5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 02月 ( 37 )   > この月の画像一覧

 NHKのニュースで、せっかくの地産地消のお弁当を作っても、小さくて高いので売れ行きは今ひとつということを言っていました。

 誰だって毒入りの食べ物を食べたいとは思わないけれども、お金がないのであれば、毒が入っている可能性が高くて安いものと、毒が入っている可能性が低くて高いものが目の前に出されたら、迷うのが貧乏人の性(さが)というものではないでしょうか。

 昨日は中国当局が、ギョウザ事件で農薬が入ったのは日本なのではないかというような発表を行っていたようです。

 中国がこれほど強気の発言をするということは、日本が中国からの食品輸入なしではやっていけないということに自信を持ち、こちらの足下を見ているということなのかもしれません。悔しいことですが、食糧自給率39%ということが国際的に認知されているわけですから、仕方がないというところでしょうか。

 コープさっぽろは、3月からコープブランドの自主開発製品のうち、中国製の販売を中止すると言っているようです。店にいっても販売されていないのであれば買うチャンスは減るので、生協で買い物をすることが多い人は、少しは危険なものから遠ざかれることになるかもしれません。

 コープは昔はちょっと高めの価格設定でも、安心で安全なものを売ってがんばっていた時代があったと思います。しかし、そのやり方では必ずしもたくさんの顧客を獲得することができずにかなり苦しい時代が続いていたのですが、最近は価格競争でもかなり強くなってきていたと感じていました。ところがその陰に、大量の中国からの製品買い付けがあったということが暴露されてしまいました。

 しかし、ここで原点に立ち戻ることでコープはやっていけるのでしょうか。コープで販売しているものの価格が全体的に高いという評判が立ってくると、たとえ安心・安全を売っていると主張してもお客さんがだんだんと減っていくような気はします。

 要するに、日本全体が貧困になってしまったということなのかもしれません。貧困な人間にとっては、食の安全よりは餓死しないことのほうがはるかに優先度が高い項目です。

 食糧の自給率が低いというのは、食料輸入自由化を含むグローバリゼーションを推進した政府の責任だという気もしますが、ここまで来てしまった以上いたずらに政府を責めても事態は解決しないでしょうから、どうすれば良いのか考えなければなりません。

 とりあえず、今の日本は外国から食糧を輸入せざるを得ないという状況を前提として、輸入元の生産現場にまで日本の技術者が介入していくということはどうでしょうか。日本人の口にはいるものは、たとえ輸入するものであっても入り口から管理するということは可能なのではないでしょうか。あるいは、狂牛病の全頭検査に近いことをやるのも同じ効果が得られそうです。とりあえずは、どちらでも良いと思いますが、選ぶとすれば価格に及ぼす影響の少ない方ということになるでしょうか。

 一番良いのは、生産者が消費者に危険なものを食べさせるわけにはいかない、と思ってくれるような「人間的なつながり」を作ることなのでしょうが、何千キロも離れたところにいる外国人に対してそのような気持ちを持つということも、またあり得なさそうです。

 ともかく、安全性を犠牲にした価格競争をさせないためのルールが必要なのだと思います。
by stochinai | 2008-02-29 22:25 | つぶやき | Comments(11)
 BNNニュースによると、やはり今年は雪が多いようです。

 札幌市内の降雪量 8区で平均値を突破 

 毎朝、1時間近くも除雪に時間をとられている人間としては、1月までは雪が少なかったものの2月になってからの降雪量は絶対にいつもより多いと泣いておりましたが、このニュースでそれが数値的にも正しいと裏付けられました。
 札幌市内における28日時点の累計降雪量は北区、豊平区を除いた8区で過去5年間の平均値を超えた。中でも厚別区と西区は平均値より100センチ以上多い降雪量となっている。
 とは言え、気象台によるとこの冬の降雪量は平年(過去30年間の同日平均値)並みという発表です。つまり、過去5年は平年よりも雪が少なく、地球温暖化の影響かとも言われてもいました。しかしこの冬、温暖化と大雪が同時に来ることは珍しいことではないと実感しています。(そういえば、去年の夏が暑かったので、この冬は大雪になると言われていたのですが、1月頃までの少雪でそんな予想のことは、みんなすっかり忘れていました。)

 累計降雪量は、去年と比べると札幌の中心地である中央区ではそれほど変わっていないものの、北大のある北区や私の自宅のある東区などでは、約1メートル多く降っています。

 中央区  今年度:367センチ  昨年度:356センチ

 北区  今年度:451センチ  昨年度:361センチ

 東区  今年度:456センチ  昨年度:365センチ

 累計降雪量と実際に今目の前に積もっている雪の量(積雪量)は対応しないものなのですが、札幌市の雪対策室計画課によると、降雪量は平年並みであるにもかかわらず「28日の積雪量は105センチとなり、平年よりも30センチほど多い」とのことです。要するに、2月になってまとまって降っているので、冬全体としては平年並みでも、現時点で積もっている雪が多くなっているということです。

 最近は、そこまでやらなくても良いのではないかというくらい一所懸命除雪をするようになりましたので、雪が多いか少ないかで経費が大きく動きます。今年の札幌市の除雪費予算は144億4000万円なのだそうで、現時点では足りると考えられているようですが、雪が多かった2004年度は20億円、2005年度は25億円の追加が必要でした。一方、昨年は雪が少なく19億4600万円余りました。ちなみに昨年の予算は、今年よりも多い145億5000万円。前の年の雪の量に引っ張られて予算が上下するのですが、いつも天候には裏切られてしまいます。

 さすがに、これからの大雪というのは予想されていないようですし、私としても考えたくもない話で、勘弁願いたいところです。実は、私が札幌にいない時には大雪が降るというジンクスがあるのですが、来週の3~5日には出張があります。大雪にならないことを祈るばかりです。

 しかし、大雪になって飛行機が飛ばないとなると出張にも行けないことになるので、出張がないと大雪にはならないということで、ジンクスを満足するためには大雪はあり得ないという結論になります。その線で、よろしくお願いします。>天気の神様へ
by stochinai | 2008-02-28 19:10 | 札幌・北海道 | Comments(2)
 情報考学さんからの情報転載です。

 特別なソフトがなくても、ウィンドウズならばスクリーンショットを撮るキーまでがついていますし、Altキーと併用するとアクティブウィンドウだけのショットも撮れます。しかし、まるまんまのスクリーンショットを使うことはあまりなく、なんらかの画像処理ソフトで切り取って使うということが多いのではないでしょうか。私も、今まではウィンドウズの機能でキャプチャーして、とIrfanViewというフリーソフトで切り取って使っていました。

 情報考学さんのところで紹介されていたDtCutというフリーソフトを使うと、領域を選択してキャプチャーができるのです。しかも、一回の操作で取り込だファイルを保存するところまでできてしまうというすぐれもののソフトです。この写真は情報考学さんのやり方をパクったもので、DtCutを二重起動させて、外側のプログラムでもうひとつの働いているDtCutを切り取ったものです。

 文字が読みにくい方は、クリックして別画面でご覧下さい。
c0025115_2174252.jpg
 枠をちょっと左に移動してみましょう。
c0025115_2183622.jpg
 さらには、書きかけのこの画面をキャプチャーするなどという芸もできます。なんか不思議なタイムマシン感覚です。
c0025115_21103890.jpg


 ダウンロードはこちらからどうぞ。DtCut、現在Ver20.8です。

 ただ、私にはひとつだけ不満があって、キャプチャーファイルがデフォルトではBMPなので、私が主に使うJPGにするにはファイル保存のところで、形式保存をやらなければならないのです。しかし、それもプログラムを立ち上げている間は記憶しておいてくれるので、まあ我慢できます。

 最後に使い方の一部を切り取って貼っておきます。
c0025115_21153968.jpg
 お薦めです。
by stochinai | 2008-02-27 21:20 | コンピューター・ネット | Comments(2)
 日本で使われているポリオ(小児マヒ)のワクチンは、生ワクチンといって生きたウイルスをシロップに溶いたものを飲む方式で投与されています。もちろん生きたウイルスといっても、毒性が弱く投与されてからからだの中で増殖したとしても、脊髄に損傷を起こすことはほとんどない「弱毒株」ですから、そんなに心配することはないのですが、それでも「副作用として約四百五十万回に一回程度、まひが出現するとされ」ているようで、今回もその宝くじのような確率で不幸にあった赤ちゃんが出てしまいました。北海道のことですので、北海道新聞を引用しておきます。

 ワクチンでポリオ発症 男の子の乳児 下肢にまひ、治療 上川

 たとえ弱毒株といっても、生きたウイルスですので投与された子ともの体内で増殖し、免疫ができて体内から排除される前に突然変異を起こして毒性を増したり、さらに子供の母親に感染してそちらを発症させたりという事故がまれに起こってしまうのでしょう。

 ウイルスの進化速度はヒトの数百万倍という計算がされているほど、急速に遺伝子が変化するので、やはり「生きた」状態で扱うと危険が伴うことを意識している必要があります。

 今回の男の子は、1歳未満だった昨年の11月中旬にワクチン投与を受けて、12月に発熱や下肢のマヒが出て、入院していたところ、今年の2月に便からポリオウイルスが確認されたということです。野生株の危険なポリオならば、感染から数日でマヒが出るそうなので、この場合は子供のからだの中で排除されずにじわじわと毒性を増してきたのかもしれません。注意はする必要がありますが、日本人の多くはワクチン投与によりポリオに免疫になっていますので、この子の中で突然変異が起こったウイルスが外へ出たとしても、それほど脅威になるものではないと思われます。

 欧米では「生きた」ウイルスの生ワクチンではなく、遺伝子の複製作用を失った「不活化ワクチン」が主流になっているのだそうですが、複数回生ワクチンよりも多数回投与しなければならないとか、免疫の確立が遅いとかいろいろと面倒なことが多いので、日本では未だに不活化ワクチンへの移行が進んでいないというのが現状のようです。

 投与された人の大多数が感染するというわけでもないので、薬害というのはどうかと思いますが、ワクチン投与が原因で発症してしまったことはほぼ確実なのですから、不運な事故にあったということで国がケアしてしかるべきケースだと思います。

 病気というのは、患者さんの数が少なすぎるとなかなか対応されないのがお気の毒ですね。
by stochinai | 2008-02-26 23:13 | つぶやき | Comments(9)
 「日々の戯言~研究とか薬とかST250とか~」ikettieさんのところで知りました。

 第四回・「博士の生き方」アンケート実施中!だそうですので、私も勝手に応援の情報転載をさせていただきます。

 第4回アンケート調査の実施
    回答受付期間:2008年2月25日~2008年3月12日

 「今回の調査では、博士課程の学生の職業選択がどのような「きっかけ」でなされるのかをみたいと考えております」ということで、アンケートの対象者は博士課程修了者(中退者含む)と今年度、博士課程修了予定の方(中退予定も含む)だそうですので、該当者のご協力をお願いいたします。

 アンケート調査は数が命です。1人でも多くの方が参加されるほど、データが力になります。

 どうぞよろしくお願いいたします。
by stochinai | 2008-02-26 21:33 | 科学一般 | Comments(2)
 北海道新聞で報道されて、結構あちこちで引用されているようですので、私が黙っているのも変なので、軽くコメントをしておきたいと思います。

 北大入試 「文類」「理類」復活へ 11年度にも 学部別募集も継続
 北大はかつて「文類」「理類」など学部を横断する単位で学生を募集し、教養部所属の後に成績順で各学部に振り分ける方式を採用。その後、入学時から専門性を高めるため、「文1」「理2」などによるやや細分化した枠での募集を経て、一九九五年度に現行の学部別募集に移行した。

 予定通り一一年度から文類、理類の「大くくり」での試験導入が決まれば、十六年ぶりの大幅な制度改正となる。
 ここでも何度か触れたことがあると思いますが、私が受験した頃の北大は医進、歯進、水産類以外は理類と文類というくくりで入試が行われていました。その頃は、生物はまったく人気がなく、今では考えられないことですが、理類1200人中1000番以下でも、獣医学部や理学部生物に進学する学生が普通にいたものです。

 それが、1979年から文類は文I、文II、文III、理類は理I(数物)、理II(化),理III(生物)、に細分化されました。医歯進、水産には手がつけられませんでした。

 そして、1995年からはさらに細分化して、学部別募集になっています。学部別募集といっても、理学部などは学科による学問的分野の差が大きいため、4つの系(数理系、物理系、化学系、生物系)という事実上の学科別募集を行ってきたのですが、2006年から5重点選抜群(数学、物理、化学、生物、地学)という方式になっています。この方式では、どの重点選抜群を選んだかとは無関係に、入学後1年半の間は「理学部生という一つのプール」に入れられひとくくりの教育を受けた後に、2年生後期から学科に分属することになっています。

 昨年、この方式によるはじめての学部分属があったばかりの制度なのですが、これがまた3年後の2011年にはご破算になり、全学的な系あるいは類による大くくりの募集になるということになるようです。

 先日のICUのニュースで書いた私のエントリー「大学入学まで専攻分野を決めない」にもあるように、私は大きなくくりの入試に賛成です。ですから、今回の北大の「旧体制への復帰」には基本的に賛成なのですが、コロコロと制度をいじりまわすその軽さには、(私も制度改変の責任の一端を追うべき立場にあることを自覚した上で、自己)批判をしておかなければならないと思っています。ネコの目のような制度改革の繰り返しのために、最近の大学には常に複数の制度の下で入学した学生が共存している状態がずっと続いています。この状態の下では、全体を正確に把握している学生も教員も少なく、それに留年などが重なるともはやカオスです。

 そして、何よりも問題だと思うのは、入試制度改革がいつも学部・学科の都合(人気の低下・偏差値の低下)に原因があって提案され、実行されているように見えることです。私の知る限り、学生の教育をどうすべきかという見地から新しい制度が提案されたという記憶はまったくありません。その証拠が、今回の32年前の制度への復帰ということにはならないでしょうか。記事にも書いてあります。 
北大は○七年度、大学全体の入学者に占める道外出身者の割合が初めて五割を下回った。大学内で「全国レベルで優秀な学生を集めなければ、世界の研究・教育拠点としての地盤が揺らぎかねない」との危機感が強まっていることが、こうした入試改革の背景にある。
 そして、次の記述は廃止した「教養部」の復活を意味しているのではないでしょうか。
 北大は文類、理類枠で入学した学生の受け皿となる「総合教育部」の導入も検討。部内に文系や理系などのコースを置き、学生は二年進級時の成績によって所属学部を選べるようにする方向。旧教養部のように専属の教官は配置しない。
 今までの「改革」は間違ったことだったと反省し、今度こそ50年・100年使える制度を作ろうというのであれば、私も全面的に協力を惜しまないつもりなのですが、この「新しい」制度も結局グルグル回る観覧車が一周したから戻って来ただけなのだとすると、また5年10年後には捨て去られることになるような気がしてなりません。

 大学を考えるで書かれているように、「入試とカリキュラムは連動していないといけません。したがって、検討しているという『総合教育部』のような存在は必須でしょう。全学部の教員が、総合教育部に携わることになるのでしょう」ということになれば良いのですが、現実には現在でもなお引きずられている「旧教養部の教員定員と連動して動いている全学教育の集中的負担」がリセットされない限り、学生に不人気に「パンキョウ=一般教養」が解消されることにはならないと思います。

 変えるべきは制度ではなく、大学人の意識と姿勢なのですが。
by STOCHINAI | 2008-02-25 23:16 | 大学・高等教育 | Comments(0)
 今日発売になった『サッポロ一番 中華そば本舗 旨み醤油ラーメン』 をいち早く送っていただきましたので、試食レポートです。2個、届きました。
c0025115_1982994.jpg
 ホームページを見ると、本日発売であることがわかります。

 早速作ってみました。普通の「3分間、待つのだぞ」タイプです。
c0025115_1914973.jpg
 フタの上には「風味の素オイル」が乗っていますが、もちろんこれはお湯を入れて3分待って、できあがってから入れるものです。カップラーメンにオイルの入った調味液がついているものの場合には、その袋を熱いフタの上に載せておきましょう。そうすると、オイルが溶けて注ぎやすくなります。
c0025115_19132346.jpg
 お湯を入れる前です。フタのうらに「ショートストーリー」が書かれているのがわかりますが、それもできあがってからのお楽しみ。
c0025115_19145040.jpg
 3分後、フタを取ってオイルをかけたところです。メンマと醤油の香りが、たしかに懐かしい感じです。
c0025115_19152195.jpg
 見たところタレが薄く見えますが、このままで食べると深いところに茶色の濃い液が不均等に分布していますので、よ~くよ~く混ぜてから食べてください。ラーメンを食べながら、フタの裏のショートストーリーでも読みましょう。
c0025115_19211362.jpg
 あっという間に読んでしまった人は、このサイトで日本中でこういうラーメンが食べられていた昭和30年代、40年代、50年代の日本を懐かしみましょう。年表は、いろいろなことを思い出させてくれます。

 最近の複雑な味のラーメンを食べ慣れた舌には、ちょっとストレートすぎると感じられなくもないのですが、こういうラーメンもあったよねということで時々食べたくなる味かも知れません。私にはちょっと塩味が濃い気がしたので、次回はお湯を多めに入れてみたいと思っています。
c0025115_19291375.jpg
 カップが紙なのは、大賛成です。

 ごちそうさまでした。
by STOCHINAI | 2008-02-25 19:39 | つぶやき | Comments(0)
 主に高校生を対象としているそうですが、それ以外の方も参加可能だそうです。CoSTEPからの案内を(基本的に)そのまま転載します。

----------------------------------------------------------------------
 この度、北海道大学 科学技術コミュニケーター養成ユニット(CoSTEP)では、高校生のためのイベント『北海道大学 エコ・ガイダンス in 東京』を下記のとおり開催することになりましたCoSTEPの実習の一環として受講生が企画、運営するイベントであると同時に、洞爺湖サミットに向けての北海道大学の全学的取り組み「サステナビリティ・マラソン」の一環でもあります。高校生を主対象としておりますが、それ以外の方も参加可能です。お近くに関心のありそうな方がいらっしゃいましたら、ぜひご案内いただけますようよろしくお願い申し上げます。

**************************************************
北海道大学の研究者と学生が、東京・表参道で「環境」をキーワードに語り合う
『北海道大学 エコ・ガイダンス in 東京』
**************************************************

と き:3月8日(土)PM 2:00~3:30 ※PM1:30より開場
ところ:環境パートナーシップオフィスEPO
    (東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B2F)
    http://www.geic.or.jp/geic/intro/access.html
主 催:北海道大学 科学技術コミュニケーター養成ユニット(CoSTEP)
    http://costep.hucc.hokudai.ac.jp/
※文部科学省の「科学技術振興調整費・新興分野人材養成プログラム」に採択され、2005年10月に北海道大学が開設した、科学技術コミュニケーターを育てるための教育組織です。科学技術コミュニケーターとは、科学技術の専門家と一般市民との間で、科学技術をめぐる社会的諸課題について双方向的なコミュニケーションを確立し、国民各層に科学技術の社会的重要さ、それを学ぶことの意義や楽しさを効果的に伝達しうる人材です。
協 賛:北海道大学 工学部 ヒューマンリソース推進部

■プログラム概要
パートA:キャンパス・エコツアー 「一緒に北大キャンパスのエコポイントを回ろう!」
 実際のキャンパスの映像を用いながら、環境に関する研究に取り組む北大生が各ポイントを案内します。

パートB:トークセッション「環境と調和する持続可能な社会に向けて」
 「今、必要な技術」のための研究・開発を通じて環境の価値、環境と共存することの重要性・可能性を伝えます。

  ゲスト
  ・信濃 卓郎氏(大学院農学研究院 生物資源生産学部門 准教授)
根圏微生物と植物の共生関係の確立について研究し、植物が元々持つ能力を農業に活用することを試みられています。

  ・須田 孝徳氏(大学院工学研究科 材料科学専攻 助教)
水素吸蔵合金のさまざまな物性を研究されています。この成果を活かして、他の先生と一緒にローエネルギーハウスで未来のエネルギー貯蔵方法・水素燃料電池を開発中です。

 併せて、実際に北海道大学キャンパスで行ったエコツアーで使用した「自分で作るキャンパス・ガイドブック」「ミッションシート(ガイドポイントに関する設問が書かれた子ども向けのMAP)」「音声ガイド」も展示します。

■参加対象:高校生(一般の方でも構いません)
■定員:50名 ※先着順となります。
■締切:3月5日(水)必着
■お申し込み方法:
 1)氏名(ふりがな)、2)年齢、3)学校名・学年、4)E-maiを明記の上、下記のお申し込み先までE-mailでお申し込みください。
 ※このお申し込みでいただいた情報は、このイベントの受付や連絡、企画の参考とする以外の目的で利用することはありません。
■お申し込み・お問い合わせ先:
 北海道大学 科学技術コミュニケーター養成ユニット(CoSTEP)
 E-mail ecotour@costep.hucc.hokudai.ac.jp(全角@を半角@に変えてお使い下さい。)
 ※お申し込みのE-mailをお受け取り後、折り返しE-mailにて受付完了または定員満了のご連絡を行います。3日以内に連絡がない場合、お手数ですが再度お問い合わせください。

※同じ内容を、以下のURLでも見ることが出来ます。
http://costep.hucc.hokudai.ac.jp/event/detail.php?id=81&type=event
※イベントのポスターのデータです。
http://sw2008.jp/marathon/img/CoSTEP0308.pdf
----------------------------------------------------------------------
by STOCHINAI | 2008-02-25 18:36 | 教育 | Comments(0)
 1週間前にも大雪が降りましたが、その時はバードテーブルが完全に雪に埋まったとはいっても、それがどこにあるかはわかる状態でした。その時の写真を再掲します。
c0025115_0503223.jpg
 ところが、昨日の大雪は今年一番の積雪になったということで、庭を見渡してもどこにバードテーブルの痕跡すら見出すことができません。
c0025115_2171637.jpg
 風で吹きだまったこともあるのですが40-60センチの積雪というのが実感です。

 というわけで、道路の除雪とガレージの上に1メートル近く積もった雪をおろすことで、今日1日が終わってしまいました。融雪のために灯油を消費し炭酸ガスをかなり放出してしまいましたが、それ以上に身体中の筋肉がずたずたになった感覚です。

 もちろん、我が家だけが豪雪の被害にあったわけではなく、北海道全域で交通が麻痺状態になっており、飛行機やJRの運行中止だけではなく、たくさんの自動車が走行不能になり路上で一夜を明かした人もたくさんいたようです。

 それでも、気温は低いのですがご覧のように天候は回復したため、明日からは交通網も平常に戻ることが期待されています。

 しかし、明日予定されていた北海道大学の入学試験(前期日程)は、道外からの受験生で札幌入りできなかった人が多いという判断から1日順延されることになりました。
* 2月25日(月)の北海道大学入学試験は,雪害による交通機関の混乱のため,2月26日(火)に延期します。なお,試験時間及び試験会場は当初予定どおりです。引き続きホームページに情報を掲載しますので,ご注意願います。
 この措置で、航空券や宿泊関係に緊急の変更が必要になる方もいらっしゃると思います。北大生協の旅行部で、紹介業務をしているようですので、ご照会ください。
新たに26日(試験の日)のホテルが必要になった方に、大学内でホテルのご紹介をします。航空券の新たな手配もたまわります。キャンパス南端の生協会館店1階旅行センターにおいでいただくか、電話(011-746-6237)でお問い合わせください。営業時間は平日の10時から19時までです。
 センター試験ではなく本試験の受験日の繰り延べというのは前代未聞のような気がしますが、相手が地球環境ではあきらめるしかありません。

 受験生諸君には、これで1日心を落ち着かせるための余裕ができたと考えていただき、平静に受験に臨まれることを期待します。春に講義室で会えることを楽しみにしています。

 Do your very best!
by stochinai | 2008-02-24 21:32 | 大学・高等教育 | Comments(0)

外は豪雪、室内は春

 先週末に続いて、今週末も豪雪に見舞われている札幌です。降水レーダー図は気象庁からお借りしました。
c0025115_22184677.jpg
 急速な積雪で除雪が間に合わず、あちこちの脇道では車が雪に埋まって動けなくなっているようです。こんな日は、タクシーも脇道に入るのをいやがりますが、無理もありません。

 さらに、夕方から異常な速さで気温が低下してきております。気象データはweathernewsさんから、拝借しました。
c0025115_2262437.jpg

 この気温の下で除雪をするのはあまりにもつらいので、今夜は雪は放置して明日になってからすることにします。

 外はこんなに厳しい嵐なのですが、室内に置いてある植物たちは敏感に春を感じているようで、一度完全に葉を落として枯れてしまったのではないかと心配させられたフクシアも元気に花を咲かせ始めました。
c0025115_22143826.jpg
 春を思いながら、残りわずかな冬は淡々とやり過ごしたいものです。
by stochinai | 2008-02-23 22:23 | 札幌・北海道 | Comments(0)

今日二つ三つ朝顔の通り道          稲畑廣太郎


by stochinai