5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

著作権侵害に関する講演会: 訴えられそうな時は引用するな

 前にお知らせしていた北大図書館のHUSCAP講演会「他人の著作物を含んだ論文等はどこまでネット公開できるのか?―現代著作権法の限界と課題―」に行ってきました。

 結論として感じたことは、フェアユースの概念が確立されていない日本では、著作権の所有者に訴えられたら負けることは覚悟しておかなければならないということです。

 講演の中で田村先生が何度も強調されていたのは、アイディアは著作権法では保護されていないので、文章の場合には中身を別の表現で書き表した場合には侵害にならないことが多いということです。コピペはダメだけれども、内容を理解して自分なりに書き改めた場合にはだいたいセーフだということです。

 たとえ、ネット上のチャットや投稿といえども、それをコピペして本を作って出版したりしたら、著作権侵害になるという話もありましたので、要するにコピペをすると元の文章には独創性がそれほどなかったとしても、著作権侵害が成立することが多いようです。

 つまり、文章については、要するに「換骨奪胎」してあれば、大丈夫だそうです。

 ただし、写真や絵についてはかなり厳しい判断が下されることが多いそうで、写真のコピペはもちろんですが、写真を下敷きにして同じ構図の絵を描いても違法とされた判例や、誰が見てもあきらかに違うと見えるものでも「構図などが似ている」と判断されるとダメなことがあるのだそうです。そして、日本ではパロディに他人の著作物である写真などをコラージュとして使うことも許されていません。

 こんな話を聞いていると、なんでもダメかと思えてくるのですが、最後の楽園が「引用」という手段です。正当な目的のために、作品の一部をソースを明示した形で再利用することは「引用」として認められることが多いそうです。とは言っても、引用された側が著作権をタテに訴えることはできるわけで、我々のような金も時間もない人間にとっては訴えられたらおしまい、というところはどうしてもあります。

 そこで本日の講演会から私なりに抽出した結論はこれです。

 訴えられそうな状況の時は引用するな

 たとえ明らかな著作権「侵害」があったとしても、それによって著作権者が不利益を被らないばかりか、場合によっては利益を受ける場合には、よほどのことがない限り訴えられることはないと思います。現行の著作権法は親告罪と考えられているので、著作権者が気分を害さないような利用をしている限りは大丈夫だということは、私も日々経験しているところです。しかし、敵対的な状況にいる相手が著作権を持っているものを引用したりすると、それはまったく危険な行為になってしまいます。

 ブログなどは引用なしではほとんど成立しない媒体ですので、かなりグレーであることは認めます。田村先生も、このようにおっしゃっていました。

 著作権侵害をしていない人など、この世にひとりもいない

 つまり、たとえ侵害していても侵害された相手が笑って許してくれる、さらには感謝してくれるような侵害の仕方をすることにさえ気をつけていれば、地雷を踏むことも少ないだろうと感じた次第です。

 もうひとつ大切なことは、引用したもので利益を得てはいけないということかもしれません。もしも、そこから収益が上がるようなら、著作権を持っているすべての人とその利益を分け合う用意が必要でしょう。そうでなければ、訴訟の持ち込まれることを覚悟している必要がありそうです。

 それも、他人の作品を引用してお金儲けしたために著作権者の怒りに触れたことが原因と考えると、最後の結論はこれになります。

 引用された人の気分を害したら訴訟を覚悟せよ

 演者の先生が20分くらいは質疑応答の時間を残したいと言いながらも、結果的には3分しか残っておらず、私は質問し損ねたのですが、著作権侵害というものは警告もなしにいきなり訴訟に持ち込まれることもあるのでしょうか。心配なことがあるとすればそこなのですが、どなたかご存じの方がいらっしゃいましたらお教え願えると幸いです。
by stochinai | 2009-04-28 20:34 | コンピューター・ネット | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai