5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 06月 ( 41 )   > この月の画像一覧

 今日のPNASに出た論文ですが、早速ナショナルジオグラフィックニュース(日本語版、英語版)に取り上げられていました。

混成種サンショウウオが在来種の脅威に

Hybrid "Superpredator" Invading California Ponds

 英語のタイトルにある "Superpredator" (スーパー・プレデター)が日本語だと「脅威」になってしまっていますが、イマイチその恐ろしさのニュアンスが伝わってきませんね。「雑種の超プレデターがカリフォルニアを震え上がらせている」くらいの訳がいいかもしれません。

 原著論文はこちら Invasive hybrid tiger salamander genotypes impact native amphibians です。オープンアクセスですので、どなたでも読めます。
c0025115_21301844.jpg
 初めて知ったのですが、アメリカではバス釣りの生き餌としてサンショウウオの幼生を使うのだそうで、バス釣りの餌販売業者がテキサスから大量のサンショウウオ(ヨコシマ・タイガー・サラマンダーAmbystoma tigrinum mavortium)を、60年ほど前から運び込んでいるものが、カリフォルニアで生き延びているようです。地元にはもともと近縁種のサンショウウオ(カリフォルニア・タイガー・サラマンダーAmbystoma californiense)がいたのですが、そちらは絶滅危惧種に指定されるほど数が減っている反面、なんと雑種がどんどん増えているとのこと。

 この雑種というのが、写真で見るとわかりますが巨大で毒々しい模様をもっており、カリフォルニア・タイガー・サラマンダーを初め、カエルやイモリの幼生も食べまくっているようです。
c0025115_21264783.jpg
 左端Aが在来種で最大のもの、Bが最小のもの。Cが雑種で最小のもので、Dが雑種で最大のものです。すごい迫力ですね。欲しい気もします(笑)。EとFが食べられるイモリとカエルのオタマジャクシです。

 雑種でなくとも、サンショウウオは幼生も成体も肉食で、共食いもすれば、他の動物も食べるとは思いますが、この雑種がひときわどう猛で生命力が強いので目立つのかもしれません。まあ、昔から「雑種強勢」という現象も知られており、そういう意味で強いということなのかもしれません。
c0025115_21361996.jpg
 この写真は、左端が在来種で、右端が移入種、その間に20代以上続いた雑種(E)、F1(D)、F2(C)、在来種と雑種の戻し交配(B)、移入種と雑種の戻し交配(F)が並んでいます。ちょっと不謹慎ですが、かわいいですね。

 移入種問題はいつも悩みの種ですが、これももう60年以上も続いてこうなったというのであるならば、もはやどうにかできるというものではないように思います。

 原因を作ったのはここでも人間なのですが・・・。
by stochinai | 2009-06-30 21:53 | 生物学 | Comments(4)

東京でのKitaca利用

 土曜日の東京出張では、はじめてKitacaを都内で使ってみました。Suicaとの互換利用です。

 羽田から浜松町までのトウキョウモノレールと、JR山手線です。慣れた人のふりをして、お財布から出さすに使ってみました。

 長い財布の右側にKitaca、左側にANA-Edyカードが入っていたのですが、最初に使ったときにはANAカードの側を読み取り部にタッチさせてしまいゲートに阻まれるという失敗をしてしまいましたが、その後は快調に通過できるようになりました。

 これが、その時の使用記録です。
c0025115_20244568.jpg
 財布の革を3枚隔てても何の問題もなく一瞬で読み取ってくれました。

 実は、東京モノレールとJR山手線は土日祝祭日は500円で乗り継ぎできるというサービスがあるのを知っていたのですが、今回はあえて実験をしてみました。やはり、カードではサービス料金にはならず620円と片道120円も超過料金をとられてしまいました。コンピューターのセットだけなので、Suica-Kitacaなどのカードを使用した場合でも割引設定をするのは簡単だと思うのですが、知らんぷりして普通料金を徴収するところはさすがです。

 調子に乗って、EdyやANAの搭乗手続きも財布の中からカードを出さすにタッチさせて使ってみましたが、いずれも問題ありませんでした。

 結構強い電波を出しているということなのでしょうか。逆に使ってもいないのに、無線で情報を盗み取られたり、さらには料金を抜かれたりということがないのかちょっと心配になったくらいです。

 便利なことは危険を伴うことでもあります。

 お上りさん、やっちゃいました(^^;)。
c0025115_20371241.jpg

by stochinai | 2009-06-29 20:33 | コンピューター・ネット | Comments(3)

マイケル・ジャクソン

 ニュースを見ていると、世界的に大きな衝撃を投げかけているように見える、マイケル・ジャクソンの死ですが、彼のデビューからずっとリアルタイムで付き合ってきた立場から言わせていただけば、それほどの衝撃はなかったというのは正直な感想です。

 国内でもフィンガー・ファイブというコピー・グループができたほど日本のポップシーンにさえも強い影響を与えたジャクソン・ファイブの一員としてデビューした頃の彼は天才的な声をもった神童という感じでしたが、青年期になってからは歌唱力よりはむしろダンスの才能が人々を引きつけていたのではないでしょうか。

 見ているものをゾクゾクさせるような、切れ味のするどいものすごいリズム感は誰にもまねできないもので、あの驚くべきダンスの才能があったからこそ新たなメディアとして登場したプロモーションビデオというものの価値がまたたくまに世界を納得させたのだと思います。

 そうした絶頂期に信じられないほどの財力を蓄えて、自宅にディズニーランドなみの施設を作ったあたりから、様々な奇行や幼児虐待疑惑などが噴出してきたと記憶しています。

 そうしたことがあったとしても、歌と踊りのパワーはそれほど衰えておらず、だんだんと間隔は開いてきたといっても、CDやDVDは出るたびに世界的ヒットになっていました。しかし、私の感想としては1995年に発売した2枚組のHIStory: Past, Present and Futureで彼の音楽人生は終わりを告げたと思っていました。

 このアルバムは私も持っていますが、こんなのを出してしまったらその先は難しいだろうと思いながら買ったのを今でも覚えています。

HIStory: Past, Present and Future, Book I
c0025115_2320501.jpg
 もう10年以上も前のことですが、私にとってのマイケル・ジャクソンはあの時に死にました。

 その後、彼がテレビに出てきたとしても、そのほとんどは醜聞ネタでしたし、正直言って彼の映像を見るのも痛々しい以外のなにものもありませんでした。

 というわけで、多くの方々の感想とは違っているかもしれませんが、私は今回の死によって彼がようやく安らぎを得たように思えてなりません。

 芸術家としても、ポップスの歴史に対しても、彼が成しえるすべては10数年前までに成し遂げられていたのだと思います。

 彼にとっても、それからの人生は苦痛以外のなにものでもなかったように思えてなりません。

 病気だったか、事故だったか、自殺だったか、あるいは依頼殺人だったかわかりませんし、永久にわからないかもしれません。また、わからないままでいいのではないかとも思います。

 あまりにも大きな才能を持って生まれてきてしまうと、幸福でおだやかな人生をゆっくりと送ることができないという意味では不幸だったかもしれませんが、彼は人類に与えられた神からの贈り物だったと思えます。

 今はただ、彼がようやく得たやすらぎを見守ってあげたいと思います。

 お疲れさまでした。
by stochinai | 2009-06-28 23:34 | つぶやき | Comments(1)

大学院東京説明会

 というわけで、本学理学院の入試説明会が東京でありました。東京はこの夏一番の暑さということで、現地の人もふうふう言ってましたが、ともかく予定通り昼過ぎには会場入りです。
c0025115_23351293.jpg
 開始の時間までには、意外にたくさんの人が集まっていただけました。
c0025115_23365186.jpg
 とはいっても、理学院全体でこれでは、やっぱり少ないかも?

 こちらが私が担当したブースです。
c0025115_23372260.jpg
 もちろん、押すな押すなということにはならなかったわけですが、たとえ一人でも一所懸命に話を聞きに来てくれる方がいる以上、(コストパフォーマンスはともあれ)やる意味はあるわけです。

 最後に話を聞きにくれた方は前からの知り合いでしたが、将来の大学院生候補になるかもしれない息子さんをつれてきてくれました。もちろん未来の科学者になる可能性がありますので、そちらにもいろいろと働きかけを・・・。

 そうしたら、ちょっとは気に入ってくれたのか、おみやげをくれました。
c0025115_23425217.jpg
 これは、札幌で撮った写真なので、この石は1000km以上を飛んできたというわけです。

 今の札幌は、一番良い季節なのに北大祭・よさこい・北海道神宮祭というすべての行事が終わった直後というせいか、帰りのジャンボはガラガラでした。
c0025115_23444474.jpg
 ウトウトしていたら、まぶしくて目が覚めました。夕日が向こうの窓から一直線に差し込んで来ています。こういうチャンスも珍しいので、とりあえずパチリ。
c0025115_23462550.jpg
 明日が日曜日でよかったです。
by stochinai | 2009-06-27 23:47 | 大学・高等教育 | Comments(0)

アルビノのアマガエル

 TBS News-i です。
 岐阜県美濃市の田んぼで「白いオタマジャクシ」が見つかりました。

 アマガエルのオタマジャクシとみられ、メラニン色素が何らかの原因で無いため、体は白く透き通っています。見つかったのは数十匹で、後ろ足が生え始めている個体も多く、

 田んぼに数十匹の白いオタマジャクシ
c0025115_14104935.jpg
 目の色が確認できませんが、色合いからいって、おそらくほんもののアルビノだと思います。
by stochinai | 2009-06-27 14:12 | 生物学 | Comments(1)
 昨日、内閣府の食品安全委員会がクローン食品を「安全」と認める評価書を正式に決定し、厚生労働省に答申しました。諮問した厚生労働省はその答申を受けて、当然流通を解禁するものだと思っていました。

 ところが、先ほどのニュースによれば、農水省としては当面は一般への流通に関しては自粛要請を継続する、つまり流通の解禁はしないという方針を決めて発表したとのことです。

 47ニュースから引用します。
 流通解禁を見送った理由について農水省は、一層の科学的知見の収集と消費者への情報提供が必要と説明しており、消費者からの不安の声に応えた形だ。現在の技術では生産率が極めて低く、商業生産への利用が見込まれないことなども挙げた。
 クローン家畜を作る技術はまだまだ研究段階ですから、その生産価格を考えたら当然採算がとれるようなものではありません。それは安全性とは関係なく、最初からわかっていたことです。

 一方、朝日のニュースなどでは、もっぱらコスト高が強調されています。
農林水産省は26日、「クローン牛は『安全』と思うが、生産率が極めて低く、コストが高くなるため、食用として市場に回すことは見込めない」として、当分の間は引き続きクローン牛生産を研究に限定することを明らかにした。
 どうも意味がよくわかりません。

 そもそも、食費安全委員会への諮問はなんのためにやったのでしょうか。クローン家畜を我々が食べても安全かどうかを検討するためです。その結果、「安全」と判定されたのですから、当然市場への流通を許可するということでなければ安全委員会への諮問の意味がなくなります。忙しい委員を長い時間拘束して検討した結果が使われないということならば、今後は委員の引き受け手もいなくなるでしょう。

 それとも農水省はクローンウシやクローンブタには特別の価値があり、ブランドもののクローンならば普通に繁殖されたウシやブタより高く売れるとでも思っていたのかもしれません。価格というものは市場が決めるものですから売れ行きが悪ければ値段は下がります。たとえクローンウシが安全だと発表されても、同等の肉と同じあるいは高い値段だったら買う人は少ないでしょう。つまり、クローン家畜は遺伝子組み換え作物と同じように値段が安くなければ売れないのです。そういう意味では、クローン家畜は遺伝子組み換え作物とは根本的に違った存在で、最初から一般の食品として流通させることは無理だということはわかっていたはずです。

 市場価格としてたとえば、同等の肉よりも3割から5割安ければ間違いなく売れると思います。半額なら私も買うかもしれません。しかし、クローン家畜の生産には、普通の家畜に比べると何倍もの資金が投入されているでしょうから、そんなものは誰も作ろうとは思わないでしょう。

 ここまで書いてきてわかりましたが、農水省はクローンウシを食用にしようという計画を持っていろいろな予算を獲得してきたのかもしれません。そうだとすると、その目論見(といえるほどのものではありません)が破綻したことを受けて、肉畜のクローン生産をやめるということにしたということが今回の流通自粛継続ということなのかもしれません。

 そうだとすれば、どうせこの先作る予定もないクローン家畜を市場に流して大きな議論を巻き起こし、しかも肉は売っても売っても赤字が増えるだけということになる地獄から逃げたというのが本音なのかもしれません。そう考えると、農水省の意味不明の行動の意味が非常にすっきりと理解できます。

 それが本当だとしたら、あまりにも情けない行政と言わざるを得ません。
by stochinai | 2009-06-26 20:05 | 医療・健康 | Comments(12)

白いアオウミガメ

 お察しの通り、アルビノです。甲羅の模様がはっきりしているのがおもしろいですね。

 
ナショナルジオグラフィックニュース
からです。英語版はこちら
by stochinai | 2009-06-26 14:41 | 生物学 | Comments(0)
 BBC EARTH NEWS の記事です。

Legless frogs mystery solved
足なしガエルの謎が解けた


 こういうカエルの写真が「環境汚染」のキャンペーンでよく使われることがあります。

 奇形のカエルで足が多くなる多肢症は寄生虫が直接の原因だという研究結果がありました。まあ、その元には肥料のやりすぎによる「環境破壊」があったので、そちらはまあ環境派と言われる方々にもなんとなく納得されていたかもしれません。

 今日のニュース記事は、足のないカエルは農薬などの化学薬品や、オゾン層の破壊によるUV-Bの増加などによるものではなく、トンボのヤゴがオタマジャクシの足を食べたことが原因で生じたものだという、身も蓋もないお話です。

 こちらにオタマジャクシの足だけを食べて逃げられたトンボのヤゴの動画があります。
c0025115_213133.jpg

http://news.bbc.co.uk/earth/hi/earth_news/newsid_8117000/8117495.stm

 まあ、ヤゴだけではなくオタマジャクシの足を食べる可能性のある動物は他にもいて、トゲウオ、イモリ、ゲンゴロウ、タガメやミズカマキリなどすべてにその犯行の可能性があると言っています。

 それにしても調べたフィールドでは1.2%から9.8%にものぼる足のないオタマジャクシや幼ガエルがいますので、本当に食べられかけたケガだけがすべての原因として良いかどうかはまだ断定できないような気もしますが、現状では化学物質による汚染を考える必然性はなくなったということかもしれません。また、透明標本を作ってみても、足がないこと以外に異常がみられないことも、「食べられた」説を支持していると言えます。

 また、足のないカエルはいても、手のないカエルはほとんど見つからないこともちょっと謎なのですが、研究者は、オタマジャクシの前足は袋に入っていて保護されているし、カエルになるとできてくる皮膚の毒腺が足にできてくるのが遅いので食べやすいのだろうという説明をしています。

 足のないカエルに関しては、我々が飼育しているアフリカツメガエルでも同じ理由(先に変態したカエルがオタマジャクシの足を食べる)でしばしば生じますので、なんとなく納得できる記事でした。
by stochinai | 2009-06-25 21:34 | 環境 | Comments(5)
c0025115_19191710.jpg
© PhotoXpress.com

 まるごとのヒトを材料に行った実験は、なかなか解釈が難しくて苦手なのですが、このニュースにはついつい引き寄せられてしまいました。

頼み事は右耳から:「左耳と比べて2倍の効果」の理由

 やかましいディスコの中において、ヒトが話しかけられた時には左ではなく右の耳で話を聞こうとする傾向があるということの他に、意図的に右耳や左耳から「タバコをください」とささやいて頼んだ場合、右耳から頼んだ方が左耳からの場合よりもタバコをもらえる確率が2倍高かったという、イタリアの研究者が行った実験結果です。

 まあ、ただのニュースなら笑い話として聞き流してもいいのですが、元ネタを探してみると権威ある生物医学系の学術雑誌Naturwissenschaftenに載った論文であることがわかりました。
c0025115_1912717.jpg
 論文は現時点ではオンラインでのみ公開されているものです。

Naturwissenschaften
The Science of Nature
© Springer-Verlag 2009
10.1007/s00114-009-0571-4

ORIGINAL PAPER
Side biases in humans (Homo sapiens): three ecological studies on hemispheric asymmetries


 騒がしいディスコの中で行った実験が、データとしてどのくらい信頼できるのかという気もするのですが、実験室ではなくヒトが生活する空間において、どのように反応するのかということを知るためには、こういう生態学的空間で行われた実験こそ意味があるというのが著者達の主張です。

 3つめの実験がやはりハイライトで、サクラの女性に男女とりまぜたやかましいディスコにいる客に対し、よく聞こえないので右耳に口を寄せてタバコをもらいたいと頼んだ場合と、左耳から頼んだ場合で有意な差があったということを示しているのが、この表です。
c0025115_19252312.jpg
 いかがでしょうか。この女性の魅力度についての情報はありませんが、男女をとわず右耳から頼んだ方が、左耳から頼んだ場合よりも圧倒的にタバコをもらえる確率が高かったのです。

 その前のふたつの実験でヒトはこのような騒がしい場所では、右耳を使って話を聞きたがるという傾向が示されているので、右耳から話しかけられた場合の方が心理的に寛大になれるということなのかもしれないと、素人の私は思ったのですが、ワイアードビジョンの解説記事では論文のディスカッションを引用して「脳は左半球が積極的感情に、右半球が否定的感情にそれぞれ同調している」ので、「右耳に話しかけられると、その言葉は、頼みを受け入れやすいほうの脳の部分に送られていく」からだと書かれていますが、私にはにわかには信じられません。

 でもまあ、最近は「脳科学」というとすぐにfMRIでの解析が出てくるのですが、それに比べるとこうした「素朴な」研究も大事にしていいのではないかとも思いました。

 こういう話を聞いてしまうと、他人にものを頼むときには、思わず右耳にささやきたくなってしまいますね(笑)。
by stochinai | 2009-06-25 19:39 | 生物学 | Comments(6)

んもうだめジェネレータ

 「あまり使い道は無いですが、知っておいて損はないかも」ということで、こちらで紹介されていました。

 んもうだめジェネレータ

 アクセスして、文字を入力するだけです。あまりに人気で混んでますので、入力しても反応がないようでしたら、こちらへアクセスしてみてください。
c0025115_21354319.jpg
 自分では絶対に作れませんが、こうやると「アレ語」が簡単に作れます。

 若者に媚びたいおじさん向け!
by stochinai | 2009-06-24 21:37 | スマイル | Comments(0)

青鬼灯 秘かに育ち 居りにけり      中島たけし


by stochinai