5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

国立大学入学金値上げ

 今朝の朝日新聞によると、「国立大学の入学料、来年度値上げを検討」だそうです。

 ちなみにタイトルにあるように、普通に使っている「入学金」という言葉は正しくないみたいで、文科省のさいとを見ると「国立・公立・私立大学の授業料及び入学料の推移」となっておりますので、ニュースに書いてあるように「入学料」が値上げされるということです。

 それにしても、文科省の推移表を見ると何もコメントする必要がないと感じられます。

 30年前の1975年(昭和50年)に国立大学、公立大学、市立大学の平均授業料と入学料が、

国立  36,000 50,000
公立  27,847 25,068
私立  182,677 95,584

です。それが、2002-3年になると、

国立  496,800 282,000
公立  491,170 387,200
私立  799,973 286,528

になっています。

 国立大学では授業料が約14倍、入学料が約5.6倍の値上げ、公立は約18倍と約15倍、私立は約4.3倍と約3倍です。

 この後のデータがないのですが、朝日の記事によるとすでに私大と国立の入学金の平均値は逆転しているのだそうです。

 国立大の現行入学料の標準額は28万2000円。入学料はほぼ隔年で値上げされてきたが、02年度のあと04年度の値上げは見送られた。

 一方、少子化対策で私立大の入学料は年々値下げされ、04年度に初めて国立大が私立の平均を上回る「公私逆転」が起きた。04年度は、国立大の方が約2200円高い。


 国の方針で入学金の値上げが決まると、大学法人として値上げしない場合には、その分にあたる運営交付金が削られることになりますので、大学としては抵抗が難しいのはわかりますが、大学全入時代を迎えるにあたって値上げをしないというのも、より質の良い学生を集めるポイントのひとつになる気はします。

 たとえば、入学金を5万円安くすると、2500人入学させるとしても1億2500万円(合ってるかな?)です。これは、大学全体の広報費用としてはそれほど高くないかもしれません。なにより、全国のニュースで大々的に取り上げてもらえることはまちがいありません。

 法人化したのですから、硬直した対応をせずにいろいろ考えてみるべきだと思います。

 大学を運営なさっている方々のご意見はどんなものでしょうか。
# by stochinai | 2005-11-08 14:29 | 大学・高等教育 | Comments(9)

USBメモリー・ピアス

 ネタフルに耳寄りな(笑)情報「ピアスにもなる世界最小USBメモリ『iDisk Diamond』」がありました。

 USBメモリーはどんどん安くなって、小さくなって、みんな持って歩いてます。先日も大学一年生の講義時間の終わりに「今日紹介した論文の原文のpdfファイルがあるんですけど、欲しい人いますか」といったら、その場でUSBメモリーが2本出てきました。なるほど、今の若者はこうやって情報を交換しているんですか。

 小さいのも持ち運びには便利なのですが、無くしやすいので、首にぶら下げたりしている人もいるようですが、耳にぶらさげられるのであれば忘れる心配はないかもしれません。「同製品にはストラップのほか、軽量をアピールするためにピアスのフックが付属されている」のだそうです。

 男性でピアスが恥ずかしいと言う場合には、耳たぶの中にも入るようです(爆笑)。

 値段も容量は128Mバイトで、価格は4980円(税込み)とリーズナブルです。一本どうですか?
# by stochinai | 2005-11-08 13:20 | コンピューター・ネット | Comments(2)
 8月26日のエントリーで取り上げた、ミステリークレイフィッシュが卵を産みました。

 小さな個体をもらったのが。8月20日で、卵を産んだのは10月25日です。予想をはるかに越えたスピード出産だと思いました。

 生まれたばかりの時には、真っ黒なヤマブドウのような卵でしたが、数日前から卵に白っぽいところが見え始めています。おそらく中で胚が着々と育っているのだと思います。
c0025115_21291337.jpg

 卵の発生が進むに連れて、母ザリガニがおもしろい行動をとるようになりました。あちこち歩き回るだけではなく、いままでには考えられなかった水面近くに良く来るようになったのです。

 そして、あちこちで尾(腹部)を開いたり閉じたりをいては、その腹側に付いた卵を前後に振り動かすことを繰り返し、まさに卵に新鮮な水を供給しているという感じです。
c0025115_21322437.jpg

c0025115_21323980.jpg

 そう考えると水面に近いところに来るのも、できるだけ酸素がたくさんとけ込んだ水を卵にやろうということなのだと納得できます。

 初産にもかかわらず、これだけ卵の世話をできてしまうのは遺伝子に刻まれた母性行動というものの不思議です。

 おそらく数日のうちには孵化が見られるでしょう。楽しみです。
# by stochinai | 2005-11-07 21:37 | 生物学 | Comments(7)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai