5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

都教委の逆襲?

 東京都教育委員会と言えば、先日皇居で開かれた園遊会で失言をして、赤恥をかいた将棋差しがいるところではなかったでしょうか。

 そこが、なんともまたアナクロな政策を打ち出しました。

 朝日コムでは、都立高校「奉仕」必修へ 東京都教委が07年度にと出ておりますし、毎日にも都立高:奉仕活動を必修科目に 07年度から導入へと出ています。

 都立校では昨年度から、毎年11月に「ボランティアの日」を設け、うち15校で「ボランティア活動」を選択科目として単位認定しているそうなのですが、それに参加する生徒が少ないために、また国旗国歌のように「強制的に」やらせようということになったのかもしれません。

 しかも、こんどは「ボランティア」ではなく「奉仕」です。辞書によればボランティアは「自ら進んで社会事業などに無償で参加する人」を意味しますが、「奉仕」は「献身的に国家・社会のためにつくすこと」となっています。前者は、自ら進んで行うものですが、後者は献身的につくさせることが主眼で強制的に奉仕させるということもあり得ます。

 今回、都立高校に導入される「奉仕」は必修科目になる方針だそうですから、有無を言わせず国家・社会に貢献させようという意志が見えてきます。

 いったい、なんなんでしょう。

 将棋差しがチョンボをして、都知事が弁解して恥ずかしかったので、逆襲に出たようにも思えます。

 だいたい、高校で奉仕活動を必修させようということは、何を意味しているのでしょう。記事によると「1単位(年35時間)で、うち10時間程度は座学。残りは福祉施設での生活支援、地域行事や児童、園児の野外活動の手伝い、森林の維持管理、河川、公園の清掃などを予定している」とのことです。

 中味としては戦時中のような軍需工場での生産活動などの手伝いのような、悪いことをするのではなさそうですが、たとえ良いことでも高校生という大人に手の届きそうな若者達を単位でしばって強制するということはどういうことなのでしょう。

 小学生に町内の掃除をさせるというようなことなら、多少の強制も教育としてあり得るかなとも思うのですが、自分でものを考えることができるようになっていなければならない高校生に奉仕活動を必修させなければならないとは、いやはやなんとも幼稚な(もちろん教育委員会が幼稚なので、高校生は幼稚かどうかは知りません)自治体と言わざるを得ません。
# by stochinai | 2004-11-11 17:48 | 教育 | Comments(0)

多肉植物にはまる

 私の近辺には、いつも生きた動物や植物がいます。動物は商売道具のこともあるのですが、植物に関してはほぼ確実に趣味の領域です。

 自宅ばかりではなく、大学の研究室や実験室、果てはエレベーター前のロビーに至るまで、光のある隙間はいつの間にか植物に占領されてしまう傾向があります、というか私がそうしてしまうのです。スミマセン。

 動物と植物とどちらの世話が大変かというと、一般的には動物という答が返ってきそうですが、私の感覚はちょっと違います。

 植物の方が、顔色を見るのが大変で、問題があっても騒いだりしませんし、弱る時も、ほんとうにかなりひどくなってから気が付くことが多く、気を抜けない相手だと思うのです。

 と、ここまで書いて最近、カメの顔を見ていないことに気が付きました。あまりに大きくなって自宅ではもて余されたミドリガメです。飼育室においてあったのですが、どうも邪魔にされているらしく、いつも辺境に追いやられています。

 姿が眼に入ると、顔色を見て、世話もすぐにできるのですが、そう言えばここのところ数日顔をみていないことを思い出しました。飼育室に行ってみると、やはり目に付きにくい物陰に追いやられておりましたが、元気にしていました。カメの嫌いな学生がいるに違いありません(^^;)。まあ、実験に使うわけではないので、邪魔にされても仕方がないのですが、かわいそうなミドリちゃんでした。

 さて、植物の世話が難しいという話に戻りますが、なんとなく最近は植物の顔色もわかるようになってきて、ますます植物はデリケートだし大変だと思うようになってきております。まあ、逆に機嫌良くしてくれているとうれしいので、そういう意味では楽しみでもあるのですが、手を抜こうというときに困ってしまうのです。

 というわけで、最近は鉢を水につけっぱなしで良い食虫植物と、水をやるのを忘れても何ヶ月かは問題が起こらない多肉植物が、徐々に増えてきている私の周辺なのでした。

 昔から苦手だった、サボテンにも少しずつ手を出し始めています。夜咲くサボテンが多いことも知りました。

 そう言えば、メキシコでは夜咲いて、コウモリに花粉を運んでもらうサボテンもあるということを勉強したばかりでした。

 多肉植物はこれから長いつきあいになりそうな気配です。
# by stochinai | 2004-11-10 17:49 | 趣味 | Comments(0)

講義の準備にはまる

 今日もまた、自転車操業で講義の準備をして、はまっておりました。

 例え1週間に1回の講義といえども、ここのところは、コンスタントに週4回ですから、綱渡りとも言える状況でヨタヨタと自転車を走らせております。

 その合間を縫って、会議やらゼミやら雑談やらが入りますので、それなりに余裕のない生活になっており、さまざまな方にご迷惑をおかけしておりますが、一息つけるまでお許し願えると幸いです。(やっぱり、許してはもらえないですよね。スミマセン。)

 大学での研究も教育も、長年使い続けることのできる教科書や参考書などというものがないところがつらいところでもあり、おもしろいところでもあります。

 学問は毎年進歩しており、研究はもちろんのこと教育に関しても、学問の最前線についていこうとすれば、去年の講義(およびその資料)は今年はもう使えないのが基本です。

 昔、私が学生の頃に、「大学の先生というのものは、一回講義の準備をすればそのノートを20年でも30年でも使い続けることができるので、こんなに楽な商売はないのだ」という、伝説を聞かされたことがあります。

 確かに、大学に入った最初の年に、ひとりだけ茶色になったノートを読み上げていた先生に出会いましたが、それ以外の先生の多くはやはり「新しい」学問について教えてくれた印象があります。つまり、伝説はやはりただのお話でしかなかったのです。

 新しい学問を教育し続けるのが、大学教育であるとするならば講義ノートは毎年新しくならなければなりません。大学で教えるということは、決して楽な商売ではありません。

 というわけで、私はずっと前から講義ノートという存在すら忘れておりました。

 もしも講義の中に、昨日・今日、先週・今週に起こった出来事、発見された事象、発表された論文を盛り込むことができるならば、やる方もおもしろく、聞く方の心もつかみやすいのです。おまけに、昨今はインターネットを含めてさまざまな情報や技術が手に入りやすくなっており、あれもこれもと使いたくなるものです。

 かくして、自転車操業の夜は更けていくのでありました。
# by stochinai | 2004-11-09 17:51 | 大学・高等教育 | Comments(0)

風わたり泥も乾きて春の草             嵐雪


by stochinai