5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ブタインフルエンザマップ

 トリインフルエンザで騒いでいたところへ、思わぬ伏兵のブタインフルエンザのヒトへの感染が確認されたようです。震源地はメキシコで、調査が進むにつれて感染者は続々と増えていますが、とりあえずブタインフルエンザに感染していたヒトの死亡例(現時点では、ブタインフルエンザが原因で死亡したとは確認されていないと思います)は20人だけで、メキシコに集中しています。

 とりあえずは、感染によって極端に症状が悪化するということが確認されているわけではありませんので、一般的なインフルエンザに対する注意をしておけば良いと思います。

 Googlemapを使った、ブタインフルエンザに感染したヒトが確認された地域を示す swine flu map を見ると落ち着くかもしれません。逆に、あちこちに広がっているので、不安になる人もいるかもしれませんが、恐ろしげな映像を見せられるよりはましでしょう。ただし、個人が情報を集めて発信しているということは認識しておいてください。
 
H1N1 Swine Flu

 まずはメキシコ・アメリカです。
c0025115_2054759.jpg
 それ以外ではニュージーランドの高校生に続いて、フランス(ボルドーとマルセイユ)でも確認されているようです。
c0025115_20545011.jpg
 トリインフルエンザもあるのですが、こちらはほとんどのポイントで死亡例があるようです。こちらも個人の情報です。

2009年鳥インフルエンザ発症マップ
c0025115_20591038.jpg
 同じニュースを繰り返し聞かされるよりは良いかもしれません。

 また、アメリカだけですがGoogleが公式にインフルエンザの動向を州毎に表示するページを提供しています。

Google Flu Trends

 ウェブに書かれた記事などのデータを解析して、どこでどのくらいインフルエンザが流行しているのかを推測しているものですが、CDC(アメリカの疾病予防管理センター)の発表よりも2週間早く、かなり的確な値が出せているようで、ここでもGoogleのすごさを自慢しています。

 仕組みの解説ページ
by stochinai | 2009-04-26 21:10 | 医療・健康 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai