5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2007年 02月 ( 32 )   > この月の画像一覧

 意外と大きなニュースになっていないのは、研究者が論文をねつ造するなどということは、もはや日常茶飯事と化してきたことを意味するのかもしれません。

 しかし、今回の事件のニュースを読むと、私には追いつめられた大学院生と、業績作りに追われる教員の姿が見えてくるように思えます。

 前置きとして、データをねつ造したとされる大学院生が一昨年(つまり修士1年生の秋)の応用物理学会で奨励賞を受賞していたという話が大きいと思いました。学会の奨励賞などというものは、安物の賞状とあったとしてもちょっとした賞金をもらえるだけのものでしょうから、それをもらうためだけに論文のねつ造まではしないと思われるかもしれませんが、大学院生にとっては奨励賞をもらうことが、その先のキャリアに大きな影響を及ぼすものとして受け止められていたとしたら、状況は一変するのではないでしょうか。

 修士の1年生で賞をとったということは、たとえ4年生の卒業研究から継続して研究していたとしても、たかだか1年くらいの研究に対して賞が与えられたということになります。冷静に考えれば、よほどの天才的な学生ではない限り、その研究は指導教員の大きな貢献があってこそ成り立っているものなのに、それに奨励賞を与えるとは学会も酷なことをするものだと思いました。

 想像ですが、この学会で奨励賞をもらった学生は、その後順調に研究を続けていれば、有名な研究室でポスドクになれるとか、外国の著名な研究室に留学できるとか、**の企業に優先的に採用されるらしいとかいう「伝説」があったかもしれません。そうでなくとも、大学院を出たあとの就職が厳しい中で「学会の奨励賞」は、将来の研究職ポストを得るためには大きな勲章になるはずです。

 そんな状況の中で、奨励賞をもらってしまった学生は、その研究を「成功」させることができなければ、自分の将来が閉ざされてしまうという強迫観念を持ったのかもしれません。

 教授から与えられたテーマの実験には、教授の願望的な結果がともに伝えられることが多いと思います。つまり、教授の予想通りの結果が出たら「成功」でそうでなければ、「失敗」と学生が思いこんでも不思議はありません。

 教授は「実験は彼に任せていた。きれいなデータで全く疑わなかった。管理者としての私の責任」だと語っているそうですが、自分が期待していたデータを学生が持ってきたことで、目が曇ってしまっていたとも考えられます。学生は「理想的な特性を表す数値を約1千個捏造し、入力していた」ということです。先生の期待に沿ったデータを作ってあげたというところでしょう。

 もちろん、データをねつ造した学生が一番悪いし、それを見抜けなかった教授の責任も免れないとは思いますが、偶然に大きく左右されることも多い学問の結果が、未来の人生や経済的状況に直接跳ね返ってくるような状況がある以上、この手の「事件」はニュースにならないくらい、たくさん出てくるのは避けられないと思います。

 研究や教育に競争を持ち込むということが、こういう結果を招くであろうことは、わかっていたことです。こういう状況を、厳罰主義だけで乗り切れるかどうかを冷静に考えるべき時ではないでしょうか。
by stochinai | 2007-02-28 21:44 | 大学・高等教育 | Comments(13)
 タミフルを飲んだ直後に異常な行動を起こして、比較的若い青少年がビルから落下したり、交通事故にあったりするケースがかなりの数、報告されています。

 もちろん、タミフルを飲んだ後に異常な行動が多発しているという「現象」があるからといって、タミフルが異常行動の「原因」であるということにはなりません。それは「科学的に正しい判断」だと思います。柳沢厚生労働大臣は、タミフルと異常行動の因果関係が明らかかどうかがはっきりしていないので、国としては注意を喚起したりしない方針だと発表しているようです。

 しかし、一方でタミフルが安全であることが証明されたわけでも、もちろんありません。現時点で「安全である」と判断することもできないというのが、「科学的な態度」だと思います。こういう場合はどうしたら良いのでしょうか。

 そもそも、我々はこうした安全性問題に関して、あまりにも政府に頼りすぎているのではないかと感じることがあります。

 我が国では、水俣病やイタイイタイ病、さらには数多くの薬害事件が起こった歴史があります。もちろん、科学者でもない普通の市民が、活きの良さそうな魚をみてそれに水銀がどのくらい含まれているかなど、わかるはずがありません。同じように農作物や飲料水にカドミウムが含まれているかどうかを調べることもできるわけがありません。さらには、水銀やカドミウムを摂取したら、どのようなことになるかという知識もありません(でした)。

 そうした場合に、国民の負託を受けて税金を使って調査・研究をやるのは、政府の仕事だと思います。薬害エイズ事件や、医原病肝炎事件なども、同じように政府主導で調査・研究がされていながらも対応が遅れて被害が大きくなったという歴史があります。

 政府が大手の製薬会社寄りだとか、国民のことを考えていないだとか言うことは簡単ですが、たとえ誰かがそう言ったとしても、厚生労働大臣としての柳沢さんの発言は、政府としてはタミフルの使用に対して禁止はもちろん、注意もしないという状況は変わりません。つまり、今はタミフルを日本中の病因で使い続けることがまったく合法的です。

 タミフルの場合は、不治の病の治療薬ではありません。インフルエンザの治療薬です。インフルエンザで死亡する例がないわけではありませんが、ひょっとしたら危険性があるかもしれないタミフルを服用してまで対処するほどのことがあるでしょうか。

 ウイルスに効くクスリがほとんどない状況のなか、一時は魔法のクスリとまでもてはやされたタミフル(リレンザというのもあったはずですが、どうなったのでしょう)も、実はそれほど効かないケースもあるし、エジプトではタミフルに耐性を持ったインフルエンザが発見されたというニュースもありました。

 ある意味で、これだけタミフルに関する情報が開示されているのですから、患者として病院に行っても「タミフルは使わないでください」と言うことはできるはずです。

 さらには、たとえインフルエンザにかかったとしても、安静と栄養補給をしっかりすれば、ヒトの免疫の力で治ることの方が多いはずです。よほどの高熱や、心配な症状が出たのでない限り、自分の快復力は十分に機能するはずです。

 病気になっても、ゆっくりと学校や会社を休めない。また、子どもが病気になっても、父親も母親も休んで看病することができないというような状況こそ政府が率先して対処すべきことではないでしょうか。

 そういう環境が整っていれば、自ずと子どもを生んで育てようという人が増えるような気がします。

 柳沢さん、失地回復のチャンスですよ。

【追記】
 28日の夜9時のNHKニュースによれば、厚生労働省はタミフルの使用に際して注意することと、注意の呼びかけを製薬会社と医師会に求めていくと言ったような気がしたのですが、ネットを見直してみるとインフルエンザにかかった場合は「タミフル処方の有無にかかわらず」異常行動の恐れがあると注意をするようにとの呼びかけだそうです。おまけに「少なくとも2日間、保護者らは小児、未成年者が1人にならないように配慮する」などという、共働きが普通の今の家庭環境ではかなり難しいことを要求するという無責任な呼び掛けをしているようです。厚労省は、何を恐れているのでしょうね。
by stochinai | 2007-02-27 20:13 | 科学一般 | Comments(15)

Web Scouter

 昨日、弾さんのブログ記事「blog評 - 米山公啓のブログ」を読んでいて、米山公啓さんのような有名人のブログが驚くほど知名度が低いということの尺度にWebスカウターの評価を引用していました。

 米山さんの著書は私も何冊か読んだことがありますが、非常に真摯なお医者さんであると信頼しています。

 で、話は米山さんのことではなく、Webスカウターのことです。恥ずかしながら、私はこのWebスカウターというものの存在を、それまで知らなかったのですが、見てみるとなかなか興味深い値を表示していると思いました。

 気がついている人は気がついていると思いますが、先週くらいにブログの値段(How Much Is My Blog Worth?)の表示の写真がおかしくなったのを機に、サイドバーからはずしてしまいました。

 それで、その代わりにというわけでもないのですが、昨日から著作権保護期間延長反対のバナーの上にひっそりとWebスカウターを貼り付けてあります。クリックしていただくとわかるのですが、こんなデータが出てきます。
c0025115_1815690.jpg
 驚いたのは、その値の高さです。

 何を意味するのかわかりませんが、ウェブスカウター値というのがあって、彼の米山さんが33なのだそうです。一方、私めのブログの値は2404です。まあ、その値が意味するところがわかりませんので、ふ~んという感じだったのですが、その下にランキングもでています。

 930位 / 40,129 と書いてあるので4万サイト中1000位以内に入っているということなのでしょうが、非常に驚きました。ランキング表を見てみると、1位にはスカウター値19658の CNET Japan が入っています。10000以上のスカウター値を示しているサイトはわずかに14で、いずれも超大手のIT系ニュースサイト(はてなダイアリー日記というものありますが:笑)ばかりです。

 サイトの「メディア影響力」を測定するという評価システムで、1000位以内に入れていただいたことをどう考えたら良いのか、正直言ってちょっととまどっております。

 なんせ901位から1000位のページを見ると、私の順位の前には、「SFC 慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス」とか、「文化庁メディア芸術プラザ」とか、「岩波書店ホームページ」とかがあり、なんと後(汗)に「講談社BOOK倶楽部」とか、「日本科学未来館 Miraikan」とか、恐れ多くも「NEDO:新エネルギー・産業技術総合開発機構」とかが並んでいるのです。

 メディアの影響力って、いったい???
by stochinai | 2007-02-26 18:17 | コンピューター・ネット | Comments(2)

今日の武蔵丸

 調子に乗って、顔のアップをです。ちょっと眠いのかもしれません。
c0025115_23571169.jpg

by stochinai | 2007-02-25 23:58 | スマイル | Comments(6)

週末DVD劇場 ~ LEO

 昨日と今日はGEOが半額セールということで、昨日の午前中に行った時には、お一人様の限界貸し出し枚数である10枚くらいのDVDを抱えた人でごった返すGEOの有り様に退却してしまった私ですが、夕方に再チャレンジした時には、ほとんどの棚が空っぽという状態でしたが、こういう時には掘り出し物に巡り会うことが多いものです。

 というわけで、ようやく発見した一枚は、2002年のイギリス映画「レオポルド・ブルームへの手紙」(原題:LEO)でした。レンタルショップには、あまり置いていないかもしれませんが、お勧めの一枚です。

 最近は、中味のわからない映画は出演者で選ぶことが多いのですが、「恋に落ちたシェークスピア」や「スターリングラード」で好演したジョセフ・ファインズ、「リービング・ラスベガス」に出ていた私の好みのタイプであるエリザベス・シューの他に、渋い役者さんがたくさん出ていましたが、中でも我々の年代には特別な意味を持つ、あの「イージー・ライダー」のデニス・ホッパー、名脇役のサム・シェパードなども出ています。

 ある男が刑務所から釈放されるシーンから始まる、ありがちなストーリー展開です。しばらくの間、この男の話とまったく関係のないように見えるミシシッピ川の近くにあると思われる田舎の大学に赴任した小さな女の子のいる教授と妻の話が並行して進行します。

 やがて、その妻を中心に話が急速に展開していくとともに、出所した男が刑務所にいた頃から小説を書いていることが明らかになっていきます。そして、その男と「大学教授の妻」に生まれた男の子とが文通していることが明かされ、時間と空間が複雑に交錯していき、運命の輪廻が回り始めるとようやくこの物語の全容が見えてくるという流れになります。(もうちょっと書いてしまうと、始めて見る時の「驚き」がなくなりますので、続きは是非とも本編で見てください。)

 ここまでくると、やっぱりという思いを抱きながらも、壮大な物語の中に巻き込まれていることに気が付きます。そして、その物語にはちょっとした仕掛けがあって・・・・・。

 あいにく私には「文系の教養」というものが少々欠落しておりますので、この映画の主人公の名前がレオポルド・ブルームだと聞いても、それがかの有名なジェームス・ジョイスの「ユリシーズ」(当然、読んでません)の登場人物からの引用であり、内容に関してもかなりインスパイアされていると言われても、さっぱりわかりません。

 でも、この映画の底に流れる、主人公が自分を発見するプロセスには時代を越えた普遍性が感じられ、まるで文庫本で古典文学作品を読んだような気になりました。

 こういう作品こそDVDで個人的に見るのに適しているような気がします。くだらない映画はDVDで見るとほんとうにがっかりしますけれども、古典の名作は文庫本にしてもその価値が減ることがないように、「内容」で勝負している映画はDVDがお勧めです。

 85点か90点をあげられるいい映画だと思いました。
by stochinai | 2007-02-25 23:53 | 趣味 | Comments(0)

春の光

 真冬日です。この時期になってくると、真冬日はとても寒く感じられます。寒くても日差しは確実に春に向かっています。
c0025115_16471784.jpg
 玄関風除室の中で冬を越えたブルーデージーです。蕾もふくらみ始めてきました。
c0025115_16481210.jpg
 コケも息を吹き返したようです。
c0025115_1649046.jpg
 ムシトリスミレにも蕾がついていました。
c0025115_16511913.jpg
 シランは真っ盛りです。
c0025115_16514677.jpg
 もうすぐ春ですねぇ ちょっと気どってみませんか。(「春一番 by キャンディーズ」 ってわかるかな?)
by stochinai | 2007-02-24 16:55 | 札幌・北海道 | Comments(5)
 「2007年FISノルディックスキー世界選手権札幌大会」が、昨日から始まりました。開会式の行われた日本ハムファイターズとコンサドーレ札幌のホームグラウンドである札幌ドームは、外部へと開け放たれた上、屋内グラウンドには雪が敷き詰められ、スタートとゴールが「室内」の観客席で見られるという、世界的に見ても珍しい企画もありますが、なぜかしら今ひとつ盛り上がっていないように思われる札幌です。

 おまけに昨日・今日は雨が降ったり、さんざんです。雪祭りに合わせてやれば良かったのかもしれませんが、そうなるとホテル不足や交通の問題がネックになるのかもしれません。まあ、日本選手の活躍如何ではこれからの盛り上がりも期待できるかもしれません。開幕早々、距離の女子スプリントで夏見円さんというとても「おきれいな方」(ここがポイントのようです)が、5位に入賞しましたた。この記録は、2002年ソルトレークシティー冬季五輪男子50キロクラシカルで今井博幸さんが残した6位を上回り、五輪と世界選手権を通じて日本距離の最高位なのだそうで、小さいながらもニュースになっておりました。

 ところで、ジャンプの行われている大倉山ジャンプ競技場は、私のオフィスの窓から西南西の方向に見えるのです。もちろん遠いのですが、夜になっても使用している時にはライトに浮かび上がって、望遠鏡があればジャンプしているところも見えるはずです。(見たことはありません。)

 というわけで、世界ノルディック2007札幌を記念して、私の部屋からみた大倉山ジャンプ台の写真を撮してみました。
c0025115_2117577.jpg
 窓越しですし、コンパクトデジタルカメラですので、あまり良くは撮れないと思ったのですが、意外と良くみえるものです。

 調子に乗って、中央部をググッと拡大してみると、なんとなく飛んでいるジャンパーの姿が見えるような気がしませんか?
c0025115_21201724.jpg


 とりあえず、  がんばれ!ニッポン!!
by stochinai | 2007-02-23 21:29 | 札幌・北海道 | Comments(3)

真似っこネコ

 先日、仰向けに寝るネコの写真を出しましたところ、意外なほどの反響がありました。

 それを横から見ていたもう一匹のネコが真似をして、同じところで仰向けに寝ておりました。これは、写真を撮れということだろうと思いましたので、まずは一枚。
c0025115_21513866.jpg
 やはり、体型がまったく違いますので、出っ張った背骨が邪魔して大の字になって寝ることはできないようです。

 写真を撮っていたら気付かれてしまいました。目をぱっちりと見開いて、ゴロゴロを始めました。
c0025115_21534565.jpg
 寝たままで、ネコじゃネコじゃ踊り。まったくズボラなやつです。

 さて、今日の札幌は最高気温が7℃にもなったとのことで、雪解けも進んだでしょう。さらに明日は、10℃という予報が出ています。4月並みです。そして、午後からは雨が降り、夜になると急激に気温が下がって雪になり、真冬波の気温に逆戻りするそうです。

 これじゃ、体調を維持するだけでも大変です。
by stochinai | 2007-02-22 22:22 | スマイル | Comments(8)

札幌で脳科学イベント

 同じ生物学とはいっても、どうも脳科学は苦手です。ゲーム脳とか、脳を鍛えるとかいろいろと言われていますけれども、脳の回路が遅くしか働かない私としては、なんとなく敬遠していた領域です。

 札幌の科学技術コミュニケーション工房が、JST/RISTEX主催・第3回脳神経科学と倫理ワークショップのお手伝いをするということで、プレス・リリースのようなものが送られてきました。

 まずは工房さんからの呼び掛け文
 脳科学については、市民のみなさまにはなかなかきちんとした情報がされてないため、へたをすれば「あるあるの納豆事件」のように(「ゲーム脳」というトンデモ科学も教育界で不気味に浸透していることもひとつの現れであると思います)偏った情報が罷り通ってしまうことを研究者及び行政は懸念しております。

 そのためにもどうにか先手を打って、市民のみなさんに「脳科学と社会」について考えていただく機会が必要と考えています。

 第一線の脳科学者といっしょに「脳科学と社会」について考えてみませんか?

 対象:研究者、医療従事者、教育関係者、お子様をお持ちの皆様、科学倫理にご興味のある方

 頭がいいってどういうこと?脳年齢って何?ゲームは脳によくないの?脳科学は飛躍的に研究が進んでいる分野です。一方、偏った情報が氾濫しようとしています。第一線の脳科学者から脳科学の最新研究を聞きながら、「脳科学と社会」について考えてみませんか?

 独立行政法人科学技術振興機構 社会技術研究開発センターが主催しまして、以下連日2件のイベントを札幌で開催いたします。
 サイエンスカフェ公開ワークショップが企画されているようです。サイエンスカフェは札幌の人にはおなじみの紀伊国屋のインナーガーデンスペースで行われますので、ふらりと寄ってみてください。公開ワークショップは北大内で行われます。もちろん参加費無料ですが、申し込み(創成研のM姫さまが受付を担当か?)が必要です。先着200名とのことですが、まだ余裕があるという噂ですので、お気軽にお申し込み下さい。

【ここから詳細】

■ サイエンスカフェ コーヒーを片手に科学の話を楽しみましょう ■

「ゲームの脳科学 -子どもも大人もみんな大好き!?-」

日時   2007年3月3日(土) 14:00~16:00
会場   紀伊國屋書店札幌本店1階 インナーガーデンスペース
      (札幌駅西口より徒歩5分、大丸札幌店西向かい)

参加費無料・お申込不要

ゲスト 泰羅 雅登
      (たいら まさと 日本大学大学院総合科学研究科)
     福永 憲一
      (ふくなが けんいち ソニー・コンピュータエンタテインメント)
進行  佐倉 統
      (さくら おさむ 東京大学大学院情報環
                /JST社会技術研究開発センター)
 福永さんはゲーム界で「ゲームとこどもたちへの影響」について広く研究、活躍されています。佐倉さんは、NHKサイエンスZEROのコメンテーターとしてもおなじみの方で、「科学技術と社会」のご研究で著名な方です。

■「脳科学と社会」研究開発領域 第3回 脳神経科学と倫理ワークショップ■

「赤ちゃんの脳、子どもの脳 -科学と育ちと学びの倫理-」

日時   2007年3月4日(日)12:30~16:30
会場   北海道大学 人文・社会科学総合教育研究棟W203教室

参加費無料・お申込はFAXかWEBサイトよりお願いいたします。
 FAXには【お名前・ご住所・所属先・あればe-mailアドレス】をご記入いただきFAX011-706-9275 北大創成研・研究企画部宛にお送りください。
定員   200名
申し込みURL    http://brain2007.stxst.com/

●○● 3月4日(日)ワークショップのプログラム ●○●

12:40~
第一部 パネルプレゼンテーション(発表20分、質疑応答10分)
コーディネーター:福士珠美 (JST社会技術研究開発センター)

■「教育における脳科学と遺伝学の倫理」
  安藤寿康
   (慶應義塾大学文学部)

■「発達障害における生物学的基礎と社会環境」
  室橋春光
   (北海道大学大学院教育学研究科
    /北海道大学脳科学研究教育センター)

■「児童・生徒を対象とした研究と倫理的問題」
  松村京子
   (兵庫教育大学大学院学校教育研究科/附属小学校)

■「赤ちゃん学と社会」
  開一夫
   (東京大学大学院総合文化研究科)

~コーヒーブレイク~

15:00~
第二部 パネルディスカッション
コーディネーター:佐倉統
     (東京大学大学院情報学環
      /JST社会技術研究開発センター)

指定討論者
  福永憲一 (ソニー・コンピュータエンターテインメント)
  河野哲也 (玉川大学文学部)

15:50~
第三部 総合ディスカッション(フロア討論)
コーディネーター:石原孝二
     (北海道大学大学院文学研究科
      /北海道大学創成科学共同研究機構)
コーディネーター:佐倉統
     (東京大学大学院情報学環
      /JST社会技術研究開発センター)

主催   独立行政法人科学技術振興機構
       社会技術研究開発センター(RISTEX

後援   北海道大学脳科学研究教育センター
      北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット(CoSTEP)
      北海道大学創成科学共同研究機構 研究企画部

■お問い合わせ■
北海道大学創成科学共同研究機構 研究企画部
TEL:011-706-9272  FAX:011-706-9275  
URL: http://brain2007.stxst.com/
by stochinai | 2007-02-22 17:04 | 科学一般 | Comments(2)
 先ほどラジオでNHKのテレビニュースの音声だけを聞いていたら、新潟日報の社説に朝日の社説から盗用した記事があったということを言っていました。

 驚いてグーグルニュースを見てみたら、そのニュースは載っておらず昨日のニュースとして山梨日日新聞社が、昨日記者会見をして同新聞の社説に、神戸新聞と西日本新聞の社説からの盗用があったという記事がありました。(しばらくして、ポツポツと出てきているようです。)

 この国では、新聞すらもここまで墜ちてしまったのか、という思いがします。

 朝日新聞のような大新聞者でも、つい最近カメラマンによる記事の盗用事件があったと報道されていました。カメラマンに記事を書かせることが妥当かどうかはさておき、天下の朝日新聞が配信する記事に盗用があったということは事実です。その時はなんとなく。記者の不適切行動(記事のねつ造、やらせ、盗用)などは、ある意味での「ノイズ」として避けられないのかもしれないと思っておりました。

 しかし、新聞社の顔である社説に盗用があるということになると、これは次元の違う話と言わざるをえません。社長が辞めるくらいで済むことではないと思います。

 私などはまだまだ古い人間ですから、報道に関しては新聞が一番正しくて、次がラジオ報道、そしてテレビ報道、週刊誌はウソを書くことも多い、というような浅はかな認識をもっております。それがあるからこそ、朝日新聞を20年以上も定期購読し、NHKの受信料を年間分一括払いするなどという「優等生」的な行動を取っているのです。

 今回の事件は、地方新聞の力がなくなってきて、論説委員ですら社説を書く力がなくなってきたということを意味するのだと思います。社説を書く力のない論説委員しかいない新聞社など、存在意義はありません。社説をコピペするだけなら、我々のようなブログでも十分にできます。さらに、多くのブログでは、コメントをつけて非常に有意義な批評活動も行っています。

 自力で社説も書けないような新聞社は、マスコミから退場してください。

 また今回の事件を見て、地方紙がこのような状況にあるということは、全国紙やNHKなどにも同じ波が襲っていると考えるべきだと思います。全国紙やNHKの皆さんには、今回の事件(この先、まだまだ続々と類似の事件が告発されてきそうな気がします)が)を他人事として考えずに、ジャーナリズムとは何なのかという原点に立ち返って再出発することをお願いしたいと思います。(民間放送と地方紙は、、、、。)

 とりあえず、新聞は権力の監視装置としての原点に戻ること、それからNHKは政府の命令放送などを断固としてはね返すこと、そうした国民の側に立った姿勢を取り戻すことなくしては、ジャーナリズムとして衰退の一歩をたどるだけだと確信します。

 今のままでは、マスコミは静かに無視されて殺されてしまうでしょう。そして、それは決して我々にとっても幸せなことではないと思うのです。
by stochinai | 2007-02-21 22:28 | つぶやき | Comments(4)

青鬼灯 秘かに育ち 居りにけり      中島たけし


by stochinai