5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2007年 09月 ( 41 )   > この月の画像一覧

 日経ネット:東大、博士課程の授業料「ゼロ」・頭脳流出歯止め狙う 
東大によると、博士課程の授業料は年52万800円。在籍する約6000人のうち約3500人はすでに各種の奨学金や研究奨励金を得ており、残る約 2500人から休学者を除いた約1700人の支援財源として約10億円を経費節減などで工面。1人当たりの支給額は約58万円で、授業料を賄える計算だ。
 記事を読むと、授業料「ゼロ」は授業料が無料になるというわけではなく、授業料に相当する金額を何らかのかたちで大学が支給すると制度のようです。

 これは、「国立大では初の試み」と書かれていますが、私の記憶では北海道大学の工学部ですでにかなり前に発表されているものと同じ「仕掛け」と思われます。北海道新聞の2005年4月14日の記事です。
 助成の対象は博士課程のうち、企業や国から給与が支給される社会人学生、研究員らを除く学生で、本年度は新一年次七十一人のうち三十五人程度。研究補助員として採用し、その報酬の形で、北大にいったん納めた授業料相当分を支給する。
 まったく同じアイディアだと思われます。

 まあ別に、こんなものに特許や著作権もないでしょうから、どんどんやれば良いと思うのですが、この制度によって目論見どおりの結果が得られるのでしょうか。

 授業料をゼロにすることの大学側の狙いとしては、研究の後継者や企業の期待に応えるような「優秀な人材」の確保だと思われます。北大の記事を見ると、それがわかります。
 工学研究科では工学部生の約六割が進む修士課程(二年で修了)が一学年四百人程度なのに対し、博士課程(三年で修了)に進むのは毎年、定員百十二人の半分前後と低迷。企業就職で博士修了と修士修了の待遇に大差ない一方、教職員が過剰で研究者として大学に残る道も険しいことが背景にある。

 中山研究科長は「博士課程の就職率は100%だが、企業や国立研究所の縁故採用が大半で、多様な分野へ人材を輩出しているとは言いがたい」と停滞感を認める。

 このため、通常だと二十七歳で修了する博士課程学生の経済負担を軽減して修士からの進学を促し、リーダー役となる技術者を養成する。
 要するに、現在博士課程に進学している学生は、彼らの期待から見るとちょっと不足であるようなので、彼らの「期待」に応えてくれる「優秀な」学生を確保することを希望しており、学費を無料にすればそうした「優秀な」学生が残ってくれるだろうと思っているようなのですが、この判断は正しいでしょうか。

 私は間違っていると思います。

 学生が博士課程に進学しなくなったのは、授業料が高いからではなく、その先の進路に希望が持てないからだと思います。そこのところには手をつけずに、授業料を無料にすることで進学を決めた学生が彼らの期待に応える人材だと考える根拠が理解できません。

 むしろ、単に社会に出ることを嫌うモラトリアム人間を増やす効果の方が大きくないでしょうか。そうなると、状況はますます悪くなるような気がします。

 北大工学部もそうですが、東大も目を覚まして欲しいと思います。
by stochinai | 2007-09-30 20:53 | 大学・高等教育 | Comments(9)

変な看板と武蔵丸

 今日、大学へ行く途中で変な看板を見つけました。
c0025115_1324024.jpg
 行政書士事務所のようでしたが、宣伝になっていますでしょうか?

 ひさしぶりにネコの写真を撮しました。5月に丸刈りにされた武蔵丸は、7月にも登場したのですが、最近は毛並みも戻って来ました。幸いにして、今のところ毛玉もできていないようなので毛を刈る必要もなさそうで、暖かい毛皮で冬の準備ができたというところです。
c0025115_1413237.jpg
 こうして見ると、顔ばかりがでかいですね。
by stochinai | 2007-09-30 01:45 | スマイル | Comments(0)
 明後日1日から、今年度で終わる21世紀COE「新・自然史科学」の総括国際シンポジウムが始まります。地球科学と生物多様性学の融合を目指したこのCOEプログラムは、当初は「単なる寄せ集め」という声もあり、正直に言うと我々担当者の側にもほんとうにできるのだろうかという不安もありました。しかし、実際にこのプログラムを4年間走らせた現時点では、間違いなく大きな収穫が得られたことが実感できます。
c0025115_0415081.jpg
 少なくとも、この教育プログラムにさらされた学生達は、将来何の抵抗もなく地球科学と生物学の境界領域の研究にも入っていくでしょうし、多少の無理をしてプログラムを走らせていた我々教員・研究者の側も、最近では生物進化を考える時に、素直に地球の絶対年代と当時の地球環境について思いをはせるようになったという大きな意識改革がありました。地球科学を研究している方々も、常に生物のことが目の前をちらつくようになったということです。

 このプログラムで育てられた、ポスドク・大学院生達が得たものを花開かせることができる研究の場が確保できることができることを、心から願わずにはいられません。

 さて、上のシンポジウムは英語を公用語に行われますので、どたなでも参加できることにはしてあるのですが、なかなか一般の方にはつらいかもしれないと思われますので、10月4日にはその成果を市民の皆さんと分かち合いたいということでサイエンスカフェをやります。「地球と生命が織りなす自然史」というテーマで、我がCOEでもっともカフェ向きの科学者のひとりであると、自信をもっておすすめできるサブリーダーの鈴木德行さんをゲストに、「これが、新・自然史科学だ」というエッセンスをお伝えしようと思います。
c0025115_145223.jpg
 平日ですが、いつもCoSTEPのサイエンスカフェをやっている紀伊國屋書店前のホールで、午後6時からですのでお時間のある方は、のぞいてみてくださると、幸いです。
c0025115_15997.jpg

by stochinai | 2007-09-29 23:59 | つぶやき | Comments(0)

大学院生の就職活動

 早いところではもう大学院修士課程の学生の就職活動(就活)が始まっているそうです。最も早い製薬系では9月から採用活動が始まるとのことですが、もちろんこれは来年の春に卒業する人に対するものではなく、再来年春に卒業予定の大学院生の話です。首都圏から遠く、比較的スタートが遅いと言われている我が大学でも、ほとんどの学生が年内には就活を開始します。

 ちょっと前までは、年明けに活動を開始する学生も珍しくなかったのですが、年々早まってきており、12月11月と手前に繰り上がってきて、最近は10月に動き始める学生も珍しくありません。もちろん採用側が9月に開始すれば、学生も9月に動き出すのは当然と言えましょう。

 修士の1年生が入学したのは、この春です。日本の大学では、4年生の卒業研究を行った研究室でそのまま大学院に進学して研究テーマも継続するというケースが多いので、その場合ならば、研究を始めてから1年半くらいで就職活動をすることになるのですが、大学院にはいって研究テーマを変える場合や、さらには教育再生会議が推奨するように他大学の大学院へ進学した場合には、研究を開始してからわずか半年で就職活動をすることになります。東京工業大の三木千寿副学長がおっしゃるように「半年で何を身につけたと判断するのか」という批判も当たっていると思います。

 学生の一生にかかわることですから、就職活動は学生の自由意志に任せるケースが多く、その間講義の欠席や研究の停止は許される、あるいは暗黙裏に見逃され、就活が原因で単位不足や修士論文研究の内容不足で卒業不許可になるということは、あまり聞きません。修士2年間のうち、半年から1年間休んでも卒業させざるを得ないというのが今の大学院修士課程の現実ということになります。学卒ではなく、修士卒を採る企業側としては、自ら採用者の能力アップを阻害してしまっていることは明らかに損失になることだと思うのですが、より優秀な大学院生を採りたいと競争する企業としては、たとえその点がわかっていたとしても、採用競争を加熱させざるを得ないという現実があるのだと思います。

 そこで、このままでは自分で自分の首を絞めることになると気が付いた「日本経団連が27日、会員企業に対し、修士1年時に広がる大学院生の採用活動の自粛を呼びかける方針を決めた」というニュースが流れました。

 読売オンライン:大学院修士1年の採用活動、経団連が自粛呼びかけへ

 選考のルールがあいまいなため、採用活動が1年時の秋から、半年近く続くこともあり、「浮足立って研究に集中できない」などと大学から批判が出ていた。経団連は、倫理憲章に大学院生の新卒採用についても、「学事日程の尊重」を明記して、各企業に適正化を求める。

 経団連の今春の調査によると、技術系新卒採用の7割以上が修士。かつては修士2年時に、学校推薦など就職先が決まるケースが多かったが、最近は、学生自らが企業のホームページに登録して選考を受けるのが主流。製薬系の9月を先頭に、各企業も優秀な学生を確保しようと、採用活動が早期化、長期化していた。
 この「長期化」というのが問題なのだと思います。例えば、修士1年生の10月頃に卒業後の就職が決まってしまっていれば、その後1年半ゆっくりと修士論文研究に打ち込めますので、それならば学生にとっても企業にとってもメリットがあるように思えます。

 ところが、ほんの一握りの「売れっ子」学生を除く普通の学生にとっては、たとえ11月から活動を始めても早くて翌春、悪くすると翌秋まで就職活動が続くことになります。また、たとえ「売れっ子」だとしても1社が決まった時点で就活を終える学生はほとんどおらず、より希望ランクの高い会社の内定をいくつか取るまで、なかなか活動を終わりにできない心理もわかります。さらには、就活そのものが楽しくなって、研究室に戻ってこない学生もいると聞きます。

 このような状況の中で、企業に紳士協定にすぎない自粛を呼びかけてもほとんど効果はないでしょう。では、どうすれば良いのでしょう。

 一つの解決策としては、修士で卒業する学生は就職活動も含めて3年のコースを作ったら良いのかもしれません。博士課程に進学する場合には、修士は2年でも3年でも変わりはないと思いますが、就職活動で半年から1年間のブランクがあったとしても、3年という時間があれば最低限でも2年間研究に打ち込めると思いますので、これは企業にとっても学生にとってもメリットになるのではないでしょうか。

 文科省では「大学院の博士課程の年限を弾力化できるよう、年内にも大学院設置基準を改正することを決めた」そうですので、私としては珍しくこれは充分に考慮に値する現実的な提案になったと思います。
 今回の改正ではこの年限を各大学院の判断で変更、延長できることを明確化。例えば、「前期2年、後期3年」を「前期3年、後期3年」といった前期を重視したコースに組み替えることが容易になる。
 これを、博士後期課程に進学しない学生にも適用するだけですから、あまり問題はないと思いますがどうでしょうか。>文科省の方々
by stochinai | 2007-09-28 22:33 | 教育 | Comments(26)
 宮崎県の業者が台湾から輸入したウナギを宮崎県産と表示して売っていたというニュースがワイドショーなどを中心に盛り上がっているようですが、加工されたサカナの産地表示というのはもともとあいまいにすることがが許されているものではなかったかと記憶しています。つまり、たとえノルウェーで獲れたアジでも、伊豆で開きに加工されればそれは「伊豆産」のアジということで売っていたのではないでしょうか。(昔の話でした。

 さらに、例えばウナギはシラスを中国から輸入して日本で育てれば、それは浜名湖産とか宮崎産ということになるのでしょうが、それは産地偽装にはならないのでしょうか。まあ、今回は台湾から輸入したウナギを、宮崎の水で行水させただけで、宮崎産にしてしまったのですから強引といえば強引ですが、たとえばこれが1週間では短すぎるとしても、1ヶ月の肥育をした場合にはどうなるのか気になるところです。

 とここまで書いてちょっと気になって調べてみたのですが、実は「平成16年9月に、JAS法に基づく加工食品品質表示基準が改正され、生鮮食品に近い加工食品にも主な原材料 (原材料に占める重量割合が50%以上のもの)の産地表示が義務づけられ」て、「平成18年10月2日(月)製造分から、生鮮食品に近い加工食品(20食品群)に義務付けられた原料原産地表示が完全実施」されていたのですね。そう言えば最近、スーパーでやたらに、ノルウェー産とかロシア産のサカナが多くなったような気がしていたのですが、認識不足でした。(反省しています。

 おそらく、産地を表示せざるを得なくなったこの法律のせいで産地偽装が多くなったということかもしれません。というか、産地を表示してなければ普通に売れていたものが、不安を感じさせるような国(どこ?^^;)からの輸入だということになると、たとえ安くても売れ行きは落ちるのでしょう。見たり食べたりしても産地がわかるような消費者などそうそうたくさんはいないでしょうから、売る側としてはついつい悪魔のささやきに乗ってしまったということかもしれません。

 しかし、ワイドショーなどによれば、「やっているのはうちだけじゃない。調べれば、日本中が偽装をやっていることがわかるはずで、大変なことになる」などと居直っている業者もいるようなので、罪悪感はほとんどないようです。

 賞味期限を含め、食品の偽装というものは政治家の資金不正使用と同じように、まったくなくならないようです。ということは、いくら摘発しても撲滅することはできないということで、問題はそういう「不正」を認めてしまう社会(つまり我々)の側にもあるのではないかという気もしてきます。

 ミートホープの社長が居直って言っていたように、「安くて上手いものを買いたがる消費者にも問題があるんじゃないの」ということです。我々は、食品(に限りませんが)の品質や値段を正当に見極める能力に欠けていると思われます。では、どうすれば良いかというと、とりあえずは売る側が内容に関して消費者の信頼を売るような情報を付加して売るのが良いのではないかと感じています。そして、その情報内容に付加価値があると消費者が判断してくれて買ってくれるところで値段が決まるというシステムになれば良いのだと思います。

 これだけだとちょっと不安でしょうから、それぞれの業者が競合相手の業者の品質を調査して発表することを認めて、自社製品の販売戦略としてその調査結果を使うことを許してはどうかと思います。この方法だと、税金を使ったり調査機関を作ったりという、いわゆる社会的な費用が最小限ですむのではないでしょうか。我ながら、良いアイディアのような気がします(^^;)。

 もちろん、誹謗中傷するために競争相手の製品をことさら悪く発表するという悪質な業者も出てくるかもしれませんが、それは現行法の名誉毀損罪などで十分対応できるのではないでしょうか。

 考えてみると、この方法は競争があるところではいろいろなケースに適応できそうな気がしてきました。例えば、研究結果偽造問題などでも、研究者同士で競争相手の偽造を暴き合うというアイディアはどうでしょう。

 すべてがボロボロになってしまいますでしょうか?
by stochinai | 2007-09-27 19:02 | つぶやき | Comments(0)
 北アメリカの湖で足がたくさんあるカエルが1995年頃からたくさん見つかり始め、化学物質による水の汚染などが疑われていましたが、その原因が吸虫という寄生虫の感染によるものであるということが1999年に報告されてから、今はそれがほぼ通説になっています。

 ところが、その寄生虫が少しくらい感染しても、カエルは奇形になることはないということもわかり、寄生虫が大量に増えていることこそがカエルの奇形の原因になっているということがわかりました。

 この寄生虫はカエルに寄生する前に、中間宿主として巻き貝に寄生します。巻き貝は水中に繁殖した藻類を食べて育ちます。藻類が増えると、巻き貝も増えて大型化し、そういう状況では寄生虫が中間宿主を見つけやすくなるため、やはりどんどん増えるのだそうです。

 風が吹くと桶屋が儲かるみたいな話ですが、結局湖で藻類が大繁殖したことがカエルの奇形の原因ということになります。なぜ藻類が大繁殖するのかということが、この度実験的に証明され論文で発表されました。

 それは、農業用の肥料に含まれるリン酸やチッソが湖に流れ込み富栄養化したことが藻類大繁殖の原因であり、それはもちろん人間が引き起こしたことであることがはっきりしたというものです。
c0025115_22575433.jpg
 奇形のカエルがたくさん見つかった時、最初は化学物質汚染ではないかという恐怖がニュースになり、その後寄生虫が原因なので化学物質のせいではないと安心していたのですが、やはり肥料という人間が作った化学物質がカエルの奇形を引き起こしていたというところに落ち着いたということになります。

 上の写真は、それを報告した論文の中にあった実験水槽、寄生虫、中間宿主の巻き貝、奇形カエルなどの写真です。

 原典はこちらです。

Aquatic eutrophication promotes pathogenic infection in amphibians
Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 10.1073/pnas.0707763104
Published online before print September 24, 2007


 原著論文はちょっとという方には、New Scientist の解説があります。

Frog deformities linked to farm pollution
* 11:31 25 September 2007
* NewScientist.com news service


 ちょっと前に、ツボカビがカエルを殺すということが大きなニュースになっていました。しかし、よく調べてみるとツボカビはカエルの大量死が報告されるよりもずっと昔からいたようですし、意外とたくさんのカエルがツボカビに感染してもそう簡単には死なないということもわかってきたようです。今回の動物学会でも、広島大学の両生類研究所の方がツボカビを日本のカエルに感染させる実験を発表していましたが、ツボカビに感染したからといって実験室では特にカエルの死亡率が上がるというような結果は得られなかったということです。(対照群もいっぱい死んでいたので、あまりきれいな実験結果ではありませんでしたが、、、、。)

 とういわけで私は、個人的にはツボカビに関しても、意外と人間が原因の死亡率増大要因が発見されるような気がしてならないのですが、さてどうなりますか。
by stochinai | 2007-09-26 23:13 | 生物学 | Comments(1)
 学会から帰ってみると、サラセニアの花が散っていました。花びらがなくなってみると、花の構造がはっきりと見えてくるのですが、その雌しべの形を見て驚かされました。
c0025115_21364340.jpg

 花が咲いたばかりの時に、花びらの中から顔をのぞかせていた緑色のものが、なんと雌しべの先(柱頭?)だったことがわかります。その写真を再掲します。
c0025115_09434.jpg
 雌しべの根元のふくらが子房だと思いますが、その横に枯れて落ちそびれた雄しべがついています。花弁は残っていませんが雄しべと同じところからその外側にありました。これで、雌しべ、雄しべ、花弁の関係が非常にはっきりとわかります。

 この花は虫媒花なのだそうで、花弁と雌しべによって作られた「部屋」の中に雄しべがあり、そこに虫が入ってきて蜜や花粉を集めて出ていく場所は、のれんのように垂れ下がった花弁のすき間から突き出た雌しべの頭ということで、効率的に授粉が保証される構造になっていることが良くわかります。

 「進化の巧み」としか言いようのないたくさんの虫媒花を見るたびに驚かされるものですが、このパターンのものは始めて見ました。実際に虫が潜り込むところを見てみたいものです。


 ここに花の断面を示した写真があります。


 と思ったら、Wikipediaにはもっとはっきりと示された写真がありました。図をクリックするたびに2回大きくなりますので、じっくりとご覧下さい。

by stochinai | 2007-09-25 21:56 | 趣味 | Comments(2)

求人の年齢制限の禁止

 10月1日に改正雇用対策法が施行されます。改正内容は厚労省の資料によると要するにこういうことです。
c0025115_23405578.jpg
 読売ニュースによると、「ハローワークでの求人だけでなく、民間の職業紹介や求人広告でも、『年齢の壁』が取り除かれる。中高年や30歳を超えた年長フリーターなどの就職機会を広げる狙いだ」とのことです。

 もちろん、ここで取り上げているのですから、私の頭にはポスドク問題があります。ポスドクの雇用に関しては、35歳くらいを境に新たなポスドクに雇用されにくくなるという「噂」もありますし、大学の助手・助教の採用に関しても、35歳くらいが採用の山場あるいは厳しくなり始める年代という認識があるのではないでしょうか。

 それが、今後はこうなります。
c0025115_23455392.jpg
 実は今までの雇用対策法でも、「募集や採用時の年齢制限をなくすこと」が、企業の努力義務とされていたようなのですが、違反することは違法でもなんでもありませんでしたから、ほとんどの求人広告には採用年齢制限や希望年齢が書かれていたと思います。今後は、罰則はないもののそうした行為はすべて「違法」となり、行政指導が行われることになります。

 ただし、やはり例外も設定されています。
c0025115_23503614.jpg
 なかなかわかりにくいのですが、読売さんが解説するとこうなります。
 例外的に年齢制限が認められるのは、合理的な理由がある場合だけだ。具体的には、定年が60歳である企業が「60歳未満」と明記したり、演劇の子役として「10歳以下」に限定して募集したりする事例に限られる。
 特に期限付き雇用の場合には年齢制限が厳しく禁止されているようなので、ポスドクや最近多くなっている期限付きの教員・研究員の雇用に関しては年齢制限をすることはできなくなります。

 そして、たとえテニュアの採用だとしても年齢制限できるのは定年以下ということなので、任期なしの助教だとしても大学の定年が65歳であるならば、「65歳以下」以外の制限をつけることはできなくなると理解されます。

 ポスドクの高齢化が問題になっている現在、この年齢制限の撤廃が一縷の希望になってくれることを期待したいところです。

 ただし雇う側にも言い分はあるでしょうから、この法律と表裏一体として、「同一労働同一賃金」も受け入れなければならないような気がします。つまり、25歳のポスドクでも35歳のポスドクでも、同じ仕事をするならばほぼ同じ給料ということにすることです。雇う側としては、同じ仕事をさせるならば、より給料が安い方を選んでしまうことは当たり前でしょうから、これは致し方ないと思います。

 もうひとつ、3号のニに書いているように、「特定の年齢層の雇用を促進する施策(国の施策を活用しようとする場合に限る。)の対象となる者に限定して募集・採用する場合」には、逆差別をすることも許されるという一項も気になります。たとえば35-40歳のポスドクの採用を積極的に行うという国の施策が出てきたならば、その人たちを優先的に採用する求人は可能だということです。

 政府がポスドク1万人計画の過ちを認めて、この法律を逆手にとった雇用政策を打ち出してくれることも期待したいところです。(官庁などの採用に関しては、そんなことを言っていたような記憶もあります。)
by stochinai | 2007-09-24 23:55 | つぶやき | Comments(16)

陸路札幌へ

 日曜日の今日は、動物学会の市民参加イベント「動物学ひろば」が行われました。我が研究室も普段実験でお世話になっている「オスがいなくても卵を生んで殖える」ミジンコ、ミステリークレイフィッシュ、カブトエビ(これは実物なし)を生きたまま札幌から運び込んで展示しました。私は大学院生トリオに後をまかせて、イベント終了前に帰らせていただきました。

 今回の弘前は異常な暑さにみまわれ、9月としては史上初めての30℃越えの中での過酷な学会となりましたが、一昨日からはなんとか平年並みに戻ってくれたようで、さわやかな秋の印象を記憶に残して弘前を離れることができました。下は、JR車窓から見たたわわに実る稲穂です。
c0025115_020356.jpg
 青函トンネルで地続きになっているにもかかわらず、弘前から札幌までは弘前-青森、青森-函館、函館-札幌と3回乗り継がなければなりませんので、函館までくるとようやくホッとします。
c0025115_024964.jpg
 函館駅の1番2番ホーム。
c0025115_0243358.jpg
 左が、札幌行きです。
c0025115_0254592.jpg
 北斗はかなり古い車両でした。
c0025115_0262980.jpg
 ホーム反対側には、カッコいい白鳥も停車中でした。
c0025115_028860.jpg
 北斗の車両は古いには古いのですが、それにはそれなりにおもしろいものがあるもので、、すべて漢字の車両状態の表示パネルは懐かしく、旅の哀愁を感じさせてくれます。
c0025115_030398.jpg
 札幌着は夜9時半すぎでした。気温は15℃くらいということでしたが、季節はずれの猛暑で暑い日々を過ごしてきた後ではなおさら、肌寒い空気がとても気持ち良く、「帰ってきた!」ことを実感しています。
by stochinai | 2007-09-23 23:56 | 札幌・北海道 | Comments(0)

学術プログラム終了

 動物学会3日目、全学術プログラムが終了しました。あとは、明日の市民公開プログラ「動物学ひろば」を残すのみです。

 弘前大学から、岩木山が見えることに気がつきました。さすがに美しいですね。
c0025115_2291195.jpg
 最後の夜は、駅周辺をうろついて素晴らしい店を発見しました。もうすぐ区画整理で移動しなければならないということですが、弘前のお袋の味を堪能できる巣払い素晴らしい店でした。
c0025115_2311637.jpg
 駅前の東横インの裏です。おかあさんが元気なうちに、みなさまどうそ。
by stochinai | 2007-09-22 23:25 | 生物学 | Comments(2)

風わたり泥も乾きて春の草             嵐雪


by stochinai