5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

また中教審

 またまた中教審がバカな答申を出したようです。「ある大学研究者の悩み」さんのところで知りました。

 大学院では修士と博士という学位を出しています。修士は大学院に通って取得する学位が普通だと思いますが、博士に関しては大学院に通って取得する課程博士と、論文などの審査を基に博士の学位を得る論文博士というものがあります。それが「『論文博士』制度を廃止し、大学院のカリキュラム修了者を対象に与える『課程博士』制度に一本化する方向で一致した」というニュースが出ています。

 今では、大学院で単位を取得してから数年以内だと、学外からでも課程博士を取れるようになっているところも多いようですが、私は大学院博士課程の3年途中で中退しましたので、その1年半後に取得した学位は「論文博士」です。(中教審によれば、研究の視野が狭く、国際的な通用性に欠ける博士ということになります。)

 今度の決定は、そのように企業や公的な研究所で業績を挙げた社会人が学位を請求できる道を閉ざしてしまうことを意味します。

 その理由がこれまたアホらしく「論文博士については『学位のため研究を狭い分野に限定してしまう恐れがある』『日本独自の制度で国際的な通用性に欠ける』などの批判があった」ということですが、少なくとも私の専門に近いところでは、そのようなことはほとんどありません。

 逆に、十数年から場合によっては何十年もかけて地道に続けられた分類学や生態学の素晴らしい仕事もたくさん見聞きさせてもらいました。生物関係では、論文博士はそのようなものであると私は認識していました。

 修士を出てはたらいていらっしゃる方のブログ(優しい口笛のように。)でも、次のように書かれていらっしゃいます。

>社会人が「博士」を取ろうとしたら、会社を休んだり辞めたりして、大学院に通わないといけなくなるんですね・・・。
>会社を休職するとかってなると、それなりに理解してくれる会社じゃないとねぇ。
>「会社は辞めたくないけど、『博士』は欲しい」ってのは、難しくなりそうです。

 まったくその通りだと思います。そもそも、この中教審答申が出てきた根拠が良くわかりません(というか、アホらしくて調べる気もしません)が、おそらく博士を粗製濫造しすぎて、巷にフリーター博士などがうろつき始めた現状を見た、官僚か大臣が「博士を減らす方法を検討しなさい」などと中教審に諮問したというあたりが実態じゃないでしょうか。

 だいたい論文博士なんて、そんなにたくさんいないでしょう。それを、切り捨てることの意味がどれだけあるというんですか。いつもそうですけど、そんな答申よりもっともっと大切なことがたくさんたくさんあるんじゃないですか。

 そんなことばっかりやっているから、文科省が見捨てられるんだと思います。

 やさしい口笛さんも、おっしゃってます。

>まぁ、今のところ、この仕事が好きなんで、方向転換して研究者の道を歩もう・・・って気はないんですが。
>「博士」って学位は・・・ないよりはあったほうが良いんでしょうけどね。

 もはや、巷では博士の価値なんてそのくらい低くなっているんです。ニュースの見だしに書いてあるような「大学院重視」のための、論文博士廃止なんてなんの意味もないです。

 社会人で研究しようとして頑張っている人のやる気をそぐだけのものでしかないです。

 論文だったらリジェクト、試験だったら不可の回答ですよ > 中教審さん

追記:どうやら本音の理由が見えてきたようです。次のエントリーをご覧下さい。
# by stochinai | 2005-04-14 16:10 | 教育 | Comments(25)

新入生

 新入生200数十人を相手に、初講義。

 ひさびさに長々と話したので、ちょっと喉がかれました。

 毎年感じるのですが、この新入生が持つ明るいパワーはいいですね。一緒に廊下をうろつくだけで、こっちにまで元気が感染してきます。

 やる気光線に満ちあふれた全学教育センターは、キャンパスの中でもひときわ明るく輝いています。

 連休までなんですけどね、、、、。
# by stochinai | 2005-04-14 14:17 | 教育 | Comments(0)

じわりBSE問題

 つい先頃まで、アメリカから輸入することになる牛肉に関しては、アメリカの要求に応じ、すべての食用牛をBSE検査する「全頭検査」を改め、生後20カ月齢以下の若い牛を検査対象から外すことなどが食品安全委員会で決まったばかりですが、これは行けると思ったのか、「米国政府の担当官は12日都内で会見し、牛海綿状脳症(BSE)の検査対象を生後30カ月齢以上に引き上げるよう求める意見書を食品安全委員会に提出したことを明らかにした」とのことです。

 一方、北海道では毎週のようにBSE牛が発見されています。

 北海道で17頭目のBSE牛

 これは、今までになく若く54カ月齢でした。なんと、2000年9月生まれ。

 北海道の108カ月齢の乳牛がBSE 国内16例目

 これは、すごい老齢。1996年生まれです。

 15頭目のBSE感染は、1996年8月生まれでした。

 というわけで、いままでは1996年くらい生まれのウシが多かったのですが、1996年8月1日の肉骨粉等牛由来飼料全面使用禁止のかなり後の、2000年生まれのウシでBSEの確定診断が出ているのは気持ち悪いですね。

 54カ月齢の牛で、体がふるえ、立てなくなるといった症状が出ていたそうです。30カ月例と54カ月例って、そんなに違わない気がするんですけど、20カ月例と30カ月例はもっと違わないという意見もあるのかもしれません。

 食品安全委員会はどうするんでしょう。
# by stochinai | 2005-04-13 21:33 | 生物学 | Comments(0)

ひとくきの 白あやめなり いさぎよき     日野草城


by stochinai