5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
RE:奈良県の幼女誘拐殺害事件をどう考えるか

 12月30日と1月6日に、この「つぶやき」でも取り上げていて気にはなっていたのですが、どうやら(また?)自民党が暴走を始たようです。性犯罪者情報、住民公開視野に小委設置へ 自民法務部会というニュースによれば、「自民党法務部会は18日、性犯罪の前歴者の住居情報などを地域住民に公開する制度をつくることを視野に小委員会を設置することを決めた」そうです。

 私も、再犯が予想される性犯罪者に関しては警察が情報を管理した上で、「監視」あるいは見守ることで再犯を防ぐのが、新たな被害者を出さないと言う意味においても、また犯人に犯罪を起こさせないという意味でも良いのではないかという意見を持っております。

 しかし、あくまでもその情報は法務省や警察庁、そして場合によっては地方自治体の保護観察官などの司法・行政当局に限って提示されるべきものであり、メーガン法(ミーガン法)のように地域住民に開示するなどという乱暴なやり方には、とても賛成できません。そういう意味では、私は現在の法務省・警察庁の見解を指示いたします。

 どうする性犯罪対策 ミーガン法(3) 諸澤 英道 常磐大理事長によれば、「これまでも警察は、犯罪者の情報をある程度持ってはいた。再犯の可能性がある性犯罪前歴者の重大事犯についても内部資料を作成して、各県警に配布しており、そこには奈良の小一女児殺害事件の小林薫容疑者の名前もあった」ということですので、ある意味では今回の事件を起こさせたのは警察の怠慢だとも言えると思います。(警察はそんなに暇じゃないんだ、という声も充分わかるつもりです。日夜忙しく働いておられる警察のみなさん、すみません。)

 今後は、そうした情報を生かすべく警察や保護観察官の配備を充実させるなどの方策をとるべきが筋であって、それを警察では守りきれないので住民にも警察行為をさせようというのが、ミーガン法ではないのでしょうか。

 ただでさえ、さまざまの事件に伴って「お上に逆らった」などというバッシングがたちまちにして起こる今の日本で、警察情報などが公開されてしまったらどうなるのでしょう。私には「リンチの勧め」としか思えません。我々、現代の日本国民は私刑をしないなどという高い倫理観を持ち合わせているとはとうてい思えないのです。

 本来は隠されているはずの個人情報が、毎日のように垂れ流されているこの国で、しかも現在のようにインターネットが発達してしまっている状況の下で、「匿名の悪意者には情報が漏れない策を講じつつ『地域限定』で伝える」などということが可能だとはとても信じられません。

 自民党の先生方が、日本の子どもや若者が倫理を失っているのを嘆いておられるのは知っておりますが、皆さんの道徳教育の努力にもかかわらず、まだまだ日本の子どもや若者はしっかりとした道徳を身につけておりません。さらに、戦後教育が失敗したとおっしゃる皆さんが良くご存じのように、中高年の皆さんも戦後の「民主教育」の結果、道徳観を失っているのです。

 そんな教育を受けた我々のような民度の人間で成り立っている社会の中に、「こいつは性犯罪の前科者だよ」などという情報を投げ込むということは、血に飢えたオオカミの群れに血の滴る肉を投げ込むようなものです。前科者に再犯をさせないようにするつもりが、前科のない人間に殺人を犯させるようなことになってしまいます。

 被害者の関係者の方々の悲しみはリンチによってあがなわれるものではないと思います。我々を犯罪者にしないでください。
# by stochinai | 2005-01-18 22:01 | つぶやき | Comments(0)
 あちこちの新聞サイトを流し読みしていたら、衝撃的な記事にぶち当たってしまいました。「北限のニホンザル」捕獲開始、天然記念物を薬殺へです。

 北限のサルとして、天然記念物に指定されているものを殺すのですから、よほどのことがあったのだとは思います。

 天然記念物になったということは、数が少なかったということを意味しており、指定された頃は200匹くらいしかいなかったサルが現在は1500頭くらいにまで増えているようで、農作物への被害がひどくなってきたというのが駆除の理由のようです。

 まあ、サルより人間の生活を守らなければならないという意見には、強く反論できないのですが、サルを増やしたのも人間のエゴではなかったのでしょうか。申年が終わったと言うことで虐殺解禁では、シャレになりません。

 温泉に入る北限のサルを観光資源として、餌付けし大量のエサを与えたのは農家の人ではないとは思いますが、サルによる農業被害が増えているとしたら、サルを利用している人たちが被害の補償をすべきところではないのでしょうか。

 サルから見れば、エサをくれる人も、畑に作物をくれる人も区別がつきません。だまっていても大量のエサをくれる人(観光業者と観光客)が一方にいて、畑にサルの大好きな作物が植わっているのを食べると猿害と思う農家の人がいます。

 しかし、その2種類の人間をサルがどうやって見分けることができるでしょう。その結果、増えすぎて人を恐れなくなったサルを捕獲して薬殺というのは、なんともひどい仕打ちではないかと思います。

 この件に関しては、きちんと学問的に解決すべきだと考えます。クマやカモシカ、イノシシ、北海道ならばエゾシカなどが農作物や人間に対して被害を与えるようになって問題化しているようですが、もともとは数が少な移動物を人間側が保護しようとしていたものばかりだと思います。

 野生動物の保護と、それをペット化してしまうことの区別ができていないことが、そもそもの問題を生んでいるように思います。野生動物が絶滅しそうだとか、かわいいとかいうと、すぐに安易に大量のエサを与え、餌付けして、ヒトを恐れなくしてしまうばかりではなく、ヒトに依存するようにし向けてしまうことが多いように思います。今はまだ問題になっていないかもしれませんが、タンチョウやハクチョウなどもそのうち問題になりそうな気がします。身近なところではカモはそろそろ危険圏内に入りつつあるように思えます。

 それは、やはり日本人全体として野生生物とのつきあい方(リテラシーと言っても良いかもしれません)がなっていないことが問題だと思います。住み分ける工夫をしてやることができるのも人間の知恵だと思います。

 知恵が出ないので力ずくで解決を図るという昨今の風潮が動物にまで及ぶのだとしたら、私にできるのは人間のひとりとして動物たちにお詫びすることくらいかもしれません。

 もっとみんなで知恵を出し合いませんか。協力は惜しみません。
# by stochinai | 2005-01-17 22:45 | つぶやき | Comments(0)

圧力の証明は難しい

 NHK問題は、NHKという組織の上部では番組を作るにあたって外部からの圧力を受けることはないという態度を貫くことに決めているようですし、阿倍さん中川さん側も圧力をかけたことはないという姿勢で一貫していますので、確実な「証拠」がでてこない限り、最後はうやむやになってしまいそうな気がします。

 命令や指示と似てはいますが、圧力というものは存在を証明するのが難しいものだと思いますので、言い争いになった時には結論に至ることは無理ではないかと思います。なぜならば、圧力というものはかけるほうではあまり大きな意識がなく、受ける方ではとても大きなものとして感じる状況で成立するものだからです。さらに圧力を受けている方が、これでこの関係を終わりにしようと思っていない限り圧力に屈し続けているのですから、決して圧力を認めないという表現型になるのだと思います。

 NHKの上層部では、その予算などを握っている政府や官庁に対して、自分たちが非常に弱い立場にあると思い込んでおり、その状況では政府や官庁からの命令や指示がなくても、「自主的に」彼らの喜ぶことをしようとすることが習い性となっているという現状があるのでしょう。NHK内部では、上部から社員への理不尽な命令があると思いますが、社員にとっては意にそぐわないことを強制される原因が政府や官庁からの圧力であることを感じても、彼らに命令をしているのは彼らの上司であり、政府や官庁が彼らに直接圧力をかけていないわけですから、ここでも圧力を証明することは難しいことになります。

 これは、文科省と国立大学法人H大学についてもそのまま当てはまる構造です。

 文科省では法律に決まっている定型的な業務を除き、H大学に対して命令や指示を出すことはほとんどないそうです。それにもかかわらず、H大学では頻繁に文科省と話し合いを行います。その中で、文科省はH大学がやろうとしていることに対して、それは良いとか悪いとかは、あまり言わないそうです。ましてや、このようにしなさいというようなことは絶対にないといいます。

 それにもかかわらず、H大学の関係者は文科省との間で交わされた話し合いの中に出てきたささいな言葉を頼りに、文科省の希望していることを推測して、次回の話し合いあるいは文科省に対する申請にでき得る限り文科省の意向を取り入れるように努力しているように見えます。

 このような状況では、文科省は自分の考えていることを「それとなく相手にわからせる」だけで、自分の意向を相手に実行させることができます。圧力をかけている自覚はあまりないと思いますし、ましてやその証拠を見つけることは極めて困難です。

 私から見ると、文科省に気に入ってもらえるようなプランを出してより多くの予算をもらおうとしている(あるいは予算の削減をできるだけ小さくしてもらおうとしている)H大学は、あきらかに圧力をかけられて強制させられているように思えます。もちろん、文科省からの予算削減などを恐ろしいと思わなければ圧力にはならないのですが、今の大学首脳部を見ていると一番の関心事がそれですので、非常に効果的に圧力をかけることができているように見えます。

 さらに、大学当局では口が裂けても文科省からの圧力で仕方がなくやっていますなどという意見を公表することはありませんので、幸福な共犯関係が成り立っています。

 これは、セクハラやアカハラが問題化する前夜の状況にとてもよく似ているように思えます。

 セクハラやアカハラが、(少なくとも建前上は)いけないこととして罰せられるようになる前には、それを受け入れることによってメリットを得ていた人たちがいたのだと思います。自分のプライドを捨てても、利益になるのであれば理不尽なことでも受け入れる。その時代は、そうした「圧力」を証明することがとても難しく、セクハラやアカハラを訴えてもなかなか受け入れられてもらえなかったのです。

 それが今、勝てるようになってきたのはどうしてでしょう。セクハラ・アカハラが犯罪だと認識すること、地道に証拠を集めること、臆せずに声を上げ続けること、協力してくれる仲間を見つけること、などが少しずつ成果をあげ始めてきたのだと思います。

 今回のケースもも間違いなく権力を傘に着たハラスメント事件ですので、ポリティカル・ハラスメント(ポリハラ)とでも名前を付けて、指摘し続けることでだんだんと状況を変えていける可能性はありそうな気はします。まずは、国民が健全な正義感を身につけることからですね。
# by stochinai | 2005-01-17 01:58 | つぶやき | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai