5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

漢字ブーム

 某国の総理大臣の奮闘で、某国が漢字勉強ブームになっているのだそうです。原因はどうあれ、勉強がブームになるのは喜ばしいことかもしれません。

 さて、今日は久しぶりにSalsaさんが訪ねてくれまして、先日M姫と東京に遠征した時のおみやげというものを持ってきてくれました。漢字の勉強Tシャツです。左にあるカエルの一筆書きは、シンガポール土産のしおりです。
c0025115_19434028.jpg
 さて、漢字Tシャツですが、お寿司やさんでよく見る魚偏の漢字の虫偏版です。そういえば、カエル(蛙)も虫偏です。中央に虫がいます。
c0025115_1949364.jpg
 虫のまわりにある字でも、読めないのがいくつかあります。

 知らなくてショックだったのは、このオタマジャクシという字です。
c0025115_19504516.jpg
 蛙を「あ」と読むことくらいは知っていました。オタマジャクシは蝌蚪だと信じていたのですが、虫偏に舌でオタマジャクシと読むとは、生まれて初めてしりました。

 ひととおり見ると、動物ではないものが混じっていました。
c0025115_1953699.jpg
 そう言えば、意識したことはなかったですが、虹も虫偏でしたね。

 総理のおかげで(?)、漢字の勉強をさせていただきました。

 ちなみに、このTシャツは大阪自然史博物館というロゴがついていますが、こちらで買ってきてくれたものだそうです。
c0025115_19582647.jpg
 Salsaさん、M姫さま、ありがとうございました。
Commented by varoko at 2009-02-07 00:23
「虹」について気になって調べてみました。「虫」は昔ヘビなんかもひっくるめて虫と呼んでいたように(確かにヘビもトカゲも蛇、蜥蜴)大蛇を指し、「工」は空や貫くという意味があるようです。なので漢字の意味は「空を翔る大蛇」。なんとも壮大です。「爬虫類」に虫が入ってる訳もこれで納得。「スッキリ」です。
Commented by umishida at 2009-02-07 07:56 x
「虹」が虫偏なのは昔から気になっていました(というか、気に入らなかった)。varokoさんコメントの「空を翔る大蛇」に納得です!なるほど~
 このエントリを読んで初めて意識しましたが、ハマグリも虫偏。貝も虫扱いなんですね。人間とかけ離れたわけのわからないものは虫、ということでしょうか。以前、飼っているウミシダが大量死したとき、ある先生に「ムシが死んだぐらいでめげるな」と励まされたのを思い出しました。ウミシダもムシ呼ばわりか、とびっくりして立ち直った記憶が。

虫偏Tシャツ、いいですね。魚偏もそうですが、ひとつずつ想像する楽しみがあります。木偏Tシャツもどこかにあるでしょうか。
Commented by stochinai at 2009-02-07 10:44
 varokoさん、ブログ開設おめでとうございます。子育てでお忙しいでしょうから、息抜きに時々書くというのがベストでしょう。今後ともおつきあいをよろしくお願いします。

 虫偏や魚偏の字はなんだか日本で作られた「国字」も多そうな気がしますが、たとえそうでも作られた当時の文化的背景が忍ばれて興味深いものです。木偏の字を集めたものは見たことがないですが、まったく読めないものばかりになりそうです。
Commented by ある大学教員のたわごと at 2009-02-07 11:35 x
日本人の高い学習能力は言語にあると聞いたことあります。たしかに、ひらがな、カタカナ、漢字と多様な言語を切り替えて使う珍しい人種です(専門ではないので、多分ですけど)。中国人の留学生と漢字で会話できると感動します。
Commented by M姫 at 2009-02-08 16:54 x
どういたまして~
Commented by なかのひと at 2009-02-11 22:04 x
大阪市立自然史博物館のグッズをご紹介いただきましてありがとうございます。他にも鳥偏Tシャツがあります。上にリンクした博物館ホームページの左下にネットショップのバナーがありますのでごらんください。
グッズは博物館ならではのコミュニケーションツールだと思います。というわけで学芸員と友の会スタッフ、ショップスタッフでの共同開発品がかなりたくさんあります。またご縁があれば博物館・グッズともどもお楽しみください。
sakumad
Commented by stochinai at 2009-02-11 23:10
 よく調べもせずに翻訳したので市立が抜けて、失礼しました。科学コミュニケーションの経済的自立の手段として、科学グッズは非常に重要なものだと感じています。これからも楽しく役に立ち、そして「売れる」グッズがどんどん開発されることを期待しております。というか、こちら(って、どちら?)も負けてはいられないというところです。
 これからも、よろしくお願いします。
by stochinai | 2009-02-06 20:00 | スマイル | Comments(7)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai