5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

放送大学の英語名が変わっていた!

 昨日、放送大学北海道学習センターのあるビル(高等教育機能開発総合センターの南隣)の4階で会議があったので、エレベーターを待っていたらその横にある各階の案内板の様子がちょっと変なことに気が付きました。
c0025115_20382350.jpg
 5階と6階の英語表示がシールで上書きされているようなのです。

 放送大学北海道学習センターの英語名として The Open University of Japan Hokkaido Study Center と書いてあります。

 放送大学の英語名は、たしか The University of the Air だったはずですが、いつ名前が変わったのでしょうか。もう、7-8年も前のことになりますが放送大学で「現代生物科学」という講義の1時間を担当させていただいたことがありますので、名前が変わったのだとしたらまんざら他人事でもないと気になり、放送大学のサイトに行ってみました。サイト名は http://www.u-air.ac.jp/ とたしかに The University of the Air と表記されています。
c0025115_20462580.jpg
 英語ページもあります。サイト名はもとのままですが、なんと大学名は変わっておりました。
c0025115_2050591.jpg
 いつからそうなったのかが気になりますので、学長からのメッセージを読んでみるとなんと冒頭に書いてありました。
c0025115_20533017.jpg
The Open University of Japan (OUJ), whose official name was changed from the University of the Air in October, 2007, develops, provides, and promotes innovative higher distance education of top quality, in collaboration with mass media networks and alliances.
 もう1年以上も前に変わっていたのですね。ちっとも知りませんでした。

 まあ、前の名前があまりにも存在感のない「空気大学」とも取れるもので、そちらの違和感を考えると「公開大学」の方がずっと適切だと思います。

 せっかく英語名を変えたのならばサイト名も変えるとともに、ついでに日本名も「自由大学」とかに変えてしまってはどうでしょうか。あるいは、そのまま「オープン・ユニバーシティ」でも良いのかもしれません。でも、そうすると夏休みとかに各大学でやっている大学開放事業のオープンユニバーシティと区別がつかなくなって、混乱してしまうでしょうか。

 ネットで調べてみると、そもそも放送大学というものが、イギリスの University of the Air の名で構想された一般社会人の生涯学習機関であるオープン・ユニバーシティを模して作られたものらしいですね。(知恵蔵

 ややこしいですけれども、なんとなく納得できたような、できないような・・・・・。
Commented by beachmollusc at 2009-03-26 08:38 x
stochinaiさん、
はじめまして、どうぞよろしく、

数十年前のこと、国立唯一の海洋学科の教員だった頃、イギリスのOpen Universityのもとで刊行された海洋学入門の教科書がわかりやすく工夫されて編集されていたので、自分が担当した入門講義の参考に使っていたことがありました。

昨年、放送大学の講師をやらないかと誘われて、実態を調べてみたのですが、innovative higher distance education of top qualityと称するのが難しい、かなり理想から離れた物になっているような印象を受けました。distance が変な位置にあってなんじゃこれはですが、多分higher educationを遠隔地でも受講できる、という意味でしょうね。
Commented by beachmollusc at 2009-03-26 08:39 x
(続きです)
現実の放送大学の一番大きな問題は、せっかくPCとネットの時代になっているのにもかかわらず、その活用をベースに設計・構築されていない古いシステムが継続して運営されていることでしょうか。

この際、管理人さんが提唱されたオープン・ユニバーシティに日本語名称も変えて、内容も一新して再出発できるように、少なくとも自然科学分野が主導してでも、変革を促して欲しいところです。たとえばサイエンス・カフェと連動させるのはいかがでしょう。

今の姿・支援体制のままであれば、大学とは名ばかりで、趣味の講座と何の変わりもないでしょう。専門分野の講師と受講生が双方向で情報交換をやり、主導する講師側も自分の勉強になるようでなければ意味が無いと思っています。
by stochinai | 2009-03-25 21:06 | 大学・高等教育 | Comments(2)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai