振り返ってみると、意味のある会議と意味のない会議との違いがいろいろと明らかになります。

 一つは、会議の構成員にとって必要なことを議論するということです。多くの会議では、自分たちとは関係のないことを話し合います。自分たちのことではないですから、無責任なおしゃべりの中で適当に物事が決まって行きます。そういう会議で決められたことで影響を受ける人にとっては非常に迷惑な話です。日本の教育行政がやっている会議のほとんどがこれだと思われます。

 さらに、権限の問題があります。いろいろな会議で議論をしていると、「その件については上部の組織に権限があるので、ここでは決められない」という話がしばしば出てきます。その瞬間に、まじめに議論する気がしなくなります。そんな会議は意味がありません。しかし、恐らく「その件はこの会議では決められません」という言い方は「ウソ」だと思います。もし本当に会議で決められないのなら、会議で承諾を得るというのは矛盾しています。会議の承諾が必要だというのなら、拒否できるはずです。拒否することを拒否するような会議ならば開く意味はありません。昨年まで私が振り回されていた、全学教育の責任者会議がまさにそれでした。反対は許されないけれども、いつも承諾を求められていました。無意味だと思います。

 会議の議論の中で、さまざまな知的刺激を受けて次々と新しいアイディアが湧いてくるのは、非常に有益な会議と言えます。会議以上の会議と言えるでしょう。今日の会議では、様々な人の様々な考えを聞くことができ、思い出すと「これでちょっと成長できたかも」と思えるような瞬間が何度もあったような気がします。会議そのものが勉強になるというのも、意味のある会議の特徴でしょう。

 5時間もかかったので、さすがに肉体的・頭脳的疲労は感じたのですが、終わった時に「時間の無駄だった」という徒労感にとらわれずにすんだのが、この会議が意味のない会議ではなかったことの強い証拠だったと納得しています。

 会議の主催者が、予め議題を整理しておき、適切な資料を用意しておいてくれたということも、会議が短時間で(だらだらとした会議だったら1ヶ月もかかりそうなことを、たった!?5時間で)効果的に進んだということの要因のひとつだったと思います。無意味な時間泥棒会議では、資料不足でもう一回会議をやりますということになることも多いのです。

 また会議の参加者全員の能力が高く、志気も高く、積極的に参加してくれたということも、それと同じくらいの貢献度だったと思います。

 世の中には、元気の出る会議というものもあるのだということを思い出すことができました。

 皆さん、お疲れさまでした。
by stochinai | 2005-07-31 18:06 | 大学・高等教育 | Comments(0)
 今年、もっとも雪の深かった頃に、このブログに雪を夏まで保存して利用しましょうというエントリーを書きました。

 昔の炭坑町である美唄市の市役所でそのアイディアを実用化した雪冷房(毎日新聞)が登場、というニュースがありました。

 今日は、昨日までと打って変わって、札幌も久々の30℃を越えるのではないかというギラギラの夏です。つい、半年前まであんなにたくさんあった雪が今あったら、と思うのは私だけではないと思います。

 図がないのでしくみのイメージがつかみにくいのですが、記事によると「コンテナ内の深さ約30センチのプールに2トンの雪塊を入れ、冷えた水を冷房機に回す」ということなので、かなりシンプルな構造のようです。

 「冷房機2台で30畳用エアコン並みの能力」ということですが、1週間に約2トンの雪を補充するだけでいいそうです。そのコストも思ったより高くない気がしました。試算によると雪1トンあたり700円程度で配達可能とのことです。

 雪が解けた水も利用可能なことを考えると、自然のサイクルを利用したこのシステムの実用化に期待が持たれます。
by stochinai | 2005-07-30 14:48 | つぶやき | Comments(0)
  科学技術コミュニケーター養成ユニットは,10月1日(土)から今年度のコースを開始します。詳細は現在調整中ですが、いちおうスケジュールが発表になっていますので興味のある方はご覧ください。

 どんなことをやるのかとか、受講資格はどうなっているかとか、学費はいくらとか(これはタダです)をお知りになりたい方は、ユニットについての Q&Aをあわせてご覧ください。

 中心になってユニットの活動を支える特任スタッフもほとんど決まり、その横顔がこちらで紹介されています。

 受講生だけではなく、いろんな形でユニットの活動とコラボしてみたいという方々はどうぞ積極的にコンタクトをとってください。

 「科学技術コミュニケーター養成ユニット」始動!です。
by stochinai | 2005-07-30 14:13 | 大学・高等教育 | Comments(0)

ガクアジサイ

 南の人にとっては驚きかもしれませんが、札幌では今アジサイが咲いています。我が家はちょっと遅めなので、正確にはちょっと前がアジサイの季節でした。
c0025115_13551058.jpg

 今年の札幌は、例年になくアジサイの花が多いような気がします。我が家のアジサイはガクアジサイです。こちらも記録的にたくさん花が着きました。
c0025115_13561173.jpg

by stochinai | 2005-07-30 13:57 | 趣味 | Comments(2)

RSSリーダー

 一応、ブログにカウンターをつけています。ここでブログを始めてから忍者ツールズというのを使っていたのですが、そのカウントとこのブログ設定の中にあるレポートというカウンターがあまりに違うので、割と最近になってもう一つアクセスアナライザーというのも入れてみましたら、それもまた微妙な値を出してくれています。

 たとえば、今現在エキサイトのレポートは本日185名の訪問者を記録しています。忍者ツールズだと530クリック、アクセスアナライザーだと355のユニーク人数と393のヒット数を示しています。いったい、どれを信じて良いのかはわかりませんが、時系列でのアクセス記録を表示してくれる忍者とアクアナを見ているとおもしろいことがわかります。

 それは、ここで新しい記事を投稿すると1-2時間のうちにアクセス数が明らかに増加する傾向があるのです。ということは、ある数の方達はRSSリーダーという最新記事の自動収拾ソフトで新しいエントリーを監視していることが推察されます。

 私も、良く見るブログサイトが70-80ありますが、毎日見に行くことができるわけでもありません。そこでフリーのRSSリーダーを利用させてもらっています。

 そのうちの一つgoo RSSリーダーがバージョン2になりました。これは、直感的に使えるのであまり詳しくない私にも簡単に使いこなせました。バージョンが上がって何が変わったのかは良くわかりませんが、更新が不定期なんだけれども気になるサイトのチェックにはとても重宝しています。

 もう一つ使っているのがブログラインです。こちらもフリーですが、ソフトというよりはレンタルサイトのようなもので、特定のサイトをレンタルしてそこに記事情報を集めてもらっておいて、時折見に行くというしくみのようです。

 gooの場合だと、自分のコンピューターの中にサイトの更新情報を読み込まなければならないので、遅い回線で接続している時などはなかなか更新情報が集まらないことがありますが、ブログラインだと向こうが勝手に集めておいてくれたものにアクセスするだけですので、瞬間的に情報が手に入ります。ただし、更新頻度などはすべて向こう任せなので、リアルタイムで更新情報が手にはいるわけではないという欠点があります。逆にgooなどの場合には今現在の情報を強制的に集めることも可能です。

 ほんとうは、この機能を利用してもっと賢く効率的に記事を集めることもできるようなのですが、私はこの新着記事のチェックにしか利用していない、低級ユーザーです。

 とは言え、RSSリーダーがあるとないとでは大違いです。まだ使っておられない方がいらっしゃいましたら、機会があったら是非とも試してみることをお勧めします。

 手放せなくなります。
by stochinai | 2005-07-29 21:48 | コンピューター・ネット | Comments(0)
 JANJANの今週の本棚の書評が出ました。内容紹介で「100種類以上のイラストを掲載しながら魚の生態と漁業の現状についてわかりやすく解説する」とあったので、魚を見るのも食べるのも好きな私は張り切って応募しました。

 楽しんで読めた一冊です。

 感想はJANJANサイトに出た書評をお読みいただきたいと思います。
by stochinai | 2005-07-29 14:17 | 趣味 | Comments(0)

小学生のラボ訪問

 今日は前から約束していた、小学生理科教室の皆さんのラボ訪問がありました。私たちが開発したアフリカツメガエルの純系であるJ系統の分譲をお願いしているワタナベ増殖さんのご紹介ということもあり、はるばる関西からサイエンスキャンプin北海道ということで来られる児童の皆さんにラボを見てもらうのです。

 実際に関西から来られた子供さん達は、12名だったのですが同じキッズラボの帯広校のみなさん16名も一緒だったので、総勢28名だったのだと思います。それに、関西からの付き添いの先生2名、帯広からの先生2名(?)、お手伝いの学生さん(北大生?)が3名ほどだったように思います。それに、取材陣として科学技術コミュニケーター養成ユニットのNさんと同伴のゲストさんがいらっしゃったので、30数名の大行事となりました。

 最初に夏休みも近いために空いていた学生実験室を借りて、私が「講義」をしました。市民セミナーという形の一般の方を相手にした講演はやったことがあるのですが、小学生を相手にした本格的な講義は初めてです。2日ほどかけて準備したものの、飽きられないためにどうするかということで、だいぶ悩みました。

 しかし、相手の顔を見るまでは講義の最終バージョンはできあがらないという、いつものポリシーで現場に望むことになりました。やってみると、何とかなるものです。

 講義の内容は、自己紹介(私のルーツである、岩手県花巻市をGoogleMapを使って日本全図から2万5000分の1まで拡大)から始まって、北海道大学、理学部、生物学科と進んだところで、「勉強と研究はどう違う?」という話をちょっと長くやりました。

 そこで、サイエンスの世界には答が本に書いているものから、余りよくわかっていないもの、さらにはまだ誰も知らないところがあり、それが勉強と研究との違いで、高校までは勉強ばかりだけれども、大学が終わる頃からは研究がはじまるんだよ、というちょっと難しい話をしました。前に同じ話を高校生にしたことがあるのですが、ふ~んという感じで聞き流されてしまった記憶があります。ところが、意外なことに今日の小学生の数人はこの話をきちんと理解しただけではなく、けっこう印象に残ったらしく感想メモの中に書き残していってくれました。これには、ちょっとびっくりでした。

 で、その後は我々の研究室で行っている研究の話をしました。導入は眞鍋かをりさんに登場してもらって(もちろん録画です)、サイエンスZEROの「脳を再生するミミズとオタマジャクシの話」です。横で見ていたNさんの話によると、パワーポイントの画面からビデオ画面に変わったとたんに、身体をゆらゆらとゆすっていた子供達もしゃきっとなってスクリーンに釘付けになっていたとのことです。子供には動画というのが、想像以上にインパクトがあるということでしょうか。

 「再生って知ってますか」って聞いたら、「知ってる。知ってる。プラナリアだ」とか「ヒトデも再生するんでしょ」とか、さすがに理科教室の子供達はひと味違います。楽しくやりとりしながら話を進めることができました。

 その後は、ミジンコとそれを食べるフサカの戦いの話です。フサカがいるとミジンコの背中にトゲが生える話をすると「それ知ってる。トリビアで見たもん」です。小学生とは言えさすがに関西人、ぐんぐん乗ってきます。それに比べると、帯広の子供達はおとなしかったことを今になって思い出しました。このミジンコの種名は何ていうんですか、などという専門的な質問まで出てきて「おー」と思う瞬間も。

 実はここでも、うちの大学院生が撮影したビデオが子供達を引きつけました。トゲのないミジンコはあっさり食べられてしまうのに、同じ大きさのトゲのあるミジンコは捕まっても捕まっても飲み込まれることなく逃げるシーンには、真鍋さんのビデオと同様アンコールです。

 最後にオタマジャクシとスペースシャトルの話をしましたが、さすがにちょっと疲れてきたのか、時事ネタであるにもかかわらず(実は旅行中で、彼らには時事ネタではなかったのかも知れません。今、気がつきました)ちょっと反応が鈍くなってきましたので、早々に話を切り上げて「それじゃあ、実験室を、見に行こう!」ということで、講義はお開き。

 45分くらいかかるかな、と思って用意したネタでしたが時計を見てみると30分でした。まあ、小学生の緊張を維持するのはこんなものかもしれません。今時は、大学生でも45分持たせるのは大変です。

 さて、その後は実験室探検。さすがに、子供達は理科教室で鍛えられているだけあって、ピペットマンまで知っていましたが、動物飼育室に入ると一転してみんな普通の子供達に戻って大騒ぎでした。すごいパワーとエネルギーで、圧倒されます。あらゆる動物をさわりたがるし、写真を撮りまくっていました。カエルが欲しいとか、プラナリアを持って帰りたいとか、先生を焦らせていました。そう言えば、たくさんの子が立派なデジカメを持参していて、それにもちょっと驚きでした。

 とまだまだ思い出すことはたくさんあるのですが、少なくとも普通に見学に来る高校生などとは全然違うということが、今日の強い印象です。この子達の多くはおそらく「学力」の高い子に違いないのですが、学力の高い高校生の多くにはこのパワーとエネルギーを感じることはできません。中学・高校と進むうちに何かを捨てさせられてしまうのかもしれません。受験に押しつぶされそうになっている高校生ではなく、こういう恐れを知らない子供達にサイエンスをおもしろさを吹き込んでいくことができれば、日本は変わるかもしれないと感じました。

 大変は大変でしたが、なかなか楽しい経験をさせてもらいました。キッズラボの方からは、もっと大規模にしてこれからも続けて行きたいという話がありましたが、そうなるともはやボランティア・ベースの私の手には負えません。TAを雇わせてもらって、もう少しシステマティックにやることを考えて行くことになるでしょう。

 最後に書かなければならないことが、ひとつあります。

 今日来てくれた子供達は間違いなくお金持ちで、家庭の教育意識も高い親に恵まれた子達です。しかし、日本の将来を考えるならば、お金に恵まれていない家庭の子達にも同じような機会を与えてやりたいと強く思いました。文科省の方々、全国の国立大学法人の方々、ひとつ本気で考えてみてくれませんか。
by stochinai | 2005-07-28 20:51 | 教育 | Comments(7)

台風と宅配ピザ

 どうやら台風も北海道の東に抜けつつあるようで、札幌の雨もやみました。

 昨日は首都圏をかすめていったということで大変だったようですが、夜のニュースで気になることがありました。

 台風で雨風が激しかったので、宅配ピザが大変に繁盛したのだそうです。雨や風で外に出るのが大変なので、家まで運んでくれるピザはありがたいというのはよくわかります。

 でも、そのピザを配達してくれる人達はどうなんでしょう。バイクや小型車で配達する人達が大変ではないのでしょうか。

 お客さんはお金を払うんだし、ピザ屋さんのほうでも営業成績が上がるので、どちらも文句はないということなのでしょうか。

 でも、やっぱりずぶぬれになって暖かい部屋で電話をかけてだけで待っている人にピザを届ける配達の人達って、いくらピザが売れても嬉しいとは思っていないような気がします。

 台風の時には、みんなで休んだほうがいいような気がするんですけど、違うんでしょうか。あるいは、2割増しくらいの料金をとって、配達の方のバイト代に加算するというようなことにできないのでしょうか。

 なんだか納得できなかったです。
by stochinai | 2005-07-27 20:58 | つぶやき | Comments(2)
 拡大し続けるグーグルに懸念の声という、()()2本の記事も、データが集中して保管・検索されることの危険性を指摘しており恐ろしさ満載で欧米ではそれなりに議論を巻き起こしているようです。(日本では、まだまだですね。)

 それとはちょっと毛色が違いますが、今度はマイクロソフトがやろうとしている地図検索の新サービスで見るとアップル本社が「存在しない」(Hotwired Japan)という事実は発覚して、騒ぎになっています。

 この新しいサービスは、みたところGoogle MapsとそっくりなMSN Virtual Earthというものなのですが、この地図でシリコンバレーにあるアップル社の本社ビルを空から眺めようと思っても、「得体の知れない倉庫とひとけのない駐車場らしきものが写った不鮮明な航空写真が1枚出てくるだけで、青々とした芝生に取り囲まれて11棟の現代的なビルが立ち並ぶ広大なアップル社」を確認することはできない、のだそうです。

 まあ、アップルを感情的に嫌っているマイクロソフト(ならびにビル・ゲイツ?)ならば、ひそかにやっておもしろがりそうな企画ではありますが、マイクロソフト社の説明では「先週末に無料公開したバーチャル・アースはまだテスト段階で、アップル本社があるカリフォルニア州クパティーノ付近のものとしては1991年10月撮影の古い白黒写真が使われているため、このようなことが起こった」と弁解しているようです。しかし、写真画像の著作権表示は2004,2005年となっているため、この説明は苦しまぎれの言い逃れにすぎないと考えられます。

 ちなみにGoogleMapsで同じ場所を見ると、カラー写真ではっきりと現在の姿が見えるらしいです。

 比較写真は超音速備忘録さんのところにあります。すごい!

 まあ、マイクロソフトのアップルに対する嫌がらせ程度のうちならば笑い話ですませることもできるかもしれませんが、これはこのような大企業の大規模なデータベースに虚偽のデータが紛れ込んだ場合に恐ろしさを想像させてくれるのに十分なエピソードなのではないでしょうか。

 私たちも、常日頃学生に「ネットの情報は真偽を確かめることが難しい場合が多いので、十分に気をつけるように」と指導していますが、マイクロソフトやグーグルといった超大手が無料で提供するサービスでは、そのほとんどがかなり信頼度の高いデータです。そのようなある程度の信頼を勝ち取っているデータベースに、紛れ込んだ虚偽のデータは正しいものとして多くに人に受け入れられる可能性がかなり高いものと思われます。

 そんなところに、意図的に虚偽のデータを流し込んだとしたら、場合によっては原子爆弾よりも大きな影響を与えてしまうこともあり得るかも知れません。逆に、そういう形でテロを行うことも可能になるでしょう。

 ネットの上にある情報に関しては、まだまだ未知の領域が大きい危険分野だと認識しておかなければならないようですね。
by stochinai | 2005-07-27 20:43 | コンピューター・ネット | Comments(3)
 北海道のことなので、一言書いておかねばと思います。もう、事件のニュースへはリンクすることができないので、グーグルのキャッシュから転載しておきます。元記事はYahoo!ニュースです。

 13日午前1時20分ごろ、札幌市中央区で、車を盗み逃走中の男が北海道警本部刑事部の巡査(23)ともみ合いになり包丁で刺したため、巡査が拳銃2発を発砲。1発が男と通行していた会社員鈴木一喜さん(22)に当たった。男は弾が左肩を貫通、鈴木さんは左太ももを骨折し重傷、巡査も軽傷を負った。いずれも命に別条はないという。

 このニュースの時には、道警本部は遺憾の意を発表していました。

 中央署は殺人未遂の現行犯で住所職業不詳田代健一容疑者(30)を逮捕した。道警本部監察官室の木葉孝室長は「凶悪犯人を逮捕するために発砲したもので、適正、妥当な使用と判断する。第三者がけがをされたことは大変残念」と話している。


 ところが入院中の会社員を見舞いに訪れた巡査の上司のひとりが、会社員が流れ弾に当たったことに対して「運が良かった」と発言した(毎日)という記事が出ています。

 前後の文脈から判断するに、「(銃弾が当たったのに、この程度のケガですんで、あるいは命に関わることにならなくて)運が良かった」ということのように聞こえます。

 家族の抗議に対して、巡査の上司は「30年に一度の大事件。(巡査は)この若さであの判断はすごい。よくやった」などと話したということですから、上司としては巡査を褒めたいがために外部の人である会社員にも、死ななかっただけ運が良かったと思って我慢しろと言っているということではないでしょうか。

 道警監察官室の黒沢明次席が「命にかかわる事件に発展せずに済んだという真意が伝わらなかったのであれば申し訳ない」とフォローしていますが、今回の発言は道警(あるいは日本中の警察)に蔓延する、市民を守ってやっているのだから、つまらないことでガタガタ言うなとでもいうようなおごりを感じさせるものでした。

 政治家も良く失言したあとで「真意が伝わらなかったとしたならば、申し訳ない」などというコメントを出しますが、単なるコミュニケーションのまずさというよりは彼らの「真意(つまらんことでガタガタ言うな)」が正しく伝わったがために反発をくらっているというケースの方が多いのではないでしょうか。

 だいたい「*****だとしたらなら申し訳ない」っていう言い方は、謝っていることにはならないと思います。誤解したそっちが悪いんだ、居直っているようにしか聞こえません。

 道警はただでさえ裏金問題で非難を受けているのに、平気でこんな発言をしているということは「何も反省していない」ことがバレバレなのではないでしょうか。

 困ったものです。
by stochinai | 2005-07-26 16:42 | つぶやき | Comments(0)

日の暮の背中淋しき紅葉哉            小林一茶


by stochinai