5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

市民セミナー

 21世紀COE 「新・自然史科学創成」総合博物館・市民セミナーというものをやってきました。総合博物館は旧理学部の建物であり、この部屋からは屋外へでることなくたどり着ける場所です。

 日頃、講義やセミナーや学会で人前で話すことに関しては、いちおうプロのつもりでいたのですが、今回はかなり勝手が違いました。正直言うと、満足できるものではなかったと思います。せっかくの土曜日の午後に、降雪の中を集まっていただいた皆さまには、お詫びを申し上げたい気持ちです。すみません。

 これはやる前からわかっていたのですが、失敗の原因のひとつはお客さんというものを把握しきれなかったことです。普段の発表で相手にしている、学生(大学1年生、4年生、大学院生)とか、研究者とか、研究室メンバーとかだと、相手のレベルや使える専門用語がだいたい予想できるものです。多少、読み違っていても話を始めてからでも、相手の反応を見ながら調整ができます。

 それが、今日はちょっと参りました。前側の席を占めておられるのは、どちらかというと年齢が高めで、博物館の方の話によると「常連さん」で、どんな話でも興味深く聞いて質問もしてくださる方達だそうです。ところが、だんだんと人が入り始めてみると、学部の学生から、大学院の学生、大学の先生(しかも、専門はバラバラ)から、中学校・小学校の先生、高校の先生もいました。もちろん、家庭の主婦の方、検査技師の方、外国人の語学教師の方までも聞きにきてくださいました。

 正直言いまして、このメンバーを見て最初は完全にあがってました。久々に、レーザーポインターを持つ手が震える自分を見て、さらにまた平常心を失いました。さて、ここからどうやって体勢を立て直したらいいものか、、、、。

 そういう時の私のいつものパターンは、弁解おじさんになることです。あっちの人にはこの説明を、こっちの人にはこれについての小話を、そこの人にはちょっと高度な専門用語もちりばめた玄人っぽい話を、さらに寝そうになった人が出てきたら、アドリブで時事話などを、、、、。こういうことを全部やろうとすると、とてつもない早口になってしまうのです。私が早口の時は、形勢不利を意味してます。

 私のいつものやり方なのですが、ある程度たくさんの量の話を準備していって、お客さんの状況に応じて、はしょったり膨らましたりをやるのですが、今回のような場合には、あっちにもこっちにもサービスしようとやっている間に、前置きだけで予定の時間を使い切りそうになってしまいました。

 まあ、準備が悪いと言われてしまえばそれまでなのですが、この現場に出てから微調整しながら話をするというのも、それなりにスリリングで楽しい部分があることと、うまく言った場合にはお客さんにもエキサイティングな結果を生んでくれることがあるので、なかなかやめられません。

 聞きに入らしてくれた方々は、優しい方ばかりだったので、親切にいろいろと質問もしてくださいましたが、やっぱり合格点はあげられない発表でした。

 でも、なかなか得難い経験をさせてもらいました。いつもは、慣れた集団を相手にいわばこちらが優位に立って話すことが多いのですが、現実の社会というものはそんなに均質なわけはないし、社会を相手にするということは、そういう多様性を相手にするということなのです。

 いつも多様性こそが大事と言っていながら、いざ多様性を前にするとなかなか簡単に行かないものだということを身にしみて勉強させてもらいました。まあ、失敗も経験ですし、そういう意味ではおもしろかったことも事実です。

 博物館の方には、そのうちにまたリベンジで市民セミナーで話させてください、とお願いしておきました。何か、新しい企画を思いついたら、やらせてもらおうかと思っています。その時は、またよろしくお願いします。
# by stochinai | 2005-01-22 17:54 | 教育 | Comments(0)

隠れた宝石?

c0025115_1658997.jpg


 東北大学のN先生からメールをいただいて、「F1000にコメントを書かせて頂いたところ、非常に好評のようです」とのことでした。ゲストでログインしてみたところ、今はなんと上の写真のようにTop4にランクされていました。

 F1000とはFaculty of 1000というウェブサイトのことのようで、新しい論文評価システムだと書いてあります。

 生物学者による生物学者のためのページということで、専門家が論文を推薦し専門家がそれを評価するというシステムで、毎日のランキングも「売り」のようです。

 推薦していただいたN先生は知り合いのよしみで出してくださったのかもしれませんが、それでも上位にランクされるというのは悪い気がするものではありません。

 ただし私も知らなかったように、このシステムはまだまだ日本では無名のようです。さすがにインパクトファクターのように雑誌のランクで比較するのではなく、単独の論文ごとにランクをつけるので、より直接的なものと言えるかもしれません。

 もうひとつ気に入っているのは、ランクされたのが「hidden jewels top 10 (隠れた宝石トップ10)」という、有名雑誌(どこのラボにもある雑誌だそうで、Nature, Cell, Science, PNAS, くらい?)以外の雑誌に載ったもののコーナーです。有名ではない雑誌とっても、我々発生学をやっている人間には超有名な Development でさえ、ここに分類されてしまっているのが微笑ましいですが、ともかくマイナーな雑誌を特に取り上げるというあたりが西欧風の民主主義を感じさせます(^^)。
# by stochinai | 2005-01-22 17:25 | 生物学 | Comments(0)

「科学的判断」の危うさ

 数日前のニュースで、どこからか流れて来た「脱北者」の顔写真を、顔の判断においては「専門の鑑定人」であるとされている、某大学の先生が、北朝鮮に拉致されたとされている日本人の方に間違いないようだという報道がなされ、支援団体が北朝鮮に申し入れをするとか、圧力をかけて欲しいというようなことを政府に要請したと聞いたような気がしていました。

 ところが、昨日か一昨日だったと思いますが、なんと韓国にいるその写真の本人が出てきて、私たちは拉致された日本人ではなく、単に北朝鮮から亡命してきた朝鮮人であると名乗り出たというニュースがありました。

 これは、単なる間違いとすませることのできない深い問題を残したと思います。

 一つは写真などによる「本人判定」の危うさです。大学の先生がやっているので、科学的という雰囲気が漂う手法なのかも知れませんが、このような過ちを犯してしまうと、その手法そのものに対する信頼性が大きく損なわれることになります。つまり、今後はそれを証拠に声高に何かを主張することはできなくなったと思います。自殺行為というやつですね。

 もう一つは、支援団体の軽さです。どこの誰ともはっきりしない人間から金で買い上げた「秘密写真」をもとに、一国の政治体制を批判するということ、さらにはそれを日本政府にも依頼するということをやっていては、会そのものの存立基盤も危うくなるでしょう。

 さらには、北朝鮮政府も認めている何の罪もない拉致被害者の家族の方々にまで迷惑を及ぼすことになりかねません。

 あまり大きな騒ぎになっていないのかもしれませんが、このことに対して北朝鮮関係者が本気で騒ぎ始めたら、国際関係上日本の立場はかなり悪くなり、日朝交渉もやりにくくなる可能性があります。

 NHKの問題もそうですが、最近の日本人は(右も左も)はっきりとした根拠や証拠がないのに、いろいろと声高に叫びあうということが多くなってきているのではないかと不安になります。

 しかも、声高になる理由に似非科学(血液型とか今回の顔相(?)診断とか)の支援を受けていると言うところも、かなり気になります。

 やっぱり基本的な教養(リテラシー)が欠落している人が多くなってきているのかもしれないと不安になります。

 今、日本の教育を立て直そうとするのなら、学力うんぬんよりもまず先に、読み書きそろばんと、物事を落ち着いて冷静に判断する力の養成を第一にすべきではないかと思います。大前提は、わからないことはわからないと判断できるという力ではないかと思います。多くの問題は、はっきりしないはずのことを「わかった!」と騒ぎ出すところから始まっているように思われます。

 まずは、落ち着いてもう一度検討しようよ、からですね。
# by stochinai | 2005-01-22 01:22 | 科学一般 | Comments(0)

今日二つ三つ朝顔の通り道          稲畑廣太郎


by stochinai