5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

太陽はどこへ行った?

 今日もまた朝から太陽のない一日でした。雨こそ降らなかったものの湿度は高く、それにもかかわらず気温はあまり上がらず、暫定ですが最高気温が午後4時7分の21.3℃というのはこの時期にしてはやはりちょっと涼しくないだろうかと思われます。西日本各地で40℃近い高温になっているというニュースを聞くと同じ国にいるとは思えなくなってきます。

 しばらく前から追いかけていたホヤの花芽はぐんぐん成長して、前の花が散る前に追いついて開花しました。

c0025115_21241035.jpg

 下から見上げてみるとこんな感じです。右側の古い方の花は3本ほど落ちました。そして左側の新しい方の花の束の中にはまだ前回になっていないものもあるようです。

c0025115_21241390.jpg

 日照不足と多雨・多湿、それに気温不足で今年はいろいろと農作物に障害が出そうな予感がしますが、庭の草花にとってもあまり快適な夏にはなっていないように思われます。

 アサガオ(フライング・ソーサー)はようやく花芽が見え始めましたが、この調子だといつになったら咲くのだろうというくらいまだまだ小さいです。

c0025115_21295529.jpg

 どうやら、1本の茎に3本の花が着くようです。

c0025115_21295808.jpg

 ラベンダーも咲いてはいるのですが、長雨と日照不足でなんだかしょぼいです。

c0025115_21323247.jpg

 訪花する虫の数もなんとなく少ないので受粉も悪いかもしれません。

c0025115_21323563.jpg

 そんな中、もっとも嫌われ恐れられている雑草のひとつカタバミですが、意外ときれいな花を咲かせていて、ついつい心を許しそうになるのが自分でも笑ってしまいます。

c0025115_21343299.jpg

 こちらはすでに心を許してしまったエゾアカバナです。花が終わってたくさんの実がついています。

c0025115_21343562.jpg

 また殖えますね(笑)。

 こちらは先日ご覧に入れた玄関風除室内のユーカリの小さな芽ですが、ちょっと伸びてきている感じです。

c0025115_21363399.jpg

 比較のために先日の写真を再掲します。

c0025115_21363638.jpg

 伸びて来てますね(喜)。

 夜になって遠くで花火が始まりました、方角からいうとモエレ沼公園よりちょっと南よりです。ネットで調べると昨日の予定だった「えべつ花火」のようですね。

c0025115_21394110.jpg


 高く上がった花火は上のほうが我が家からでも見えますが、音は恐ろしく遅れて届くのでなんだか夏の終わりのような侘しさを感じてしまいます(笑)。

 今年は本当に夏が来るのかな~?








# by STOCHINAI | 2018-07-16 21:46 | 札幌・北海道 | Comments(0)

7月15日のtwitter

放送大学の学生は暇な時間は本を読む を投稿しました。 #エキサイトブログ shinka3.exblog.jp/29634364/ pic.twitter.com/Zub3tGFvJ7

c0025115_21345761.jpg

posted at 21:37:43

【ロンドン近辺にいらっしゃる方、よろしかったら、ご参加ください】7月16日(月)午後6時半から8時ごろまで、ロンドン大学SOASで「伊藤詩織さんを囲む会」を開催します : 小林恭子の英国メディア・ウオッチ ukmedia.exblog.jp/29633145/ 参加申し込み:電子メールで dekirukoto988@gmail.com

posted at 20:53:38


# by STOCHINAI | 2018-07-16 07:20 | コンピューター・ネット | Comments(0)
 放送大学面接授業2日目です。何やら空模様が怪しいのですが、家を出る8時20分頃にはなんとか1時間位持ちそうだと判断されたので自転車で出発しました。ちょっと心配したとおり、北18条の北大通りに来たあたりでポツポツと降り出しましたが、ずぶ濡れになる前には目的地に着くことができました。

c0025115_21104775.jpg

 聞いてみると大学卒の経歴を取るためには放送大学がもっとも経済的だとのこと、ただ今学生募集中でした(笑)。

c0025115_21152106.jpg

 調べてみると放送大学の学生の属性はおもしろいです。

c0025115_21163770.jpg


 女性がやや優勢で、会社員や看護師という職業を持つ人が多く、年齢は60代以上が多く、それに40代、50代が続きます。普通の大学生の年代は10代・20代を合わせても30代の学生より少ないという構成になっています。

 私が今回担当したクラスの53名もほぼ似たような年齢構成になっているようで、なかなかおもしろかったです。

 中でももっとも印象に残ったのは、休憩時間の過ごし方です。特別講義ということがなくても放送大学ではクラスメートなどの知り合いが少ないということなのか知り合い同士で談笑するという姿は少なく、ほとんどの人は一人で机に座って時間をつぶしています。今どきの学生ならば、たとえそういうシチュエーションでも十中八九スマホをいじっているものですが、そういう人はそれほど多くはありませんでした。逆に結構落としを召した方がiPadを使っていたり、若者がノートパソコンを使っていたりと、今どきの大学生よりもITスキルは高い人が多いと感じられました。講義の前後でもUSBメモリーを持ってきて講義に使ったスライドのファイルを請求した人も5人位いたのは普通の大学ではあまりしない経験です。

 そしてなにより驚いたのは座っている人の3割ほどが読書をしていたことです。昔は珍しくなかった大学生の読書ですが、今は見るとびっくりするということに私自身が驚いてしまいました。年齢の問題もあるとは思いますが、この放送大学生の自立心の高さにはほとほと敬服いたしました。また機会があったらぜひとも講義をやらせていただきたいと思ったほどです。

 というわけで久々に2日続けて「9時から5時まで」の労働をさせていただきました。

 終わってみるとさすがにこれを一週間続けることはできないと思いながらセンターを後にしましたが、天気も回復しており、まあまあ心地よい帰り道でありました

c0025115_21293337.jpg

 昼間に講義をしていた時間には雷と激しい雨も降っていたようですが、帰る時には雨も嵐も収まり涼しい風が吹いていました。

c0025115_21324986.jpg

 毎日と言われたらお断りするしかないハードな2日間でしたが、たまにならまたやってもいいなと思える楽しい授業でありました。








# by STOCHINAI | 2018-07-15 21:37 | 大学・高等教育 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai