5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
 北朝鮮に拉致されたまま行方不明になっている横田めぐみさんの「遺骨」をめぐって、日本と北朝鮮だけではなく、自然科学の世界では権威以上のものを持つ科学雑誌Natureと日本政府が交戦状態になっています。

 日本と北朝鮮は当事者同士ですが、言うなれば第3者としてその間に登場したNatureと日本政府の間に見解の相違が生じたとすると、日本にとってははなはだ立場が悪くなったと言わざるを得ません。

 そもそもの発端は、昨年遅くに北朝鮮から渡された横田めぐみさんの「遺骨」のDNA鑑定結果です。私も昨年の12月9日のエントリーで書いていますが、DNA鑑定をやったのは日本だけ、しかも科学警察研究所ではDNAを抽出できずに判定不能という結果を出しているんにもかかわらず、日本政府は帝京大学の判定結果を採用して、「遺骨は横田めぐみさんのものではない」という判断を公式見解としているようです。当然にも北朝鮮は反論し、結果はねつ造されたものであると1月26日に声明を発表しました。1200℃で焼かれた遺骨にDNAが残っているはずはないという主張です。

 そうした議論に対して、Natureの東京特派員であるDavid Cyranoskiが2月3日に記事を書きました(Nature 433, 445 (3 February 2005) )。帝京大学の吉井さんからのコメントもとっており、彼は普通の方法(ただのPCR)ではなく、nested PCRというより感度の高い方法を使ったことと、彼らの使った技術の優秀さを強調したとのことです。ただし、吉井さんが言ったことがちょっと気になります。

 "There is no standardization." 標準的手法なんてない。

 標準的方法がないうちは、本当の科学とは言えません。彼は彼が使った方法を提示して、誰でもが同じ結果を出せることを保証しなければ、彼の結果は「科学的に証明された」ことにはならないというのが、普通の考え方です。

 同じインタビューの中で、吉井さん自身が1200℃で焼いた骨にDNAが残っているのは、自分でもびっくりした、と書かれています。しかも、吉井さんは過去に火葬した骨からのDNA抽出の経験がなかったので、これが結論だとは言えず、いわば硬いスポンジとも言える状態の焼かれた遺骨を素手でさわった誰か他の人のDNAを調べてしまった可能性はあると告白しています。

 吉井さんはその時点でサンプルを使い果たしてしまっていて、再実験はできないとのことです。再実験ができない以上、彼の結果を肯定することも否定することもできず、これも科学としては非常にまずい状況だと言えます。

 そうこうしているうちに、とんでもないことが起こってしまいました。うかつにも私はこのニュースを見逃していました。とても悔やまれます。(マスコミのせいにしても仕方がないのですが、少なくとも大々的には報道されなかったのではないでしょうか。)

 なんと、渦中の吉井さんが「横田さんDNA鑑定で実績」ということで「帝京大の講師から、科学捜査研究所(科捜研)の法医科長」に採用されることになってしまいました。「警察が外部の人材を管理職として招聘(しょうへい)するのは極めて異例」だそうです。

 誰が考えても「えーっ」というこの人事は、3月30日国会でも取り上げられています。 第162回国会 外務委員会会議録 第4号(平成17年3月30日(水曜日))に詳しく載っています。

 民主党の首藤議員は、よく勉強して追求しているようですが、答えるほうが勉強不足でからまわりに見えます。

 首藤議員:警察は柏に巨大な科学警察研究所、科警研を持っていて、にもかかわらず一私学の一講師がやっている研究機関が日本の最高水準というんだったら、それなら科警研は廃止したらいいじゃないですか。

 首藤議員:その吉井講師が何と警視庁の科捜研の研究科長になっちゃった。これ、職員ですよ。科学警察の研究所へ出向されるとか、そういうことならともかく、一民間人のおよそ警察的な訓練を受けていない人が警視庁の科学捜査の、捜研の、それの職員になってしまう。それは、多くは今既に言われているように、証人隠しじゃないですか。

  首藤議員:こんなことをやっていては日本がやはり世界から認められるわけないですよ。こんなこと、分析結果、私は北朝鮮の今までやったことも言っていることもでたらめだと思いますよ。しかし、相手がでたらめだからといってこちらがでたらめをやっていいということは何もないんですよ。やはりきちっとやっていかなければいけないんだと思うんですよ。

 これを見てか、NatureのDavid Cyranoskiが、またまた記事を書きました。Job switch stymies Japan's abduction probe(Nature 434, 685 (7 April 2005))「転職によって拉致を証明することが難しくなった」という、日本政府を批判したニュース記事です。

 それによると、日本政府は、「吉井さんは『言ったことと違うことを書かれた』と言っている」と先のNature記事に反論しているとのことです。それならば、吉井さん本人にコメントを出させれば良いものを、今は警視庁の職員になってしまったので公式の見解を私的に出すことはできなくなったのだそうで、オーストラリアのドキュメンタリー番組の取材や、韓国の放送局の取材もいっさい断っていると書いてあります。

 首藤議員は、要するにこれは証人の口封じ人事だと言っているようですが、そう言われても仕方がない状況だと、私も思います。

 こんなことを続けていては、日本そのものの科学的信用を失ってしまうというのは本当だと思います。特に、国内だけではなく国際的に権威のある科学雑誌の主張を無視するような態度を国がとっていると、我々科学をやっている人間の国際的信用も下がってしまいます。

 今回、吉井さんがどういういきさつや個人的事情があって、転職なさったかはわかりませんが、少なくとも科学的論争がある中でその論争に大きな影響を及ぼすような政治的背景が疑われるような人事に巻き込まれてしまうということは、少なくとも科学者としては死刑宣告を受けたのと同じことになってしまいます。

 もちろん、吉井さん個人の人生ですから、それに関してとやかくいう権利は我々にはないのですが、少なくともこれで北朝鮮の主張を完全に封じ込めることができなくなってしまったことは間違いないように思われます。

 とても残念なことですが、また平和的解決が遠のいたことを感じました。
# by stochinai | 2005-05-14 18:57 | 科学一般 | Comments(7)

札幌の変態男2

 昨日に続いて、例の監禁事件の報道が続いています。アダルトゲーム1千点押収 「調教もの」動機かというタイトルからも、あおりの雰囲気が漂ってきますが、この男は大変な金持ちであることは間違いないようです。

 アダルトゲームソフトのCD-ROM1000点っていったいいくらになるのでしょう。一本5000円としても500万円、1万円なら1千万円です。職業は「無職」ですから、お金は親がくれたということなのでしょうか、母親は亡くなっているようですので、父親が好きなだけお金をくれているということだと思われます。

 ゲームにこれだけつぎこんでいるほかに、いろんなところに家を借りたり、旅行したり、引っ越したり、ものすごい資産家のようです。こういう人間にとっては、示談金なんて痛くもかゆくもないでしょうから、罰しようと思ったら罰金*億円とかにしないとダメですね。罰金は資産の*%とかいうように法律を改正して欲しいところです。

 それにしても、どんなにあぶないものであったとしてもゲームはゲームで、それが動機につながるという議論は乱暴すぎませんか。おそらく同じゲームをやったことのある、ほとんどの人は犯罪を犯していないはずです。

 動機はあくまでも、心の中にあるものだと思います。
# by stochinai | 2005-05-13 15:39 | つぶやき | Comments(4)
 約1ヶ月ぶりですが、18頭目のBSE牛が確定診断されました。

 気になるのは、この牛は1999年8月生まれだということです。

 厚生労働省では、感染源とされる肉骨粉の飼料への使用が禁止されたのは2001年10月なので、「これまでのBSE対策に影響はない」と言っているということです。しかし、「牛などの反すう動物を原料に作られる肉骨粉は、農場で反すう動物の飼料として使わないよう1996年4月から指導が行われてきました」という、農水省関係のホームページでの記載があります。

 2001年10月というのは飼料安全法が施行された年ということですが、指導という名の実質的「禁止」は1996年から行われていることを考えると、その後に生まれた牛ということでの注意が必要だと思います。

 使わないように指導されてきたのに、発病したウシがでたのは「指導にもかかわらず、農家が使っていたのか」、あるいは「別のルートでの感染がある」ということになります。これはどちらなのかを、はっきりさせなければならないでしょう。

 この件に関して、ウシは農水省、ヒトの病気は厚労省という分担はやめていただきたいと思います。
# by stochinai | 2005-05-13 14:08 | 生物学 | Comments(2)

今日二つ三つ朝顔の通り道          稲畑廣太郎


by stochinai