5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 09月 ( 60 )   > この月の画像一覧

e-patients と参加型医療

 闘病記を活用し、多くの人の闘病体験を共有する医療情報サービス「TOBYO」を開発している会社が運用しているブログがあります。

 TOBYO開発ブログ

 ネット上には、たくさんの方の闘病記録が日々蓄積され続けています。運悪く患者になった方の中には、病気やその治療法に関する情報を得るために精力的にネットを利用されている人がたくさんおられるようです。さらに進んで、ご自分の闘病体験をネットに記録なさっている方も多く、そういう方の記録は時には医療関係者から得られる情報よりも他の患者さんの力になることもあるようです。

 そうしたネット上に作られた「体験コンテンツを可視化し、共有し、活用する」ために作られた新しい医療情報サービスが「TOBYO」(闘病)ということだそうです。

 そのTOBYO開発ブログに、非常に興味深い情報が掲載されました。

参加型医学(Participatory Medicine)

 ネット先進国のアメリカでは、何年も前から患者も参加する医療を標榜する動きがあるようで、残念ながら2006年に亡くなってしまったTom Fergusonという人を中心に現在もブログサイトが活動しています。

e-patients.net

 2007年にはe-patients白書も出版されています。
c0025115_19431899.jpg
 こうした運動から発展して、患者も医療行為に参加する重要メンバーであることを訴える団体もできているのには驚きました。

Society for Paricipatory Medicine (参加型医療協会)
Participatory Medicine is a cooperative model of health care that encourages and expects active involvement by all connected parties (patients, caregivers, healthcare professionals, etc.) as integral to the full continuum of care.

参加型医療とは、病気にかかわっている関係者全員(患者、患者の世話をする人、ヘルスケアの専門家なども含めた)全員が、当事者として協調しながら医療行為にに積極的に参加していく医療モデルである。
 この協会が、この10月には Journal of Participatory Medicine という「専門誌」までも発刊する運びとなったということです。この雑誌は、オンラインでのみ提供されるオープン・ジャーナル・システムで、ブリティッシュ・コロンビア大学、サイモン・フレーザー大学、それにスタンフォード大学が非営利で運用します。もちろん、オープン・アクセス・ジャーナルで購読は無料です。経費については、投稿者から取るとも書いてありませんので、どうなるかはちょっとわかりませんが、お金のない人に負担を強いるものにはなっていないことを願わずにはいられません。

 がんなどの難しい病気にかかった患者さんの中には、インターネットを駆使したりすることで、専門が原著論文にもアクセスする人がいると聞きます。今回刊行される雑誌は、そうした患者の方をも読者として想定されて書かれることになるでしょうから、参加型医療を推進するための「場」となることも期待されます。

 ブログサイトができ、協会ができ、さらには雑誌が出るというふうに着々と進んでいる様子を見ていると、たとえ一部ではあっても「医療文化」にも確実な変化が起こり始めていることを感じます。

 患者も参加する医療。日本でも出てくるでしょうか。冒頭のブログから、現在の日本の状況を表している部分を引用しておきます。
特に日本ではネット医療情報提供サービスが質量ともにきわめて貧弱な現状がある。だが、そもそも「完全に正しい医療情報」など、誰も提供することはできないはずだ。これは医療者でさえそうである。「ネット上の医療情報」といえば、すぐに「不完全情報の危険性」や「情報規制」という短絡発想が反射的に立ち上がるような、そんな認識呪縛やバイアスやクリシェから、そろそろ自由になってもよいのではないか。
 まったく同感です。
by stochinai | 2009-09-30 20:15 | 医療・健康 | Comments(1)

9月29日のtwitter

Tue, Sep 29


  • 17:43  福島県で発見されたフタバスズキリュウは古代サメの集団に襲われて殺されたのかも? http://oneclip.jp/0MIy0c

  • 17:36  新フルエンザ:札幌市内の学校では24、25、28の3日間で978人感染報告。全国で4番目。道内公立校で臨時休業は90校(学級閉鎖54校、学年閉鎖27校、休校9校)。 http://oneclip.jp/vGpHLO

  • 16:41  原因は会社が劣化を見逃したことでは? RT @shinbunmatome: 東名高速路肩崩落、原因は盛り土の劣化: 8月に発生した駿河湾を震源とする地震で路肩が崩落した問題 http://bit.ly/5fAXD

  • 16:30  衝撃のお知らせが:平成22年度科研費より若手研究に受給制限ができました。 http://oneclip.jp/iY3uIU

  • 16:20  アルビノザトウクジラの最新目撃情報:オーストラリア東海岸付近でメスを追いかけている模様 http://oneclip.jp/gUCfje

  • 12:41  ついにその姿を現した実物大の鉄人28号(神戸) http://oneclip.jp/yK1s6d

  • 09:30  9月29日は 牛肉 ( ぎゅう に く ) の日だそうです。

  • 01:17  双子の白クマ赤ちゃん通信:マンネリ化 写真さえアップしたならば、きっとどこかのどなたかが癒されたり和んだりしてくださるでしょう。(そーですよ。見てますよ。^^;) http://oneclip.jp/yK1s6T


Powered by twtr2src.
by stochinai | 2009-09-30 12:22 | コンピューター・ネット | Comments(0)

灰色の消火栓の運命

 2週間ほど前に、消火栓が変な色に塗られているという報告をしました。その時に「ペンキぬりたて」だったこの消火栓を覚えておられるでしょうか。
c0025115_23322738.jpg
 手前の赤いポールと、向こうの電信柱についているサビや汚れなどの特徴から、ほぼ間違いなく同じものと思われる消火栓の写真を今朝撮りました。
c0025115_17115285.jpg
 少しもったいぶって、こんなに小さく掲載してみました。これじゃ、良くわからないという方はサムネイルよりも小さなこの写真をクリックしてみてください(そんなの面倒くさいという方は、ページのずっーと下の方をごらんください(笑)。

 前の記事に対して「みむ」さんという方が、「黄色の発色を良くするための下地塗装ではないでしょうか?」というコメントを寄せてくださいましたが、まさにそういうことだったのですね。大当たりですが、関係者の方だったりするでしょうか?

 さて下の写真をごまかすために、ここに挿入するのは本日から札幌で開催されている雪氷研究大会2009のホームページです。
c0025115_17214940.jpg
 一般向けのサイエンスカフェや雪氷楽会・講演会が、紀伊国屋ロビーや円山動物園で行われるそうですので、興味にある方はどうぞ。

 さて、ようやくお化粧直しした消火栓の写真です。秋の空に黄色が映えてとてもきれいです。
c0025115_17115285.jpg

by stochinai | 2009-09-29 17:26 | 札幌・北海道 | Comments(0)

9月28日のtwitter

Mon, Sep 28


  • 13:12  ちょっと古いですが、サントリーのプレスリリース:ウイスキー中の抗アレルギー成分同定。私はよく、アレルギー性の鼻水や涙、くしゃみをウイスキーで止めるのですが、アルコールではない成分が効いていたのか? http://oneclip.jp/ksS094

  • 10:04  『脳科学の真実――脳研究者は何を考えているか』坂井克之(河出書房新社) :河出ブックス創刊 http://bit.ly/1Io7k3

  • 09:18  Google:孔子の誕生日です。 http://oneclip.jp/7LDSer

  • 07:17  WHO発表:発見された28株のタミフル耐性新型インフルエンザのうち予防投与された人からが12株。耐性ウイルスが生まれる原因に予防投与を挙げ、原則として控えるよう勧告。 http://oneclip.jp/zW9BSc


Powered by twtr2src.
by stochinai | 2009-09-29 12:27 | コンピューター・ネット | Comments(0)

台風16号はベトナム沖

 しばらく前からデスクトップの壁紙を、地球の衛星写真にしています。これにはなかなかおもしろい仕掛けがあって、昼夜の明暗部だけではなく、刻々変わる夜の部分には都市の明かりも表示されます。それ以上にすごいのは、気象衛星が撮影した雲の様子を(これはさすがにリアルタイムというわけにはいきませんが)、たった数時間遅れで全地球分を表示してくれます。

 しかも、デュアルディスプレイに対応していますので、私のデスクトップでは19インチディスプレイ2枚に広々と世界地図が示されており、なかなかの迫力で時々はついついすべての表示をオフにして壁紙に見入ってしまいます。

Desktop Earth

 今日の夕方頃に見た時には、中央部付近にかなり大きな雲の渦巻きが目立っていました。
c0025115_19393877.jpg
 どう見ても台風っぽいです。

 調べてみると「台風16号(国際名はケッツァーナ)」のようです。フィリピンで発生した後、ほぼ真西に向かってベトナムを直撃しそうな勢いです。

 デスクトップの雲の状況は最大で3時間遅れくらいだということなので、別の気象サイトで見てみると午後1時にすでにこのあたりにいたようです。
c0025115_19461910.jpg
 中心気圧965hPaで最大瞬間風速が50m/s(100kt)というかなり強い台風ですので、日本に来たら大騒ぎになるところですが、ベトナムではどうなのでしょうか。

 気象庁の台風情報はベトナムにも配信されているでしょうか。
c0025115_1951216.jpg
 予報によるとかなりゆっくりとベトナムに居座りそうですので、被害が少ないことを祈るばかりです。

 こうしてリアルタイムで見ていると、国境を越えた親近感もわきやすいものですね。

【追記】
 この台風16号「ケッツァーナ(Ketsana)」はフィリピンで大洪水を起こし、大きな被害をすでに与えています。

比洪水、30人救出後に犠牲となった若者
フィリピン、台風16号の死者100人超す 新たな台風の接近も
by stochinai | 2009-09-28 19:52 | コンピューター・ネット | Comments(2)

9月27日のtwitter

Sun, Sep 27


  • 22:34  双子の白クマ赤ちゃん通信:突然の喧嘩(寝ぼけたお母さんが適当な方に噛みつく) http://oneclip.jp/DklJ4o

  • 22:33  双子の白クマ赤ちゃん通信:なんでもない日々(だと思って眠りについたら・・・次に続く) http://oneclip.jp/KBxo3l

  • 10:32  しっぽの先以外はほぼ完璧なアルビノ・フェレット http://oneclip.jp/0MIy0d

  • 08:56  ちょっと古いですが、ルイジアナ州の内湾でピンクのイルカ(Bottlenose dolphin)が目撃されていたんですね。アルビノ・イルカはおそらく世界初 http://oneclip.jp/6IzKK5

  • 08:49  アルビノとまでは言えないですが、チンパンジーは初めて見ました。 http://oneclip.jp/TSkPdt


Powered by twtr2src.
by stochinai | 2009-09-28 11:27 | コンピューター・ネット | Comments(2)
 もう済んでしまったのですが、9月24日はアメリカの「第一回全国ポスドク感謝デー」だったようです。
c0025115_22574726.jpg
 この図に赤いピンが挿してあるところで、ポスドク感謝デーのイベントが開かれたということのようですが、個々のイベント自体はそれほど大きなものではなくても、全国同時にこうしたイベントが開かれるくらい、ポスドクという存在が社会的に認知されている(あるいは、認知を求めて活動している)ということを示しています。

 もちろん、ポスドク感謝デーなるものが全国規模で行われるということだけでもすごいと思うのですが、それを実施した全国ポスドク連合(The National Postdoctoral Association)という組織があるということがすごいと思いました。

 恥ずかしながら、私はこの組織についてはあまり良く知らず、このサイトも訪れたことはありにませんでしたが、アメリカ最大の科学者組織と言っていいAAASがスポンサーになっているようです。

The National Postdoctoral Association (NPA)

 Mission, Vision, & Valuesというところに良いことが書いてあります。「ポスドク宣言」とでもいうところでしょうか。
The NPA believes that:

* Postdocs make invaluable contributions to the research enterprise.
* Postdocs share personal responsibility for the progression and outcomes of their careers.
* Inequities within the postdoctoral community should be rectified to the maximum extent practicable, while recognizing the unique needs of each stakeholder.
* The U.S. research community should make every effort to attract the best and the brightest men and women from all groups, including international scholars, under-represented minorities, and persons with disabilities.

It is upon these beliefs that we base our Mission, Vision, and Values.
 こうして、どんどん自主的に組織をオーガナイズして、自分たちの権利を主張するところがアメリカ的民主主義なのだと思いますけれども、これっておそらく幼児の頃からそうすることを繰り返し繰り返し教育されてきているから、簡単にできてしまうような気がしてなりません。

 逆に、日本では幼児の頃から繰り返し繰り返し、「お上には楯突かず」「真面目に努力して認めてもらう」ことを教えられているのではないでしょうか。アメリカのような権利を主張する権利の行使法を子どもに教えることを今から初めても遅くはないと思いますが、世の中が変わるまでに数十年はかかりそうですね。

 そう言えば、Nature Blog The Great Beyond にも、このイベントに協賛した記事が出ていました。

Postdocs: who loves ya? - September 25, 2009

 ポスドクらしき、カッコいいながらも少し落ち込んで見える女性の写真の横にポスドクへの賛辞が並んでいます。
c0025115_23152225.jpg
“They make the lab go round” - mariopinedakrch.

“They mix the passion, curiosity and creativity of phd students w/ the experience and reason of PIs...and add it a drop of red wine” - juicytrouble.

“They bring creativity, excitement, & fantastic writing skills to the lab, esp if Canadian” - abelpharmboy.
 その後に、ポスドクの悲しさなども語られているのですが、あえて引用しないでおきます。

 twitterでハッシュタグ#luvpdocsで検索すると、ゾロゾロ出てきます。

 こうして見る限りでは、世界中のポスドクは同じような境遇に置かれているということなのでしょうが・・・。
by stochinai | 2009-09-27 23:30 | ポスドク・博士 | Comments(0)

Sat, Sep 26



Powered by twtr2src.
by stochinai | 2009-09-27 19:04 | コンピューター・ネット | Comments(0)
 昼間でもかなり涼しくなってきて、観光客の姿もめっきり減ってきたので、中央ローンで写真を撮ってきました。
c0025115_1715498.jpg
 中央ローンを横切って流れる小川は、かつてはサケも上ってきたというサクシュコトニ川です。
c0025115_1717537.jpg
 今は自然水は枯れてしまったので、くみ上げた水を流した水路です。深さが非常に浅いので、よくカラスが行水をしています。
c0025115_1718222.jpg
 なかなか上手に水をはね上げるものです。スズメなどよりもずっと長く行水をするように思われますが、どうして「カラスの行水」ということで短時間入浴の代表にされてしまったのか不思議です。

 こんな木漏れ日をみると、秋もどんどん深まっている気配を感じます。
c0025115_17261490.jpg
 それほど木が多いわけでもないのですが、ローンの中央に立つと「昼なお暗し」という感じがします。
c0025115_17273111.jpg
 奥に見えるのは右の赤っぽいのが中央図書館、その左に文系校舎、そして木造の古川講堂がちらっと見えます。

 北大を散策するなら、この季節は人が少ないので一人で感傷旅行などという向きには意外と狙い目かもしれません。
by stochinai | 2009-09-26 17:30 | 札幌・北海道 | Comments(0)

9月25日のtwitter

Fri, Sep 25



Powered by twtr2src.
by stochinai | 2009-09-26 14:22 | コンピューター・ネット | Comments(0)

日の暮の背中淋しき紅葉哉            小林一茶


by stochinai